L4D2 カスタムマップレビューその150

a0094381_10423194.jpg

「Twisted Fates」

 プレイキャラはL4D1のキャラ。
 詳細は不明だが、どうやら入手不可能になっていたL4D1用のカスタムマップをL4D2用にコンバートしたものであるらしい。
 なのでL4D2要素は皆無、内容も相当な低クオリティで、正直言って公開できるレベルの完成度ではないと思う。
 チャプター1と3は植え込みで作られた迷路になっており、チャプター2と4は不条理なひみつきち系。
 botの動きは悪く、チャプター1はセーフルームに入ってくれなくてクリアできず。
 武器やアイテムは道中にほとんど設置されておらず、何もないセーフルームもある。にも関わらず、ラッシュ中にタンクが2体同時に現れたり、即死の落とし穴があったりと、無茶苦茶な内容になっている。
 ルートも強引極まりなく、おそらく「それっぽいマップを作ってみました」程度の制作意識しかなかったものと思われる。
 少なくともシングルプレイでは、まともに遊べる代物ではないことは確か。
 チャプター1の最後は無線機を使うとラッシュが始まり、かなり時間が経つと建物の中央のドア(?)がすこーしづつ下がっていくので、そこに入る。
 チャプター4は立体駐車場(?)の屋上にあるクレーンに付いているはしごを降りて先へ進み、坂になっている鉄骨の端(鉄骨の真ん中だと進めなくなる)を通り、建物の中に入って無線機を使う。ここからフィナーレになるが、タンクを倒したら(なんとフィナーレラッシュ中にもタンクが出るので、3~4体はタンクが出る)無線機のある建物の隣の建物の中央部が開くので、そこへ入る。しばらくすると入ったところの正面にある扉が上下に動きだすので、そこから中央部分に入れば、キャンペーンクリアになるのだが・・・エンディングテーマは流れるものの、エンドロールが流れず、そのまま戦闘が続くというわけのわからない終わり方になっている。
 制作者はL4D1版の頃にすでに放り出してしまっているようなので、そもそもこれを掘り返したアップロード者の意図はどうかとは思うが、現在は配布サイトの仕様で開発放棄されたカスタムマップとして分類されており、このまま眠りについた方が皆幸せになれると思う。

a0094381_11321684.jpg

a0094381_11324377.jpg

a0094381_11325435.jpg

[PR]

by overkilling | 2014-03-31 11:35 | PC版left 4 dead 2

L4D2 カスタムマップレビューその149

a0094381_7595965.jpg

「Zombie Movie Without Name」

 プレイキャラはL4D2のキャラ。
 巨大な下水処理場から山中、港町へと続くキャンペーン。
 一応フィナーレまでは実装しているものの、残念ながら制作者が開発を放棄してしまっているので、ところどころにバグに近い不具合がある。
 マップの作りはそこそこ良く、いくつか散漫な部分があるにはあるが、最後まできっちりとプレイは出来る。
 しかしbotたちの動きが悪く、セーフルームにある回復キットや武器を取らなかったり、エレベーターに乗ってくれなかったりする。
 ゲームを進めていく上でも、至らない点があちこち目につき、正直言って普通に遊べる代物ではない。
 途中で開発放棄された代物なので、こうした点は仕方ないのかもしれない。
 全3チャプターで、クリアまでは40分ほどかかる。

a0094381_819116.jpg

a0094381_8193050.jpg

a0094381_82022.jpg

a0094381_8201428.jpg

[PR]

by overkilling | 2014-03-30 08:21 | PC版left 4 dead 2

L4D2 カスタムマップレビューその148

a0094381_9435643.jpg

「Urban Underground」

 プレイキャラはL4D1のキャラ。
 公式マップの「ノーマーシー」のベータ版を再現しているらしく、極一部のマップの違いはあれど、内容はほとんど「ノーマーシー」そのままである。
 特殊感染者は普通に登場するが武器やアイテムはL4D2のものは出現せず、いくつかの場面でBGMがかからない。
 また、マップがかなり暗く、プレイしやすいとはとても言えない。ベータ版に則っているのか、いくつかのイベントもない。
 わざわざL4D2でこのカスタムマップをプレイする意味があるかと言うと、少々辛いものがある気がする。
 全5チャプターで、クリアまでは40分ほどかかる。

a0094381_9591729.jpg

a0094381_959263.jpg

[PR]

by overkilling | 2014-03-29 10:01 | PC版left 4 dead 2

L4D2 カスタムマップレビューその147

a0094381_7393411.jpg

「Urban Disaster」

 プレイキャラはL4D2のキャラ。
 寂れた田舎町や郊外にある様々な場所を駆け抜けていくキャンペーン。
 なかなか印象的で独創的なロケーションを備えている。
 マップの作りはオーソドックスで、展開やイベントなどはあまり個性はなく、その分キャンペーンの印象も希薄になっている。
 ルートがわかりやすく安心して遊べる点や、演出に凝っている点は非常にいいのだが、前半チャプターの広い場所の雑なマップ構成や、全般を通してのアイテム配置の少なさなど、残念な点もいくつかある。
 また、各チャプターが妙に長く、メリハリがないようにも感じられる。
 案内表示や説明などはしっかりしているのだが、なぜだかチャプター3の格納庫の無限ラッシュだけ説明がなく、どこへ行けばいいのかもわかりづらい。
 しかしながら全体的には完成度は高く、基本に忠実で、L4D2の面白さをしっかりと味わえる内容になっている。もう少し細部が丁寧に作られていたなら、傑作マップのひとつに数えられるキャンペーンになっていたかもしれない。内容的に、配布サイトのレビュースコア(7.4)は、明らかに低すぎると思う。
 全5チャプターで、クリアまでは1時間半ほどかかる。

a0094381_10372297.jpg

a0094381_10375474.jpg

a0094381_10397100.jpg

a0094381_10391743.jpg

a0094381_10393289.jpg

a0094381_10394761.jpg

[PR]

by overkilling | 2014-03-27 10:43 | PC版left 4 dead 2

L4D2 カスタムマップレビューその146

a0094381_894324.jpg

「BurningDownUnder」

 プレイキャラはL4D2のキャラ。
 山奥の廃工場や廃鉄道を舞台にした、かなり濃厚なカスタムキャンペーン。
 マップのあちこちが力技で作られており、正直言って糞マップとしか言いようがないクオリティなのだが、一貫した世界観やステージ構成の濃度には一応見るべきものはある。

 ただ、ルートの強引さ・わかりづらさもかなりのもので、ほとんど全編に渡って、あちこちうろつきながら次に進むべきルートを探す類いの面倒臭いマップになっており、プレイしたのを後悔してしまうような遊びづらさを感じてしまう。

 ゲーム性の構成にもとことんセンスがなく、ルートを探さなければならないのに意味もなくラッシュが続いたり、タンクが連続して出てきたり、コンソールを起動しても何が起こったのかわからない、初期武器と上位武器が混在して設置されている、など、プレイしやすさからはかけ離れているのがつくづく残念。
 マップデザインはかなり頑張って作っているのだろうが、ゲーム性は「ぼくのかんがえたきゃんぺーん」的な稚拙なレベルの出来になっている。

 チャプター構成も、公式マップの「ハードレイン」のように一度進んだマップを戻っていく内容になっているのだが、マップに何の変化もなくただ同じマップを戻るだけなので圧倒的につまらない。そもそもチャプター2は何をしにいったのかよくわからない上、行きも帰りもルートがわかりづらいので、ただただストレスが溜まるだけになっている。
 ルート進行も手順が複雑な割りに案内や説明が少なく、細かく調べていけばわかるようにはなっているものの、そこまでの努力をつぎ込むほどの魅力がこのキャンペーンにあるかというと、かなり厳しいものがある。

<各チャプターのヒント>
チャプター1:
コンソールを起動したら、黒いコードを辿っていけば、どこへ進むべきかがわかるかもしれない。

チャプター2:
谷底に降りたら白い木枠で一見ふさがれているところまで進む。木枠のところはしゃがめば越えられるようになっている。

チャプター3:
チャプター2を逆走するだけ。

チャプター4:
屋根の上にあるコンソールを起動するために、倉庫の外の壁に付いているはしごを登って、屋根の上に出る。コンソールから逆算して調べればわかりやすいかも?

チャプター5:
地上に停まっているヘリへ向かう。ヘリの先へ進み、建物内に入って、トランシーバーと無線機を使う。ヘリへ戻って乗り込めばキャンペーンクリアとなる。

 このカスタムマップは、シングルプレイよりもマルチプレイで大勢でルート探しをするのが楽しいキャンペーンだと思われる。ただ、そうであるにはマップが少々長すぎる気はするが・・・。

  2015年を迎えた現在でもアップデートを頻繁に行なっているので、細かい部分が改良されればそこそこ遊べるものになる可能性はある。
 全5チャプターだがとにかくラッシュが多いので、クリアまではすんなりいっても1時間半ほどかかる。

<追記>
 最新バージョンを遊んでみたが、空の色や遠景のシルエットなど見た目が改善されている所はあるものの、意味もなく起こるラッシュやイベント、ルートのわかりづらさ、アイテム配置の極度のセンスの無さなどはまったく変わっておらず、これだけ頻繁にアップデートを繰り返しているのに、一体何に手を加えているのかゲーム内ではさっぱりわからなかった。
 残念ながら、糞マップの評価を覆すには、まだ相当数のアップデートを繰り返さねばならないようで、そもそもそれが可能なのかどうかもわからないレベルのカスタムマップに付き合うユーザーがどれだけいるのか、甚だ疑問ではある。

a0094381_8321848.jpg

a0094381_832534.jpg

a0094381_8335212.jpg

a0094381_8342683.jpg

a0094381_8343443.jpg

[PR]

by overkilling | 2014-03-26 08:38 | PC版left 4 dead 2

L4D2 カスタムマップレビューその145

a0094381_13294818.jpg

「We Don't Go To Ravenholm 2」

 プレイキャラはL4D2のキャラ。
 L4D1版からの移植マップで、一部のイベントを除いてマップ構成などの変更はほとんどない。

「Half-Life 2」のマップデータを使った連作カスタムマップのエピソード3「Half-Life 2: Water Hazard」の直後のキャンペーンとなってはいるが、内容的にはあまり関連性はなく、世界観や完成度的にもこのキャンペーンだけ独立しているような感がある。

 マップの出来は素晴らしく、ゲーム性もあって、素直に楽しめる内容になっている。
 L4D1版ではbotの動きが怪しくなってしまうことが多々あったが、L4D2版ではそうした面はかなり解消されている。

 ただし、L4D2版で追加となったチャプター3の最後の無限ラッシュイベントでbotたちがスタックしてしまうのが見られた。また、セーフルーム前まで来ると来た道を戻れなくなるので、botたちがスタックすると実に面倒なことになる。これだけ出来がいいのに、こんな単純な構成ミスがあるとは意外である。

 フィナーレ後の脱出方法も変更されているが、こちらの方がリアリティがあって脱出しやすいのでいい変更点であると思われる。もっとも、フィナーレ開始時の無線は何だったんだという気がしないでもないが。

 全4チャプターで、クリアまでは40分ほどかかる。

a0094381_13482292.jpg

a0094381_13491883.jpg

a0094381_13492612.jpg

a0094381_13513860.jpg

[PR]

by overkilling | 2014-03-25 13:52 | PC版left 4 dead 2

L4D2 カスタムマップレビューその144

a0094381_6565057.jpg


「Vienna Calling 1」

 プレイキャラはL4D1のキャラ。
 L4D1版からの移植マップで、オープニングやイベントなどの細かい部位が改良されている。
 キャンペーンの大筋に変更はなく、独特の世界観のマップを存分に楽しめる。

 長大なボリュームの大作だが、残念ながら欠点も多々あり、マップの暗さやルートのわかりづらさ、各チャプターのバランスの悪さなど、初見プレイでは苦労する要素が多い。

 ただし、L4D1版で不評だった点はいくつか改良されており、L4D2になってbotの動きが良くなったこともあって、L4D1版と比べればかなり遊びやすくなっている。

 フィナーレも無線ボイスやBGMが追加され、そこそこ盛り上がる。

 全5チャプターで、クリアまではすんなりいっても1時間以上はかかる。

a0094381_7215883.jpg

a0094381_72223100.jpg

a0094381_7223956.jpg

a0094381_7231030.jpg

a0094381_7232075.jpg

[PR]

by overkilling | 2014-03-24 07:25 | PC版left 4 dead 2