L4D2カスタムマップレビューその198

a0094381_5482784.jpg

「Fatal Freight」

 プレイキャラはL4D1のキャラ。
 郊外の森や倉庫街を舞台にしたキャンペーンで、手堅くしっかりと作られている。
 マップの見た目は新規性はないもののセンス良く組み上げられ、いくつかのカスタムサウンドもなかなかいい雰囲気を出している。
 基本に忠実かつオーソドックスな仕上がりで、その分、カスタムマップとしての個性が薄い気もするが、道中のルートもまず迷うことはないので、安心して遊べる佳作マップのひとつだと言える。
 若干、弾薬の設置が少なく感じるのと、チャプター4の列車のイベントでドアが閉まらないバグが発生したり、あまり変わり映えのしないロケーションなので後半やや単調に思えたりするのが残念な点。
 フィナーレは列車倉庫で最初にスカベンジを行い、その後に通常のラッシュ、タンクと戦うという形式になっている。
 スカベンジは運搬するガス缶が10個もある上にフィールドがやや広く、シングルプレイではけっこう面倒に感じる。
 タンク戦は2回目の時だけ2体同時湧きになっているが、公式マップの「スワンプ・フィーバー」と違って平面的なステージなので直線的な対処しか出来ないこともあって、フィナーレの盛り上げに特に貢献しているとは言い難い。
 もう少し特徴的なアイディアがあればマップ全体の印象ももっと印象に残るものになっていたかも知れないが、地味ながらも良質のカスタムキャンペーンであることは間違いない。
 全5チャプターで、クリアまでは50分ほどかかる。

a0094381_627722.jpg

a0094381_6271490.jpg

a0094381_6275740.jpg

a0094381_628497.jpg

a0094381_6284469.jpg

[PR]

by overkilling | 2015-02-17 06:28 | PC版left 4 dead 2

L4D2カスタムマップレビューその197

a0094381_428944.jpg

「The Hive」

 プレイキャラはL4D1のキャラ。
 カプコンの「バイオハザード」シリーズをモチーフにしたカスタムマップで、原作再現型ではなく、ちゃんとL4D2のマップとして普通に遊べる内容になっている。
 チャプター1で簡単なアイテム探しがあるが、過剰なまでの案内表示や指示を表示することによって迷うことなく先へ進んでいけるし、チャプター2以降はどちらかといえば強行突破を繰り返すような展開が多い。
 マップは比較的しっかりと作られていて、「バイオハザード」の秘密基地を巧みに再現している。
 ただ、オブジェクトの配置やライティングにいまひとつセンスがなく、悪い意味でカスタムマップっぽいのっぺりとした印象を受けてしまう。
 道中に仕掛けられたレーザートラップをBotたちが越えられず全滅してしまったり、閉まるドアに挟まって即死したり、途中でスタックしたりとBotの動きに関して問題がある場面が多々見られたので、あまりシングルプレイは重視されていないようではある。
 各チャプターはけっこう短いので、上記のような問題が致命的になっていないのは救い。サクサク進めていけるのも面白さに繋がっている。
 チャプター3ではパイプの上を進んでいくパートがあるが、途中で落ちると最初からやり直しになる。その先の格子を上に開ける行き止まりの部分は、壁を登れるようになっているので上に這い上がろう。
 フィナーレは屋敷から外へ出るとカウントダウンが始まり、5分以内にゴールまでたどり着かないと全滅扱いになる。道中はタンクも出ず、ただゴールまで走り抜けるだけで道順がわかっていれば簡単にクリアできてしまうので、少々味気なく感じるラストになっている。
 マップのあちこちに意味もなくL4D2キャラの死体が転がっていたり、せっかくのエレベーターや列車などのイベントの処理がテキトーで逆に手抜き感を与えてしまっていたりと残念な部分があるにはあるのだが、こうした二次創作マップでさほどストレスを感じることなく最後まで遊べるのはけっこう貴重なのかもしれない。
 全5チャプターで、クリアまでは40分ほどかかる。

a0094381_521161.jpg

a0094381_521946.jpg

a0094381_53698.jpg

a0094381_531361.jpg

a0094381_535430.jpg

a0094381_5416.jpg

[PR]

by overkilling | 2015-02-16 05:07 | PC版left 4 dead 2

L4D2カスタムマップレビューその196

a0094381_5231891.jpg

「Dark Wood」

 プレイキャラはL4D1のキャラ。
 未完成だったL4D1版のカスタムマップの完全版で、相当に濃い内容となっている。

 マップの見た目の完成度は傑作と呼ばれる他のカスタムマップに引けを取らない高いもので、カスタム素材を使ったオリジナリティ溢れる世界観や、アイディアやコンセプトを詰め込んだイベントなど、注目されるに値するだけのクオリティを誇っている。

 まだ公開されてから日が浅いので、感染者のリポップに妙なところがあったり、発光しないスイッチがあったりと不備も見受けられるが、そのあたりは今後のアップデート(もしあれば、だが)で修正されるかもしれない。

 残念ながらそれ以外の部分で気になる箇所がいくつかあり、マップ自体の完成度は高いものの、全体的にプレイヤーを迷わせるために暗くしているパートが多く、ルートもマッピングでもしないと正しい道順を見つけられないほど入り組んでいるので、先へ進むのに非常に苦労する。コンソールや梯子といった、先へ進むためのオブジェクトもいちいち見つかりにくい場所にあるので、意地の悪い作りのマップだと感じることも多い。

 また、各チャプターがクリアまで非常に時間のかかるロングマップになっていることもあって、どうしても中だるみを感じることから、リプレイ性を著しく削いでしまっている。
 それでいて初見殺しの時間制限イベントなどもあり、公式マップなどと比べれば遊びやすいものでは決してないので、良くも悪くもカスタムマップという印象を強くしてしまう。
 マップ自体の完成度は高いのだから、プレイヤーを迷わせるような要素は極力無くしてサクサク進める遊びやすさを追求した方が、リプレイ性も増してはるかに良かったのではなかろうか。
 世界観の構築や細かい演出などは最高レベルのものなのだが、「もう一度プレイしたい」と思わせる要素を、あまりに長すぎるマップ構成やストレスが溜まるだけの複雑なルート設定が台無しにしてしまっている。

 フィナーレは教会に立て篭って戦うのだが、ちょっと面白い仕掛けがあるものの、これだけ内容の濃いキャンペーンの締めくくりとしては少々盛り上がりに欠けており、あっさりと終わってしまうのが味気ない。

 全5チャプターだが、どのチャプターも超ロングマップ仕様なので、クリアまではたっぷり2時間前後はかかる。
 あまりに時間がかかるのでマルチプレイにも向いておらず、シングルプレイでも「一度クリアしたらもういいや」、となってしまうので(その初見プレイもかなり厳しいことになると思うが)、マップの見た目の完成度の高さがかなりもったいなく感じるキャンペーンではある。

a0094381_5294891.jpg

a0094381_5155623.jpg

a0094381_516531.jpg

a0094381_5213293.jpg

a0094381_5215124.jpg

a0094381_5225045.jpg

a0094381_5232682.jpg

[PR]

by overkilling | 2015-02-15 05:23 | PC版left 4 dead 2

L4D2カスタムマップレビューその195

a0094381_2391338.jpg

「The Return」

 プレイキャラはL4D2のキャラ。
 都市部を舞台にしたキャンペーンで、いずれのチャプターもほぼ公式マップの素材で作られているので新規性はないが、そこそこの完成度はある。
 公式マップの作りを思わせる、わかりやすいロケーションでなかなか凝ったルートが楽しく、また各チャプターの長さも実に適切で、印象は地味だが頑張って作られている。
 ただ、ところどころ手抜きのようないい加減さも目立ち、悪い意味でカスタムマップならではのプレイのしづらさもあちこちで感じられる。
 セーフルームに回復キットがなかったり、ロードしてチャプターが変わると置いてある銃器が別のものになっていたりと、キッチリしていない部分も残念。
 また、チャプター4だけ妙に強引な作りになっており、建設中のビルから足場を降りる場面は落ちると即死の可能性もある不安定な場所の上、シングルプレイではBotたちはプレイヤーが地上に降りて先へ進んでワープさせないと、着いてくることが出来ない。このため、プレイヤーだけ特殊感染者に襲われて助けてもらえず、リトライを食らう危険性もけっこう高い。
 イベントもわかりづらく、空の燃料タンクが設置してある壁まで行ってイベントを発生させたら、少し戻って落ちている燃料タンクをひとつ拾って再び壁まで行き、設置してある空の燃料タンクに給油する。その後、近くにあるプロパンガス缶を撃って壁を爆破する。理屈はわかるが、ただ面倒なだけで面白味がなく、あまりしっくりこない手順である。
 フィナーレは街中の交差点に設営されたCEDAの検疫所で戦うのだが、テント内から楽にラッシュを処理出来るのでこれまた味気なく、何の高揚感もないまま終わってしまう。
 脱出はタンク討伐後に壁に付いた梯子を登って屋上のヘリポートに行けるようになるので、あらかじめフィナーレ開始前に梯子の位置を確認しておくのがいい。
 もう少しマップ作りに丁寧さがあれば佳作的な位置にはいけたと思うのだが、決してプレイして損をするようなクオリティでもなく、ある程度カスタムマップに慣れたプレイヤーなら十分に楽しめる内容だと思う。
 全5チャプターで、クリアまでは50分ほどかかる。

a0094381_3164450.jpg

a0094381_315564.jpg

a0094381_317557.jpg

a0094381_3172462.jpg

[PR]

by overkilling | 2015-02-14 03:17 | PC版left 4 dead 2

L4D2カスタムマップレビューその194

a0094381_3291349.jpg

「Bad Neighborhood」

 プレイキャラはL4D2のキャラ。
 オーストラリアに実在するsuburban streetという地区を舞台にしたキャンペーンで、その再現度は街の検索画像を見る限りなかなか高いと思われる。
 他のカスタムマップから拝借してきたカスタムテクスチャやモデルを使い、見た目はそれなりにしっかりと作られている。
 その一方でゲーム性はイマイチで、チャプター1はセーフルームを出るだけでいきなりガントレット形式のラッシュイベントが始まってしまうし、チャプター2以降も広いマップであるにもかかわらず案内表示が少ないので、どこへ進むべきなのかけっこう迷ってしまう。
 全体のバランスもあまり良くなく、遊んでいて面白味を感じることが少ないのが残念。
 フィナーレはだだっ広いフィールドで戦うのだが、見晴らしが良すぎてラッシュに簡単に対応できてしまう。
 suburban streetに思い入れがなければ、プレイしても印象に残るものは少ないかもしれない。
 全3チャプターで、クリアまでは20分少々かかる。

a0094381_3475090.jpg

a0094381_348068.jpg

a0094381_325886.jpg

a0094381_3481570.jpg

[PR]

by overkilling | 2015-02-13 03:47 | PC版left 4 dead 2

L4D2カスタムマップレビューその193

a0094381_6105539.jpg

「Dead Jail」

 プレイキャラはL4D2のキャラ。
 タイトル通り刑務所内を舞台にしたカスタムマップで、見た目のチープさ通りにクオリティが低いのが残念。
 zipファイルには3つの難易度別のvpkファイルがあるが、おそらく初見プレイはそれなりに苦労するので、easyで遊ぶのが無難だと思われる。
 次々と展開していくマップルートは内容が濃く、かなり頑張って作られているとは思うのだが、いかんせんプレイヤーのことをまるで考慮していない独りよがりな内容でプレイしづらく、リトライを食いやすいポイントがいくつかあるのもかなりマイナス。
 ルートを進むだけで湧く固定配置のラッシュや特殊感染者、マップのあちこちを回らないと発生しないイベントなど、悪い意味でのカスタムマップらしさが目立つ。
 セーフルームまでの手順がわかっていれば意外と先へ進んでいく楽しさはあるので、もうちょっとプレイしやすさを重視してマップの見た目も良ければ、あるいは佳作にはなれたかもしれない。
 なお、イベントのほとんどは時間経過を待つだけの単純なものだが、ガラス戸のところで詰まったら、銃で奥に見えるスイッチを撃ってみよう。ガラスが開いて、奥の部屋でレバーを引けるようになる。
 2枚のドアで塞がれている所は、攻撃すればドアをどかすことが出来る。
 アップロードサイトでは2チャプターのキャンペーンということになっているが、実際には1チャプターしかなく、チャプター1をクリアすると再びスタート地点にループする。こんな作りにして2チャプターキャンペーンだと偽っても、どうしようもないと思うのだが・・・。

a0094381_6471752.jpg

a0094381_647377.jpg

a0094381_6474360.jpg

[PR]

by overkilling | 2015-02-12 06:47 | PC版left 4 dead 2

L4D2カスタムマップレビューその192

a0094381_146585.jpg

「Belle Fire(L4D2)」

 プレイキャラはL4D2のキャラ。
 数多ある糞マップのひとつである「Attica Region」の続編で、残念ながらこのマップも糞マップの評価を免れ得ない酷い内容になっている。
 木造ボートや竜巻といったアイディアはいいのだが、それらを活かすどころか、プレイヤーの存在を完全に無視したマップ構成があんまりな出来。
 チャプター1は川の途中でクラッシュしてしまうし、チャプター2はガクガクと画面が揺れる中で、触れればほぼ即死級のダメージを食らう竜巻がぐるぐると移動している最中に、狭い駐車場内をあちこち走ってラッシュ+タンクの極悪コンボを3セットも耐えなければならない。ここまで無茶苦茶な内容は他に例がない気さえする。
 おまけに、セーフルームに入ってチャプター2をクリアところでL4D2がフリーズする。おそらく、チャプター3を作るつもりで途中放棄してしまったのだろうが、少なくともチャプター1からまともに遊べる代物ではないし、 この内容で「完成した3チャプターマップ」としてアップロードした制作者の神経を疑う(チャプター3は未実装)。
 せめて普通に遊べるような内容だったら、レビュアーたちからのちゃんとしたフォードバックも得られていたと思うのだが…。

a0094381_2706.jpg

a0094381_27972.jpg

[PR]

by overkilling | 2015-02-02 02:08 | PC版left 4 dead 2

L4D2カスタムマップレビューその191

a0094381_23135669.jpg

「Cursed City」

 プレイキャラはL4D2のキャラ。
 都市を舞台にした中マップで、出来はかなりそれなり。
 いかにも個人で作ったマップといった完成度で、クオリティの高いもの以外は遊びたくない、という人にはとてもオススメはできない。
 残念なことに、チャプター2開始時にゲームがストップしてしまうバグがある。チャプター2からロードして開始すればそのままフィナーレまで遊べるが、どうも制作者は開き直ってアップデートを放棄してしまったらしく、その点からもこのカスタムキャンペーンの程度がうかがい知れてしまう。
 道中のスペースを広く取って動き回りやすくしているところなどは好感が持てるのだが、その分見た目が寂しく見える、という意見の方が大半であろう。
 地下鉄のプラットフォームで戦うフィナーレは、撃つと壊れる柱があったりしてそこそこ面白い。が、妙に狭い上に篭りにくい場所なのでプレイしづらく感じられてしまう。もっと広くて自在に動けるなら、篭れなくても問題はなかったのだが…。
 また、2体目のタンクを倒した後の脱出用の地下鉄がやってくるのに時間がかかるので、車内に乗り込めるようになるまで生き延びるのも大変。電車で脱出するカスタムマップのフィナーレはどれもこのパターンな気がする。
 全3チャプターで、クリアまでは30分ほどかかる。

a0094381_23301968.jpg

a0094381_2330517.jpg

a0094381_23305921.jpg

[PR]

by overkilling | 2015-02-01 23:34 | PC版left 4 dead 2