L4D2カスタムマップレビューその208

a0094381_13544468.jpg

「Arcadia」

 プレイキャラはL4D1のキャラ。
 2008年のFPSゲーム「BioShock」の素材をフル活用した、1チャプターのカスタムマップ。
 独創性の高い「BioShock」の世界観を見事に再現しており、細かい設定やゲーム展開も「BioShock」らしさを追求している。

 ただし、それゆえ特殊なゲーム性になっており、正直言ってシングルプレイにはあまり向いていないのが残念。
 いわゆる「Let's Build」系(マップの各所で指定されたオブジェクトを制作することでゲームを進めていくスタイルのマップ)に近い内容のカスタムマップとなっている。

 アイテムはピストルと鎮痛剤以外は「BioShock」と同じくベンダーマシーンから入手するようになっており、お金の代わりに一定時間アクティベートし続けることで購入する。
 このため、Botたちは普通には武器を入手できないので、シングルプレイ時はプレイヤーが武器を次々に入手していって持っていた武器を床に落とし、それをBotたちに拾わせることで装備させる。

 武器は種類によって体系づけられており、初期武器をアンロックすることで上位武器のアンロックも可能となる。
 弾薬、レーザーサイトもベンダーマシーンでアンロックすることによって床の上に出現させることができるので、早めにアンロックしておこう。

 回復アイテムはベンダーマシーンからも入手できるが、一定量の体力を回復できるライフステーションも各所に常設されている。

 ゲーム進行はマップのあちこちに置いてあるアイテムを入手することで進んでいく。必要なアイテムを揃えれば、スタート地点で爆弾を製作し、それを脱出ポイントに設置すると、今度は脱出用のポッドを造ることになる。このポッドは何回もアクティベートしないと完成させることはできないので、ベンダーマシーンと同じくシングルプレイ時はプレイヤーは完全に拘束されてしまうので注意。
 脱出ポッドが完成すれば、その時点でゲームクリアとなる。

 感染者は延々とラッシュ状態で襲ってくるので、言ってみれば通常のキャンペーンのフィナーレを最初から最後までずっと続けているようなものになっている。一定時間でタンクも出現し、きっちり特殊感染者も出てくるので、難易度ノーマルでも相当に面倒。難易度イージーでマルチプレイするのが一番楽しめるかもしれない。

 1チャプターしかないとはいえ、マップの再現度は高いだけに常時ラッシュは無しにしてもう少しじっくりとマップ内を探索していく内容にした方が、より「BioShock」らしさを感じることが出来たように思う。
 また、ライティングが妙に明るすぎて、原作のあの狂気に満ちた異様な雰囲気までは再現し切れていないのも惜しい点。

 無理な要求であるのを承知で述べれば、これが全5チャプターのキャンペーンで普通にアイテム入手していくスタイルを守り、ライティングも原作通りの雰囲気を再現していれば、二次創作系のマップの中でも相当に評価の高いものになっていたのではなかろうか。
 カスタムマップの可能性のひとつとして、ちょっと夢見てみたくなる内容ではある。

 クリアまでは探索の進行速度によるが、だいたい30分前後はかかる。

a0094381_14284579.jpg

a0094381_1429514.jpg

a0094381_1429916.jpg

a0094381_14302886.jpg

a0094381_14304336.jpg

a0094381_14312212.jpg

[PR]

by overkilling | 2015-06-11 14:33 | PC版left 4 dead 2

L4D2カスタムマップレビューその207

a0094381_11143595.jpg

「Tai Chi」

 プレイキャラはL4D2のキャラ。

 中国人制作の1チャプターマップで、謎の山麓からの脱出がテーマになっている。
 毒々しい色彩のステージはいかにも糞マップ的な臭いぷんぷんだが、カスタムサウンドや青龍刀など、凝っている部分はなかなか作り込まれている。

 ただ、それらの好要素を、意地の悪い作りのマップが全部台無しにしてしまっている。
 基本的にステージは見通しが悪く、ラッシュは大量で、複数同時湧きする特殊感染者は全滅狙いの罠のように配置されており、チープなマップの見た目以上に難易度は相当に陰湿なものになっている。
 何より、難易度ノーマルで始めたとしても、ゲームが開始されると勝手に難易度アドバンスに設定されるようになっており、それに気づかないと身に覚えのない難易度でのクリアを強いられてしまう。

 回復キットはスタート地点にしか置かれておらず、パイプボムなどの投げ物は一切なく、Botが墜落死するなど事故も多いので、シングルプレイでのクリアはほとんど絶望的。
 難易度はゲーム中に投票で変えられるのが唯一の救い、か。

 フィナーレは無線機を使うと開始され、2体目のタンクが出現するあたりまで耐え切れば、ムービーが始まって自動的にクリアとなる。

 難易度が無茶苦茶なので、シングルプレイよりもマルチプレイでガチガチにクリアを目指す方が楽しめるマップだと思う。
 クリアまでは15分ほどかかる。 

a0094381_1148753.jpg

a0094381_11481535.jpg

a0094381_11482563.jpg

[PR]

by overkilling | 2015-06-09 11:48 | PC版left 4 dead 2

L4D2カスタムマップレビューその206

a0094381_13484114.jpg

「RTCW - mp_beach」

 プレイキャラはL4D2のキャラ。
 2001年に発売されたFPSゲームである「Return to Castle Wolfenstein」の素材を使った1チャプターマップで、第二次世界大戦のノルマンディー上陸作戦を簡素に再現している。

 舞台はドイツ軍のバンカー基地で、海からボートで潜入し、基地内で機密書類を見つけることが目的。このあたりは、「Return to Castle Wolfenstein」のゲーム性を踏襲していると言える。
 書類はとある部屋のテーブルの上にわかりやすく置いてあるので、基地内をあちこちくまなく探せばさほど苦もなく見つけることができる。

 脱出は、ある部屋の床に矢印が印してあり、書類を見つけるとその床が開くので、下に降りていけばいい。

 L4Dのマップとしての作りがやや大雑把なのは気にかかるが、雰囲気はそこそこ良いので、いっそもうひとつかふたつ捜索するアイテムを増やしても面白かったかもしれない。

 L4DにはトンプソンやMP40などWWⅡ時代の武器MODや、感染者をナチスドイツ兵にするMODも出ているので、それらを使ってより一層の雰囲気を出してみるのも一興かと思う。

 クリアまでは20分ちょっとかかる。

a0094381_1493358.jpg

a0094381_1494072.jpg

a0094381_14102583.jpg

[PR]

by overkilling | 2015-06-08 14:10 | PC版left 4 dead 2

L4D2 カスタムマップレビューその162

a0094381_17384413.jpg

「City Center」

 プレイキャラはL4D2のキャラ。
 都市部を舞台にした未完成のキャンペーン。
 マップの見た目はそこそこでいくつか印象的なパートもあり、ルート構成も一応練られてはいるのだが、難易度が無茶苦茶で普通に遊べる代物ではなくなっている。
 ルートを進むだけで大量のラッシュが発生するよくある糞マップの類いで、ただひたすらストレスが溜まる内容であり、初見プレイでは恐ろしく面倒。
 チャプター3に至っては時間のかかるイベントの後に無限ラッシュ&無限タンクが起こり、その中で特殊感染者が罠のように固定配置されたアスレチックコースを進まねばならず、botが着いて来れないシングルプレイではクリアはほぼ不可能に近い。
 全4チャプターの予定だが3チャプターまでしか公開されておらず、完成を見ることもほぼないと思われる。

追記:
 なんと、実に5年ぶりにマップがアップデートされ、フィナーレが追加されたバージョンが公開された。

「City Center Apocalypse」

 ただし、追加されたフィナーレは実は「Dead on Time2」のフィナーレのまったくの流用である・・・。

 2015年以降、Gamemaps.comにアップロードされているカスタムマップが次々に数年ぶりのアップデートを行うという珍事(?)が起こっているが、もしやアップデートするとGamemaps.comから報酬が得られたりしているのだろうか?

a0094381_1749297.jpg

a0094381_17493672.jpg

a0094381_17494917.jpg

[PR]

by overkilling | 2015-06-08 10:14 | PC版left 4 dead 2