カスタムマップレビューその108

a0094381_2311928.jpg

「No Mercy APOCALYPSE 6.0」

 L4D1の公式マップをアレンジしてきたAPOCALYPSEシリーズの最新作で、最初期にリリースされた「No Mercy APOCALYPSE」の更なるバージョンアップ版。

 一応、前バージョンを下敷きにはしているが、あちこちにかなりの改修が加えられ、チャプター数も全6チャプターに増加している。
 ただし、増えたチャプターは公式マップの「No Mercy」のチャプター4の病院ステージを2つに分割しただけで、特にロケーションが増えたというわけではない。

 前バージョンではアレンジ前の元のステージが何となくわかるくらいの作り込みだったが、このバージョンではどこがどう作り変えられたのかほとんどわからないほど凄まじいアレンジが施されている。毎回毎回新作をプレイしていて思うのだが、ここまでやるなら完全にオリジナルキャンペーンとしてリリースしてもいいのではなかろうか。

 世界観的には、いつものAPOCALYPSEシリーズのそれであり、作り込みの素晴らしさは言うまでもない。ちょっとしたアレンジにもセンスの良さが感じられ、元々の素材である「No Mercy」のクオリティの高さもあって、プレイしていて独特の楽しさを感じる出来になっている。

 また、フィナーレも前バージョンから作り直され、よりオリジナルの「No Mercy」のフィナーレに近い出来になっている。

 ただし、難点が感じられないわけではない。
 相変わらずライティングは暗めで、閉所恐怖症になりそうなほど詰め込まれた道中は道幅が細いので戦いづらく、オリジナルマップの各チャプターのロケーションはほとんど無視しているので、どこへ行っても同じ場所のような単調さも感じてしまう。
 せっかくのL4D1専用キャンペーンであるのに、L4D1独特の世界観をまったく参照していないのもある意味残念ではある。

 それでも、ここまで作り込まれたアレンジマップは他に類がないとも言え、制作者のただならぬ熱意にはただただ感服するばかり。今でもL4D1をプレイできる環境にあるのなら、ぜひ一度はプレイしてみるべきカスタムキャンペーンであると思う。

 全6チャプターで、クリアまでは1時間ほどかかる。

 なお、このカスタムマップはサウンドにも手が加えられており、銃器の射撃音やBGMが独自のものに変化する。
 また、タンクは「Molten Tank」としてリリースされているアレンジされたものが登場する。
 これらの変化は他の公式マップやカスタムマップにも影響するので、注意されたし。

a0094381_381410.jpg

a0094381_382511.jpg

a0094381_385598.jpg

a0094381_394698.jpg

a0094381_310966.jpg

a0094381_3103050.jpg
 
[PR]

by overkilling | 2015-10-20 03:10 | PC版left 4 dead