L4D2カスタムマップレビューその205

a0094381_5482935.jpg

「Voyeur Country [Beta v0.1]」

 プレイキャラはL4D1のキャラ。
 ルイジアナの湿地帯の村落で立ち往生した生存者たちは、気の触れた村民の信用を得るために感染者からの襲撃を耐え抜かねばならない、というのが基本設定。

「スワンプフィーバー」のマップ素材を使って、通常マップとサバイバルモードの中間のような1チャプターのカスタムマップに仕上げている。
 もっとわかりやすく言えば、キャンペーンのフィナーレのみを抽出してマップを広く取り、そこに様々なアイディアを盛り込んで作り上げたような内容だと言える。

 ゲームは小屋の2階にある無線機を使うか、あるいは一定時間が経つと自動的に開始される。
 どこでも好きな場所に篭れるので、プレイヤーの自由度はかなり高い。

 中央の屋敷には修復できる壁やバリケードがあり、村落のあちこちで素材を入手すると、修理をおこなって感染者の侵入をしばらく防ぐことができる。

 また、屋敷の外の一角には電流が流れているフェンスがあり、侵入しようと入ってくる感染者を撃退することができる。このフェンスの電流はたびたび切れてしまうが、近くにある発電機をリスタートすることで再起動できる(無理して再起動する必要はない)。

 また、一定時間が経つと、村落の各所にあるアイテムや仕掛けを使うことができるようになる。
 アイテムは回復キットや上位武器があり、どれかひとつしか選択できないが、また一定時間が経つことによって同じ選択肢が出てくる。
 ちなみに、ゲームクリアのために途中で行わなければならない要素はひとつもないので、ただ感染者の攻撃から身を守っていれば、そのうち嫌でもクリアできることになっている。

 最終的にはタンクが出現するので、それを倒していけば、ゲームクリアとなる。終盤にちょっとした意外な展開があるが、終わってみれば「何だったの?」という程度で、少々余計な要素だったように思う。

 また、説明不測だったり、逆に指示をこなしても警告が消えなかったりと、完成度的にもうひとつな部分も目に付く。

 ただ、しっかりと作られたマップで好きなように立て篭もって戦う、というのはL4Dのゲーム性としては非常に相性の良いものであり、サバイバルモードはキャンペーンと違って終わり方が曖昧なのでイマイチ好きになれない、という人でも、きちんとエンディングのあるこのカスタムマップなら面白味を感じることが出来るのではないかと思う。

 クリアまでは30分ほどかかる。

a0094381_74625.jpg

a0094381_7101440.jpg

a0094381_742180.jpg

a0094381_753769.jpg

a0094381_763988.jpg

[PR]

by overkilling | 2015-05-27 07:06 | PC版left 4 dead 2

L4D2カスタムマップレビューその204

a0094381_352083.jpg

「Cursed Train」

 プレイキャラはL4D2のキャラ。
 1チャプターのショートマップで、タイトル通り、不気味な列車が舞台となっている。

 もっとも、列車よりも白く浮かび上がっている背景が異様で気味が悪く、ホラーな雰囲気を作り出すのに成功している。よく見ると動きがおかしかったり、 なぜだか隣のレールをもう1両の列車が併走していたりするが、あまり細かいことを気にするとこのマップは楽しめないかもしれない。

 ただ列車の中を進んでいくだけかと思いきや、意外とルートも凝っており、途中にはちゃんと復活用のクローゼットも設置してある。
 フィナーレも用意されており、狭い狭い運転席でラッシュやタンクと戦うことになる。なお、運転席とフロントウィンドウの間にいるとハマることがあるが、進行方向と逆向きにジャンプすると脱出できる。

 列車から落ちると即死扱いになるので、Botが次々にいなくなったりすることもあるが、難易度的には難しいものではないので、少しばかり空いた時間にでもプレイするのがいいかもしれない。

 クリアまでは10分弱程度かかる。

a0094381_48172.jpg

a0094381_484895.jpg

a0094381_485550.jpg

a0094381_414638.jpg

[PR]

by overkilling | 2015-05-11 04:10 | PC版left 4 dead 2

L4D2カスタムマップレビューその203

a0094381_1105860.jpg

「Echo Evac」

 プレイキャラはL4D2のキャラ。
 新作マップではなく、2010年頃にL4Dmaps.comで公開されたカスタムキャンペーンだという説明があるので、再公開版と言うのが正しいのかもしれない。
 確かに、私も以前にこのキャンペーンをプレイした記憶があるのだが、このタイトルには憶えがない。プレイしたのならレビューも掲載していそうなのだが、チェックしても見つからなかったので、当時は正式に入手できないものだったのかもしれない。
 ただ、YouTubeで動画を見た記憶はあるので(フィナーレの脱出方法がわからなかった・・)、あるいはキャンペーン名を変更しているものと思われる。

 L4D1の公式マップである「ブラッドハーベスト」の続編という形式になっており、L4D2の生存者たちが「ブラッドハーベスト」のフィナーレである農家にたどり着いたが救出車両は現れず、仕方なく自力でその先に進んでいく、という設定になっている。

 「ブラッドハーベスト」と関係があるのは冒頭だけで、公式マップのエンディングで装甲車がブチ破って突破した柵の奥へとルートは続いていく。

 マップの見た目はそれなりで、特に目を引く要素があるわけではないが、各チャプターのイベントはいろいろ凝っており、一筋縄ではいかないようになっている。
 ただ、どちらかというとイベントは面倒なものが多く、正直言ってプレイしづらい類いのもので、おまけに難易度が高めなことから、ハッキリ言ってしまうと糞マップにカテゴリしてしまいたくなる出来になっている。

 チャプター1のスカベンジは、巨大な白いタンクの上に登ってから給油する。
 
 チャプター2のイベントはマップのあちこちに設置されたスピーカーを3つ破壊するのだが、マップの作りが相当にややこしく、しかも延々とラッシュが続く中でルートを探し出さねばならないので、初見殺しどころのレベルですらない。マップを端から端まで見て回らないと、ルートを見つけるのは難しい。
 また、スピーカーの破壊が完了したら、詰め所にあるボタンを押してゲートを開く必要がある。

 チャプター3のフィナーレは、ビルで囲まれた雑草地帯(なにかの研究所?)にエレベーターで降りただけで開始となる。
 篭れる場所は2箇所あり、さほど難しいものではないが、簡単にはいかないようになかなか捻って作られている。
 脱出は、ビルの壁沿いに進むと警告色で塗られた部分があり、そこへ上からリフトが降りてくるようになっている。そのリフトに乗り込めばいいのだが、Botたちは乗ってくれないので、シングルプレイの場合はBotたちが倒れてくれないとクリアできない。

 全般的にルートは案内表示が少なめなのでわかりづらく、アイテムの設置も満足なものではないので、とにかくプレイしづらい。
 また、チャプター2では他の糞マップでも見られた、装甲車の一部が空中にパカパカと表示されるという、わけのわからないバグもある。

 良くも悪くもマップとしての個性はあり、チャプター2のセーフルームの電車など面白いアイディアもあるので、細かい部分をきちんと作っていればそれなりの評価を得られそうなものではあるのだが、どうしていい加減な作りで制作者自ら評価を下げるような真似をするのか、ほとほと理解できない。バグや作りがいい加減な部分は制作者も認識しているらしいのだが、それでも再公開に踏み切ったということは、そうした部分を今更直すつもりはない、ということなのだろうか。

 全3チャプターで、クリアまでは30分程度かかる。

a0094381_235561.jpg

a0094381_241952.jpg

a0094381_25442.jpg

a0094381_251362.jpg

a0094381_261759.jpg

[PR]

by overkilling | 2015-05-11 02:06 | PC版left 4 dead 2