ファレスの呼び声

「本格派西部劇FPS」(日本版のパッケージジャケットにそう書いてある)として2007年に登場したのが、この「コール・オブ・ファレス」で御座います。
a0094381_14362887.jpg

最近では西部劇のゲームと言えば「レッド・デッド・リデンプション」が全部の話題をかっさらってしまっていますが、それまでは西部劇ゲームと言えば…残念ながらこの「コール・オブ・ファレス」ではなく、PS2、Xboxで出た「レッド・デッド・リボルバー」だったような気がします。
ぶっちゃけて言うとこの「コール・オブ・ファレス」、個人的にはあまり面白くなかったのです。

「レッド・デッド・リボルバー」が難易度の高さの問題は別として一部の西部劇ファンに受けたというのは、おそらくはゲーム性云々よりも、「西部劇」(西部劇映画)を世界観に取り込み、そうした映画のパロディ、またはパクりを堂々とやっていたことにあるのだと思われます。
結局のところ、2000年代を生きる人間にとって、百年以上も前の西部劇の時代は映画などでしか見知る他はありません。
50年代から70年代にかけて大量に作られたウェスタン映画こそが現代人にとっての「西部劇」であり、例え史実がどうだったにせよ、映画のイメージの方がどうしても優ってしまうのです。
このあたりは第二次世界大戦を舞台にしているFPSゲームとは、明らかに違った点だと言えるでしょう。

そういう観点からすると、「コール・オブ・ファレス」は西部劇の時代の世界ではあるものの、いつかどこかで見たウェスタン映画の匂いがほとんどしないのです。
おそらく、「西部劇」っぽさすらあまりしないのではないでしょうか。

例えば、日本でもたくさんのファンがいるイタリア製の「マカロニウェスタン」の特徴はと言えば、強烈な強面の悪党にホコリと泥だらけの世界、廃墟や寂れた町、残酷な展開に突拍子もない武器と、インパクトのある世界が展開していくのがパブリックイメージであると思うのですが、「コール・オブ・ファレス」にはそうしたものはほとんど出てきません。
美麗なグラフィックによって描き出されるステージは自然の美しさばかりが目立ち、汚らしさよりむしろ綺麗さ、清涼感すら漂います。
何もマカロニウェスタンだけが西部劇ではないのですが、「レッド・デッド・リボルバー」がそうした映画の世界観を上手くゲームに取り入れ、見事に「西部劇」の世界を演出していたのに対し、「コール・オブ・ファレス」はそのあたりが上手くいっていないのです。
簡単に言ってしまうと、西部劇のイメージからは幾分かけ離れており、「西部劇にしては何もかも綺麗過ぎる」ように感じられるのですな。
私なんぞはむしろ、2000年に公開された「すべての美しい馬」というアメリカ映画を思い出してしまいました。
美しい映像で語られるこの映画の淡々としたイメージは、「コール・オブ・ファレス」と作品イメージが重なる部分が見受けられるように思えます。

おそらく、制作者は「西部劇」、特に「マカロニウェスタン」などは眼中にもなく、史実にある現実にあった世界の「西部開拓時代」をゲームで再現しようとした、ということであるのだと思います。
映画を取り入れた「レッド・デッド・リボルバー」との差異は、ここにあるのです。

ドラマ性を狙って凝った設定や人物関係などは取り入れているものの、それらは西部劇の要素というより人間ドラマ的な要素です。
宝探しなどは少々馬鹿馬鹿しい要素ですが、それはゲーム中でも上手く処理されているとは言い難く、クライマックスに向かって安易に「西部劇」の要素を取り入れていく展開(彼女が誘拐される等)もゲームとしては盛り上がりを見せるものの、どうしても安直さを感じずにはいられません。
取り入れている要素はすでに、手垢にまみれているものばかりなのです。

もちろん、「コール・オブ・ファレス」にも西部劇っぽい小道具やシチュエーション、舞台なども存在するのですが、それらは皆オーソドックスなものばかり。
主人公を2人にするというある意味斬新なシステムも導入しており、これはゲームとしてみるとそこそこの出来にはなっているのですが、「西部劇」という観点から見ると、やはりもうひとつインパクト・面白さに欠けてしまったように感じられます。
お約束のような「裏切り」の展開などもあるのですが、プレイヤーにはそれが最初からわかってしまうほど中身の薄いもので、西部の残酷さよりも一方の主人公である、冷酷なはずのレイのお人好しぶりが目立ってしまうという、皮肉な結果になっています。
また、西部劇のイメージどおりの撃ち合いを期待していたプレイヤーは、序盤から延々と続くもう一方の主人公のビリーの逃走劇に、ウンザリしてしまうのではないでしょうか。
せめてゲーム性が面白ければ良かったのですが、そちらの方もオーソドックスなものになっており、これまたこれといったインパクトがないまま、淡々とゲームが進んでいきます。
ストーリーの展開の仕方などはそこそこ良く出来ていて先を知りたくなるものがあるだけに、惜しいという感想だけが残ってしまいます。

「西部開拓時代」にドラマとストーリーを持ち込み、2人の主人公という独特のシステムでまとめ上げようとしたものの、ゲーム画面の印象そのままに、「綺麗にまとまり過ぎてしまった」感がありあり。
「コール・オブ・ファレス」が作り上げたものは、「西部劇」でもましてや「マカロニウェスタン」でもなく、「古き良きアメリカ」だったのかもしれません。
[PR]

by overkilling | 2010-10-17 14:40 | コール・オブ・ファレス

アフリカは燃えているか

 アフリカ某国で傭兵として活躍(というより暗躍?)するFPSゲームがこの「ファークライ2(FARCRY2)」で御座います。
a0094381_1974581.jpg

 グラフィックとゲーム性に惹かれて始めてみましたが、物凄く熱中してプレイしておりました。

 広大なアフリカの大地を駆け回りながら次々ミッションをこなしていくのは実に楽しく、そこそこある自由度と大雑把でありながら微妙なバランスの上に成り立っているゲーム性はなかなかのものでした。

 操作性もほどほどに良ろしく、車両での移動などもかなり面白い。マップも広く実に様々な場所があり、隠しミッション的なアイテム探しなんかもあるのであちこち周れて移動しているだけでも面白い。

 マップといえば世界観の構築も実に素晴らしい。
 トタンやドラム缶、ガラクタに水溜りに草むら、廃車と鉄屑などといった、70年代や80年代の「昭和」な時代の子供の遊び場と言えばいいのでしょうか、あるいはテレビなどで観るアフリカの汚れたイメージそのものといったオブジェクトが画面を飾り、生活感を演出しています。

 FPSゲームとしては珍しく、いわゆるオープンワールド型のゲーム性で、それでいて面倒くささもなく次々にミッションをこなしていくシンプルさは熱中度をかなり高めてくれます。
 FPSが好きな人なら、ハマる人は多いゲームでしょう。


 しかしながら気になった点が3つほど…。

 ひとつはこのゲームも、日本版はセーブデータ破損の危険性を孕んでいる、という点。これは問題外と言ってもいい気がしますが、公式パッチにてゲーム中のクラッシュは回避出来るようになったものの、それでもセーブデータの破損はありえるんだとか。こういうゲームでセーブデータが全損するというのは、シャレになってませんね…。
 私は幸運なことにそういう事態には見舞われませんでしたが、セーブする際は毎回ドキドキもんでした。

 2つ目は「バディミッション」というシリーズのミッション。
 これは酒場にいる他の傭兵から個人的な依頼を受ける、というものですが、このシリーズのミッションだけ、目標を達成したら酒場へ戻って依頼を受けた傭兵に報告せねばならないのです。
 基本的に、ミッションを達成したらその地点から近い場所で受けられるミッションをこなしていくのが普通だと思うのですが(場所にあまり意味がなく、ミッションをこなす以外にさしてやることもないので)、酒場で報告したら再びバディミッションを受ける、というのが手っ取り早いことになります。
 んが、バディミッションは報告後、すぐに次のミッションは受けられないのです。
 ではどうするのかというと、酒場からある程度の距離を離れることによって、新たなバディミッションが受けられるようになります。
 てことは、バディミッションを受ける→ミッション達成して酒場で報告→酒場から少し移動する→ミッションが受けられるようになったら酒場へ戻る→バディミッションを受ける、という流れになります。
 バディミッションを始めると、ミッション依頼が尽きるまで延々とこれを続けることになるわけです。これが面倒で仕方が無い。
 酒場へ戻って報告する、というあまり意味もない行動をする必要がなければ、他の近場のミッションを受けていけばいいのですが、バディミッションのみ報告しないとミッション達成にならないので、酒場に戻るしかない。
 バディミッションを避けて、わざわざ遠い場所のミッションを受けに移動するのも面倒(移動中に敵陣や徘徊している敵と戦わねばならないので時間がかかる)、かといってミッションを受けないというのも(それも自由なのですが)、ゲームをしている意味が不明になってしまう。
 これはほんと、何とかして欲しかった。

 3つ目は最大の問題点なのですが、エンディングがあまりに酷い。
 2つあるエンディングのうち、どちらもバッドエンディングというのは…。
 何と言いますか、プレイヤーが納得出来るものでは全然ないと思えるのです。ネタバレになりますが、主人公は最終的にはアフリカの未来のために殉死することになります。
 それまで、休戦状態だったところへ事件を起こして交戦状態にし、「これで仕事の依頼が来る」と喜んでいたピカレスクな主人公だったはずの傭兵は、なぜだか最初の依頼(この依頼は結局すべてが謎のまま)のターゲットであるジャッカルに感化され、アフリカの未来のために唐突に命を投げ出すことになります。
 そりゃまぁ、マラリアの末期症状で長くは持たないというのもあるんですが、一体主人公は何がしたかったのか、何をするためにアフリカまでやって来たのか、物凄い疑問を生じさせてゲームは終わってしまうのです。
 プレイ中の熱中度が高かっただけに、ストーリー性が出てくる後半、そして結末があまりに唐突な展開になってしまうのは、かなーり残念。

 ところどころ不備が見当たってしまう作品ですが、その逆に体力0になっても助けてもらえる場合があるバディシステムや、武器にジャムが起こったりするシステムなどは独特の面白さがあり、オープンワールド寄りのゲーム性とも相俟って、既存のFPSゲームとは一線を画するものだと言えます。
 中古でもかなり安い価格で出回っていますし、アフリカの美麗な景色が気に入れば、傭兵になって暴れ回ってみるのも一興ではないでしょうか。
[PR]

by overkilling | 2010-10-12 19:20 | ファークライ2