ハーキルの召還術

トレードを見てると、第9版の《Wrath of God / 神の怒り》が第10版と同額になってるのを知ってガックリ。
で、botを探しまくってると10版のを10.75チケで売ってるとこ発見。勢いで1枚買ってしまう。
あと、《Rule of Law / 法の定め》も1枚。他より高かったけど、botにあまりcredit残したくないので11チケットでキッチリ収まるようにしました。はふぅ。

で、《Wrath of God / 神の怒り》2枚デッキに突っ込んでカジュアル戦で白青デッキ。
1戦目。
赤単で1ターン目からマナブーストで6/6ファッティ登場。もうあふぉかと。
「Tournament Practice」ではよく見るデッキなんですが、カジュアルでこれやられてもなぁ…。

2戦目。
親和かと思ったんですがなぜか展開されるのはアーティファクト・土地ばかり。クリーチャーが出てこない。
こちらクリーチャー展開しまくって何かされる前に追い込むと、相手投了。

3戦目。
相手青タッチ黒。コントロール系のようで、マナのたまった後半から逆転されて負け。
つか、後半エグいクリーチャーしか出てこなかった(笑)。

4戦目、相手は緑青。
《Utopia Mycon / ユートピアの菌類》を出して胞子カウンター貯めてるのでその間に《Deft Duelist / 器用な決闘者》でビート。
すると、マナがたまったとこで《Blaze / 猛火》を撃ってくる。
食らっても一撃死はしませんがカウンター。おそらく《Blaze / 猛火》を2回撃って勝つデッキのはず。
こちらまた《Blaze / 猛火》撃たれてはたまらんので《Decree of Justice / 正義の命令》で天使トークン出して殴って終わり。

5戦目、相手赤単、土地破壊デッキ。はいはい。
で、このデュエルの最中にMOがエラー起こして落ちる。初めて落ちたなぁ…。
で、戻ってみるとまだ相手はいてくれた。と、思ったら相手も落ちてるっ。
無事戻ってきたのでデュエルは再開しましたが、まぁ、土地破壊デッキなので…はぁ。

6戦目。
「Tournament Practice」で白青コントロールデッキで「Match」。
相手多分親和だと思うのですがアーティファクト・土地が1枚、普通の土地が1枚だけ。クリーチャーも出て来たけど1枚だけ。
こちら手が良く、《Exalted Angel / 賛美されし天使》を変異で出してこれいけるかも、と思ったとこで相手回線落ち…。
3分待ったけど戻ってこないし、他にもエクテンの「Match」希望者がいたので試合を投了すると、まさにその瞬間に対戦相手戻ってきたらしい…。
でももう試合終わっちゃったよ。

7戦目。
で、エクテンの「Match」希望者に挑む。
相手また親和で、さっきの相手とは違ってばしばしアーティファクトが出てくる。
《Master of Etherium / エーテリウムの達人》きつい…。
こちらチャンプブロック繰り返して何とか6ターン目までもたせ、《Austere Command / 質素な命令》を撃つ。
しかし、相手は《Atog / エイトグ》とクリーチャー化する土地が残っており…これにやられてしまいました。全部アーティファクトならこれで勝てたんだけどなぁ…。

2本目、デッキに《Hurkyl's Recall / ハーキルの召還術》、《March of the Machines / 機械の行進》、《Rule of Law / 法の定め》とメタカードを突っ込む。
で、恐ろしいことに3ターン目《Rule of Law / 法の定め》、4ターン目《March of the Machines / 機械の行進》、6ターン目《Hurkyl's Recall / ハーキルの召還術》とやって完勝。なんだこの引き。
《Master of Etherium / エーテリウムの達人》もカウンターでした。

3本目。
相手も対抗策入れてきたのか、2ターン目の《Hurkyl's Recall / ハーキルの召還術》を《Spell Snare / 呪文嵌め》でカウンターされる。
しかし、こちらは初手に《Hurkyl's Recall / ハーキルの召還術》2枚、土地は《Plains / 平地》のみのややリスキーな手をキープしていた。が、2枚しかない《Hurkyl's Recall / ハーキルの召還術》を初手に2枚も引いてたら、多少リスキーでもキープするしか。
後は運がいいかどうかだけだし。
で、2ターン目に引いて出した《Adarkar Wastes / アダーカー荒原》からのダメージを受けつつ、《Atog / エイトグ》をカウンター、《March of the Machines / 機械の行進》、さらに《Hurkyl's Recall / ハーキルの召還術》と撃つと、相手「GG」で投了。
親和に勝てたぁああ。
親和にもいろいろあるけど、とりあえず「親和」ってものに3本勝負で勝てたんでもう思い残すことはないくらい嬉ちい。しかもうちのわけわからんデッキで。
「デザイア」にまぐれで勝った時より緊張はしなかったけど嬉しい。
さすがマジック。ありがとうマジック。
[PR]

by overkilling | 2008-10-31 03:55 | マジックオンライン

ヌル引きvsマナフラッド

大幅な?アップデートがあったようでMOのインターフェースががらりと変わってしまいましたね。
シンプルで透明感ある画面もいいけど、以前のファンタジックな画面も好きだったのになぁ。
でもまぁ、これで使い勝手とか良くなるんならいいか…。
とは言え、まだリプレイ機能は復旧していないようで、さらにはカジュアルルームの試合一覧も
かなり短くなってしまった。
これってもはやリプレイは観られないの前提にしてませんか…。
サーバーの負担軽くするためとかなのかもですが、リプレイ観て参考に出来なくなるのは残念だなぁ。

1戦目、「Tournament Practice」でエクテンの「Single Game」希望者がいたのでリアニメイトで挑戦。
ただ、リアニメイトまだ未完成なんであんまり自信ないんだよなぁ…。
初手もあまり良くなく、引き次第な手。まぁ「Tournament Practice」ではむしろ対戦相手次第だしなぁ…とキープ。
相手は青単黒タッチでコントロールっぽいデッキ。リアニメイトとしてはキツい相手。
しかもどうもMOだか回線だかの調子が良くなく、いきなり固まったりしてるので、後手1ターン目をフッ飛ばしてしまう。が、これで《Angel of Despair / 絶望の天使》を捨てる。
相手コントロールなのでこちらが何かしないと何もしてこない…と思ったら《Thoughtseize / 思考囲い》が飛んでくる。それ以外は何も無しなので、こちら必死に土地を揃える。が、《Island / 島》がない。ドローエンジンもない。天使捨てるカードもない。
結局2枚目の《Angel of Despair / 絶望の天使》を手札8枚から落とす。
相手が親和かエルフならすでに終わってそうなヌル引きですが、ようやくインスタントで使える《Makeshift Mannequin / その場しのぎの人形》引いた…と思ったらそこへ3枚目の《Thoughtseize / 思考囲い》が飛んできて落とされる。
が、手札には《Dread Return / 戦慄の復活》、《Zombify / ゾンビ化》がたんまり。再度引いた《Makeshift Mannequin / その場しのぎの人形》はカウンターされたものの、続けての《Dread Return / 戦慄の復活》は無事通る。
しかし、相手も《Sower of Temptation / 誘惑蒔き》でリアニメイトした《Angel of Despair / 絶望の天使》を誘拐。返しに《Makeshift Mannequin / その場しのぎの人形》でもう1枚の《Angel of Despair / 絶望の天使》リアニメイト、《Sower of Temptation / 誘惑蒔き》を除去して場に《Angel of Despair / 絶望の天使》2枚。
1枚はカエルにされる呪文で対象にされて消されるも、リアニメイトカードはうなるほどあるのですぐさまリアニメイト。
すると相手、「ひでぇマナフラッドだーー」と叫んで投了でした。
良くない初手とラグでのターンすっ飛ばしとヌル引きドローでしたが、結果的には全部いい方向へいきました。ま、相手のマナフラッドがあったからこそですが。
こちらドローエンジンで《Phyrexian Arena / ファイレクシアの闘技場》、捨てるエンジンで《Looter il-Kor / コー追われの物あさり》を出しましたが《Looter il-Kor / コー追われの物あさり》はすぐさま除去られ。手札に《Akroma, Angel of Wrath / 怒りの天使アクローマ》が来てたんですけどね…。
《Angel of Despair / 絶望の天使》はかなり良かったんですが、あんまり殴れなかったので勝ちにこだわるならやはり《Akroma, Angel of Wrath / 怒りの天使アクローマ》か《Bogardan Hellkite / ボガーダンのヘルカイト》がいいのかな。

2戦目、白青デッキでカジュアル。
相手は青単でコントロール系ではなく、《Halcyon Glaze / 穏やかな霞》を使った青ウィニーみたいな感じ。
それだけならいいのですが《Reality Acid / 現実の酸》でバシバシ土地破壊してくる(笑)。
デュエル自体はかなりいい勝負だったんですが、《Reality Acid / 現実の酸》使い回しの土地破壊はきっついので遠慮なく《Decree of Justice / 正義の命令》をフィニッシュでプレイ。
相手「ちょっおまっっww(意訳)」みたいなこと言ってましたが、それよりマナフラッドで大変だったとか。
こっちは土地破壊されて大変でしたが(笑)。
で、クリーチャーで出て来た《Halcyon Glaze / 穏やかな霞》を《Unmake / 損ない》で除去って勝ちでした。

3戦目、白黒デッキ。
相手緑単で、カジュアルデッキ。《Oona's Prowler / ウーナのうろつく者》、《Safehold Elite / 安寧砦の精鋭》と出すと防衛クリーチャーが《Safehold Elite / 安寧砦の精鋭》を足止め。
が、《Oona's Prowler / ウーナのうろつく者》で殴ってるだけでそのまま勝ってしまった。
相手パンプ能力のあるクリーチャーで決める作戦っぽかったんだけど、頑強持ちの《Safehold Elite / 安寧砦の精鋭》がいるのでこちらに通じず。
逆に《Oona's Prowler / ウーナのうろつく者》の攻撃は3点づつ食らってたので…カード捨てれば弱体化するの知らなかったのかも。
さすがにちょっと…と思って《Oona's Prowler / ウーナのうろつく者》と《Safehold Elite / 安寧砦の精鋭》の2枚しかクリーチャー出せなかった…。

4戦目、白黒デッキ。
相手緑青のパーミッションデッキ。いわゆるけちコンですね…レシピが当時のそのまんまって感じ。
何も出せずに完封されて負けでした。「have fun」とか言ってきといてこういうデッキ使ってくる人多いんだよね。プレイヤーの性格を物語ってるのう。

5戦目、白黒デッキ。
相手黒青白のエスパーデッキ!
…と思ったんですが、出て来たのは設置するタイプのアーティファクトで…。
なんか《Orb of Dreams / 夢の宝珠》にこだわってたようなんですが、その間に《Oona's Prowler / ウーナのうろつく者》と《Phyrexian Rager / ファイレクシアの憤怒鬼》が5点ダメージクロックで削り切りました…なんだったの。

6戦目。
相手キスキン。一気に3枚クリーチャー出されてこっちもうヤケで《Oona's Prowler / ウーナのうろつく者》で殴ったら、なぜか相手投了。わけわからん…。

7戦目。
相手マナ・アーティファクトからパワーカード連打のデッキ。それだけ。

8戦目。
相手赤単。
こちら事故で土地2枚しか出せず…。赤単相手にこれではもう。

9戦目。
また事故っぽい展開も、相手コントロールデッキで展開遅くて助かる。
《Deft Duelist / 器用な決闘者》、《Serra Avenger / セラの報復者》と低マナクリーチャー引けたので相手のカウンターをカウンター返ししつつキャスト、少しづつ土地も揃える。
で、2枚でビート。相手《Ghostly Prison / 亡霊の牢獄》とか出してきましたが《Disenchant / 解呪》で破壊。
《Sower of Temptation / 誘惑蒔き》で《Serra Avenger / セラの報復者》を2度誘拐されるもバウンス、除去でその都度取り戻し、残りライフ2まで追い込む。
ライフ差は圧倒しつつも、デュエル長引いてて相手はマナたっぷり。何されるかわからないから怖い。
また《Ghostly Prison / 亡霊の牢獄》出されてウザいなぁと思ってるとこへ、《大いなる玻璃紡ぎ、綺羅/Kira, Great Glass-Spinner》まで出てくる。
これのカウンター合戦に負けて《綺羅》が場に出てしまうも、相手しばらく考えてから投了でした。
2ターン目に《Deft Duelist / 器用な決闘者》出せたのが大きかったですね。後、《Serra Avenger / セラの報復者》を守り切った(笑)のも。
[PR]

by overkilling | 2008-10-30 19:38 | マジックオンライン

地底の大河

またも朝方にトレードを周ってると、第10版の《Underground River / 地底の大河》が2チケで売っているのを発見。残念ながら3枚だけでしたが速攻で買い。
これでリアニメイトデッキも復活できそう。
さらに毎日値段が上がってる《Wrath of God / 神の怒り》が10チケ切ってるbotも発見、これも勢いで1枚買う。2枚欲しかったけど1枚しかなかった。
まぁでも白青やるんだったらどうしても必要だし、1枚でも絶対に役に立ちますからね。
《Damnation / 滅び》には何度お世話になったことか。

で、本日もカジュアル。
1戦目白青デッキ。
相手は赤黒のノンクリーチャーデッキ。
こちらカウンターをさっぱり引けず、クリーチャー出しても除去られ。
しかし相手黒が入ってる分火力が低いのかデュエルが長引いたので、《Decree of Justice / 正義の命令》で天使トークンを5体出すと、投了でした。

2戦目、相手黒単。
相手も私と同じく、相手に合わせてクリーチャー出して来る人のようで、こちら押されて《Twilight Shepherd / 黄昏の番人》を出すと相手も巨大レアクリーチャーばんばん出して来るように。
が、ちょっとやり過ぎ(笑)。
《Damnation / 滅び》で流された後も展開して逆にこちらが《Austere Command / 質素な命令》で流し、残りライフ1で粘ったんですが《Loxodon Warhammer / ロクソドンの戦槌》まで出てきてこれでやられました。
こちらまたもカウンター引けず…《Loxodon Warhammer / ロクソドンの戦槌》はカウンターしたかった…。

3戦目、久々にリアニメイトで「Tournament Practice」。
「Single Game」でやったんですが親和にあっさり負け。
《Master of Etherium / エーテリウムの達人》が2枚も出ては…。というかこれヤバすぎっすね。

4戦目、今度は「Match」で。
相手マーフォーク…かと思ったらフェアリーも出てくる。ウィザードデッキ?
《Empyrial Archangel / 浄火の大天使》、《Angel of Despair / 絶望の天使》と落として《Makeshift Mannequin / その場しのぎの人形》でリアニメイトしようとするとカウンターされるも、直後に引いた《Zombify / ゾンビ化》で《Angel of Despair / 絶望の天使》をリアニメイト。
これで押し切り…というか相手が途中で「GG」。
こりゃサイドボードどうしようかと思ってたら「Match」も投了されてしまった。
こっちけっこうギリギリだったんだけどなぁ…。

5戦目、カジュアルに戻って白青デッキ。
相手は赤緑。《歪んだ世界/Warp World》 をなんか悪用(笑)されたらしく、これで一気に形勢不利に。つか終わった。なんで相手のパーマネントはそのままなのだっ。

6戦目。
《Voice of All / 万物の声》の返しにストームでゴブリン量産されてこれでお終い。《Wrath of God / 神の怒り》引かないかと粘りましたが無理でした。
5ターン目にゴブリン十何体も出されちゃカジュアルじゃ試合にならない気が…あー事故事故。

7戦目、相手白緑で「Match」。
ブロック不可能で対象に取れないクリーチャーにエンチャント付けられて(どうやってるの!?)、ボコボコにされる。
これ、カジュアルデッキだけど強いな~~と感心してたら3本勝負だった。

2本目。
あの対象不可のクリーチャーどうするべ?と思ってたら相手土地事故で2枚しか出てない。それでも回ってるのが怖い。
こちら《Wrath of God / 神の怒り》を撃って場を流し、そこからクリーチャーをバンバン出して速攻でビート決め。

3本目。
まさに死闘。が、相手にはちょっと悪い気が。うちの白青デッキはパーミッションではなく、「ビート系にカウンターが入ってます」ってな代物なのですが、序盤にバウンスとカウンター引きまくり、相手の中量級クリーチャーをバウンスしまくり。
正直、「Match」とかでパーミッションとかには当たりたくないよなぁ…疲れるし。
相手はマナクリーチャーをサイドへ引っ込めて中量級入れてきたらしく、それが裏目に出ましたね…。
さんざんバウンスしまくった《Wilt-Leaf Liege / 萎れ葉のしもべ》2体が出て来たところで《Wrath of God / 神の怒り》を撃って流し(まるでコントロールデッキみたいだと自分でも思った…)、こちらのクリーチャーはカエルに変化されて互いになかなか主導権を取れなかったものの、《Decree of Justice / 正義の命令》からの天使トークンが決め手になって勝ち。

こんな感じでやはり《Wrath of God / 神の怒り》は役に立ってました。来月になったらもう1枚積もう…。
《Decree of Justice / 正義の命令》ももう1枚欲しいけど、それだとホントにコントロールデッキになっちゃうしなぁ。
[PR]

by overkilling | 2008-10-29 03:57 | マジックオンライン

アダーカー荒原

朝方にトレード部屋覗いてたら、《Adarkar Wastes / アダーカー荒原》がかなり値上がりしてるのを見てガックリ。
アラーラ入りのスタンダードで白青が流行ってるんでしょうか?
自分的には《Nimbus Maze / 雨雲の迷路》を使っていたのですが、これだと他の特殊地形と相性が悪く、先日も色事故を起こしてしまったばかり。
あの時《Nimbus Maze / 雨雲の迷路》が《Adarkar Wastes / アダーカー荒原》だったらまだどうにかなってたので、安いうちに入手しておけば良かった、と思っていたところ…。
いろいろ見て周ってるうちに、第9版の《Adarkar Wastes / アダーカー荒原》ならまだ3.2チケットで売っているのに気づく。《Underground River / 地底の大河》なんて2.5チケットだし。
なんでまた第10版のものだけ高いのかわかりませんが、一気に買おうか、と悩んでたとこでさらに第10版の《Adarkar Wastes / アダーカー荒原》を2.95チケットで売ってるbotを発見。
これはもう買うしかないだろう、と、意気込んで4枚購入しました。イラストも実に美麗で、前々から欲しかったし。
で、さっそく《Nimbus Maze / 雨雲の迷路》とデッキに入れ替え、カジュアルで1戦やってみました。
面白いことにデッキに入れたばかりの《Adarkar Wastes / アダーカー荒原》が2枚も初手に。
後は《Island / 島》1枚なので、1戦目からいきなり役に立つとは…。
でも、《Nimbus Maze / 雨雲の迷路》の方が痛くないから良かったんですけどね(笑)。
相手緑青で、こちらが《Deft Duelist / 器用な決闘者》出したら「君、彼女好き?」と聞いてくるので、「ああ…いまベタ惚れの最中さ…(意訳)」と答えると、「1枚あるけど買わない?」と言われる。商魂たくましい。
トレードは断って《Deft Duelist / 器用な決闘者》でビート。でも、《Dolmen Gate / 巨岩の門》出てる状態でクリーチャーにブロックされてやられてしまった。これの効果って、相手のクリーチャーが攻撃している時だけじゃあないんだろか? なんでブロック時にも戦闘ダメージ受けなくなってるのだ? バグ?? よくわからんなー。
で、3枚の《Adarkar Wastes / アダーカー荒原》を駆使してやり繰りし、ダメージを受けながらも展開して殴りまくって逆転勝ち。最後はプロテクション「青」の《Voice of All / 万物の声》が決めてくれました。
《Voice of All / 万物の声》も役に立つなぁ…これがゲームを決めてくれたことが今までに何度あったことか。マナ基盤安定してきてるし、4枚入れてもいいのかも。
そして今までありがとう《Nimbus Maze / 雨雲の迷路》。でも、1枚くらいは入れた方がいい気もする…。

夜にまたカジュアル戦。
1戦目、こちら白青デッキ、相手は確か白黒。
《Eternal Dragon / 永遠のドラゴン》とか《Decree of Justice / 正義の命令》をプレイしてくる。「エターナルスライド」? あれは白緑か…。
で、《Decree of Justice / 正義の命令》はやっぱりサイクリングで使われてました(笑)。
でも2回目に使ったときは天使トークン出した方が良かったような…。試合的にはこちらの航空戦力を抑えきれずにこちらの勝ちだったので。
で、《Decree of Justice / 正義の命令》が気になるので終わったデュエルを観戦してみようかと思ったら、まだリプレイ機能が修復されてないのですね…。
仕方ないので次の試合を観戦させていただいたのですが、残念ながら《Decree of Justice / 正義の命令》を使う前にイーブンタイドのミミックにやられてしまっていました。
《Glorious Anthem / 栄光の頌歌》2枚張りとかしてたので、その状況で《Decree of Justice / 正義の命令》をサイクリングして兵士トークンで決める戦法なのですな。

2戦目、白黒デッキで。
相手また手札8枚貯めてファッティを墓地へ捨ててる。最近こういうリアニメイト流行ってるんでしょうか??
こちら一応《Nekrataal / ネクラタル》、《Angel of Despair / 絶望の天使》と持って相手の状況見つつ、《Serra Avenger / セラの報復者》、《Oona's Prowler / ウーナのうろつく者》で削り。
7枚目の土地セットしてこれで安心、《Corrupt / 堕落》持ってて《Diabolic Tutor / 魔性の教示者》も引いたので、《Urborg, Tomb of Yawgmoth / ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》を持って来る。
相手《Makeshift Mannequin / その場しのぎの人形》でリアニメイトしてくるも、こっちのクリーチャー除去するために《Shriekmaw / 叫び大口》を復活。さらに除去を連打してこっちのクリーチャーを場から全消去。
とっととファッティリアニメイトした方がいいと思うんだけどなぁ…こっち白黒だから全体除去持ってると思われたのかな?
で、長引かせるとさすがにリアニメイトくると思うので、《Corrupt / 堕落》を撃って勝ちでした。
多分、7マナ出せるまで粘って《Debtors' Knell / 債務者の弔鐘》でリアニメイトするつもりだったんじゃないかな…。

3戦目、こちら白青デッキ、相手スリヴァーデッキ。なんか最近3種類くらいのデッキにしか当たってない気がする…。
プロテクション張るスリヴァー出されて、これで手出し出来なくなって終わり。ライフ1点差だったんですけどね…。
こっちも《Voice of All / 万物の声》2枚出してたんですが、《Plains / 平地》1枚しか引けず《Adarkar Wastes / アダーカー荒原》からのダメージ食いまくったのも敗因か…。

4戦目、白青デッキ。
相手緑黒も序盤色事故を起こし、黒のカードを2枚も捨ててる。軽マナクリーチャーなのでリアニメイトではないようで。
こちら引きが良く、《Serra Avenger / セラの報復者》、《Deft Duelist / 器用な決闘者》の2枚でビート。
相手のクリーチャー1枚カウンターして、次に出て来たクリーチャーは攻撃前にバウンスして殴って勝ち。

5戦目、白黒デッキ。相手は黒単?
なんか《Swamp / 沼》が2マナ出すようになるアーティファクト使われて、こちらもかなり楽に。
《Empyrial Archangel / 浄火の大天使》引いてたので《Diabolic Tutor / 魔性の教示者》で《Makeshift Mannequin / その場しのぎの人形》持ってきたら、手札破壊される。
が、次もまた《Diabolic Tutor / 魔性の教示者》引いたので《Makeshift Mannequin / その場しのぎの人形》持ってくると、相手「GG,mate」言って投了。
ガチガチのリアニメイトだと思われたかな。
ちなみに土地以外全部レアカードの相手だったので、ヤバいの出てきたら天使出そうと思ってたんだけどなぁ…。

最近あまりトーナメントレベルのデッキと当たることがないので、試合そのものを楽しめております。
アラーラ祭りが終わったらまたちょくちょく当たりそうだけど。
[PR]

by overkilling | 2008-10-27 23:03 | マジックオンライン

革命家チョー=マノ

今日はトレード読み込みの重さは直ったものの、相変わらずリプレイが見れない。
詳しい試合展開が書けないのは残念。

白黒デッキで1戦目。
相手は緑青のスリヴァーデッキ。
《Swamp / 沼》をよく引いてたので《Diabolic Tutor / 魔性の教示者》で《Corrupt / 堕落》を持ってくる。
スリヴァーずらりと並べられましたがギリギリのとこで《Damnation / 滅び》を撃って流し、その後出てくるスリヴァーを除去しつつ射程圏内まで削って《Corrupt / 堕落》撃って逆転勝ち。やはり全体除去は偉大だ…《Damnation / 滅び》なかったらあっさり「GG」だったもんなぁ…。

白青デッキで2戦目。
相手リアニメイトデッキ。
こちら序盤何も出せず苦労するも、カウンター構えつつ徐々に場を形成。
相手リアニメイトとしてはどうかという感じなんですが(リアニメイトするクリーチャー捨てる手段に乏しいようで、手札8枚貯めて捨ててる…)、除去はかなり積んでるようでしかも墓地から回収する呪文まで積んでる。
1度カウンターするも、《Dread Return / 戦慄の復活》が通ってファッティが場に登場。
しかもこいつ被覆持ちじゃん。古いカードらしくてキーワード化されてないから見逃してたよ…。
が、ファッティは《Voice of All / 万物の声》で止め、《Decree of Justice / 正義の命令》で天使出してビート。
相手もう1枚クリーチャーをリアニメイトするも、除去すると不意に投了。

3戦目白青デッキ。
相手クリーチャー出さず、マナを倍化するアーティファクト出して《Lotus Bloom / 睡蓮の花》。
こりゃドラゴンストームとかかな、と思い、運良く引きまくった《Deft Duelist / 器用な決闘者》3枚でビート。
マナに余裕があったので、《Aura of Silence / 沈黙のオーラ》出してアーティファクト破壊すると、相手いきなり投了。デュエルしたいというよりコンボ決めたいだけなのか…。

4戦目、白黒デッキ。
相手は黒タッチ青?
ビート合戦になるも、《Incremental blight / 増え続ける荒廃》使われてこちらのクリーチャー全滅。
しかも《Plains / 平地》を1枚しか置けず、《Caves of Koilos / コイロスの洞窟》も引かないので《Serra Avenger / セラの報復者》が出せない。出しても除去食らうっぽいけど。
相手の攻め手を除去しつつやり過ごしてると、《Corrupt / 堕落》を引く。
まだ撃って勝てる段階じゃないので、ライフ回復目的で撃つことにして、デュエルが長引くことを想定して《Diabolic Tutor / 魔性の教示者》で《Empyrial Archangel / 浄火の大天使》を持ってくる。
すると、相手が《Urborg, Tomb of Yawgmoth / ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》を置いてくれる。これで《Corrupt / 堕落》のダメージは7点入ることに。
しかし直後にインスタントタイミングでクリーチャー出され、こちら残りライフ1、《Phyrexian Arena / ファイレクシアの闘技場》からのダメージでほっておいても負ける状況。
が、8枚目の土地をセットし、《Oona's Prowler / ウーナのうろつく者》で攻撃。これが3点で通れば勝てる。
相手この攻撃を怪しく思わなかったのか、スルーしたので3点通り、相手の残りライフは8。
《Corrupt / 堕落》を撃って8点ダメージ、これで勝ちでした。

5戦目、以降は調整のために白青デッキで。
基本地形を引けず、色マナをほとんど出せない状況に。
引きも悪く、ビート系のデッキ相手に《Aura of Silence / 沈黙のオーラ》を2枚も引いてしまう。
あっさりビートされて火力2枚で負け。
ちょっと土地の種類とエンチャント・アーティファクト対策を見直すべきかな…。

6戦目。
相手青単フェアリーも、ライブラリー破壊デッキらしい。
快調にライブラリー破壊される中、こちらは引きも良くてどんどんビート。
ライブラリー削るクリーチャー除去ったら、相手いきなり投了。

7戦目。
初手が悪くマリガン、《Ponder / 思案》でなんとか必要カードを引っ張り、場を形成。
相手大技メインで、《Wrath of God / 神の怒り》で場を流して火力で攻める。
《Decree of Justice / 正義の命令》の天使トークンで場を制圧したんですが、最後X火力うたれて負けでした。う~ん、《Condemn / 糾弾》でエルフの攻撃を阻止してればライフ1点残ってたんですけどね…ライフ回復されても天使の攻撃でちょうど削れてたし…。
先のこと考えちゃったんだけど、考えなくて良かったのかなぁ…。

8戦目。
相手は白黒。
引きは良かったんですが相手のエンチャントと《Loxodon Warhammer / ロクソドンの戦槌》が破壊できず、苦戦。
なぜこういう時に限って《Disenchant / 解呪》関係が1枚も出ないのか?
それでも追い込むも、相手《Cho-Manno, Revolutionary / 革命家チョー=マノ》に《Loxodon Warhammer / ロクソドンの戦槌》を付けて粘る粘る。
こちら《Wrath of God / 神の怒り》か《Damnation / 滅び》を警戒してクリーチャー温存してたんですが、絆魂がうざいので全軍を場に出す。
《Decree of Justice / 正義の命令》も撃って天使が3枚場に降臨。しかし、全部単体除去で消される。場はこっちが制圧しましたが…。
相手全体除去はなかったようで、残りのクリーチャーラッシュを押さえ切れずに「GG」でした。
なんかもうデッキの総力挙げて戦ったって感じで、3試合分くらいやったような疲労感が…。
でも、いい試合でした。

《Decree of Justice / 正義の命令》ほんといいですね。これでトークン画像が白の天使だったらまじ最高なんですが…。
[PR]

by overkilling | 2008-10-27 03:14 | マジックオンライン

天使トークンの謎

先日の記事の中で《Decree of Justice / 正義の命令》で出てくるトークンについてちょっと書きましたが、これの謎にもうちょっと迫ってみたいと思います。
私があの赤い服を着た天使トークンの画像を見たのは、「Tournament Practice」で行われていたエクステンデッドの試合を観戦した時でした。
それでカードを調べて、天使トークンを出した呪文が《Decree of Justice / 正義の命令》であったことを知ったのです。
ずいぶん日数が経ってからですが、私も《Decree of Justice / 正義の命令》を入手して使ってみたところ、出て来た天使トークンの画像は黒い羽根の天使でした。
さてはて、これは一体…?
《セラの天使》のアバターがレーティングが上がるとグラフィックが変わる、という話を聞いていたので、レーティングによって画像が変わるのだろうか、とも思ったのですが…。
つい先日、ソリティアで《Decree of Justice / 正義の命令》の操作を確認してたところ、なぜか観戦者が二人も付いたので、その観戦者たちに「トークン画像はレーティングで変わったりするのか?」と尋ねてみました。
すると、「自分が知る限りでは、トークンはそのカードのカードセットに入っているものが使われる」との答えが。
確かに、私もこう思っていたのです。ところが、私は以前に見たプレイヤーが使ったのと同じ《Decree of Justice / 正義の命令》を使っているはず。
《Decree of Justice / 正義の命令》は再録はされていませんからどっちもスカージのカードを使っているはずですし、上記の設定になっているなら私も赤い服の天使を出せるはずなのです。
と、なるとMOの設定が変わったのか、あるいは実は以前見たプレイヤーは別の呪文を使っていた、ということが考えられるわけですが…。
しかしMOでは天使トークンを出せるのは《Decree of Justice / 正義の命令》だけであるはずなので(すべてのカードを把握してるわけではないのでまだ他にあるのかもですが…ただ、私が《Decree of Justice / 正義の命令》を知ったのは天使トークンを見た試合の時ですし、また、ネメシスの《Angelic Favor / 天使の好意》はMOにはありませんし )、あの赤い服の天使も《Decree of Justice / 正義の命令》で出て来たはずなのです。

もうひとつ考えられるものとしては、コピートークンを使ったのでは?ということ。
クリーチャーをコピーできる呪文使って天使をコピーすれば、あるいはあの赤い服の天使が出てくるのかもしれません(コピートークンについてはよく知らないのですが)。
ただ、以前見たデュエルでは明らかに《Decree of Justice / 正義の命令》を使っており、コピートークンを出したようには見えなかったのですが…。

次にトークン画像について考察してみましょう。
トークン画像一覧は「COLLECTION」でカードセットから「TOK」を選び、「OWNED」を 「>= 0」にすると表示されます。
これを見ると、天使トークンの画像が2種類(フォイルを含めると4種類)収録されていることがわかります。
フォイル画像のトークンについては、これは使う呪文がフォイルの場合はフォイルのトークンが出てくるのでしょうか?
で、天使なのですが…。
まず、あの黒い天使は「SORT」を「Set,Color,Type」で見ると、ほんとに「黒」の天使になっているようです。しかも、パワーとタフネスは3/3。どゆこと?
a0094381_1454153.jpg

で、赤い服の天使の方は「白」で、パワーとタフネスは4/4。やっぱりこっちの天使が出てくるのが正しいのでは…?
a0094381_145544.jpg

ただ、実際に《Decree of Justice / 正義の命令》で出した黒の天使は4/4になっています。
a0094381_146826.jpg

テキスト欄の背景も白くなっており、これは白の天使だということになっているようです。

しかし、MOでは天使トークンは《Decree of Justice / 正義の命令》しか出せないはずなのに、白と黒の2種類の天使トークン画像が収録されているというのもおかしな話です。
トークンを出す際に支払うマナの色によって変わるのかとも思いましたが、全部白マナで払ってもやはり出て来たのは黒の天使でした。
と、なるとやはりレーティングによって変わるのでしょうか…?
アバターの色で変わるのかも、と何気に思って白のイメージのアバターである《セラの天使》をアバターに設定して《Decree of Justice / 正義の命令》をプレイしてみましたが、出て来たのはやはり黒の天使。なぜ。
これってもしや単なるバグなんでしょうか? 白の呪文である《Decree of Justice / 正義の命令》を使って出てくるのが黒で登録されている天使の画像というのもおかしな話です。
しかし、もともと白と黒の2種類のトークン画像が収録されているというのもさらに妙な話ですし…。

今となってはそうそう《Decree of Justice / 正義の命令》を使う人もいないでしょうし、いてもサイクリングで兵士トークン出しそうですし…実に難解なクエストになりそうです。
[PR]

by overkilling | 2008-10-27 01:52 | マジックオンライン

引きも悪いし間も悪い

サーバーのトラブルなのか、昨日はリプレイが見られず(トレードもめちゃめちゃ重かったですね…)。
試合の詳しい内容は憶えてないのですが、今日はなかなかいい勝負が続きました。ほとんど負けてたけど。
対戦相手がコモンもレアも入ってるデッキが多く、そこそこな勝負ができるのが嬉しい。
とは言え、瞬速持ちフェアリーばかりのメガパーミッションや土地破壊デッキに当たったりも。
まぁこの手のデッキはカジュアルでは土地事故と同じで、事故に当たったようなもんだと割り切っております。
土地破壊デッキのプレイヤーはしきりに「Lucky」と発言してましたが、土地破壊能力持ったクリーチャーを使い回すデッキに組んであるのがバレバレ。よくやるもんだ(笑)。
「Tournament Practice」で「Match」もやりましたが、コントロールの苦手な白ウィニーが相手で連敗で負け。
《Wrath of God / 神の怒り》が欲しいですね…コントロールやるからには4枚積み必須だと思うんですが、いかんせん現在絶賛値上がり中で…。
カジュアルで使ってる白青デッキも、もうちょいウィニーっぽくした方がいいのかも。
どうも引き運次第なとこが大き過ぎる気がする…。

そんなこんなで、ビート系で天使を使えてカジュアル向けなデッキ作れないかな、と公式ハンドブックを眺めてるうちに、白緑デッキでどうだ、と考えてみました。
マナクリーチャーや土地調達クリーチャーでマナ加速して、中量級でビートして、天使でフィニッシュ、っていういかにも絵に描いた餅的なデッキ案。
天使は《Dramatic Entrance / 劇的な入場》で降臨していただく予定。
白はほとんどタッチ程度で、いっそ緑単にしてもいいくらい。
最初は《Diabolic Tutor / 魔性の教示者》で天使持ってくることを考えて緑黒で構想していたのですが、《Summoner's Pact / 召喚士の契約》で代用できることに気づいて白緑に。《Dramatic Entrance / 劇的な入場》は持って来れないのが不安ですが。
ただまぁ、白あれば《Battlegrace Angel / 戦誉の天使》も素出しできるし。
問題はアラーラの天使たちが現在絶賛値下がり中ってとこでしょうか。
《Empyrial Archangel / 浄火の大天使》は1枚持ってますが他の天使の値段が半額以下になってますからね…。
まだまだ下がるでしょうし、貧乏人としては下がり切ってから入手したいし。

それにしてもお金かかるなぁ…。
[PR]

by overkilling | 2008-10-26 18:48 | マジックオンライン

正義の命令

今宵は白青デッキから。無論カジュアル。
1戦目、相手は白緑。
明らかに自分のプレイングが悪く、相手にあっさりビートされて終わり。
ブロック用のクリーチャーキャスト→相手除去→マナなくてカウンターできず、のパターンで手札に《Cancel / 取り消し》が腐る。ダメじゃん。

2戦目、相手は緑単
1戦目を反省して慎重にプレイ。というか相手の展開が遅いので助かり。
相手プレイングまで遅く、ブロッカーいない状態のこちらのアタック指定後やダメージスタック後にまで時間をかけてる。こ、これが噂の遅延プレイ…なのか?
結局プロテクション「緑」張った《Voice of All / 万物の声》がガシガシ殴ると、勝負が見えたとこで相手回線抜き…。

気分変えて白黒デッキで。
3戦目、相手は赤単。
こりゃ速攻で負けかな、と思ったんですが《Safehold Elite / 安寧砦の精鋭》出したら相手の攻め手が止まる。
2008年の今になって《Decree of Justice / 正義の命令》引いたので止まってるうちに土地伸ばそうと、《Phyrexian Rager / ファイレクシアの憤怒鬼》出してキャントリップ。
すると《Urborg, Tomb of Yawgmoth / ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》を引いたので、《Diabolic Tutor / 魔性の教示者》で《Corrupt / 堕落》を持ってくる。
クリーチャーの出し合いになるも、《Ib Halfheart, Goblin Tactician / ゴブリンの戦術家、半心臓のイッブ》出される。
こんなの初めて見たなぁ…カジュアルっぽくていいよぉ。
で、クリーチャーが互いに減るものの、《Austere Command / 質素な命令》撃って《Ib Halfheart, Goblin Tactician / ゴブリンの戦術家、半心臓のイッブ》を除去。
すると相手は《Siege-Gang Commander / 包囲攻撃の司令官》をキャスト、1/1のゴブリントークンが3体ご入場。
こちらも《Decree of Justice / 正義の命令》で兵士トークンで対抗しようか、と思ったものの、場の状況考えて思いとどまり、4/4の天使トークンを2体出す。
で、ゴブリン軍団と殴り合い。こちらは飛行で抜けて《Corrupt / 堕落》の射程圏内まで削り、撃って勝ちでした。
こういう勝ち筋を狙って《Corrupt / 堕落》と《Urborg, Tomb of Yawgmoth / ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》入れたんだけど、うまくいって良かった。
でも、黒単デッキの時みたいにすぐ飽きちゃうかもなぁ…。

白青デッキに戻って4戦目。
ダブルマリガンの上に土地が2枚で止まって負け。《Calciform Pools / 石灰の池》で粘ったけどドローでまったく土地を引けず…。
逆に相手は緑黒で物資は余裕って感じでした。

5戦目、相手は緑黒。
展開が早い上に2回のコンバットトリックとブン回られる。オーラじゃないので《Disenchant / 解呪》持っててもパンプアップに対処できない。かと言ってブロックしないわけにもいかないし…。
で、ほとんど何もできずに負け。

6戦目、相手は緑タッチ青、赤?
初手キツかったんですが相手の展開が遅くて助かり、コンバットトリックにも対応できて逆に《Disenchant / 解呪》を使ってトリックを決め、《Serra Avenger / セラの報復者》3枚に《Voice of All / 万物の声》出したとこで相手不意に投了。
5戦目の相手と違ってパンプがオーラカードなので、《Disenchant / 解呪》で対処できるとこが楽でした。

7戦目、相手は緑黒青。
《Odious Trow / 憎まれ者のトロウ》を序盤に2枚出される。高速展開な相手苦手なんだよなぁ…。
相手の中量級をカウンター、バウンスしつつ、4ターン目にようやく《Deft Duelist / 器用な決闘者》を引いてキャスト。
手札に《Decree of Justice / 正義の命令》があるので土地計算しつつ、ひたすらサンドバック状態で耐える。
ようやく《Serra Avenger / セラの報復者》を引いてキャスト、これで場が膠着。
相手「a friend for me」と言ってきたので「me?=)」と聞くと、「serra」との答え。
他のデッキで主力に使ってるんかな?
相手オーラ付けて殴ってくるものの、《Disenchant / 解呪》を握ってたので使って《Serra Avenger / セラの報復者》で始末。
優位に立つために《Decree of Justice / 正義の命令》を普通に使い、天使トークンを2体出す。
相手《Odious Trow / 憎まれ者のトロウ》に《Gift of the Deity / 神性の贈り物》を付けて攻撃。
こ、これはヤバいっ。全員ブロックで接死持ちかっ。
が…。
相手ミスったらしく、《Serra Avenger / セラの報復者》だけにダメージ割り振ってたので接死食らったのは《Serra Avenger / セラの報復者》だけ。
相手も苦笑いでしたが…。
この後《Ponder / 思案》から《Condemn / 糾弾》を見つけ、手札に持って天使トークンで攻撃。
次のターン生き延びれば天使で殴って勝てる計算。
相手全員攻撃、これを《Condemn / 糾弾》で《Gift of the Deity / 神性の贈り物》付いた《Odious Trow / 憎まれ者のトロウ》を除去、ブロックしてライフを守る。
相手《Sapling of Colfenor / コルフェノールの若木》を出すもカウンター。
でもカウンターしなくても良かった。
次のターン、天使3枚が攻撃して勝ちでした。

やっぱり《Decree of Justice / 正義の命令》強いです。トークン画像が何とかなるんならもう1枚入手するんだけどなぁ。
[PR]

by overkilling | 2008-10-25 00:45 | マジックオンライン

天使トークン

ちょっと早めに《Empyrial Archangel / 浄火の大天使》を無理に詰め込んだ白黒デッキで数戦。
今日もレアを使わないカジュアルなデッキが多く…と思ったら200枚以上のデッキで序盤にコモン連打から後半神河ブロックのレジェンド連打、というデッキが。
いつでも《Empyrial Archangel / 浄火の大天使》リアニメイト出来る状態だったんですぐさま出したんですが、一気に9点のダメージ食らってあっさり墓地へお帰り。
すぐにリアニメイトし直すも、相手のレジェンド連打には耐え切れず。
これ《Akroma, Angel of Wrath / 怒りの天使アクローマ》だったらいけてたなぁ…。
とりあえずデッキ枚数が100枚超えてるデッキは大抵後半にファッティ連打してくるので、とっとと勝負決めた方がいいようで。

で、ようやく《Deft Duelist / 器用な決闘者》が活躍した試合が出来たので記念に戦譜残し。
相手は白単。
初手に《Unmake / 損ない》、《Serra Avenger / セラの報復者》2枚づつ。
相手の初動は《Nip Gwyllion / つねるグウィリオン》。これに当然、《Edge of the Divinity / 御身の刃》が付く。相手の狙いはこれね。
こちら《Deft Duelist / 器用な決闘者》を出すもこれでは止められない。しかし、今日入れたばかりの《Unsummon / 送還》を引いていた。
相手《Wilt-Leaf Cavaliers / 萎れ葉の騎兵》も出して《Nip Gwyllion / つねるグウィリオン》で攻撃。これを《Unsummon / 送還》でバウンス。
《Wilt-Leaf Cavaliers / 萎れ葉の騎兵》は《Unmake / 損ない》で除去して《Deft Duelist / 器用な決闘者》で攻撃。
相手《Grafted Wargear / 融合する武具》をキャスト、これに後々まで悩まされることに。
こちらは《Serra Avenger / セラの報復者》をキャストする。
相手バウンスされた《Nip Gwyllion / つねるグウィリオン》に《Grafted Wargear / 融合する武具》を付ける。さらに《Serra Avenger / セラの報復者》に《Arrest / 拘引》。
こちらは《Mulldrifter / 熟考漂い》を想起プレイの後、引いた2枚目の《Deft Duelist / 器用な決闘者》を出す。
相手《Dancing Scimitar / 踊る円月刀》。これ凄い懐かしい! DC版のマジックで最初に作ったデッキに、これをブロッカーで入れてたんだよなぁ…。
相手どうやらレアは出さないカジュアルなデッキらしい。
なので手札にあと2枚ある《Serra Avenger / セラの報復者》は出さず、3枚目の《Deft Duelist / 器用な決闘者》を出す。これ、コモンだからこういう相手にも気兼ねなく出せていい感じ。
相手は《Nip Gwyllion / つねるグウィリオン》で攻撃。何かあるなと思いつつも《Deft Duelist / 器用な決闘者》2枚でブロック。すると相手は《Holy Day / 聖なる日》。う、このプレイングはよくわからん…この場合絆魂で回復できるんかな?
で、よくわからないのでここで《Unsummon / 送還》を使う。が、相手は《Whitemane Lion / 白たてがみのライオン》で自分でバウンス。
《Nip Gwyllion / つねるグウィリオン》はすぐ戻ってきて《Grafted Wargear / 融合する武具》が付く。
あああ前と状況が変わってない。
こちら《Oblivion Ring / 忘却の輪》を引いたのでどれに使うか迷うものの、《Serra Avenger / セラの報復者》を自由にしたかったので《Arrest / 拘引》を除去。単に《Unmake / 損ない》との違いを実感したかっただけだったり。
これは微妙にミスプレイっぽいかなとも思ったんですが…。
相手は《Bonesplitter / 骨断ちの矛槍》をキャスト、《Dancing Scimitar / 踊る円月刀》に付ける。
軽量クリーチャーに装備品やオーラ付けて攻めるデッキなわけね。
こちら《Dancing Scimitar / 踊る円月刀》の攻撃を通し、《Serra Avenger / セラの報復者》で反撃。
相手これを見て《Dancing Scimitar / 踊る円月刀》での攻撃をやめる。
ライフレースではこちらが勝っているので、同じダメージで削り合うなら相手が不利。
相手《Saltskitter / 塩切り》をキャストも、《Deft Duelist / 器用な決闘者》2枚で対処できるのでにらみ合いが続く…。
相手《Lucent Liminid / 輝く透光》もキャスト。ここまでコモンクリーチャー並べられるとこっち引いた《Voice of All / 万物の声》すら出せない。
が、ここで《Ponder / 思案》を引く。《Plains / 平地》、《Unmake / 損ない》、《Austere Command / 質素な命令》と見える。
《Unmake / 損ない》を持ってきて《Lucent Liminid / 輝く透光》を除去、《Serra Avenger / セラの報復者》で一発殴る。
相手《Slagwurm Armor / 金屑ワームの鎧》をキャスト、《Nip Gwyllion / つねるグウィリオン》に付ける。
これで3枚の《Deft Duelist / 器用な決闘者》でも止められなくなる。
一発殴らせてライフレース逆転、しかし、次のターンに来た《Austere Command / 質素な命令》を撃ってアーティファクトを除去。
クリーチャー4枚で一気に攻撃、相手《Venser's Sliver / ヴェンセールのスリヴァー》をキャストするも、次の一斉攻撃で7点削り切って勝ちでした。
《Deft Duelist / 器用な決闘者》並べてたのでこれが抑止に効きました。被覆のおかげで場に残るので一気にフィニッシュも決まりましたし。クロックパーミッションに向いてそうなんだけどどうなのかなぁ…。

その後、赤単の「Match」希望者と青白デッキで対戦したんですが…。
1本目は速攻で負け。2本目、《Voice of All / 万物の声》をプロテクション「赤」で出すも《Clickslither / つつき這い虫》を連打されて苦しい状況だったんですが、相手がなぜか途中で投了。
3本目、お互いに除去の撃ち合いから、こちら《Adarkar Valkyrie / アダーカーの戦乙女》、《Voice of All / 万物の声》とキャスト。
すると相手「OK,You Win」と言い残して投了。どうも《Voice of All / 万物の声》が苦手らしい…。
《Voice of All / 万物の声》は最初から2枚デッキに入ってるんですが、サイドボードで4枚入れたとでも思ったのかの。

夜になってからトレードで《Circle of Protection: Red / 赤の防御円》、《Decree of Justice / 正義の命令》、《Hurkyl's Recall / ハーキルの召還術》、《March of the Machines / 機械の行進》、《Temple of the False God / 邪神の寺院》、《Calciform Pools / 石灰の池》、《Urborg, Tomb of Yawgmoth / ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》、《Urza's Factory / ウルザの工廠》と、メタカードと安い土地を購入。
世は「アラーラの断片」ですが私はいまだにこんなの買ってます…。
んで《Decree of Justice / 正義の命令》は、以前見た他人のデュエルで出て来た天使トークンがカッコ良かったのとフィニッシュ・ブローに使えるかな、と思ったので。
ちなみにこんな天使。
a0094381_136371.jpg

ちょっと宗教画っぽくてカッコイイ。剣持ってる姿も凛々しいし。

で、さっそく「ソリティア」でテストプレイ。いでよ美麗な天使!!





a0094381_1365679.jpg

なんですかこの黒いカタマリ。

これ、天使というよりハーピーなのでは…。あれえ、あのかっこいい天使はいずこ??
確かに以前見たのは《Decree of Justice / 正義の命令》から出たトークンだった…他に天使トークン出せる呪文はMOではないはずだし…。
MOのトークン画像一覧を見てみようとしたらどこにあるのかサッパリ??
あちこち探して、よくよく考えたら「Collection」のとこで見るんですな。
ここで見てみると以前見たあのカッコイイ天使トークンの画像が! 一体これは。
もしや、レートが上がるとこっちのトークン使えるようになる、とかなんでしょうか…。

で、デッキに買ったカードを組み込み。土地カード入れたので安定するといいんだけど、逆に不安定になる予感がする…。

1戦目、白青デッキ。
相手は緑黒。
土地心配でしたが《Urza's Factory / ウルザの工廠》以外は基本地形ばかりで問題なし。
相手のクリーチャー除去ったら「・・・・・」言われ(?)ましたがそう言われてもなぁ。
相手《Vigor Mortis / 死後剛直》を使ったリアニメイトで、エグい面子が墓地へ居並ぶ。
こちら《Ponder / 思案》で《Adarkar Valkyrie / アダーカーの戦乙女》を見つけ、キャスト。これで場が膠着。
せっかくのチャンスなのに《Urza's Factory / ウルザの工廠》で兵士トークン出すのを忘れる…。
で、リアニメイトの天敵バウンスで相手の《Angel of Despair / 絶望の天使》を戻して一斉攻撃、再度のリアニメイトをカウンターして勝ち。

2戦目、白黒デッキで「Match」。
1本目、初手が土地と《Oona's Prowler / ウーナのうろつく者》2枚。しぶしぶでキープ。
相手《Loxodon Warhammer / ロクソドンの戦槌》とかの装備品で攻めるデッキなんですが、こっち《Disenchant / 解呪》をさっぱり引けず…。
《Undying Rage / 死せざる怒り》のテキスト読み間違えてて、これつけたクリーチャーに対してブロックできないんだと思ってた。あちゃあ。
で、これクリーチャー除去っても手札に戻ってまた付けられてしまう。
それでもクリーチャー除去しつつビート狙ってたんですが、《Wrath of God / 神の怒り》で流され。
ならばと秘密兵器(?)の《Decree of Justice / 正義の命令》を相手のエンドにプレイ。いでよ天使たち!!





a0094381_1403474.jpg

なんですかこの頭にトゲ生えたオッサン。

なるほろ、エンドに撃つ場合サイクリングになるわけだから、出てくるのは兵士トークンじゃん!!
この状況で1/1の兵士が4枚出ても…しかも出す時にマナバーン起こしてしまったし。《Temple of the False God / 邪神の寺院》タップして出すマナはマナシンボルクリックしないといけないのね…面倒。
で、《Angel of Despair / 絶望の天使》を普通に出して《Loxodon Warhammer / ロクソドンの戦槌》を破壊、これでいけるかと思ったんですが再度《Wrath of God / 神の怒り》。
こちら直後に《Damnation / 滅び》を引く間の悪さ。
それでも粘りに粘ってお互いあと一撃状態だったんですが、テキスト読み間違いの《Undying Rage / 死せざる怒り》がどうしようもなくて投了。

2本目、かなりいい初手。
相手かなり入れ替えたのか、スリヴァーデッキになってました。
こちらマナスクリュー気味で白マナを《Caves of Koilos / コイロスの洞窟》に頼らざるを得ず、序盤ビートした分をあっさり取り返される。
除去連打し、《Undying Rage / 死せざる怒り》も《Oblivion Ring / 忘却の輪》で除去するも、こちらの残りライフ2。
《Temple of the False God / 邪神の寺院》の扱いにとまどいつつも、粘りまくってると相手プレイミスで3点のマナバーン。
こちら《Diabolic Tutor / 魔性の教示者》で《Plains / 平地》を持ってきてなんとかダメージ無しで《Safehold Elite / 安寧砦の精鋭》を出し、これで決め。

3本目。
相手が「マナバーンするなんて俺はなんて間抜けなんだ…」と言ったので、「俺もだよ」と言うと大受け。
が、デュエルは相手が「最高の回りだ」と言うほどブン回られて、速攻で負けでした。
てか私はもう2本目終了時に集中力切れてた(笑)。
しかし久々に「Match」で面白い勝負が出来て良かった。

3戦目、白黒デッキ。
相手は黒単。
《Deft Duelist / 器用な決闘者》、《Serra Avenger / セラの報復者》のビートを《Cancel / 取り消し》でサポートして速攻で勝ち。

《Decree of Justice / 正義の命令》は相手が白か黒の時はサイクリングじゃないときついですかね。いまだにこれのマナコストの見方がよくわかりません…。MO的には最初にプレイコスト払って、その後にトークンコストを1体につき2マナ払う、って感じなんですかね。
《Calciform Pools / 石灰の池》は色事故防ぐのには使えませんね…貯蔵カウンター貯めて《Decree of Justice / 正義の命令》あたりに一気に使う、っていうのがいいのかな。
《Temple of the False God / 邪神の寺院》も微妙だ…単色デッキに入れた方が安全て気もする…。
[PR]

by overkilling | 2008-10-24 04:07 | マジックオンライン

アラーラ後の話

「アラーラの断片」がようやくMOでも発売されまして、新しいカードを見てると自分も使いたくなるもの。
「高貴なるバントデッキ」でも買ってまたスタンダードでやろうかな、と考えたりもしてたんですが、トレード部屋ですでにアラーラのカード扱ってるbotなんかがたくさんあるのですね。
んで新しい天使の値段を見てみますと、一番高いのが意外というかやはりというか《Stoic Angel / 冷静な天使》。
昨今はクリーチャー並べるデッキが多いですから、それへの対処カードとしての値段なのでしょうけど、構築だとあっさり除去されそうで怖い。
で、結局は《Empyrial Archangel / 浄火の大天使》を1枚買ってしまいました。これ、昼間はけっこうたくさん売ってたんですが、夜見たら全然売ってなくて…ようやく在庫のあるbot見つけて勢いで買ってしまいましたが、誰か買い占めてたんですかねぇ?
これの他にアラーラのカードでは《Deft Duelist / 器用な決闘者》を4枚購入。あと白青デッキ用のカード。
で、デッキに入れてやってみたんですが…《Deft Duelist / 器用な決闘者》の方は思ってたほどは使えず。あんまり引けなかったというのもあるんですが、相手がそこそこデカいクリーチャー出してしまうと手が出なくなってしまう。
2ターン目に確実に出さないとちょっと使いづらいのかな、というのはあったり。
でもまぁ、白青デッキの2マナ域クリーチャーで悩んでたし、これから多分活躍してくれることでしょう。「賛美」とも相性良さそうだしね。
《Empyrial Archangel / 浄火の大天使》の方は白青デッキに入れるのは厳しいので、白黒デッキに《Makeshift Mannequin / その場しのぎの人形》と一緒に無理やり詰め込みました。
リアニメイトはカジュアルでは嫌われやすいのですが、こいつ1枚リアニメイトするくらいなら大丈夫そう。
てなわけでやってみたんですがなかなか《Empyrial Archangel / 浄火の大天使》を出すチャンスがない。
相手が普通のカジュアルデッキですとリアニメイトするのはちょっと…と思いますし、レアしか出さないような相手ですとパーツが揃う前に負けてしまったり。
で、10戦くらいやりましたでしょうか、もはや拷問に近いんじゃと思うほどデュエルし続けて、ようやく初手がほぼテンパイ、相手もレア連打してくるデッキ、といけそうな勝負に。
相手の《Yosei, the Morning Star / 明けの星、陽星》を除去って、相手のエンドに《Oona's Prowler / ウーナのうろつく者》で落として《Makeshift Mannequin / その場しのぎの人形》で《Empyrial Archangel / 浄火の大天使》をリアニメイト!
a0094381_21334482.jpg

かなりドキドキものでしたが上手くいきました。
で、次のターン殴ったんですが相手のターンに《Wrath of God / 神の怒り》で流され。
《Makeshift Mannequin / その場しのぎの人形》はもう1枚ライブラリーにあるので引くのを待つか、と思ってたらまた《Yosei, the Morning Star / 明けの星、陽星》が出たのでこれをまた除去、《Oona's Prowler / ウーナのうろつく者》を一気に2枚投入。
相手《Debtors' Knell / 債務者の弔鐘》を張るも、さすがにここで「GG」…だったんですが、手札を全部捨てればウーナからのダメージが1点だけになることに相手も気づいてしまった。
相手のライフは残り1、次のターンには《Debtors' Knell / 債務者の弔鐘》で《Yosei, the Morning Star / 明けの星、陽星》がリアニメイトする…んですが、こちら《Serra Avenger / セラの報復者》も出してこれで相手を詰ませました。よくよく考えると出さなくても相手詰んでますが…。
やはり《Desolation Angel / 荒廃の天使》の代わりにするには《Empyrial Archangel / 浄火の大天使》は役どころが違うというか、出してもフィニッシュとはいかないのですが、《Makeshift Mannequin / その場しのぎの人形》使ったリアニメイトにはいいかな、と。
《Wrath of God / 神の怒り》ですぐに流されてしまったので、能力を見てみることはほとんど出来なかったのが残念。
値段が大幅に下がったらあと2枚くらい追加しよう…。
[PR]

by overkilling | 2008-10-22 21:30 | マジックオンライン