<   2008年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧

Withered Wretch

スタンダード1戦目。
相手は赤黒。
除去満載かと思ったんですが、今日もまた「Frogtosser Banneret / 蛙投げの旗騎士」がこんにちは。最近流行ってるんでしょうか?
こちら1回マリガンでちょっと厳しかったものの、「Zoetic Cavern / 生けるものの洞窟 」を変異で出してこれに「Armored Ascension / 鎧をまとった上昇」付け。
相手どんどんクリーチャー並べてくるんですが、パンプアップする手段がない。
5枚目の土地引いて「Angel of Mercy / 慈悲の天使」を出し、ブロッカーにして「Zoetic Cavern / 生けるものの洞窟 」で殴り。
相手は「Dread / 戦慄」を出してきたものの、もはや「Zoetic Cavern / 生けるものの洞窟 」と「Angel of Mercy / 慈悲の天使」を止める術はなし。
ここで投了でした。

2戦目。
…の前に「Demystify / 啓蒙」を2枚抜き、「Knight of Sursi / サーシの騎士」と「Mine Excavation / 鉱山の採掘」を入れる。
初手土地4枚、クリーチャーなしでキープ。
「Knight of Sursi / サーシの騎士」を引いたので待機で出す。
相手は白青。
こちら「Kitchen Finks / 台所の嫌がらせ屋」を引いてキャスト、しかし相手は主に飛行クリーチャーーが主体。
ならばとこちらも「Kitchen Finks / 台所の嫌がらせ屋」に「Armored Ascension / 鎧をまとった上昇」を付ける。
これで殴って追い込んだんですが、「Mistmeadow Witch / ミストメドウの魔女」が出る。
これに「Prison Term / 禁固刑」つけようとしたら能力で逃げられてしまった。
マナ見てれば良かったのに、ミスったなぁ…。
この後は相手の戦略にハマり、「Riftwing Cloudskate / 裂け目翼の雲間を泳ぐもの」を「Mistmeadow Witch / ミストメドウの魔女」で一時除去されてこっちのクリーチャー戻され、あえなく敗北。
「Steel of the Godhead / 神格の鋼」引けばまだなんとかって感じだったんですが、「Steel of the Godhead / 神格の鋼」どころか「Armored Ascension / 鎧をまとった上昇」も引かず、「Mine Excavation / 鉱山の採掘」で墓地の「Armored Ascension / 鎧をまとった上昇」の再利用する有様でした。
あと、「Oblivion Ring / 忘却の輪」が出た時に「Demystify / 啓蒙」スタックに乗せたら、「Knight of Sursi / サーシの騎士」が永久に失われてしまった。このミス前にもやったなぁ…。

3戦目。
相手は黒…かな。
初手土地1枚なのにキープしたようで、こちらが土地ならべて「Zoetic Cavern / 生けるものの洞窟 」キャストしても、相手は「Swamp / 沼」が1枚出ただけ。
これで投了。

4戦目。
相手トリプルマリガン。
こちら初手なかなか。今日初めて「Puresight Merrow / 純視のメロウ」も引くも、相手が黒緑なので除去を気にして「Safehold Elite / 安寧砦の精鋭」から出す。
で、今日はよく引く「Zoetic Cavern / 生けるものの洞窟 」も変異でキャスト。
予想通り除去が「Safehold Elite / 安寧砦の精鋭」に。頑強で戻り。
ここで「Puresight Merrow / 純視のメロウ」をさりげな~く出す。
相手が「Zoetic Cavern / 生けるものの洞窟 」に除去を撃ってきたので、土地に戻らせる。
「Puresight Merrow / 純視のメロウ」に「Armored Ascension / 鎧をまとった上昇」付けて殴り。相手は「Stalking Tiger / 忍び寄る虎」をキャスト。
これ懐かしい…DC版でMTGを始めた頃に一番最初のデッキで使ってたクリーチャーでした。
で、デュエルは「Puresight Merrow / 純視のメロウ」に「Steel of the Godhead / 神格の鋼」付けて殴って勝ち。

5戦目。
相手は緑黒青。
「Puresight Merrow / 純視のメロウ」から出すとあっさり除去。
もう1枚「Puresight Merrow / 純視のメロウ」を持ってましたが、慎重に出す。
が、相手除去だけでなくプレインズウォーカーを大量に仕込んでおり、こちらがクリーチャー出せないのもあって場を構築しまくり。
こちら2枚目の「Puresight Merrow / 純視のメロウ」を出すも、やはりあっさり除去、
クリーチャー3番手は「Thistledown Liege / シスルダウンのしもべ」。
とにかく何かクリーチャー引いてから一緒に出すかと思ったんですが、ここから先さっぱりクリーチャーを引かない。
手札には「Mine Excavation / 鉱山の採掘」が2枚も腐ってるし…。
「Prison Term / 禁固刑」、「Pacifism / 平和な心」でしのいでたものの、「Thistledown Liege / シスルダウンのしもべ」を出さざるを得なくなり、除去られるだろうなと思ったらやはり除去。
これで「GG」でした。

スタンダード3勝2敗。2敗が完敗なのがなぁ…。
ちともうちょっとクリーチャー増やそうかなって感じ。
完全に白ウィニー系になってきてるなぁ。

エクステンデッド1戦目。
相手ウルザトロンのライブラリー破壊デッキ。
初手に「Silver Seraph / 銀の熾天使」と「Island / 島」と「Merfolk Looter / マーフォークの物あさり」に「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」2枚。
また「Swamp / 沼」を引かなさそうですがやっぱり引かず、「Island / 島」ばかり引く。
一体どうなっておるのだ…。
ルーター投入するか、と投入しましたが相手がライブラリー破壊デッキとわかってからはルーターも回せず。
「Jester's Scepter / 道化の王笏」がどんどんこちらのライブラリーからカードを抜いていく。その中に天使があったらそれで終わりか…。
こちら「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」で攻めるも、相手はちゃんと回復手段を持ち合わせている。
手札で腐っちゃったのが「Dark Banishing / 闇への追放」。相手ノンクリーチャーデッキなので、意味がなくなってしまった。これが抜かれたカードに入ってないツラさよ…。
相手どんどん「Jester's Scepter / 道化の王笏」を出してカード抜く。
こちら「Liliana Vess / リリアナ・ヴェス」を出して「Akroma, Angel of Wrath / 怒りの天使アクローマ」を呼んだら、返しに「Jester's Scepter / 道化の王笏」出されてライブラリーいじられてしまった。
相手9ターン目で4枚全部揃えてしまったのですな…。
「Silver Seraph / 銀の熾天使」のリアニメイトは墓地から除去されて失敗したものの、「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」のリアニメイトには成功。
これと「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」で殴り捲くるも、「Tower of Eons / 永劫の塔」が出ててこれで回復される。
こちらも「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」や「Funeral Charm / 葬送の魔除け」で手札破壊してたんですけどね…。
この後「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」はゲーム外へ除去られるも、「Angel of Despair / 絶望の天使」は「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」でリアニメイト。
「Tower of Eons / 永劫の塔」を破壊するも、すぐに2枚目が出てくる…。
結局こちらが削る前にライブラリーアウトで負けでした。

2戦目。
初手に土地がなくマリガン。
相手は黒単。「Withered Wretch / 萎縮した卑劣漢」を出されてこれでもうどうしようもなし。
1枚は「Funeral Charm / 葬送の魔除け」2枚で除去ったものの、もう1枚がでーんと場にいる。
相手も結局出したのはこの2枚だけで、なぜだかこういう時に「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」も「Merfolk Looter / マーフォークの物あさり」もさっぱり引かず、相手も哀れむ「Land Flood」。
「Visara the Dreadful / 戦慄をなす者ヴィザラ」でも引けばそのまま出せたんですが…まぁ仕方ないです。

3戦目。
初手にリアニメイトカードないものの、「Lightning Angel / 稲妻の天使」、「Angel of Despair / 絶望の天使」といてかなりいい手。
相手は黒単。「Mesmeric Fiend / 催眠の悪鬼」が出て手札からカードを捨てられることになったものの、なぜか相手が選んだのは「Lightning Angel / 稲妻の天使」でも「Angel of Despair / 絶望の天使」でもなく「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」。なぜ。
こっち単に土地事故起こしてると判断してリアニメイトだと気づかなかったのだろうか?
「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」に除去が来たので「Angel of Despair / 絶望の天使」を落とし、相手のターンに「Hypnotic Specter / 惑乱の死霊」が出たので「Merfolk Looter / マーフォークの物あさり」で回転すると、4枚目の土地引いて「Angel of Despair / 絶望の天使」をリアニメイト。
「Hypnotic Specter / 惑乱の死霊」を消す。
ここで相手は投了でした。ならば何故「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」を…。

4戦目。
相手は青黒。
いきなり手札破壊カード使われましたが、喜んで「Visara the Dreadful / 戦慄をなす者ヴィザラ」を捨てる。
「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」で殴り、「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」で回転。
相手は展開が遅いようで、こちらが続々リアニメイト。
で、途中で暴言吐かれるも、無視して殴って勝ちでした。

5戦目。
初手土地2枚に「Lightning Angel / 稲妻の天使」。行けそう。
相手は黒青。除去とバウンス心配ですがとりあえず普通に行く。
が、「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」に除去来たのに天使落とすの忘れる。
結局相手のエンドに「Funeral Charm / 葬送の魔除け」で落とし、6ターン目に「Lightning Angel / 稲妻の天使」再生。
ここから相手は怒涛のクリーチャー連続召還。
「Thief of Hope / 希望の盗人」がやっかいですね。相手のダメージソースはほとんどこれでした。
「Silent-Chant Zubera / 沈黙の歌のずべら」も2枚出るも、これで攻め手はこず。攻めてきたのは「Floating-Dream Zubera / 浮き夢のずべら」。
これでカード引きたかったのでしょうが…。
こちら「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」も出して場を形成、しかし「Thief of Hope / 希望の盗人」のおかげでライフはあっちの方があったり。こっち1回も攻撃通してないんですが。
仕方ないので「Liliana Vess / リリアナ・ヴェス」で「Akroma, Angel of Wrath / 怒りの天使アクローマ」を持ってくる。「アクローマ」の一撃でゲーム終われそう。
で、「Lightning Angel / 稲妻の天使」、「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」に除去が。「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」は頑強で戻ったのでライフレースは大丈夫。
次のターン、「アクローマ」再生、さらに「Lightning Angel / 稲妻の天使」も再生しようとしたところで…
相手投了でした。

エクテンも3勝2敗。
1戦目はカード抜かれるとダメですね~。基本的にリアニメイトカードないと何もできないしなぁ…。
「Akroma, Angel of Wrath / 怒りの天使アクローマ」を引っ張ったタイミングがズレていれば何とかなったかもですが…。
2戦目、「Withered Wretch / 萎縮した卑劣漢」だけにやられるとは。まさかの盲点。
3戦目は相手が「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」を警戒し過ぎでしたね。
5戦目は危なかったんですが、やはり「アクローマ」出すとゲームは決まってしまうようで。
[PR]

by overkilling | 2008-08-31 18:05 | マジックオンライン

I like match.

スタンダード1戦目。
初手エンチャント系ないものの、土地はある。
相手は青黒。
「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」を出すと速攻除去が飛んでくる。
相手は「Frogtosser Banneret / 蛙投げの旗騎士」をキャスト、早いターンに「Earwig Squad / ヤスデ団」を出し、こちらの「Prison Term / 禁固刑」を3枚抜く。「Voice of All / 万物の声」を抜かれなかったのは助かった。
次のターンに引いて出し、相手のクリーチャーはほぼ黒のようなので、プロテクション「黒」を選択、ブロッカーに。
もう1枚「Earwig Squad / ヤスデ団」が出てくるものの、「Kitchen Finks / 台所の嫌がらせ屋」を出して相討ちブロックし、こっちは頑強で戻る。
この後、「Thistledown Liege / シスルダウンのしもべ」を出してパンプアップ。
「Kitchen Finks / 台所の嫌がらせ屋」で攻めると、相手はブロックしてこない。
もう1枚「Frogtosser Banneret / 蛙投げの旗騎士」が出ましたが、こちらはフィニッシャーで「Serra Angel / セラの天使」をキャスト、相手は「手札が全部土地だよ」と言って「GG」。
「Voice of All / 万物の声」がいなかったら、速攻でやられてたでしょうね。

2戦目。
相手は黒単。
また「Frogtosser Banneret / 蛙投げの旗騎士」が出る。これ、イーブンタイドのカードじゃないよなぁ…なんで今日はこれと2回も当たるんだ。
こちら「Safehold Elite / 安寧砦の精鋭」から出すものの、相手「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」を2枚キャスト、これはキツイ。
「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」の攻撃に対してカード捨てるも、3枚目が出てきて唖然。
相手は「Swamp / 沼」が2枚しか出てないんですが、「Frogtosser Banneret / 蛙投げの旗騎士」のおかげで2枚で十分回ってる…。
こちら「Ballynock Cohort / バリーノックの群勢」、「Kitchen Finks / 台所の嫌がらせ屋」と召還、しかし相手に「Stinkdrinker Bandit / 臭汁飲みの山賊」が出て、これでどうしようもなくなってしまいました。
「Voice of All / 万物の声」も引いて出したんですが、これ1枚じゃ止められないしなぁ…。

3戦目。
相手は黒赤。初心者さんかなぁ…。
こちら「Safehold Elite / 安寧砦の精鋭」、「Kitchen Finks / 台所の嫌がらせ屋」と頑強持ちから召還、「Kitchen Finks / 台所の嫌がらせ屋」が除去られるも頑強で戻り。
ここで除去対策も兼ねて「Safehold Elite / 安寧砦の精鋭」に「Armored Ascension / 鎧をまとった上昇」を付ける。
相手は「Soul Snuffers / 魂を吹き消すもの」を出して「Kitchen Finks / 台所の嫌がらせ屋」を除去するも、次のターン「Safehold Elite / 安寧砦の精鋭」で殴ったら投了。

4戦目。
相手は白緑。
こちら1回マリガン、土地もエンチャントもあり。
しかしクリーチャーが続かない。「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」を出すも、相手が「Wilt-Leaf Liege / 萎れ葉のしもべ」を出してきたので「Prison Term / 禁固刑」。
しかし、さらに相手は「Wilt-Leaf Liege / 萎れ葉のしもべ」をキャスト、他のクリーチャーが膨れ上がる。
こりゃもう「Elvish Harbinger / エルフの先触れ」にやられましたね…。
こちらはようやく「Puresight Merrow / 純視のメロウ」を引くも、出す前に「GG」でした。

5戦目。
初手そこそこ、後は土地次第。すぐ引いて、これでなんとかいけそう。
相手は赤青。
こちら相手の除去を気にして5ターン目まで何も出さず。
相手が「Hearthfire Hobgoblin / 炉火のホブゴブリン」を出し、これに「Steel of the Godhead / 神格の鋼」が付いたので「Prison Term / 禁固刑」。
相手の除去が尽きたと見て、「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」2枚をキャスト、1枚に「Sinking Feeling / 沈む感覚」が付く。
こちら「Thistledown Liege / シスルダウンのしもべ」を出してパンプアップ、「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」と「Puresight Merrow / 純視のメロウ」で殴り。
これで相手投了でした。
はは、上手くいくときゃ「Armored Ascension / 鎧をまとった上昇」も「Steel of the Godhead / 神格の鋼」もいらないか(笑)。

スタンダード3勝2敗。
1戦目、相手の事故?もあったようですが「Voice of All / 万物の声」のブロッカーぶりが素晴らしい。
が、そんな「Voice of All / 万物の声」も2戦目の黒ウィニーには役に立たず…。
4戦目、除去がないと「Wilt-Leaf Liege / 萎れ葉のしもべ」使うデッキには勝てそうにないです…。
5戦目は相手のデッキが思考錯誤中って感じでした。

エクステンデッド1戦目。
開始直後に相手回線落ち…。
5分ほど待つと戻ってきたのですが、第2ターンでまた回線落ち…。
そのまま勝ちになりました。
まぁ、これは無しで。「Swamp / 沼」2枚セットしただけだし。

ちゃんとした1戦目。
相手は緑単ですがダブルマリガンしてる。ですが、土地は順調に出せたようで。
こちらも土地を引けてシステムクリーチャーを出し、「Lightning Angel / 稲妻の天使」、「Akroma, Angel of Wrath / 怒りの天使アクローマ」と落とす。
相手は「Dormant Sliver / 休眠スリヴァー」を2枚キャスト。スリヴァーデッキだ!
こちら「アクローマ」を再生、「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」とともに殴り。
その後「Spinneret Sliver / 紡績スリヴァー」が出て「アクローマ」をブロックされるものの、「Lightning Angel / 稲妻の天使」もリアニメイトして万全。
これで相手「GG」でした。

2戦目。
「Match」の対戦希望者がいたので、対戦を挑む。
しかも相手の名前は私を戦わせずにはいられない名前。
んが、名前から期待したデッキではなかったですが…。
1本目。
相手は赤黒で、直接的な除去はないのですが、「Akki Underminer / 悪忌の蝕み屋」が除去の役割を兼ねているらしい。
こちら、「Dread Return / 戦慄の復活」のダブルシンボルがネックになって4ターン目に天使をリアニメイトできず…これがネックになって、あとはパーマネントを生贄に捧げていくだけ。あっさり敗北。

2本目。
バウンス系の呪文をちょっとだけ入れる。
とにかく、相手より早く展開しないとヤバい。
で、1回マリガン、「Silver Seraph / 銀の熾天使」もあってなんとかいけそう。
相手がクリーチャー出すより早く「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」と「Merfolk Looter / マーフォークの物あさり」、「Hidden Horror / 隠された恐怖」をキャスト、「Lightning Angel / 稲妻の天使」と「Silver Seraph / 銀の熾天使」を落とす。
が、「Boil / 沸騰」で島を破壊される。
おまけに何を使われたのやら、こっちの墓地の「Silver Seraph / 銀の熾天使」をリアニメイトされてしまう。
こりゃまいった。
こちらルーターまわして土地を引き、「Angel of Despair / 絶望の天使」を落とす。
落とすタイミング悪くてまた乗っ取られるかと思いましたがそれはなく、何とかリアニメイト。
しかし「Silver Seraph / 銀の熾天使」は「Lightning Greaves / 稲妻のすね当て」で守られ、除去できない。
相手は重要なクリーチャーを「Lightning Greaves / 稲妻のすね当て」を移して守る。上手いね。
で、チャンプブロックで死んだ「Angel of Despair / 絶望の天使」も乗っ取られ、場を制圧されて「GG」。
最後につたない英語で「I like match」と言ったら、相手も喜んでました(笑)。

3戦目。
初手に「Swamp / 沼」、「Island / 島」、リアニメイトパーツ。
1ターン目に「Angel of Despair / 絶望の天使」を引く。
相手は白緑で手堅い感じのデッキ。
こちら土地不足でリアニメイトできず、代わりに「Angel of Despair / 絶望の天使」を手札8枚から捨てる。
相手は「Kitchen Finks / 台所の嫌がらせ屋」をキャスト、これを「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」でブロック、カード捨てられるもこちらも「Funeral Charm / 葬送の魔除け」を使って「Kitchen Finks / 台所の嫌がらせ屋」を除去、頑強で戻った「Kitchen Finks / 台所の嫌がらせ屋」に2枚目の「Funeral Charm / 葬送の魔除け」。
相手はウィニーなのか、軽量クリーチャーを続々召還、こちらようやく4枚目の土地を引いて「Angel of Despair / 絶望の天使」再生。
が、この後が続かない。
相手が召還した「Battlefield Scrounger / 戦場のたかり屋」を「Dark Banishing / 闇への追放」で葬ると、相手もこちらの唯一の「Island / 島」を「Woodfall Primus / 森滅ぼしの最長老」で消される。
これが凄い痛かった…。
こちら「Silver Seraph / 銀の熾天使」を引いてたものの、落とす手段がない。
次のターン、「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」を引いたのに「Island / 島」が無くて出せない。
わかってて相手がやったとも思えませんが、凄いナイス?なタイミングでした…。
で、攻撃してきた「Woodfall Primus / 森滅ぼしの最長老」を「Angel of Despair / 絶望の天使」と「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」でブロックしたのですが、ここでよせばいいのに「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」と「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」の入れ替えを考えてしまった。
それやったら「Woodfall Primus / 森滅ぼしの最長老」を倒せなくなるじゃん…。
「mistake,,」と言うと相手も「year」と返事。すまん、下手クソで。
で、墓地に行った「Angel of Despair / 絶望の天使」はゲーム外へ除去られ、トークンやら何やら出されてこれで終わりでした。

4戦目。
相手は赤単、ゴブリンデッキ。
こちら初手にまた天使いないものの、リアニメイトパーツは揃い。
1ターン目に「Angel of Retribution / 天罰の天使」も引く。
「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」を出すと除去が来たので「Angel of Retribution / 天罰の天使」を落とす。
相手はもちろんゴブリンを場に並べる。やっかいなのが「Goblin Matron / ゴブリンの女看守」。
これが「Gempalm Incinerator / 宝石の手の焼却者」を呼んできてリアニメイトした「Angel of Retribution / 天罰の天使」を一発で消してしまう。
「Funeral Charm / 葬送の魔除け」で除去したんですが、次のターンにすんなり2枚目が出てくるいやらしさ。参った。
こちらも「Angel of Retribution / 天罰の天使」を再度リアニメイトしたのですが、やはり「Gempalm Incinerator / 宝石の手の焼却者」を呼ばれてこれでお終い。

5戦目。
初手に「Island / 島」2枚。「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」がいるし「Visara the Dreadful / 戦慄をなす者ヴィザラ」もいるので、「Swamp / 沼」引けば何とかなりそう。
が、何と2ターン「Island / 島」引き。そんなことあるもんだ…。
「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」を出し、ルーター回す。
相手は黒単で、アーティファクトを場に並べてる。
いまひとつ何をしたいのかわからなかったり。
こちら2枚目の「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」を出し、「Swamp / 沼」引いて「Zombify / ゾンビ化」で「ヴィザラ」再生。
相手は「Gifts Ungiven / けちな贈り物」を使う。よくわからないので適当に選ぶ(笑)。
多分、「Twisted Abomination / よじれた嫌悪者」を選んだと思う。
この後順調に「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」もリアニメイト。さらに「Silver Seraph / 銀の熾天使」も再生。
ここでまたミス。
「Silver Seraph / 銀の熾天使」がいるから「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」回してスレッショルドすればそれだけ削れたのに、気づいたのが攻撃ステップ直前…。
ってアレ? そん時でも能力使えるよなぁ…おかしいな…。
「Dark Banishing / 闇への追放」を持ってたのであまり捨てたくないのもあったんだけど、もうゲームを決められる段階でした。なんか変だったけど。
次のターンに「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」を回してスレッショルドすると、相手「GG」でした。

エクテン2勝3敗。
1戦目は相手がダブルマリガンじゃなかったらどうなってたやら…。
2戦目はさすがに「Match」で待ってるだけあってデッキが完成されてました。
3戦目のミスは自分でガッカリ。けっこうよくやります…。
最近ホントに「Damnation / 滅び」が欲しいです。ちょっと高めだけど、1枚お守り代わりに買おうかな…。
[PR]

by overkilling | 2008-08-30 18:43 | マジックオンライン

土地事故は続く…

スタンダードのデッキに「Ballynock Cohort / バリーノックの群勢」を1枚追加、「Last Breath / 今わの際」を1枚抜く。
クリーチャーもっと増やしたいところですが…う~む。

1戦目。
相手は白赤。
こちら初手はまぁまぁ。クリーチャー4枚に土地2枚。
しかし土地が2枚で止まり、「Puresight Merrow / 純視のメロウ」しか出せなくなる。ようやく3枚目を引いた時にはもはや瀕死。
相手はイーブンタイドのクリーチャーメインでしたが、そんなこと関係なく土地事故が酷いものでした…。
2枚しかない「Demystify / 啓蒙」を手札に2枚持ってるとかどうしようもないなぁ…。

2戦目。
土地がなく、ダブルマリガン…。初手1枚もなし、次が1枚って。
で、キープしたのが「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」1枚に土地4枚の手。
ところが3ターン連続土地を引き、その後も「Pacifism / 平和な心」、土地、「Righteousness / 高潔のあかし」、「Demystify / 啓蒙」、なんだこの引き。
酷いマナフラッドの中、唯一のクリーチャーの「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」を出すも、相手は「Creakwood Liege / 軋み森のしもべ」で3/3のワームトークンを出してくる。こんな時に相手が悪過ぎ…。
何とか「Steel of the Godhead / 神格の鋼」を引くも、すぐに剥がされてチャンプブロックせざるを得ず、次に今日入れたばかりの「Ballynock Cohort / バリーノックの群勢」を出すものの、もうどうしようもない。
マナスクリューの次はマナフラッドで負け。

3戦目。
初手まぁまぁなんですがエンチャント系がない。
相手青白ですがバウンスがちょっと入ってるくらいで、マーフォーク・クリーチャーをメインに構成してるらしい。
とにかく相手のシステムクリーチャー連発されて場を構成されてから、序盤天使2枚でしのぎ、後半ようやく引いた「Steel of the Godhead / 神格の鋼」付けた「Puresight Merrow / 純視のメロウ」でしのぐ、といった感じに。
8枚も入ってる強化エンチャントをなぜ10ターン以降じゃないと引けないのだ…。
しかもまた「Demystify / 啓蒙」を2枚手札に持ってるし。
結局「Puresight Merrow / 純視のメロウ」をバウンスされて、これで終わりでした。
ただ、「Puresight Merrow / 純視のメロウ」で起きてブロック、はホント使えますね。タッパーにタップされても、攻撃フェイズで起きればいいですからね。

4戦目。
初手に土地5枚、「Serra Angel / セラの天使」。面白そうなのでキープ。
「Ballynock Cohort / バリーノックの群勢」を引いたのですが、相手は赤単。
「Shock / ショック」1枚で除去られる。
ならばと「Thistledown Liege / シスルダウンのしもべ」を出し、「Steel of the Godhead / 神格の鋼」付けてパンプアップ。さらに「Serra Angel / セラの天使」も投入。
相手、アーティファクトを2枚出したのですが見事に土地2枚。
「俺は土地事故が大嫌いなんだ…」と言って「Shock / ショック」を自分に撃ち、マナバーンを起こして自滅。
気持ちはわからなくもないけど、自滅してもなんにもならない気が…。

5戦目。
初手万全。
しかし、こういう手の時は相手に除去が満載。
相手は黒単、「Corpulent Corpse / 肥満死体」が待機で出る。
こっち急がにゃ、と思うものの、「Puresight Merrow / 純視のメロウ」と「Safehold Elite / 安寧砦の精鋭」はそれぞれ除去られ。
頑強で戻った「Safehold Elite / 安寧砦の精鋭」に「Armored Ascension / 鎧をまとった上昇」付けて殴り。
しかし次のターンに除去られる。
こちら「Kitchen Finks / 台所の嫌がらせ屋」投入、「Corpulent Corpse / 肥満死体」が出て来たものの恐怖持ちなのでブロック出来ない。
殴らせて「Puresight Merrow / 純視のメロウ」を出す。
が、「Kitchen Finks / 台所の嫌がらせ屋」も除去られ、頑強で戻り。
何とかいけるかと思ったトコで「Demigod of Revenge / 復讐の亜神」が出る。速攻で殴られ、8点のロス。
こちら「Puresight Merrow / 純視のメロウ」に「Steel of the Godhead / 神格の鋼」付けて殴り、回復。しかし起きてもブロックが出来ない…。
相手ここで「Corpulent Corpse / 肥満死体」で攻めないミスをするものの、こっちがあと1ターンまで追い込んだところで「how lucky」というので何かと思ったら、もう1枚「Demigod of Revenge / 復讐の亜神」が出て来た。さすがにこれは「GG」でした。

スタンダード1勝4敗。
土地事故絡みのゲームが多いですね…。
あと、最近「Demystify / 啓蒙」がまったく役に立たなくなってきたような。
思い切って抜くのもいいかもしれない。

エクステンデッド、今日も対戦を挑む形でやってみました。

1戦目。
相手は黒単。
初手に「Visara the Dreadful / 戦慄をなす者ヴィザラ」。正直、「ヴィザラ」は4ターン目に出しにくいんだよなぁ…。
実際4ターン目にリアニメイト出来たんですが、1戦目の序盤でデュエル投げられると嫌なので「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」を出す。
で、相手「Mourning Thrull / 哀悼のスラル」に「Loxodon Warhammer / ロクソドンの戦槌」付けて攻撃。
これを「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」で相討ちブロックにし、5ターン目に「ヴィザラ」出して場を制圧。
しかし、「ヴィザラ」以外のリアニメイト対象クリーチャーを引かない。
相手はライフ回復を仕込んだデッキのようで、場はこっちが制圧してるんですがライフは回復しまくり。
ただ、よくわからない攻めをしてきたりして結局「ヴィザラ」が場を一掃する。
ここで昨日のロングマッチでやられた「Kokusho, the Evening Star / 夜の星、黒瘴」が出る。
こちら「Silver Seraph / 銀の熾天使」をリアニメイト、スレッショルドして「ヴィザラ」が7/7。
相手の「Loxodon Warhammer / ロクソドンの戦槌」付いたクリーチャーは「ヴィザラ」で除去しつつ、「Kokusho, the Evening Star / 夜の星、黒瘴」は「Silver Seraph / 銀の熾天使」でブロックして消す。
5点ダメージ食って残りライフ5。
ここで「Hissing Miasma / 風切る瘴気」が出る。こっちライフ少ないので攻撃できない。
うまいこと出来てるデッキですね。
で、「Liliana Vess / リリアナ・ヴェス」を引いたのでこれで「Angel of Despair / 絶望の天使」を引っ張る。
次のターンに「Angel of Despair / 絶望の天使」リアニメイト、「Hissing Miasma / 風切る瘴気」を除去。
これで一斉に攻撃して相手の残りライフ10。
次のターンで勝てる算段。
しかし、相手ここでもう1枚「Kokusho, the Evening Star / 夜の星、黒瘴」を召還。
これに「Umezawa's Jitte / 梅澤の十手」が付いて、8/5に。
これで詰んでしまいました。
2日続けて「Kokusho, the Evening Star / 夜の星、黒瘴」にやられるとは…。
これ、自分の攻撃時に「Kokusho, the Evening Star / 夜の星、黒瘴」がブロックするのを嫌って攻撃しなかったんですが、攻撃してたら引き分けになったんですかね?

2戦目。
相手は緑黒。
初手に土地がなく、1回マリガン。
「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」、「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」で土地もあったのでキープ。しかし…。
基本的にこいつらはリアニメイトするためのシステムクリーチャーなわけですが、リアニメイトしたいクリーチャー全然引かないので、「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」でひたすら殴る状況に。
相手「Woodlurker Mimic / 森潜みのミミック」を出してきたのですが、やっかいなので「Funeral Charm / 葬送の魔除け」で除去。
相手もカード捨てたくないのか、3点食らい続ける。
が、相手も軽く土地事故を起こして土地4枚で止まっており、主にやることはこちらのクリーチャーの除去。
と言っても緑だしなぁ…クリーチャーの引き悪かったんだろか?
こちらようやく「Angel of Retribution / 天罰の天使」を引いてリアニメイト、この時相手のライフはもう5。
次のターンに相手が出せたのは「Woodlurker Mimic / 森潜みのミミック」。
これで相手「GG」でした。

3戦目。
相手は白緑。
初手に「Swamp / 沼」2枚でしたが「Visara the Dreadful / 戦慄をなす者ヴィザラ」、「Lightning Angel / 稲妻の天使」がいたのでキープ。
「Swamp / 沼」は1枚引いたものの、「Island / 島」がなくて初手にいる「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」、「Merfolk Looter / マーフォークの物あさり」が出せない。
「Hidden Horror / 隠された恐怖」で「Lightning Angel / 稲妻の天使」を落とし、「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」を出す。最初に落としたのが「ヴィザラ」じゃないのはつまり、まぁね…。
相手エンチャントしか出してこないので次のターンに「Lightning Angel / 稲妻の天使」と「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」を入れ替え、「Hidden Horror / 隠された恐怖」とともに殴り、7点削り。
相手「Phytohydra / 草ハイドラ」を出してきたので「Funeral Charm / 葬送の魔除け」で除去ろうと思ったのですが、-1修正も+1に置き換えるのか!
で、除去できず。
これを2枚出される。
こちら「Swamp / 沼」があと1枚足らなくてリアニメイト出来ない。
「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」を出し、「Lightning Angel / 稲妻の天使」のみで殴り。
相手のライフはあと5。
相手ここで「Tolsimir Wolfblood / トルシミール・ウルフブラッド」を召還、「Phytohydra / 草ハイドラ」が4/4に。
しかし、なぜか1枚だけで攻撃。ならばと素通りさせる。
で、次のターンに「Lightning Angel / 稲妻の天使」と「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」で攻撃。カード捨てられても3点は通る。
が、ここで「GG」でした。

4戦目。
これ、ちょっと面白い勝負でした。
こちら初手に「Island / 島」3枚。「Swamp / 沼」無し。リアニメイトパーツは揃ってるし「Angel of Despair / 絶望の天使」もいる。
ってことでキープ。
相手は白単。
「Auriok Champion / オーリオックのチャンピオン」が2枚出てくる。これ、黒と赤のプロテクション持ちかぁ…。
クリーチャー出すとライフ1点回復されるのは気にせず、「Angel of Despair / 絶望の天使」をリアニメイト。
が、「Auriok Champion / オーリオックのチャンピオン」は除去れない。
「Angel of Despair / 絶望の天使」半分黒だしなぁ…。
相手「Spectral Procession / 幽体の行列」でスピリット・トークンを出し、どんどんライフ回復。
こちらあまり気にせず、「Angel of Despair / 絶望の天使」と「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」で攻撃、スピリットトークンを消していく。
「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」で回してもなかなか天使引かなかったのですが、ついに「Akroma, Angel of Wrath / 怒りの天使アクローマ」をトップデッキ。
これを即リアニメイトして、攻撃させる。
相手の残りライフは28。
ここで「Glorious Anthem / 栄光の頌歌」が出て相手のクリーチャーたちがちょこっとパンプアップ。
パワーの多いクリーチャーを「アクローマ」と「Angel of Despair / 絶望の天使」でブロックして消す。
よく考えたら「アクローマ」で「Auriok Champion / オーリオックのチャンピオン」ブロックできるたんだけど、こっち残りライフ5だからまぁいいか。
で、次のターン、「Visara the Dreadful / 戦慄をなす者ヴィザラ」を再生、「アクローマ」で攻め、「Auriok Champion / オーリオックのチャンピオン」を1枚「アクローマ」でブロックして消す。
相手ここで投了でした。

5戦目。
相手は緑単、エルフデッキ。
こちらなんとトリプルマリガン、手札4枚で「Swamp / 沼」1枚。
土地が1枚以上来なかったのです…。
ほとんど勝負は投げ気味でしたが諦めずにプレイ。
が、逆にここから引くのが「Swamp / 沼」ばかり…それはそれでまぁいいのですが、「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」と「Hidden Horror / 隠された恐怖」を出せただけで後は何も出来ない。
「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」と「Merfolk Looter / マーフォークの物あさり」手札にあるけど「Island / 島」なくて出せないし…。
「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」と「Hidden Horror / 隠された恐怖」で殴って残り9点まで追い込むも、アタッカーのエルフを「Timberwatch Elf / 森林守りのエルフ」がパンプアップ、エルフ6枚出てるので思いきりパンプアップして1回の攻撃であっさり終わりでした。
速攻タイプのエルフデッキ相手にトリプルマリガンじゃ、もうどうしようもないなぁ…。

エクステンデッド3勝2敗。
1戦目、また「Kokusho, the Evening Star / 夜の星、黒瘴」にやられるとは。
でもいい勝負でした。
3戦目、相手の除去さえなければ土地3枚でもリアニメイト出来る、と。
4戦目、巨大天使と白ウィニーの対照的な戦いで面白かった。
5戦目はやっぱり勝負になりませんでしたね…初手が十分な状態で戦ってみたかった…。
[PR]

by overkilling | 2008-08-29 17:21 | マジックオンライン

リアニメイト対決

今日は勝ち越したいスタンダード。
1戦目。
相手は白黒デッキ。
1回マリガンでそこそこの手、「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」を出して「Steel of the Godhead / 神格の鋼」付けて殴り。
相手の主力は「Nightsky Mimic / 夜空のミミック」。
これで壮絶な殴り合いに。
が、勝負を決めたのは「Edge of the Divinity / 御身の刃」。これのパンプアップ強烈…。
残りライフ5の時点でもう打つ手が無かったですね。
一応「Edge of the Divinity / 御身の刃」は「Aura of Silence / 沈黙のオーラ」で破壊したんですが、相手は白黒クリーチャー召還して「Nightsky Mimic / 夜空のミミック」パンプアップ+飛行でこれでやられました。
相手よどみなくクリーチャー出してるもんなぁ…。
こっちはまたクリーチャー2枚止まりでした…。

2戦目。
相手は緑赤。
こちら初手万全、速攻を考えて「Puresight Merrow / 純視のメロウ」だけでいくことに。
相手がライブラリー操作してるうちに「Steel of the Godhead / 神格の鋼」付けて殴り、次のターン除去こなかったので「Armored Ascension / 鎧をまとった上昇」付けて殴り。
これで相手のターン、再度ライブラリー操作してましたがトップデッキは出来なかったようで「Good Game」でした。

3戦目。
相手は緑単。
初手に「Voice of All / 万物の声」いるも、緑相手だとあまり意味ないか。
相手「Woodlurker Mimic / 森潜みのミミック」出してきましたが、こちら攻め手があったので無視して殴る。もちろん「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」に「Steel of the Godhead / 神格の鋼」付けるパターン。
2枚目の「Woodlurker Mimic / 森潜みのミミック」が出て来たので1枚に「Pacifism / 平和な心」。
これでパンプもさせて「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」で殴り。
「Puresight Merrow / 純視のメロウ」を引いたんですが除去がこない限りは「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」1枚でいいか、という感じ。
底が浅い気がしてちょっとむなしい気もしますが…。
で、相手が「Primalcrux / 尊原初」を出してきたので、「Prison Term / 禁固刑」 を付ける。
これで相手「GG」でした。

4戦目。
相手は白緑黒。
こちら初手そこそこ。土地が多いので、手にあった「Angel of Mercy / 慈悲の天使」も久々に出せそう。
相手「Benalish Cavalry / ベナリアの騎兵」から召還、が、「Raven's Crime / カラスの罪」を撃ってくる。
こちら「Puresight Merrow / 純視のメロウ」、「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」と展開、2枚で強引に攻め、「Benalish Cavalry / ベナリアの騎兵」にブロックさせて「Puresight Merrow / 純視のメロウ」と相討ちにさせる。こっちがブロックすると側面攻撃されるしね。
で、「Angel of Mercy / 慈悲の天使」を出すタイミング狙ってたんですが、出せるターンに「Serra Angel / セラの天使」を引いたのでそっち優先。
相手は相変わらず「Raven's Crime / カラスの罪」。これ、1マナで使い勝手もいいんだろうけど捨てるの選ぶのはこっちだから、場を形成してる段階で連発してもあんまり意味ない気もするんだけどなぁ…どうなんだろ。
で、珍しくこっちがクリーチャー続々出し、「Angel of Mercy / 慈悲の天使」も無事に出て飛行クリーチャー2枚でトドメを刺しました。

5戦目。
相手赤単、初心者さんかも。
第1ターンからクリーチャー出されましたが相手あまり土地が出てない。
それでもクリーチャー4枚場に出ましたが…。
こちらも土地は厳し目だったんですが、「Puresight Merrow / 純視のメロウ」に「Steel of the Godhead / 神格の鋼」付けて殴りのパターン。
相手赤単なんだと思うけど除去カードはないみたいで…ローウィンのテーマデッキなのかも知れない。
こちら「Kitchen Finks / 台所の嫌がらせ屋」で睨みを利かせつつ、「Puresight Merrow / 純視のメロウ」で攻撃のパターン。
「Armored Ascension / 鎧をまとった上昇」を持っていたので、4枚目の土地を引けば「Kitchen Finks / 台所の嫌がらせ屋」に付けて一気に勝負を決められる。
と、思ったとこで引いたのが「Safehold Elite / 安寧砦の精鋭」だったのでこれを召還、「Puresight Merrow / 純視のメロウ」で殴って起きると、次に引くのは「Safehold Elite / 安寧砦の精鋭」だったのでこれを除去、すると次引いたのは土地でした。
これで「Armored Ascension / 鎧をまとった上昇」を「Kitchen Finks / 台所の嫌がらせ屋」に付けて殴って勝ち。

スタンダード4勝1敗でしたが、見てわかる通り相手に除去がなければ勝てる、って感じになってますね…。
序盤出したクリーチャー1、2枚除去られたらそれで手が詰まってしまう。
トーナメントなんかは除去も多いし、ちょっとデッキの方向性変えないとカジュアル以外では戦えないかも。

エクステンデッドですが、ふと、対戦形式すら見てない対戦者が来るのは自分が新規対戦立ち上げて対戦者を待つ、という形になっているからでは?ということに気づきまして…。
カジュアルルームでもほとんどいないエクステンデッドの「Match」だから必然的に自分で新規対戦立ち上げることになるんですが、そうすると何も考えてない対戦者が来てしまうのもある程度仕方が無い。
つまり、「Match」はあまりいませんがエクステンデッドの「Single Game」対戦希望者はいるにはいるんだから、その人へ対戦挑めば少なくともスタンダードデッキと戦うことにはならないのでは?と。
で、5戦やってみました。

1戦目。
初手に「Visara the Dreadful / 戦慄をなす者ヴィザラ」、「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」、土地一杯。
相手は赤単。序盤から軽マナクリーチャーが一杯出る。
こちらリアニメイトエンジンが組み上がってないので、素通りで殴らせる。
「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」で「Dread Return / 戦慄の復活」を引っ張り、「ヴィザラ」再生。
相手クリーチャー4枚の一斉攻撃を「ヴィザラ」と役目を果たした「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」で食い止める。
次ターンに「Liliana Vess / リリアナ・ヴェス」召還。
相手にゲームを決めるようなクリーチャーが出ていないのが救いですが…。
「Liliana Vess / リリアナ・ヴェス」で「Akroma, Angel of Wrath / 怒りの天使アクローマ」を引っ張り、さらに「Dread Return / 戦慄の復活」も引っ張る。
相手は「Flame Javelin / 炎の投げ槍」、「Puncture Blast / 穿刺破」で本体を攻撃。残り5点まで削られる。
こちら「Funeral Charm / 葬送の魔除け」で相手の1枚持ってた手札を捨てさせ(「Emberwilde Augur / エンバーワイルドの占い師」でした…赤はこれだからあなどれません)「アクローマ」を再生、「ヴィザラ」と共に殴って11点削り。
相手さすがにここで「gg」でした。

2戦目。
相手は赤緑。
初手に土地無し…初手に土地がない確率って一体どれくらいなんだろ…。
で、マリガンすると落とすクリーチャーがいない手札。
「Merfolk Looter / マーフォークの物あさり」2枚出して回転してると、なんと相手の出した「Birds of Paradise / 極楽鳥」に「Elephant Guide / 象の導き」が付いて3/4になって攻撃してくる。
おいら「Birds of Paradise / 極楽鳥」に攻撃されてるよ…。
次のターン、もう1枚「Elephant Guide / 象の導き」がついて6/7になったのでちょうど引いた「Dark Banishing / 闇への追放」で除去。しかし、これで象トークンが2枚出てしまう。
ただ、「Birds of Paradise / 極楽鳥」は飛行なので「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」じゃないとブロックも出来なかったですが…。
で、こちらようやく「Visara the Dreadful / 戦慄をなす者ヴィザラ」を引いてリアニメイト。
残りライフはもう5なので余裕がない。
「ヴィザラ」で象トークンを1枚ブロック、「Merfolk Looter / マーフォークの物あさり」はどうしようか迷いましたが、ここでどのみち呪文でやられるな、と思いまして相討ちブロックできる方を選ぶ。
で、やはり残りライフ2のとこで3点削る呪文使われて負けでした。

3戦目。
これ、試合時間45分以上の超ロングマッチにして今までで最大の勝負でした…。
こちら初手に「Visara the Dreadful / 戦慄をなす者ヴィザラ」、「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」、「Merfolk Looter / マーフォークの物あさり」2枚。行けそうなのでキープ。
相手は1回マリガン。
リアニメイトカードがないので「Merfolk Looter / マーフォークの物あさり」から投入、ルーターでの引き狙い。
相手も青黒。
「Thought Courier / 思考の急使」を出して「Simic Sky Swallower / シミックの空呑み」を捨ててる。
ということは相手も…。
相手はここで「Compulsive Research / 強迫的な研究」をプレイ、捨てたのはソーサリーとインスタントのカード。
しかしこりゃあ間違いない、相手もリアニメイトデッキだっ!!
こちらもそれに合わせるようにルーターで「ヴィザラ」を捨て、「Dread Return / 戦慄の復活」を引き当てる。
これで「ヴィザラ」再生。
「Liliana Vess / リリアナ・ヴェス」を出し、「Akroma, Angel of Wrath / 怒りの天使アクローマ」をチョイス。相手リアニメイトなので「Angel of Despair / 絶望の天使」も考えましたが、まだ場にクリーチャーが出てないし…が、この判断が後で尾を引く。
相手リアニメイトだと「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」では攻められないので、「ヴィザラ」で一発殴る。
すると相手が「Thought Courier / 思考の急使」でドロー、捨てられたのは…「Razia, Boros Archangel / ボロスの大天使、ラジア」!
相手自分のターンで再度ドロー、「Blazing Archon / 魅力的な執政官」が捨てられる。
そして「Vigor Mortis / 死後剛直」で「Simic Sky Swallower / シミックの空呑み」がリアニメイト。これ、被覆で「ヴィザラ」じゃ倒せないのかっ。
仕方なく「Thought Courier / 思考の急使」をヴィザラで屠る。
相手次のターンに「Gifts Ungiven / けちな贈り物」をプレイ、選ばれたのは「Kokusho, the Evening Star / 夜の星」、黒瘴」、「Kagemaro, First to Suffer / 初めて苦しんだもの、影麻呂」、「The Unspeakable / 語られざるもの、忌話図」、「Kira, Great Glass-Spinner / 大いなる玻璃紡ぎ、綺羅」。
で、これの処理の仕方がわかってなかったので、「Kira, Great Glass-Spinner / 大いなる玻璃紡ぎ、綺羅」と「The Unspeakable / 語られざるもの、忌話図」を墓地行きに選ぶ。
この時点ではその選択は致命的ではなかったので良かったですが…。
こちらルーター回転で「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」を落とし、「Dread Return / 戦慄の復活」で「アクローマ」再生。
が、「Simic Sky Swallower / シミックの空呑み」がいるので攻撃が出来ない。と、思っちゃったのです。
今思うとバカでしたね~。「アクローマ」なら先制攻撃あるから一方的に勝つんじゃん…。
「ヴィザラ」、「アクローマ」で攻めれば「ヴィザラ」がやられても6点削って相手の残りライフ5点になってたし…これは直後に気づいて自己嫌悪。
ただ、相手もリアニメイトデッキなので、「Simic Sky Swallower / シミックの空呑み」を倒したとしてもリアニメイトされる可能性があるんですよね…。
まぁ余計に2枚で攻めていればって感じですが…。
ここでさらに痛いミス。「Liliana Vess / リリアナ・ヴェス」で「Angel of Despair / 絶望の天使」引っ張ってきて「Simic Sky Swallower / シミックの空呑み」を除去するか、と思ったんですが、忠誠度がないので相手に対して手札を捨てさせて忠誠度回復させる。が、相手が捨てたのはあろうことか「Angel of Despair / 絶望の天使」、しかも、こっち「Angel of Despair / 絶望の天使」再生しても「Simic Sky Swallower / シミックの空呑み」は被覆だから除去できないじゃん。
相手ここでゾンビ化で「「Angel of Despair / 絶望の天使」をリアニメイト、「ヴィザラ」を除去してきたので「ヴィザラ」の能力で「Angel of Despair / 絶望の天使」を葬る。
次のターン、「Reya Dawnbringer / 黎明をもたらす者レイヤ」を引く。「Angel of Despair / 絶望の天使」を引く必要がなくなったので、「Liliana Vess / リリアナ・ヴェス」は「Silver Seraph / 銀の熾天使」を呼ぶことに。スレッショルドすれば「アクローマ」で「Simic Sky Swallower / シミックの空呑み」を倒せると思ったのね…先制攻撃あるのに(涙)。
で、ルーター回して「Silver Seraph / 銀の熾天使」を落とし、「Dread Return / 戦慄の復活」でリアニメイト。
8/8の「アクローマ」で攻撃、相手は「Simic Sky Swallower / シミックの空呑み」でチャンプブロック、トランプルで2点本体を削る。
次のターン、相手は「Blazing Archon / 魅力的な執政官」をリアニメイト。
これ、出るとこっちが攻撃出来なくなるのね…。
次のターンに「レイヤ」をリアニメイトし、全員攻撃で勝てる!と思ったら攻撃フェイズがすっ飛んだから「wow」とビックリ。
相手は次のターンに「Beacon of Unrest / 不穏の標」でまた「Angel of Despair / 絶望の天使」を蘇生、「レイヤ」を屠る。先のターンで「ヴィザラ」呼んでいてもここで無条件で屠られたか。
こちらここで「ヴィザラ」を再生、もちろんこの時点で「Blazing Archon / 魅力的な執政官」の能力に気がついたため(笑)。
が、相手はここで「Clutch of the Undercity / 地底街の手中」で「ヴィザラ」をバウンス。
こちらルーター回転させて「ヴィザラ」を墓地行きにし、リアニメイトカードを探す。
「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」が来たので場に出す。
が、相手ついにここで「Kira, Great Glass-Spinner / 大いなる玻璃紡ぎ」を再生…。これで「Blazing Archon / 魅力的な執政官」を除去れなくなる。
この時点でこちらもう詰んでる状態に。
「レイヤ」も「Clutch of the Undercity / 地底街の手中」でバウンス。
しかし、しつこく「レイヤ」を落とし、「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」で入れ替え。こうなったらとことん付き合おうじゃないの。
こちら巨大天使を並べてるので相手攻撃して来れないし、何よりこんな面白い勝負を投げるのはもったいない。
ここからこちら「レイヤ」でリアニメイト。戦力は十分ですが勝ち手がない。
ライブラリーアウトも、こっちの方がライブラリー少ないし…。
ということでここからはルーターも止め、じっくり行く事に。
手札も8枚から1枚づつ捨てていく状況。
相手この状況でさらに「Kokusho, the Evening Star / 夜の星、黒瘴」を召還。
物凄いクリーチャー群のにらみ合い…。
a0094381_17324011.jpg

こんなにリアニメイトしたの初めてかも。

さらに普通に「Kagemaro, First to Suffer / 初めて苦しんだもの、影麻呂」を出してくる。
そして何とここで、「Blazing Archon / 魅力的な執政官」、「Angel of Despair / 絶望の天使」、「Kokusho, the Evening Star / 夜の星」で攻撃してくる!!
これ、正直言って相手が情けをかけたんだと思います…。「Blazing Archon / 魅力的な執政官」で攻撃しなければ、そのままこっちは攻めることが出来ないわけだし…。
で、こちら「Kokusho, the Evening Star / 夜の星、黒瘴」以外の2枚をブロックして除去。が、「Kokusho, the Evening Star / 夜の星、黒瘴」は「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」でブロックすればダメージ通らないし倒して5点ダメージもなかったのに…。
ここはもう「Blazing Archon / 魅力的な執政官」が攻撃してきたってことで頭トンでましたね…。
しかし、ここで相手は「Kagemaro, First to Suffer / 初めて苦しんだもの、影麻呂」の能力発動、全クリーチャーが一旦墓地へ。
が、「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」は頑強で復活、そして「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」の能力で墓地へ行ったクリーチャーたちが全部手札へ。手札16枚とかになってました(笑)。
これはクリーンナップフェイズで捨てればいいから問題なし、問題はリアニメイト手段。
ここでトンでる頭でも「ヴィザラ」は普通に出せるのを憶えていた。で、自分のターンに出す。
「リアニメイト対決すげーいい試合になってるね」と言うと、相手も「ああ、面白いよ(意訳)」と返答。
「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」で攻撃、相手のライフは回復してたので残り10。
ここで相手はドロー連発、「Angel of Despair / 絶望の天使」を「Zombify / ゾンビ化」でリアニメイト、「ヴィザラ」を除去。今度は「ヴィザラ」の能力は使えなかった。
こちらここで「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」を出すも、1回死んだ「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」では「Angel of Despair / 絶望の天使」のブロックも出来ない。
どうするか…が、ここである考えがフラッシュバック。そうフラッシュバック!
「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」、「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」、「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」の3枚で「アクローマ」を「Dread Return / 戦慄の復活」のフラッシュバックで再生する。
こちらの残りライフはもう4だし、次のターンの「Angel of Despair / 絶望の天使」の攻撃で「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」は消えるし、ならばここで「アクローマ」出せばまだ道はあるっ!
惜しむらくは、その考えに気づいたのが第2メインフェイズだったってことでしょうか…第1で気づいていたら「アクローマ」で攻撃できたのに…。
次のターン、「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」2枚、「Merfolk Looter / マーフォークの物あさり」を出してこれで再度フラッシュバックリアニメイト、頑強と警戒を持つ「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」を再生。
しかし、こっちの「Angel of Despair / 絶望の天使」は残り18枚のライブラリーの中か…。
で、21ターン目。
相手ここで「Footsteps of the Goryo / 御霊の足跡」をプレイ、再生したのは…。
「Kokusho, the Evening Star / 夜の星、黒瘴」だっ!!
ヤバい、それはターン終了後に……。
a0094381_17331722.jpg

いや、その前に「Miren, the Moaning Well / 嘆きの井戸、未練」が「Kokusho, the Evening Star / 夜の星」を生贄に捧げる、そして5点のダメージがこちらの本体へ……。
これで、1時間近くに及ぶリアニメイト対決に終止符が打たれました…。

いやもうとにかく凄い勝負でした。出てくるクリーチャーどもがフィニッシャー級のものばかりだし、それが一斉に激突する様は鳥肌ものでした。
こちら惜しくも負けてしまいましたが、やっぱり相手が「Blazing Archon / 魅力的な執政官」で攻撃してきた時点でこっちの負けかなぁ…というのはあったり。
決着の付け方もクリーチャー3枚を生贄にフラッシュバックして「アクローマ」、「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」で防御線を張るこちらに対して、同様に「Kokusho, the Evening Star / 夜の星」を生贄にして本体へダメージを届かせるという実にリアニメイトらしいもので、この勝負にふさわしい最後でした。
試合後、相手も「こんな試合になるとは驚いた」と言ってましたが、いや~とにかく凄かった。

4戦目。
初手に「Reya Dawnbringer / 黎明をもたらす者レイヤ」と「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」。キープして開始。
相手は青白。カウンター主体かと思ったら全然違った。ドロー目的で青なんだろか…。
でも、青使うならやっぱりカウンターなりバウンスなり入れた方がいいような。
嫌われるのかもしれないけど。
相手の攻め手は軽マナクリーチャーと「Grafted Wargear / 融合する武具」。
これが2枚クリーチャーに付いてパンプアップして攻めてくる。
こちら「レイヤ」からリアニメイト、バウンスの類はないので続けて「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」も再生。
ここで攻めるプランを考える。
「レイヤ」と「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」で行くことにして1ターン待って、次のターンに2枚で攻撃。
相手がブロックしたのは「レイヤ」。
こちら再生する天使が墓地にいないので、まぁ攻撃通しただけでもいいか。
で、ルーター回してリアニメイトカードを引く。
「Silver Seraph / 銀の熾天使」を引き、「レイヤ」、「Silver Seraph / 銀の熾天使」と一気に再生、スレッショルドでパンプした「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」で攻撃、相手の「Grafted Wargear / 融合する武具」2枚重ねのクリーチャーを屠る。
「Grafted Wargear / 融合する武具」はすぐもう1枚のクリーチャーに付き、次のターンに攻撃。
この攻撃はちょっと妙だな、と思いつつも「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」でブロック。
墓地行きになりますが「レイヤ」の能力で再生してまた頑強が使えるし。
が、ここで「Austere Command / 質素な命令」が炸裂! 場が一掃される。
なるほど、こういうことかぁ…。
しかし、こちら手札に2枚の「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」が。2枚とも出し、リアニメイトに備える。
相手が出してきたのはまた軽マナクリーチャー。
これに「Grafted Wargear / 融合する武具」が付く前にと、ちょうど引いた「Lightning Angel / 稲妻の天使」を「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」を出して落とし、「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」で「Lightning Angel / 稲妻の天使」、「Silver Seraph / 銀の熾天使」とリアニメイト。
これで「Lightning Angel / 稲妻の天使」は5/6。殴って残りライフ3に。
ここで相手が「GG」で投了。

5戦目。
初手に「Angel of Despair / 絶望の天使」と「Lightning Angel / 稲妻の天使」。土地の引き次第。
相手黒単のようで、出した「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」に「Enfeeblement / 弱体化」が来たので「Angel of Despair / 絶望の天使」だけ落とす。もう1枚「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」持ってたので、焦って「Lightning Angel / 稲妻の天使」も落とすことはないかと。
ただねぇ…。
相手「Thrull Surgeon / スラルの外科医」を召還。こちら「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」と「Angel of Despair / 絶望の天使」を入れ替えて「Thrull Surgeon / スラルの外科医」を除去。
これで相手頭にきちまったらしい…。
こちら2枚目の「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」で「Lightning Angel / 稲妻の天使」を落として「Dread Return / 戦慄の復活」で再生。
「Angel of Despair / 絶望の天使」と一緒に殴る。
相手のターン、「Cruel Edict / 残酷な布告」が来る。「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」がいるので選択。
すると、「Unholy Strength / 邪悪なる力」がなんとこっちの「Angel of Despair / 絶望の天使」に付く。
これで自分をさっさと倒せ、という意味なんだろう。
で、第7ターン、「Swamp / 沼」2枚がタップしてマナバーンを起こし、自分にダメージを与えて相手敗北。
う~ん、そこまでするのならコメント欄に「Casual Only」とでも書けばいいのに…。

最後の5戦目がちょっとアレでしたが、エクステンデッドの対戦希望者にこっちから挑む、というのは一応成功だったようです。
まぁわかんないですが(笑)。
3戦目のリアニメイト対決がとにかく面白かった。こちらミスしまくりだったんで、ミスしないように練習しないとなぁ…。
[PR]

by overkilling | 2008-08-28 17:29 | マジックオンライン

「Match!!!!」

スタンダード1戦目。
相手は白黒。
初手そこそこ。
相手「Icatian Crier / アイケイシアの触れ役」からプレイ。
「Kitchen Finks / 台所の嫌がらせ屋」を「Unmark / 損ない」で除去られたので、「Voice of All / 万物の声」をプロテクション「黒」で出す。
「Puresight Merrow / 純視のメロウ」に「Steel of the Godhead / 神格の鋼」付けると「Neck Snap / 首のへし折り」が来る。白の除去もあるのか…。
「Icatian Crier / アイケイシアの触れ役」を「Last Breath / 今わの際」で除去。4点回復痛過ぎ。
「Rise of the Hobgoblins / ホブゴブリンの隆盛」が出たので「Demystify / 啓蒙」で破壊する。相手はトークン出して攻めるタイプなワケね。
すでに出されたトークンが場に並んでいるので、「Voice of All / 万物の声」のみで攻撃、ちょこちょこ削る。
しかし「Cloudgoat Ranger / 雲山羊のレインジャー」が出て、さらにトークンが増える。
これに「Prison Term / 禁固刑」を付け、こちら「Voice of All / 万物の声」か「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」のどっちに「Steel of the Godhead / 神格の鋼」付けようか迷うものの、普通に考えて「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」にする。が、また「Neck Snap / 首のへし折り」で除去られる。
う~ん、除去は黒系入れてるんだと思ったんだけど、白のが多いなぁ。
場に1枚出てる「Swamp / 沼」は何なんだ。
ここで「Armored Ascension / 鎧をまとった上昇」を「Safehold Elite / 安寧砦の精鋭」に付け、殴り。相手のライフはあと1。
が、こっちが殴ると「Kithkin Spellduster / キスキンの呪文塵撒き」がチャンプブロック、頑強で戻られる。
こっちの残りライフは13、相手は1/1のトークンが9枚、3/3の「Cloudgoat Ranger / 雲山羊のレインジャー」が1枚。
てことは、次のターン食らうのは12点だから、ここは飛行の「Kithkin Spellduster / キスキンの呪文塵撒き」に「Prison Term / 禁固刑」を移せば残りライフ1で助かって次のターンに攻撃して勝てるハズ。
で、実行。相手の攻撃で17点食って負け。なんでやねん?

2戦目。
初手そこそこ。
相手は黒単。
こちらクリーチャーは枚数あるものの、エンチャントがない。
「Sygg, River Cutthroat / 川の殺し屋、シグ」の能力間違えてこれに「Pacifism / 平和な心」を付けてしまう。こいつシステムクリーチャーじゃん…。
こちら「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」をパンプアップさせて攻撃するものの、大して削れない。
5ターン目にクリーチャー連発され、「Prison Term / 禁固刑」付けて粘るものの、「Cloak and Dagger / 外套と短剣」が出る。手札に「Aura of Silence / 沈黙のオーラ」持ってたんですが、マナがないし…。
で、相手の攻撃、「Stinkdrinker Bandit / 臭汁飲みの山賊」が能力発揮、「Latchkey Faerie / 掛け鍵のフェアリー」と「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」がパンプアップしまくってこれで負け。
う~ん、エンチャント付けなくていい相手に付けまくっちゃったか。

3戦目。
初手万全。
「Runed Halo / ルーンの光輪」を張られたので「Aura of Silence / 沈黙のオーラ」で破壊。
「Puresight Merrow / 純視のメロウ」に「Steel of the Godhead / 神格の鋼」付けて殴り。
再び「Runed Halo / ルーンの光輪」が出る。「Puresight Merrow / 純視のメロウ」を指定されたのは間違いないので「Safehold Elite / 安寧砦の精鋭」を出し、「Puresight Merrow / 純視のメロウ」はライブラリー操作目的で攻撃。これで「Armored Ascension / 鎧をまとった上昇」が確定したので「Safehold Elite / 安寧砦の精鋭」に付けようかな、と思ってたとこへ「Hallowed Burial / 神聖なる埋葬」が。
これで場が一掃、仕方なく手札にあった「Safehold Elite / 安寧砦の精鋭」を召還。
相手は「Archon of Justice / 正義の執政官」を出す。これやっかいですねぇ。
「Armored Ascension / 鎧をまとった上昇」付けた「Safehold Elite / 安寧砦の精鋭」で攻撃するとチャンプブロックでこっちも除去される。
相手ここでアーティファクトトークンを展開。
こちらは「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」2枚。
しかし、ここでまさかの「Wrath of God / 神の怒り」が…。
こちら「Zoetic Cavern / 生けるものの洞窟 」を出そうとするも、カウンター食らう。
「Archon of Justice / 正義の執政官」出されてこれに「Prison Term / 禁固刑」つけようとするも、再びカウンター。
さらにもう1枚「Teferi, Mage of Zhalfir / ザルファーの魔道士、テフェリー」を出されて、こちら土地を引きまくってしまって「GG」。

4戦目。
相手は赤緑。
赤が除去担当なのは間違いないので、初手にある「Voice of All / 万物の声」を見てニンマリ。
4ターン目まで待って「Voice of All / 万物の声」から展開、続けて「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」を出し、「Steel of the Godhead / 神格の鋼」付けて殴るも除去は来ない。
単に引けてないだけっぽかったので、「Armored Ascension / 鎧をまとった上昇」は「Voice of All / 万物の声」に付けようかと考えていると、やはり「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」は除去カード2枚でサヨナラ。
ここで「Armored Ascension / 鎧をまとった上昇」を「Voice of All / 万物の声」に付けて7/7、これで2回殴って勝ちでした。

5戦目。
相手は赤緑。
初手に「Voice of All / 万物の声」がないのでキツい。いい手なんですが赤で除去られるのはそれこそ火を見るより明らか。
で、「Safehold Elite / 安寧砦の精鋭」、「Kitchen Finks / 台所の嫌がらせ屋」と頑強持ちから出していって、2枚とも除去られましたが頑強で戻った精鋭に「Armored Ascension / 鎧をまとった上昇」。
「Kitchen Finks / 台所の嫌がらせ屋」は2回続けて除去食らって墓地行き…。
「Safehold Elite / 安寧砦の精鋭」に「Steel of the Godhead / 神格の鋼」も付け、6/6にして殴り。が、除去カード2枚がけを食らって「Safehold Elite / 安寧砦の精鋭」も墓地へ。
相手の手札、2枚だったんですがその2枚とも除去か…。先のターンから考えると5枚連続除去使われてるな…。
こちらまた「Kitchen Finks / 台所の嫌がらせ屋」を出して「Steel of the Godhead / 神格の鋼」を付け、殴って回復しようとすると、また除去。
5枚連続除去で、次に引いた1枚がまた除去だった、と(笑)。
こりゃさすがに相手はもうクリーチャーほとんどないだろと、相手の「Boartusk Liege / 猪牙のしもべ」に「Prison Term / 禁固刑」。
が、ここで次に「Tattermunge Maniac / ぼろ布食いの偏執狂」を引いて出される。
すごい引きしてるなぁ…。
こちら「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」と「Puresight Merrow / 純視のメロウ」を出し、「Puresight Merrow / 純視のメロウ」に「Armored Ascension / 鎧をまとった上昇」。しかし、その前に「Puresight Merrow / 純視のメロウ」が除去られる。
相手土地を6枚出してから、1枚も土地引いてないんだな…。なんつー引きだ。
「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」もチャンプブロックせざるを得ず、次のターン「Pacifism / 平和な心」を引いて終わりでした。

スタンダードは昨日に続いて1勝4敗。イーブンタイドのデッキと当たることが多くなってきて、カードわからないのでそれでやられることがちょっと多くなってきたような。
あと、異様に除去満載の相手が多いですね…。

エクステンデッド1戦目、1本目。
初手に天使おらず、が土地4枚だったのでキープ。しかし…。
相手は緑青デッキ。青はおそらくドローのために入ってるんだと思いますが、基本的にトークン量産して責めてくるタイプのデッキでした。
で、まぁこちらは酷い「Land Flood」。
初手に4枚土地だったのに、その後延々ドローが土地。
相手はどんどん場をトークンで埋めていくのに、こちらリアニメイトどころか落とす天使も引かない。
このゲームの土地事故が今までで一番酷かったですね…。土地出しまくってるのに、手札にはまだ2枚も土地があるのを見た時はさすがに凹みました。

で、2本目。
結果から言うとこれも無残な「Land Flood」。
やはり初手に4枚の土地、しかし今度は「Liliana Vess / リリアナ・ヴェス」がいるので何とかなるかと思っていたら…。
第1ターンから3ターン連続土地。
ようやく引いた「Silver Seraph / 銀の熾天使」を落とすものの、今度はリアニメイトカードがない。
「Liliana Vess / リリアナ・ヴェス」を出して、リアニメイトカードを引っ張ってくるかどうか考えたのですが、相手は場を形成しつつある最中なのでこれを阻止せねばと思い、「Angel of Despair / 絶望の天使」を選択。
相手今度は大型クリーチャーも出しており、「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」でチャンプブロック。
「Angel of Despair / 絶望の天使」は「Liliana Vess / リリアナ・ヴェス」で落とす。
が、結局ここからリアニメイトカード引けず、手札には3枚の土地…。
このままでやられました。
手札公開して、「Land Flood」だったよ…」と言うと、相手は「こっち2ゲームとも運が良かったよ」と言っておりました。

2戦目、1本目。
土地がなく1回マリガン、次の手も土地1枚ですが「Akroma, Angel of Wrath / 怒りの天使アクローマ」にリアニメイトエンジンのカードが揃っていたのでキープ。
「Merfolk Looter / マーフォークの物あさり」のドローにかけることに。
が、「Merfolk Looter / マーフォークの物あさり」はいきなり除去られる。
相手は緑赤デッキ。
赤が除去なら「アクローマ」出せば…と企む。
「Hidden Horror / 隠された恐怖」を引いたので場に出すも、「アクローマ」捨てればいいのになぜか「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」を落としてしまった。自分どうかしていたとしか思えん…。
「Hidden Horror / 隠された恐怖」は1発噛み付くも、除去2枚によって墓地行き。
相手除去デッキのようで、序盤クリーチャーは出しては来ない。
「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」を出し、除去が来た時に一斉に天使を落とす。
ようやく4枚目の土地引いて「アクローマ」再生、相手は除去ろうとして「アクローマ」のプロテクション見てやめたのが見え見え。
代わりに「Terravore / 土を食うもの」を出してきましたが、すぐ投了。

2本目。
相手はすぐ「SUBMIT」してたので、サイドボードから何か入れたとは思えず。う~む。
こちら「Merfolk Looter / マーフォークの物あさり」、「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」と展開。
相手ここで「Wildfire / 燎原の火」をプレイ。これがこのゲームのキーカードでしたね…。
お互いに土地を無くすも、相手はわかってて使ったんだから土地がばんばん出てくる。
しかもここで「Terravore / 土を食うもの」。なるほど、こういう戦法か。
これで2本目はやられました…。

3本目。
初手はいいものの、「Merfolk Looter / マーフォークの物あさり」を生かしておいてくれるとは思えない。
出すとやはり除去。
「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」だったらなあ…。
「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」を出すとなぜか除去られず。墓地にリアニメイトするクリーチャーがいないからか、それとも除去がないのか。
相手は延々ライブラリー操作。「Burning Wish / 燃え立つ願い」まで使ってる。
こちら「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」で殴って、何とライフ14まで減らす。
ここでようやく「Terravore / 土を食うもの」出現、しかし1/1。
この次に凄いミス。
「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」を引いたので場に出したんですが、黒黒青とマナを支払ってしまった。
黒青青と支払っていれば、「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」、「Visara the Dreadful / 戦慄をなす者ヴィザラ」を落として「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」ですぐリアニメイトできたのに…。これはほんと自分が嫌になるミスでした。自分の悪い癖で、マナの支払い適当にやっちゃうんですよね…。
残ってるマナが青だから「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」でブロック→墓地のクリーチャーと入れ替え、も出来ないし…。
で、今度は「Magnivore / 猛烈に食うもの」が出る。現在5/5。ヤバイ。
これのチャンプブロックで「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」死亡。
これも「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」でブロックすれば良かったのに、ついドローしてしまっていた。
で、次のターンにようやく「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」をリアニメイト。
「Magnivore / 猛烈に食うもの」は6/6。「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」でも勝てない。
さらにここで何と「Boiling Seas / 沸き立つ海」を使われる。こりゃワシだけ損じゃないかぁああ!
次のターン、「Terravore / 土を食うもの」を「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」で相討ちブロック、頑強で戻り。これで失った2枚の「Island / 島」を手札へ取り返す。むはは。
次のターン、「Dark Banishing / 闇への追放」で「Magnivore / 猛烈に食うもの」を除去。
しかし2枚目の「Magnivore / 猛烈に食うもの」が出てきてしまう。
今度は「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」でチャンプブロックするも、こいつトランプル持ちだった…。
残りライフ5になったとこでもう負けを確信しましたね。
「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」で攻撃して相手のライフも6にするも、予想通り呪文が2連発できてこれで負け。

3戦目、1本目。
土地1枚でマリガン、次の手も土地1枚、しかし「Island / 島」引けばルーター回せる、と思いキープ。
で、結局土地事故で1枚しか土地出せず…何もせずに敗退。
相手はシャドウムーアの軽マナクリーチャー出してきたので、嫌な予感がする。

サイドボーディングの画面で予想通り相手動かず、カジュアルルームに戻ってる。
「Match!!!!」とコメント欄に書いてるんですが、こういうのいるんだよなぁ。
で、「君、Matchだってわかってるの?」って言うと制限時間切れてから2本目開始。
が、今度も土地2枚で事故って終わりでした。ひでぇなこりゃ。
土地22枚入ってるんだけど。

4戦目、開始前に「Are you Match OK?」と訊くと、相手「今日は3-0だぜ」との返答。微妙に噛み合ってない気がしますが、多分OKってことなんだろと思い、開始。
1本目。
土地2枚に天使2枚、リアニメイトエンジンも揃い。
相手は速攻系のデッキらしく、軽マナクリーチャー続々出してくる。
こちら「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」、「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」と展開。除去来るかと思ったら来なかった。
「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」で攻撃してもカード捨てられないので、結局リアニメイト出来る4ターン目に「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」で「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」を落としてリアニメイト。
ここで相手が何か言って来たんだけど、略語が多くて何言ってるのかわからなかった。
こちら「Reya Dawnbringer / 黎明をもたらす者レイヤ」もリアニメイトし、万全かと思ったら「Doomgape / 破滅裂け口」が出てくる。他の軽マナクリーチャーはこいつ飼うためのエサか!
これをクリーチャー全員でブロック…。「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」の能力で手札に戻るのを来たいしてましたが、相手は「レイヤ」と「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」を道連れに。相手もわかってるなぁ…。
が、除去られなかった「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」で殴り、「レイヤ」もリアニメイト。
すると、相手投了。

サイドボード画面でまた相手が動かない…。
3戦目の相手と同じく時間切れまで待たされて開始。
相手1本目と同じくエサの軽マナクリーチャー出し、5ターン目に「Doomgape / 破滅裂け口」を出す。
こちら「Reya Dawnbringer / 黎明をもたらす者レイヤ」からリアニメイト、「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」、「Hidden Horror / 隠された恐怖」と出してブロッカーにさせる。
「レイヤ」の能力で「Silver Seraph / 銀の熾天使」を再生、「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」、「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」とまた出してブロッカーへ。
「レイヤ」で殴って再生して、後のクリーチャーは全部ブロッカー。
今度は「Doomgape / 破滅裂け口」は倒さず、他のクリーチャーを食わせる。
こちらは「レイヤ」でリアニメイトしていけばいいんですが、手札からも何か出さないととても持たない。
ライフも8まで削られる。
「Lightning Angel / 稲妻の天使」を「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」と入れ替え、「Lightning Angel / 稲妻の天使」、「Silver Seraph / 銀の熾天使」で「Doomgape / 破滅裂け口」をブロック。
「Silver Seraph / 銀の熾天使」を「レイヤ」で戻し、「Lightning Angel / 稲妻の天使」は「Zombify / ゾンビ化」、「レイヤ」で殴る。
が、相手の「Doomgape / 破滅裂け口」がついに自分を食い、11点回復される。
しかし相手は次がもうない。
天使3枚で攻撃し、回復された分をごっそり削る。「Silver Seraph / 銀の熾天使」のおかげでスレッショルドで+2/+2になってるし。
で、相手のターン、かなり長考してましたがここで投了でした。

今度から「Are you (Match 30) OK?」と訊くことにするかな…。
んで、カジュアルルーム見てたらエクステンデッドで「Match」の対戦希望者がいたので、「Join」してみたら1歩遅くて入れず。
じゃあ「Watch」で観戦するか、と観戦してみたら、試合が始まる前に対戦挑んだ奴が「Match」投了…。
どこでも同じ光景が繰り広げられているようで…。

5戦目、新規対戦立ち上げてしばらくしてから対戦者が来たので、大丈夫そうかなと思ったら試合開始直後に相手「Match」投了。
仕方ないので次の対戦相手が来た時に、「Are you (Match 30) OK?」と訊く。
相手は「yea」との返答だったのでデュエル開始。

1本目。
相手緑単。
こちら手札に天使いないものの、ルーターがいて場に出せる土地枚数だったのでキープ。
相手は「Scuzzback Marauders / 汚れ背の匪賊」を出してくる。
天使引かないのでルーターでブロックせざるを得ず、あっさり場を一掃される。
が、こちらとしては1本目勝ち目ないから、リアニメイトやらずに負けた方が2本目有利かな、とか思う。
すると相手も「Runes of the Deus / 大神のルーン」で「Scuzzback Marauders / 汚れ背の匪賊」をパンプアップし、そのターンでやられたのでリアニメイトだとはバレてない様子。おっしゃ。

2本目。
初手に「Silver Seraph / 銀の熾天使」、「Angel of Retribution / 天罰の天使」。リアニメイトエンジンもある。
が、「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」を出したら除去られてしまう。相手今度は赤が入ったみたい。
「Hidden Horror / 隠された恐怖」を引いたのでこれで「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」を落とし、さらに「Merfolk Looter / マーフォークの物あさり」で初手の天使2枚を落とす。
相手また「Scuzzback Marauders / 汚れ背の匪賊」を出してきたので、「Hidden Horror / 隠された恐怖」で攻撃するとブロック。
「Scuzzback Marauders / 汚れ背の匪賊」は頑強で戻りましたが、こちらは第2メインフェイズで「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」をリアニメイト、これで手札に「Hidden Horror / 隠された恐怖」が戻る。
相手は「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」を見て攻撃せず。ターンエンドにルーター回転、「Dread Return / 戦慄の復活」を引いたので次のターンに「Silver Seraph / 銀の熾天使」をリアニメイト。
相手もクリーチャー並べるも、飛行クリーチャーはいないので「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」と「Silver Seraph / 銀の熾天使」で殴って残りライフ4。
ここでさらに「Hidden Horror / 隠された恐怖」を出すと相手投了。

3本目。
相手は手は変わらず。
こちらも入れ替えはなし。
初手に「Reya Dawnbringer / 黎明をもたらす者レイヤ」があったので「レイヤ」でリアニメイト作戦でいくか、と最初にリアニメイト。
「Hidden Horror / 隠された恐怖」も出しててこちら万全、後は天使を落としていけばいい。
相手もクリーチャー場に揃えてるし、これは面白くなりそう、と思ったトコで相手投了、なぜか速攻で接続も切ってしまった…。
う~ん、なんか急用でも入ったのかもしれないけどホントにこれからって時に投了されたので残念。

4戦目、「Doomgape / 破滅裂け口」をいかにさばいてリアニメイトに持っていくか、が面白かった。もう1枚出てきたらどうしようかと思いましたが…。
5戦目も「Scuzzback Marauders / 汚れ背の匪賊」をどう対処してどう先のプラン練っていくか、が妙に面白かった。
ウィニー系には弱いけど、デカブツ相手には向いてるデッキかもしれない。
[PR]

by overkilling | 2008-08-27 18:48 | マジックオンライン

「Match」なんだけど…

いろいろあるけどまだまだやるぜMO!

ってことでスタンダード1戦目。
初手なかなか。
相手は青赤で、「Puresight Merrow / 純視のメロウ」を出すと除去られる。
「Taurean Mauler / 雄牛のやっかいもの」、「Murderous Redcap / 残忍なレッドキャップ」が出てきて「Kitchen Finks / 台所の嫌がらせ屋」を除去られるものの、頑強で戻った「Kitchen Finks / 台所の嫌がらせ屋」に「Armored Ascension / 鎧をまとった上昇」を付け、さらに「Steel of the Godhead / 神格の鋼」を付けてなぐると相手「GG」。

2戦目。
1回マリガン、でもいけそうな手。
「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」、「Puresight Merrow / 純視のメロウ」と展開。
相手も白単、「Benalish Knight / ベナリアの騎士」を出してきたので「Pacifism / 平和な心」、「Cho-Manno, Revolutionary / 革命家チョー=マノ」には「Last Breath / 今わの際」。
こちらも「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」に「Pacifism / 平和な心」を食ったので、「Armored Ascension / 鎧をまとった上昇」を「Puresight Merrow / 純視のメロウ」に付ける。
相手は「Angel of Mercy / 慈悲の天使」を出したので「Prison Term / 禁固刑」。
こちら「Puresight Merrow / 純視のメロウ」に「Steel of the Godhead / 神格の鋼」も付けて殴りかかったところで、「Tempest of Light / 光の大嵐」を使われる。
エンチャントがすべて剥がれて、これでちょいピンチ。
と言ってもライフ差は5vs20。
こちら「Mine Excavation / 鉱山の採掘」で第2メインフェイズに「Steel of the Godhead / 神格の鋼」を回収しておく。
自由になった「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」に「Steel of the Godhead / 神格の鋼」付けたんですが、ここで「Condemn / 糾弾」。これが痛かった。
ずらっと並んだ相手のクリーチャーが殴りかかる。
こちら「Righteousness / 高潔のあかし」のコンバットトリックで1枚除去するも、「Puresight Merrow / 純視のメロウ」しか攻め手がない。
と思ったら「Steel of the Godhead / 神格の鋼」を引いたので、これで殴って起きる。
が、相手は白単、飛行クリーチャーが多く、攻撃にきたのは飛行クリーチャーだけでブロックして回復できず、これでやられました。
面白い勝負でしたが、こちらよく見るとクリーチャー2枚しか引いてないんですね…そりゃ厳しいや。

3戦目。
相手は赤単。
初手が悪くマリガン、しかしあまりいい手ではない。要は軽マナクリーチャーがまたいない。ウチの主戦力なのに…。
相手のクリーチャーを「Prison Term / 禁固刑」と「Last Breath / 今わの際」でさばきつつ、ようやく土地4枚引いて「Voice of All / 万物の声」を出す。
が、ここから土地も引かないしクリーチャーも引かない。
最後は「Heartlash Cinder / 心臓鞭の燃えがら」が9/1になって出てきて、これでやられました。
またクリーチャーが引けないのか…。

4戦目。
相手は黒単。
こちら初手に土地5枚…クリーチャーもおらず、トリプルマリガンの末、序盤まったく土地を出せない状態に。
相手は黒単なのでこっちに付き合って何もしてこない。
ようやく3枚目の土地を引き、斥候的に「Puresight Merrow / 純視のメロウ」を出すとやはり除去られる。
続けて「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」を出すもやはり除去。
こちらとしては「Voice of All / 万物の声」を引くか、土地を引きまくるしかないのですが、あろうことか土地も4枚で止まる。
相手は「Corrupt / 堕落」を使い、こちらの出したクリーチャーを除去、残念ながら「Voice of All / 万物の声」も引かずにこれで負けでした。

5戦目。
相手は赤単。今日は単色デッキ相手が多いです。
序盤出した「Steel of the Godhead / 神格の鋼」付きの「Puresight Merrow / 純視のメロウ」を「Flame Javelin / 炎の投げ槍」で除去られたので、2枚目の「Puresight Merrow / 純視のメロウ」を「Armored Ascension / 鎧をまとった上昇」を付けて出すか、と計画。
考えは良かったのですが除去が2枚来て「Armored Ascension / 鎧をまとった上昇」付きの「Puresight Merrow / 純視のメロウ」も除去られ。
で、もはや毎度のごとく?この後はクリーチャーを引かず、やられてしまいました。
土地も4枚だったしなぁ…。
しかも、終了後にドローしてみたら、10ターン分はクリーチャー出てこなかったですね…一体もうどうなってるのやら。

スタンダード久々に1勝4敗。クリーチャー引けないのが連発したのはツラい。
以前と同じデッキなのになぁ…。
まぁ、単に除去に弱いということなんですが…。
相手に単色デッキが多いので、「Voice of All / 万物の声」をあと1枚は入れたいですね。

今日から「Match」のみでいくことにしたエクステンデッド1戦目、1本目。
相手は多分黒単。いきなり「Raven's Crime / カラスの罪」で手札破壊。
しかし、こちらはリアニメイトデッキ。ありがたく、捨てたい天使を捨てさせていただく。
相手はこっちがリアニメイトだとわかっていないのか、どんどん「Raven's Crime / カラスの罪」を使ってくるのでこっちウハウハ。
「Akroma, Angel of Wrath / 怒りの天使アクローマ」、「Lightning Angel / 稲妻の天使」、「Reya Dawnbringer / 黎明をもたらす者レイヤ」と捨てまくり。
で、「アクローマ」をリアニメイトすると相手投了、しかも「Match」も投げやがった。
試合形式見ないで挑んできたのかね?

2戦目、1本目。
相手いきなりトリプルマリガン、大丈夫だろか?
が、やはり大丈夫じゃなかったらしく、「Forest / 森」が1枚しか出てこない。
こちら「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」を出し、「Lightning Angel / 稲妻の天使」落として殴り。カードを捨てられてウーナ1/1にされるも次のターンも殴り。
で、ここで相手回線落ち…。
待ってると結局こっちの勝ちに。勘弁してください。

3戦目、1本目
相手は白緑。
初手に天使いないものの、ルーター3枚でキープ。
相手ウィニーのようで、ちっちゃいクリーチャーがわんさか。
こちらルーターでブロックしつつドロー、「Silver Seraph / 銀の熾天使」を捨てる。
「Dread Return / 戦慄の復活」でリアニメイト、しかしすぐに「Oblivion Ring / 忘却の輪」で除去られてしまう。
仕方ないので「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」でブロック、ドローして「Angel of Retribution / 天罰の天使」を落とし、リアニメイト。
が、戦力が足らない。「Merfolk Looter / マーフォークの物あさり」を生贄に「Hidden Horror / 隠された恐怖」を出し、ブロッカーにする。
相手の一斉攻撃を全員ブロックで排除するも、「Incinerate / 火葬」を使われてこちらのライフあと3点。
赤も使えるのか…。
で、やはり最後も呪文でやられました。

2本目。
サイドボード入れ替えてたら相手に「???」言われる。まさか、この人も「Match」と知らずに挑んできた、なんてことは…。
で、カウンターとバウンスなど青系のカード増やしてスタート。
しかし、困ったことに天使が引けない。天使の数は減らしてないぞ…。
「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」で2回攻撃したものの、除去が来てその後はシステムクリーチャーでブロックせざるを得ない状況。とにかく天使が引けない。
ルーターもブロックせざるを得ないので、1回しかドローできないし…。
で、今度はウィニーではなくエンチャント付けられて押し切られて負けでした。
白タッチしてエンチャント破壊の手もサイドボードにあったんですが、ちょっとメインには入れられませんでしたね…。

4戦目、1本目。
相手は緑単、エルフデッキ。
こちら初手に土地はあるものの、また天使がいない。イヤな予感。
結局、相手のエルフクリーチャーにシステムクリーチャーで対峙せねばならない状況に。
「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」でブロックして「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」を再生しなければならないような状況…。
結局は押し切られました。

2本目、3戦目と同じように青系のカードを入れる。
が、今度は土地事故…ピッタリ3枚で止まってしまってリアニメイトできない。
「Akroma, Angel of Wrath / 怒りの天使アクローマ」、「Visara the Dreadful / 戦慄をなす者ヴィザラ」と落としてはいるものの、「Dread Return / 戦慄の復活」も「Zombify / ゾンビ化」も使えないし、「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」は引く気配もない。
ルーターで回してはいるんだけど、チャンプブロックせざるを得ないし…。
結局4枚目の土地を引かないまま、負けてしまいました。
相手もこちらがリアニメイトデッキなのはわかっていたらしく、「『Doomed Necromancer』はなかったの?(意訳)」と訊いてきたので、「うん」と答えておきましたが…土地もキーカードも引けないんじゃ仕方ない。
きちんと回ればいい勝負になりそうだったんだけどなぁ…。
ただ、ウィニー系にはちょっと相性悪いなって感じはするかも。

5戦目、なかなか対戦相手が来ないのでトーナメントの練習部屋へ行ってみる。
1本目。
相手は青単。
パーミッションというよりはバウンス満載って感じか。
システムクリーチャーも「Akroma, Angel of Wrath / 怒りの天使アクローマ」もバウンスされてしまうので参った。
相手は「Trinket Mage / 粗石の魔道士」が主砲。アーティファクトを引っ張ってきて場を構成。
場にクリーチャー出せずに一気に持ってかれて負け。

2本目。
こちらもバウンスとカウンターを入れる。が、枚数がね…。
結局バウンスもカウンターも引かず、引いたのは天使ばかりでお約束の土地事故&リアニメイトカードがない。
「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」で「Trinket Mage / 粗石の魔道士」を1枚除去るも、こちらもリアニメイトに持っていく手がない。
バウンスされる上に土地事故じゃぁなぁ…。
ってことでストレート負けでした。
ちょっとトーナメントの練習部屋は私にゃ無理かも。

6戦目、カジュアルルームでコメント欄に「Match Match」と書く。
が、それでも来るのは「Single Game」のつもりの対戦者なのね…。
で、相手緑単のエルフっぽいデッキだったんですが、2本ともこちらが圧勝でした。
2本目は相手にやる気が感じられなかったというか…土地も出てるのに意味なく終盤に一斉にクリーチャー出してきて、クリーチャー持ってるんじゃん!て感じでした。

7戦目。
コメント欄も効果ないようなので、対戦者が来た時に「Are you Match OK?」と訊くようにしました。
来た対戦者は「yes」とのことなので、安心して開始。
1本目。
相手はカウンターを仕込んだ黒青デッキ。
パーミッション、てほどではないようで、軽マナクリーチャーをバシバシ出してくる。
こちら初手に天使いなかったものの、「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」、「Silver Seraph / 銀の熾天使」と引く。
相手「Mistblade Shinobi / 霧刃の忍び」を出し、これ知らなかったので「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」を戻される。恐怖持ちのクリーチャーも多いなぁ。
懲りずに「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」出しましたが、手札よく見たら「Zombify / ゾンビ化」持ってました(汗)
相手もマナなかったのにもったいない…。
で、今度は「Mistblade Shinobi / 霧刃の忍び」を「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」でブロックしつつ、「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」リアニメイト。
が、「Silver Seraph / 銀の熾天使」のリアニメイトはカウンター食らう。
相手の手札は2枚なんですが、カウンター気にして「Merfolk Looter / マーフォークの物あさり」、「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」と出す。「Dread Return / 戦慄の復活」のフラッシュバックでなんとかしようって思ったんですが相手もわかっているのか、「Repeal / 撤廃」で「Merfolk Looter / マーフォークの物あさり」を戻される。
が、次のターンに出し、「Dread Return / 戦慄の復活」のフラッシュバックを使う。が、「Mana Leak / マナ漏出」。「ちっ」と思いながらキャンセルしたんですが、場をよく見たらマナ3支払える土地があるじゃん…。
カウンターされ過ぎてカウンターされると諦める癖がついちゃったか…。
このミスが痛すぎて、「Inkfathom Witch / 墨深みの魔女」の能力でブロックできなかった「Prickly Boggart / トゲだらけのボガート」をパンプアップされて負けでした。

2本目。
サイドボードからの変更はなし。後は相手がどうしたか、かな。
相手はカウンター捨てて黒ウィニーになったか、序盤からクリーチャー出しまくり。
おかげでこちらカウンター気にせず「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」をリアニメイト、「Hidden Horror / 隠された恐怖」も出す。
ブロックしつつ「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」で削る。
で、「Akroma, Angel of Wrath / 怒りの天使アクローマ」を引いたので再生。これで相手は投了でした。

3本目。
初手に3枚の天使。問題は落とす手段がない…。
相手は同じ手で来てるようですが、序盤からのクリーチャーラッシュはなし。
おかげでこちら落とす手段はいまだないものの、「Swamp / 沼」を5枚場に出す。
「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」を出すと、攻撃してきた「Nightshade Stinger / ベラドンナのとげ刺し」が「Mistblade Shinobi / 霧刃の忍び」に変化、これでダメージ食って「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」がバウンス。
こりゃきついなって感じだったんですが、おかげで手札8枚だったので「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」を墓地へ落とす。
「Zombify / ゾンビ化」を狙うものの、「Mana Leak / マナ漏出」。今度は追加コスト払える土地はなかった(笑)。
で、かわりに2マナの「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」を出す。
すると相手が離席したようで、えらく待たされる。
「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」に「Last Gasp / 最後の喘ぎ」が来たので、手札にあった「Silver Seraph / 銀の熾天使」、「Angel of Retribution / 天罰の天使」、「Reya Dawnbringer / 黎明をもたらす者レイヤ」を落とす。
「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」、「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」と展開するも、「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」にまた「Last Gasp / 最後の喘ぎ」。
これは防げず…。
「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」で「Nightshade Stinger / ベラドンナのとげ刺し」を相討ちブロック。
で、「Visara the Dreadful / 戦慄をなす者ヴィザラ」を引いたのでリアニメイトではなく普通に出す。
が、相手の2枚のクリーチャーのうち、「Mistblade Shinobi / 霧刃の忍び」ではなく「Prickly Boggart / トゲだらけのボガート」をブロックしてしまった。
召還酔いで能力は使えないし、これで攻撃の通った「Mistblade Shinobi / 霧刃の忍び」に
バウンスされてしまう。
が、また出せばいいじゃん、と「ヴィザラ」召還。
今度は「Mistblade Shinobi / 霧刃の忍び」をブロック。
すると「Prickly Boggart / トゲだらけのボガート」が「Okiba-Gang Shinobi / 大牙の衆の忍び」に変わる。ニンジャすげぇ!
相手にカウンターがなさそうなので「Zombify / ゾンビ化」で「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」をリアニメイト、「Okiba-Gang Shinobi / 大牙の衆の忍び」は「ヴィザラ」で除去。
これで相手はクリーチャーを出せなくなる。
「レイヤ」も再生したとこで相手「GG」でした。

エクテンでのリアニメイトデッキ、今日から「Match」にしてみたんですが…。
とにかく試合形式を見ないで挑んできて瞬殺される相手が、多いわけではないんですがいるにはいますね…。
おそらくスタンダードかエクステンデッドかすら見てないんでは。
スタンダードデッキでエクテンデッドやるなってわけじゃないんですが、速攻で負けて無言で出ていく相手を見るとちょっとやるせない。
エクテンでいい試合になるとかなり面白いんですけどね…7戦目は1本づつ取り合って相手とのバランスが取れてる感じでした。
天使、土地事故だった4戦目がもったいない。相手がいい人っぽかったので余計申し訳無かった。
やっぱりトーナメント志向でデッキ作っていくべきなんだろか。
[PR]

by overkilling | 2008-08-26 17:50 | マジックオンライン

「Match」で行こう

カジュアルでのエクステンデッドがどうもイマイチだったので、トーナメントの練習部屋へ行ってみました。
んが、ここでやってるのはスタンダードかローウィン・シャドウムーアブロックの構築戦ばっかりなのですね…。
エクステンデッドで待ってても対戦相手が来る気配がないので、カジュアルルームで「Match」にしたら勝負に徹したプレイヤーが来るのではないかと思い、やってみたらけっこうな時間だったのにすぐ対戦相手が。
さぁ、勝ち負け重視の世界へいくぜっ。

1本目。
相手は青赤。
こちら3ターン目に何も出せず、終了フェイズにカード8枚で「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」を1枚捨てる。
「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」、「Merfolk Looter / マーフォークの物あさり」でルーター回転。
「Dread Return / 戦慄の復活」で「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」を釣り上げる。
が、相手の「Bottle Gnomes / ボトルのノーム」に「Grafted Wargear / 融合する武具」が2枚も付く。7/7の「Bottle Gnomes / ボトルのノーム」を上手いことブロックすれば良かった気もするんですが、上手くブロック出来なかった。
で、「Viashino Fangtail / ヴィーアシーノの牙尾」、「Gelectrode / 軟体電極獣」の「Shivan Hellkite / シヴのヘルカイト」といった砲台クリーチャーを出される。
これでちょこちょこダメージ食って、「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」も除去られる。
が、そこはリアニメイトデッキ、またリアニメイトすればいいのだ。
惜しむらくはリアニメイト対象が「Angel of Despair / 絶望の天使」とか「Akroma, Angel of Wrath / 怒りの天使アクローマ」とかじゃなく、「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」だった点なのですが…。
相手のライフあと4点まで追い詰めるも、再び「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」が砲台の餌食に。
「Angel of Despair / 絶望の天使」を釣って「Shivan Hellkite / シヴのヘルカイト」を除去するも、他の砲台が止まらない。結局「Viashino Fangtail / ヴィーアシーノの牙尾」のパワーを12までパンプアップされて殴られて終わり。

2本目。
初手にリアニメイトがないものの、なかなかの手。
4ターン目までにリアニメイトカード引けばいいのでキープ。
「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」で「Angel of Retribution / 天罰の天使」を落とすと、「Hearth Kami / かまどの神」を出される。
さらに「Prodigal Pyromancer / 放蕩紅蓮術士」。来た来た。
こちら「Dread Return / 戦慄の復活」でリアニメイトしようとするも、沼が1枚しか出てなくてリアニメイトできない。ここで色事故かっ。
これが痛く、次の相手のターンに「Viashino Fangtail / ヴィーアシーノの牙尾」を「Dark Banishing / 闇への追放」で追放したものの、ライフどんどん削られる。
何とか「Zombify / ゾンビ化」を引いて「Akroma, Angel of Wrath / 怒りの天使アクローマ」を再生。
が、「アクローマ」はバウンスされてしまう。
仕方ないので墓地に落としてた「Angel of Retribution / 天罰の天使」をリアニメイト。
しかし砲台の攻撃が止まらず、「Angel of Retribution / 天罰の天使」もブロックで除去しまくり「アクローマ」も再度釣り上げたものの、相手の砲台がさらに追加されてこれでお終い。
が、その前に「アクローマ」と「Angel of Retribution / 天罰の天使」で殴って相手のライフ3まで追い込みました。
相手もこれ見てか「Good Game」言ってました(笑)。

やはり勝負に徹した状況になると思いきりやれるので面白いですね。
どうしてもカジュアルルームだと4ターン目に「「Akroma, Angel of Wrath / 怒りの天使アクローマ」」とか「Angel of Despair / 絶望の天使」をリアニメイトしづらく感じるんですが、「Match」なら気にせずやれそう。

2戦目、1本目。
相手は緑青。まるでオデッセイ・ブロックの頃のような、というか当時そのままのマッドネスデッキ。
「Nimble Mongoose / 敏捷なマングース」、「Werebear / 熊人間」、そして「Wild Mongrel / 野生の雑種犬」。
さらには「Basking Rootwalla / 日を浴びるルートワラ」。
雑誌で読んでた頃のクリーチャーたちと対面、ちょっと感激。
で、デュエルはというと、何とLand flood起こして「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」1枚しか出せず。なんじゃそりゃ。
相手は「スレッショルド試したいからちょっとやらせて」と言って最後の一撃のときにスレッショルドしてました。
若い人なのかなぁ。

で、2本目。今度も土地事故じゃかなわんぞ。
相手は1本目と同じ戦法。サイドボードから何か入れ替えしてたっぽいんですが…。
で、4ターン目に4枚クリーチャー並べられる。
こちら何とか「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」と「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」を入れ替え。すると、「なんと卑劣な!」と言われる(笑)。リアニメイト知らないっぽいなぁ…。
で、相手はさらに「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」の頑強も知らなかったらしく、チャンプブロックしまくってクリーチャーを減らす。後で「見落としてたよ~」と嘆いてました。
こちら「Visara the Dreadful / 戦慄をなす者ヴィザラ」を出し、残ってた「Wild Mongrel / 野生の雑種犬」も除去。
これで相手は投了でした。

3本目、相手の早い展開の中、こちらも順調に4ターン目にリアニメイト…と思ったら「Counterspell / 対抗呪文」で打ち消される。ほほう、カウンター入れてましたか。
が、いきなりパーミッションデッキになるはずもないので、気にせず「Visara the Dreadful / 戦慄をなす者ヴィザラ」をリアニメイト。
これ、最初使い方間違ってたんだけど、「ヴィザラ」でブロックしてから能力で他のクリーチャーを除去ればいいのね。使い方やっとわかった(笑)。
で、こちらの残りライフ5点まで削られたのですが、警戒持ちの「Lightning Angel / 稲妻の天使」をリアニメイトして、「ヴィザラ」でこれ以上パンプアップしてやられる心配のない「Basking Rootwalla / 日を浴びるルートワラ」をブロックして除去、さらに「Wild Mongrel / 野生の雑種犬」を能力で除去。
クリーチャーのいなくなった相手に「Silver Seraph / 銀の熾天使」を出して、スレッショルドでパンプアップした7/7の「ヴィザラ」、5/6の「Lightning Angel / 稲妻の天使」で殴ってこれで勝ちでした。

サイドボード用のカードがないのが凄いもったいないですが、「Match」面白かったです。
これからエクステンデッドはこの形式でやっていこう。
[PR]

by overkilling | 2008-08-25 21:18 | マジックオンライン

モチベーション低下ぎみ

スタンダード1戦目。
相手は赤黒。
初手はまぁまぁだったんですが除去の赤黒、「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」1枚を除去られ、さらに「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」、「Puresight Merrow / 純視のメロウ」と出したとこで「Incremental Blight / 増え続ける荒廃」で2枚とも除去られる。
この後、相手に殴り切られるまでクリーチャーを引かず…。
マナフラッドもいいとこでした。

2戦目。
相手は白単、シャドウムーアとイーブンタイドのバリバリのトーナメントデッキという感じ。
こちら今度は土地3枚で止まってまったく歯が立たず…。

3戦目。
相手は黒緑。
一応エルフデッキだったみたい。
「Llanowar Elves / ラノワールのエルフ」が出たので、「見たら焼け」の格言通り(ありゃ極楽鳥だっけ)「Last Breath / 今わの際」で除去。
こちら「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」から出すものの、「Shriekmaw / 叫び大口」で除去られ。
ならばと「Kitchen Finks / 台所の嫌がらせ屋」を出し、「Armored Ascension / 鎧をまとった上昇」を付け、さらに相手の手札がないのを見て「Steel of the Godhead / 神格の鋼」も付ける。
で、これで殴ってたら相手はトップデッキできなかったようで、投了。

4戦目。
相手白赤。またイーブンタイドメインのデッキ。
「Riverfall Mimic / 川滝のミミック」が出てこれが3枚に増殖。
ブロックできないのがキツイですね。
こちら「Puresight Merrow / 純視のメロウ」を出し、「Steel of the Godhead / 神格の鋼」付けて何とか持たせる。
「Safehold Elite / 安寧砦の精鋭」も出すものの、いつもはブロッカーのコイツも今回ばかりは役に立たない。「Voice of All / 万物の声」も引いたけどこれも同様。
で、残りライフ4でヤバいなと思っていたとこで引いたのが「Armored Ascension / 鎧をまとった上昇」。
相手はもうマナ出せないので、これを「Puresight Merrow / 純視のメロウ」に付けて殴って勝ち。

5戦目。
相手は白単。
土地2枚でスタートしたものの、3枚で止まり。
しかも3マナ以内のクリーチャーをまったく引けない。
相手キスキンデッキで、こちらちょこちょこ除去しながらまるでコントロールデッキみたいにやってましたが、「Thistledown Liege / シスルダウンのしもべ」と「Wizened Cenn / 皺だらけの主」出されて追い込まれる。
こちら7ターン目にようやく「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」を引いて出すものの、土地は依然として3枚、手札で「Voice of All / 万物の声」と「Angel of Mercy / 慈悲の天使」が腐ってる。
相手はここで「Cloudgoat Ranger / 雲山羊のレインジャー」をプレイ、キスキン・トークンを3枚場に出す。
これで勝負は決まってしまいました。

スタンダード2勝3敗、負け越し。
負けた3戦がマナフラッドかマナスクリューかのどっちか。
土地3枚でも回るデッキではあるんですが、それでも軽マナクリーチャーの引けなさが酷かったですね…。

エクステンデッド1戦目
相手青単ですが特殊地形いろいろ。
「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」に「Empyrial Plate / 浄火の板金鎧」付けてパンプアップして殴ってくる。
「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」なのでこれ幸いと引いていた天使を落とし、弱体化させる。
「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」をリアニメイトして攻撃するも、ここで凄いミス。
「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」と「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」も攻撃していれば相手のライフはあと2だったんですが、ブロックとリアニメイト考えて攻撃させず…。
で、次のターンに「Wrath of God / 神の怒り」が来るわけです。
この後、こちら「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」を出したんですが相手は「Arcanis the Omnipotent / 全能なる者アルカニス」。
が、「アルカニス」で攻撃すればこっち倒せると思うのに、相手は攻撃せず、ドローを繰り返す。
ここまで来て遊んでるだろこの人。
「アルカニス」は「Dark Banishing / 闇への追放」で追放したものの、ライブラリーから「Akroma, Angel of Wrath / 怒りの天使アクローマ」をゲーム外へ除去られ、さらに墓地から「Visara the Dreadful / 戦慄をなす者ヴィザラ」もゲーム外へ除去。
と思ったら「ヴィザラ」を乗っ取られる。これで終わりでした。
う~ん、あの時2点まで減らしていればどうなってたかなという…。

2戦目。
ちょっとこれは序盤があまりに良過ぎてやる気がなくなったというか…。
相手は白緑、こちら初手完璧、4ターン目「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」、5ターン目「Angel of Despair / 絶望の天使」、6ターン目「Liliana Vess / リリアナ・ヴェス」と出す。
この時点で相手には「Ronom Unicorn / ロノムの一角獣」しか出ていない。
ここで、これで勝って意味あるんかな、とつい思ってしまいまして…。
もちろん勝つこと自体に意味はあるんだけど、カジュアルルームでこんな速攻でほとんど何もしてない相手に勝っても、あまり面白くはないというか…。
で、相手には失礼なのかもしれませんが出すクリーチャーをセーブしつつ、試合を長引かせました。
結果的に相手に3桁までライフ回復されてクリーチャーも45/45とかにパンプアップされて(笑)負けたのですが、それでも7ターン目に速攻で勝つよりは面白かったように思います。
窮地のしのぎ方とか、いろいろ面白いカードも見れたしね。

3戦目。
相手は青単。パーミッションなのかどうかはわからず。
こちら「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」を出し、相手のターンエンドに「Angel of Despair / 絶望の天使」を落とす。
すると「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」に「Psychic Overload / 精神の過負荷」が付く。
これを6ターン目に「Angel of Despair / 絶望の天使」をリアニメイトして除去すると、相手投了。
まぁ、こうなるんだよね…。

4戦目。
相手「Ancient Amphitheater / 古の円形劇場」を3枚出してくる。
白赤ですかねぇ。
こちら初手に「Angel of Retribution / 天罰の天使」、「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」から出したら「Lightning Helix / 稲妻のらせん」で除去される。これライフも回復されるしやっかいだなぁ。
で、「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」を出したらまた「Lightning Helix / 稲妻のらせん」。
「Angel of Retribution / 天罰の天使」は速攻で落としてたのでリアニメイト、これでしばらく殴る。
しかし「Angel of Retribution / 天罰の天使」は「Crib Swap / 外身の交換」でカエル男に変化。
相手は「Junktroller / ごみ引きずり」を出してきたので、「Angel of Despair / 絶望の天使」をリアニメイトしてこれを除去。リアニメイト対策だしね。
で、ふと手札の「Visara the Dreadful / 戦慄をなす者ヴィザラ」を見ると、場に出してる土地でこれ普通に出せるじゃん、と思いまして普通に出したら相手ここで「GG」でした。
これはさすがに相手もどうしようもなかったので投了は自然だけど、ちょっと勝負としてはもうひとつでしたね…。

5戦目。
相手ライブラリーアウトを狙ったデッキで、こちらも「Angel of Despair / 絶望の天使」を何度も出してドローさせるアーティファクト除去したものの、最後にライブラリー削る呪文使われて終わりでした。
何ともはや。

エクテンは序盤リアニメイトしただけで相手が投げちゃうパターンがどうにも…以前には天使を墓地に落としただけで投了する相手もいましたし。
今日なんかも何かこう、普通の勝負にならなかったですね。
こっちにまったく勝ち目がないか、あるいは相手に勝ち目がないかの勝負が多くてちょっとモチベーションが下がり気味です。
トーナメントにでも出るしかないかな…サイドボード用のカード全然ないけど。
[PR]

by overkilling | 2008-08-25 17:56 | マジックオンライン

初フラッシュバック

スタンダード1戦目。
相手は赤緑。
こちら初手万全、「Puresight Merrow / 純視のメロウ」から展開し、「Steel of the Godhead / 神格の鋼」付けて殴り。
相手は「Boggart Ram-Gang / ボガートの突撃隊」出してきましたが「Voice of All / 万物の声」を出してプロテクション「赤」、これで受け止め。
もう1枚「Boggart Ram-Gang / ボガートの突撃隊」出されましたが「Safehold Elite / 安寧砦の精鋭」をブロッカーとして出し、「Puresight Merrow / 純視のメロウ」で殴り切って勝ち。
こちらの勝ちパターンでした。

2戦目。
相手は青黒。
いきなり「Scuttlemutt / 小走り犬」が出たので「Prison Term / 禁固刑」。
カウンターを気にして序盤からクリーチャーは出さず、相手の様子を見てみる。
「Puresight Merrow / 純視のメロウ」が通ったものの、相手は「Faerie Conclave / フェアリーの集会場」で攻めてくる。
これ、相討ちブロックして消せば良かったなぁ…。
この後「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」はカウンター、「Puresight Merrow / 純視のメロウ」を「Shriekmaw / 叫び大口」で消される。
「Shriekmaw / 叫び大口」は残っていたので「Prison Term / 禁固刑」、しかし「Faerie Swarm / 群がるフェアリー」が出てくる。
こちら「Serra Angel / セラの天使」を通し、「Armored Ascension / 鎧をまとった上昇」付け。
が、「Oona, Queen of the Fae / 妖精の女王、ウーナ」が出てしまう。「Shriekmaw / 叫び大口」に付けた「Prison Term / 禁固刑」をこっちに移す。
ここで「Painter's Servant / 絵描きの召使い」が出て「青」に色変え。これで「Faerie Swarm / 群がるフェアリー」が12/12にパンプアップ。
あと1ターン待ってくれれば、「Thistledown Liege / シスルダウンのしもべ」出せたんですが、「Angel of Mercy / 慈悲の天使」を先に出してました…。
これで「Serra Angel / セラの天使」もチャンプブロック、「Angel of Mercy / 慈悲の天使」は除去られて終わり。

3戦目。
クリーチャー無しも土地3枚でキープ。
相手は黒単。こりゃ除去の嵐かな?
クリーチャー引けないので、出て来た「Rendclaw Trow / 裂き爪のトロウ」に「Prison Term / 禁固刑」。
すると「Ashenmoor Gouger / アッシェンムーアの抉り出し」も出て来たのでこっちに「Prison Term / 禁固刑」を移す。
が、「Serra Angel / セラの天使」を引いていたのを考えると、移す必要はなかったような。
「Rendclaw Trow / 裂き爪のトロウ」じゃあ萎縮食らうから、ブロックすると損じゃないか。
で、しまったなぁと思いつつ「Serra Angel / セラの天使」を出して次のターン「Armored Ascension / 鎧をまとった上昇」を付けたら、相手いきなり投了。
除去とか持ってない相手だったようで…。

4戦目。
初手に土地1枚でマリガン、するとまた土地1枚なんですが「Puresight Merrow / 純視のメロウ」が2枚に「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」、「Armored Ascension / 鎧をまとった上昇」2枚。土地1枚引けば面白そうなのでキープ。
相手は緑単。
1ターン目に土地引いたので2ターン目に「Puresight Merrow / 純視のメロウ」出すと、次のターンで相手投了。

5戦目
相手は白赤青。
1ターン目に「Suntail Hawk / 陽光尾の鷹」が出る。
こちら「Safehold Elite / 安寧砦の精鋭」、「Kitchen Finks / 台所の嫌がらせ屋」と展開。
すると「Firespout / 炎渦竜巻」が来る。「Safehold Elite / 安寧砦の精鋭」と「Kitchen Finks / 台所の嫌がらせ屋」は頑強で戻ったけど、「Suntail Hawk / 陽光尾の鷹」は死亡。大丈夫なのかな…。
こちらもう1枚「Kitchen Finks / 台所の嫌がらせ屋」を投入すると、なんともう1枚「Firespout / 炎渦竜巻」が。
こういう手筈かぁ。
頑強で戻った「Kitchen Finks / 台所の嫌がらせ屋」に「Armored Ascension / 鎧をまとった上昇」を付け、殴り。
相手は「Fog Elemental / 濃霧の精霊」、「Cloud Elemental / 雲の精霊」と青の飛行クリーチャー出してきたので「Voice of All / 万物の声」をプロテクション「青」で出す。
「Kitchen Finks / 台所の嫌がらせ屋」は「Cloud Elemental / 雲の精霊」で「Righteousness / 高潔のあかし」のコンバットトリックにて消される。
こちらも「Righteousness / 高潔のあかし」持っていたので付けようかと思ったら、これブロッカーのみでした。
この後に「Reveillark / 目覚ましヒバリ」が出る。
「Voice of All / 万物の声」で殴るプランが崩れるものの、こちらすっかり忘れてた「Steel of the Godhead / 神格の鋼」を引いて「Puresight Merrow / 純視のメロウ」に付け、これでフィニッシュ。

スタンダード4勝1敗。2戦ほど微妙なのがありますが…。
2戦目は相手の勝ちパターンでした。速攻でいけてればなぁ…。

除去カードを1枚入れてみたエクステンデッド。
さて、役に立つのかどうか…。

1戦目。
初手に「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」2枚、「Merfolk Looter / マーフォークの物あさり」、「Lightning Angel / 稲妻の天使」、「Island / 島」2枚に「Swamp / 沼」。
相手は赤黒。
「Mogg War Marshal / モグの戦争司令官」からゴブリン・トークンが出る。
こちら「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」を出すと、相手「AEther Membrane / 霊気の皮膜」を出す。
これよくわからずに「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」で攻撃して手札に戻ってしまった。
こりゃ何とかしないと天使出しても戻されちゃうんですな…リアニメイトの敵だ。
で、ちょうど良く「Dark Banishing / 闇への追放」を引く。良かった、使えるとこで引いて。
が、相手もう1枚「AEther Membrane / 霊気の皮膜」を投入、こちら「Angel of Despair / 絶望の天使」、「Lightning Angel / 稲妻の天使」、「Silver Seraph / 銀の熾天使」、「Angel of Retribution / 天罰の天使」と落としてるものの、リアニメイトカードをなかなか引かない。
ルーター3枚回し、ようやく「Zombify / ゾンビ化」を引く。「Angel of Despair / 絶望の天使」をリアニメイト、これで「AEther Membrane / 霊気の皮膜」を1枚除去。あと1枚は「Dark Banishing / 闇への追放」で除去ればいいのね。
が、次のターンに「Grab the Reins / 手綱取り」を使われて「Angel of Despair / 絶望の天使」を乗っ取られる。赤にそんなカードあったのね…。
ここで「Greater Gargadon / 大いなるガルガドン」が場に出る。
なるほど、ゴブリン・トークンはコイツを出すためにいるのか。
が、なぜか相手は「くそっ、サイズが小せえよ(意訳)」と言ってきたので、「haha」などと、まるで外国人かのように返事する。いや、何のことかっさっぱりわからんけど(笑)。
相手が攻撃してきたのでブロックしようとすると、ここでラグなのかなんなのか「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」のブロックが外れなくなってしまった。
また全員でブロックするとかなんかな?と思って「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」まで繰り出してブロックしたんですが、そうでもなかったみたい。
こちら自分のターンに「Dark Banishing / 闇への追放」で「AEther Membrane / 霊気の皮膜」を葬る。
が、相手のターン使うべきでしたね…相変わらずインスタントの使い方がなってないな自分。
相手はゴブリン・トークン3枚で殴り。
こちら「Merfolk Looter / マーフォークの物あさり」をもう1枚出し、「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」、「Zombify / ゾンビ化」 を引く。
ゾンビで「Angel of Despair / 絶望の天使」をリアニメイト、これといって除去したいのもいないように思えたのでゴブリン・トークンの1枚を除去しようとすると、「Phyrexian Vault / ファイレクシアの蔵」で生贄にされてカード引かれてしまった。こっち除去した方が良かったかな…。でも、残りライフがもう5なんだよね…。
相手はここで「Spitebellows / 恨み唸り」を投入。これはヤバい。殺すと「Angel of Despair / 絶望の天使」が死んでしまうし、殺さないとこっちがやられてしまう。
一応「Zombify / ゾンビ化」 で「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」を出し、次のターンのために「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」も出す。
「Angel of Despair / 絶望の天使」は攻撃。
しかし、相手のターン、「Rite of Consumption / 消耗の儀式」を「Spitebellows / 恨み唸り」に使われ、「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」を除去されて本体にダメージ食って終わり。
相手黒も使えたのね…。

2戦目。
初手に「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」、「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」、「Liliana Vess / リリアナ・ヴェス」、「Angel of Despair / 絶望の天使」、「Visara the Dreadful / 戦慄をなす者ヴィザラ」、「Island / 島」2枚。
「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」出せそうなのでキープ。
相手は…黒単だろうか。
「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」を出して「Angel of Despair / 絶望の天使」、「ヴィザラ」と落とし、引いた「Dread Return / 戦慄の復活」で「ヴィザラ」からリアニメイト。
なぜって相手、「Swamp / 沼」1枚しか場に出てなかったから。「ヴィザラ」が出ててもキツイだろうけど…。
で、まぁ、相手次のターンで投了でした。土地事故だったんでしょうね。

3戦目。
初手に土地1枚で泣く泣くマリガン。天使もルーターもリアニメイトも除去も揃ってたんですけどね…土地ないんだから当たり前か。
次が土地多めに「Dread Return / 戦慄の復活」、「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」、「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」とあったのでキープ。落とす手段が問題か。
相手は赤白青。
こちらとりあえず「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」から投入、すると速攻で除去られる。
相手が出してきたのは「Etched Oracle / 刻まれた巫女」。強烈だなぁ…。
これに1発殴られるも、次のターンに「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」を引いて相手のターンに「Etched Oracle / 刻まれた巫女」の攻撃をブロックさせてから「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」を落とす。
引いたのは「Hidden Horror / 隠された恐怖」。手札にもう1枚「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」がいるのでラッキー♪
相手は「Ordered Migration / 秩序ある渡り」で鳥トークンを5枚投入。
こちら「Dread Return / 戦慄の復活」で「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」をリアニメイト、さらに「Hidden Horror / 隠された恐怖」も出す。
相手の鳥トークン5枚が攻撃してきたので、「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」で1枚づつブロック。
返しに「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」と「Hidden Horror / 隠された恐怖」で9点削り。クロックとしてはこちらが有利ですが…。
相手やはりここで「Mirari's Wake / ミラーリの目覚め」を出す。鳥トークンが全部2/2に。
「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」でしかブロックできないので、残りライフ6まで追い込まれる。
さらに相手はここで「Kirtar's Wrath / カーターの怒り」を撃つ。
相手にはスピリット・トークン2枚、こちら頑強で戻った「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」。
しかし「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」の能力で手札に戻った「Merfolk Looter / マーフォークの物あさり」、「Hidden Horror / 隠された恐怖」を場に出し、さらに「Akroma, Angel of Wrath / 怒りの天使アクローマ」を引いたのでこれを落とす。
「アクローマ」のプロテクションがあまり意味無さそうな相手ですが、速攻で攻められるクリーチャーが欲しかったのです。なんつっても相手の残りライフは7、こちらは4。
しかしここで相手が「Last Stand / 最後の抵抗」をプレイ。こちらの残りライフは2、相手は11に…。
さらに「Savage Twister / 大竜巻」を撃つ! この一撃で全クリーチャーが場から一掃。
こちら「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」を引いたので出してドローするも、引いたのは「Swamp / 沼」。
思わずここで「GG」と言っちゃったんですが…あぁ、相手の場にもクリーチャーいないのね。危うく投了しかけました(笑)。
ここで「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」、「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」とさらに投入。
相手は何も出してこなかったので、「アクローマ」を「Dread Return / 戦慄の復活」で復活、さらに「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」2枚に「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」を生贄にフラッシュバックで「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」をリアニメイト!
これで相手から「nice play」と言ってもらえました。
さらに「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」の能力で3枚とも手札に戻ったので(「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」はリアニメイト向きかもしれない…)「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」も出す。
が、相手はここで「Austere Command / 質素な命令」をプレイ。
「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」が頑強で戻り、「アクローマ」、「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」は手札に戻る。
「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」を出してルーター回転、「Island / 島」だったのでもう1枚「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」を出してドロー、今度は「Zombify / ゾンビ化」 !
「アクローマ」を落として、「Zombify / ゾンビ化」で再生っ。
このターンの「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」と「アクローマ」の攻撃で、ロングマッチに決着をつけました。
a0094381_1648521.jpg

いや~もう「GG」言っちゃってたから勝ったのでちょっとバツが悪かったけど、リアニメイトらしさ炸裂で勝てたのは嬉しいですね。

4戦目。
初手に「Dread Return / 戦慄の復活」、「Funeral Charm / 葬送の魔除け」、「Angel of Retribution / 天罰の天使」、土地4枚。キープしてスタート。
相手は白単、もしかするとキスキンデッキかも。スタンダードと間違えて対戦挑んできてないかなぁ…。
1ターン目に「Suntail Hawk / 陽光尾の鷹」が出て、白だしエンチャント怖いから「Funeral Charm / 葬送の魔除け」で除去という手もあったんですが、「Island / 島」から出してしまっていた。
が、2ターン目に「Mistmeadow Skulk / ミストメドウの身隠し」が出て来たので、これを「Funeral Charm / 葬送の魔除け」で葬る。運が良かったです。
相手は「Mirror Entity / 鏡の精体」を召還。
こちら「Akroma, Angel of Wrath / 怒りの天使アクローマ」を引いたので、「Hidden Horror / 隠された恐怖」を出して墓地へ落とす。
4ターン目に「アクローマ」をリアニメイト、「Hidden Horror / 隠された恐怖」とともに攻撃、10点削り。
相手はブロックせず。
相手はここで「Mirror Entity / 鏡の精体」の能力でパンプアップしたんですが、なぜか攻撃はしてこず…。「アクローマ」が警戒持ちなのを忘れてたんでしょうか。
「Mirror Entity / 鏡の精体」の能力はターン終了までなので、次のこちらの攻撃時にはマナがなくて能力使えないことに。すごいミスでわ…。
次のターン、一旦は「Suntail Hawk / 陽光尾の鷹」が「アクローマ」をブロックしたんですが、意味が無いと思ったのかブロックを外して10点食らってこちらの勝ちでした。

5戦目。
初手に「Dread Return / 戦慄の復活」、「Zombify / ゾンビ化」 、「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」、「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」。キープして開始。
相手はまたスタンダードっぽい相手で赤緑。
「Raging Goblin / 怒り狂うゴブリン」、「Manaforge Cinder / 魔力炉の燃えがら」を召還。ウィニーなのかな…。
こちら「Akroma, Angel of Wrath / 怒りの天使アクローマ」を引いたのでニンマリ。
3ターン目に「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」を出し、これで相手の攻撃を止める。ライフは15まで削られてました。
4ターン目、まだ天使を落とすカードを引かず。2枚目の「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」を投入。
5ターン目にようやく「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」を引いたので、速攻「アクローマ」を落とす。
6ターン目、「Dread Return / 戦慄の復活」で「アクローマ」リアニメイト、さらにフラッシュバックで「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」もリアニメイト。相手がウィニーなら早めにデカいの出した方がいいだろうと。「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」ならフラッシュバックの生贄も手札に戻るし。
で、「アクローマ」と「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」のコンビで殴る。
相手はやはりウィニーなクリーチャーしか出てこず。
もはや無意味な「Shock / ショック」を一発本体に食らったので、お返し?に「Angel of Despair / 絶望の天使」を出して「Raging Goblin / 怒り狂うゴブリン」を1枚除去、「アクローマ」が殴って勝ちでした。

エクテンも4勝1敗。4戦目、5戦目は明らかにスタンダードデッキの人が挑んできてましたね。まぁ日曜日だしなぁ…。
3戦目は凄い展開でしたが、終盤相手がクリーチャー引けなかったので助かりました。
除去カードの「Dark Banishing / 闇への追放」入れてみましたが、1戦目で使えましたしそれこそあと2枚くらい欲しいような感じでした。
他のデュエルでも引いてたんですが、リアメイトが忙しくて使う暇なかった。
引いてると精神的に楽ですね。そうそう上手く事は運ばなかったりもしますが…。
[PR]

by overkilling | 2008-08-24 16:17 | マジックオンライン

うはっ、君ツイてるね

いつもMOをやる時は「MTG Wiki」と「Wisdom Guild」をサブPCで開いておくのですが、今日は両方落ちてて使うことができなかったり。
自分の知らないカードが出てきたらヤバそうだったんですが…。

スタンダード1戦目。
相手は白青、ヒバリデッキ!
初手まぁまぁ。「Safehold Elite / 安寧砦の精鋭」、「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」と展開。
相手は「Kitchen Finks / 台所の嫌がらせ屋」を投入。
2枚目の「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」を出し、飛行が付いた1枚で攻撃。
相手はここで「Mirror Entity / 鏡の精体」。
これは攻撃してきたとこを「Safehold Elite / 安寧砦の精鋭」でブロックして消しましたが、こちらが「Angel of Mercy / 慈悲の天使」出したとこで「Wrath of God / 神の怒り」。
う~ん、予測はしてたんだけどホントに使ってくるとは。
「Safehold Elite / 安寧砦の精鋭」と「Kitchen Finks / 台所の嫌がらせ屋」が頑強でそれぞれ戻る。こちら「Last Breath / 今わの際」で「Kitchen Finks / 台所の嫌がらせ屋」を除去。
相手は「Riftwing Cloudskate / 裂け目翼の雲間を泳ぐもの」を待機で出してきたので、クリーチャー出すのは控え…といってもそもそも引いてないですが。
「Serra Angel / セラの天使」を引いた次のターンに「Riftwing Cloudskate / 裂け目翼の雲間を泳ぐもの」登場。「Safehold Elite / 安寧砦の精鋭」ではなく土地をバウンスされる。「Safehold Elite / 安寧砦の精鋭」ならまた出せば頑強使えたんだけど相手もわかってるよなぁ。
で、「Serra Angel / セラの天使」を出す。
が、ここで「Reveillark / 目覚ましヒバリ」が「Mirror Entity / 鏡の精体」を場に戻す。
さらに「Momentary Blink / 一瞬の瞬き」で「Riftwing Cloudskate / 裂け目翼の雲間を泳ぐもの」を一時除去から戻され、「Serra Angel / セラの天使」をバウンス、トドメに「Mirror Entity / 鏡の精体」が8/8になってこれで終わり。

2戦目。
相手は緑赤。
初手に「Puresight Merrow / 純視のメロウ」、「Pacifism / 平和な心」。
相手は「Llanowar Elves / ラノワールのエルフ」から。
こちら2枚の「Puresight Merrow / 純視のメロウ」を連続で「Murderous Redcap / 残忍なレッドキャップ」に屠られる。2枚も持ってたのかぁ…。
1枚に「Pacifism / 平和な心」を付け、「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」に「Armored Ascension / 鎧をまとった上昇」付けて殴ってたんですが、相手はゴブリン・トークンも製造。
こちらクリーチャーも1枚、「Steel of the Godhead / 神格の鋼」も引けず、最後のトップデッキにかけたんですが、引いたのは「Demystify / 啓蒙」…。
相手の残りライフ3のとこでやられました。

3戦目。
相手は青黒。
初手「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」2枚に「Pacifism / 平和な心」。
「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」を出し、「Armored Ascension / 鎧をまとった上昇」を付ける。
相手は「Wasp Lancer / スズメバチの槍兵」召還。
さらに「Loxodon Warhammer / ロクソドンの戦槌」が出る。
これが付いたクリーチャーに「Pacifism / 平和な心」付けるか、と思ってたんですが、もう1枚「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」出して8/8の「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」で殴った後、ふと気が変わって「Pacifism / 平和な心」を「Wasp Lancer / スズメバチの槍兵」付ける。最初から付ければ「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」9/9になったのに、もったいない…と思ってたら相手投了。

4戦目。
初手に土地1枚でマリガン、今度は「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」、「Kitchen Finks / 台所の嫌がらせ屋」ありで土地3枚。
相手はいきなり「Raven's Crime / カラスの罪」で手札破壊。「Last Breath / 今わの際」を捨てる。
が、なんと第2ターンにも「Raven's Crime / カラスの罪」。回顧じゃなかったと思うので2枚持ってたのかな。で、土地を捨てる。
さらに「Smallpox / 小悪疫」で手札とクリーチャーと土地を捨てられる。ひでぇ。相手の戦法に思いきりハマッてしまった。
これで手札0、場には「Plains / 平地」が3枚だけ…。
相手は「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」投入、こちら「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」投入。
「Armored Ascension / 鎧をまとった上昇」を引いたので即、「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」に付ける。これを除去られたらもう終わりか。
相手はここでついに出た、「Divinity of Pride / 名誉の御身」を召還。
返しに「Puresight Merrow / 純視のメロウ」を出し、「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」を7/7に。
これで殴って相手の残りライフは4。
しかし「Divinity of Pride / 名誉の御身」が殴り返して8に回復。
ここは殴った方がいいだろうと、「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」で殴ったんですが、相手はさらに「Vampiric Link / 吸血の絆」を付ける。
これで16にまで回復される。
が、なんとここでこっちが引いたのが「Prison Term / 禁固刑」!
これには相手も「wow you are lucky」と一声。
相手も手札はなく、これで投了でした。

5戦目。
相手は白青。
いきなり「Greater Auramancy / 偉大なるオーラ術」を張られる。
こちらマリガンしたら初手にクリーチャーおらず、その後「Angel of Mercy / 慈悲の天使」がいるだけで場にクリーチャー出せない。
で、相手が「Windborn Muse / 風生まれの詩神」を出してきて、これで勝負決まっちゃいましたね。
能力がわからないので、2マナ払えば攻撃できるのがわかりませんでした…。
しかも待てども待てども「Last Breath / 今わの際」は引かず。
「Pacifism / 平和な心」と「Prison Term / 禁固刑」で粘り、さらに攻撃できない「Thistledown Duo / シスルダウンの二人組」に「Steel of the Godhead / 神格の鋼」と「Armored Ascension / 鎧をまとった上昇」を付け、これでブロックしてライフ回復、しまいには「Righteousness / 高潔のあかし」も付けて一時は36まで回復させたんですが、いかんせん「Windborn Muse / 風生まれの詩神」をどうにかしないとどうしようもない。
「Last Breath / 今わの際」は結局引かず、ロングマッチは1度も攻撃できないまま終わりました…。
Wikiが落ちてて負けた試合がホントに出るとは。

スタンダード負け越し。5戦目もったいないですね。「Windborn Muse / 風生まれの詩神」を知ってればまだ何とかなってたような。
1戦目、あれが噂の「ヒバリデッキ」ね…。
4戦目はホントにトップデッキでした。オラぞくぞくしただ。

エクステンデッド1戦目。
初手に「Zombify / ゾンビ化」2枚、「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」2枚、「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」。多少リスキーですが、マリガンするのもリスキーなのでキープ。
相手はウルザトロンデッキ、だったらしい。
「Urza's Mine / ウルザの鉱山」と「Urza's Tower / ウルザの塔」は出て来たのですが、他は何も出てこない。
こちら「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」、「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」と展開して「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」を落とす。
が、「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」で引いた「Angel of Retribution / 天罰の天使」から落とすべきだったかも。「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」の能力って頑強以外使ったことがないんですよね…使える機会がけっこう厳しいというか。
で、そのターンに「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」をリアニメイト、「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」で攻撃すると相手は1枚カード捨てる。
ところが、次のターンで相手投了。まぁ、ドローが悪かったんでしょうね。

2戦目。
初手に「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」2枚、「Merfolk Looter / マーフォークの物あさり」、「Silver Seraph / 銀の熾天使」、ヴィザラ。「Island / 島」も2枚なのでキープ。
相手は黒緑。「Devoted Druid / 献身のドルイド」が出てくる。
こちら「Merfolk Looter / マーフォークの物あさり」、「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」、「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」と展開、「Silver Seraph / 銀の熾天使」、「Visara the Dreadful / 戦慄をなす者ヴィザラ」を落として「Silver Seraph / 銀の熾天使」をリアニメイト。
相手は「Pili-Pala / ピリ=パラ」を出してくる。
この後、「Furystoke Giant / 憤怒焚きの巨人」が出て「Devoted Druid / 献身のドルイド」の能力も使われて「Silver Seraph / 銀の熾天使」が除去。
が、次のターンにすぐ蘇生。
相手は「Power Conduit / 魔力の導管」を2枚投入、これが「Devoted Druid / 献身のドルイド」、さらに「Arcane Teachings / 秘儀の教示」とコンボって砲台化。
こちらがリアニメイトした「Reya Dawnbringer / 黎明をもたらす者レイヤ」をコンボで除去られる。
ならばと「Silver Seraph / 銀の熾天使」でスレッショルドして「レイヤ」を6/8で蘇生。
しかし、コンボ砲台の弾は尽きない…タフネス8でも除去られてしまう。
が、幸運なことに「Silver Seraph / 銀の熾天使」は除去られず、またタッパーの「Silkbind Faerie / 絹縛りのフェアリー」も出ていたのですが、攻撃してこないのでタップされない。
これ、凄い相手のミスだなぁ…。
こちら3枚のルーターで回すも、なかなか天使もリアニメイトも引かないので「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」を1枚出す。「Silver Seraph / 銀の熾天使」の攻撃で相手はもう虫の息。
ここでようやく「Silkbind Faerie / 絹縛りのフェアリー」が攻撃してきたので、「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」で消す。
相手は自分が凄いミスしてるのをわかってるんだろか…。
次のターンに「Silver Seraph / 銀の熾天使」、「Oona's Prowler / ウーナのうろつく者」が攻撃して勝ちでした。

3戦目。
初手に「Zombify / ゾンビ化」、「Merfolk Looter / マーフォークの物あさり」2枚、「Reya Dawnbringer / 黎明をもたらす者レイヤ」。
「Merfolk Looter / マーフォークの物あさり」から出し、相手の出方をうかがう。
相手は赤緑。
除去も大丈夫そうなので「レイヤ」から蘇生、これで毎ターンのリアニメイトが可能に。
「Lightning Angel / 稲妻の天使」、「Angel of Retribution / 天罰の天使」と落とし、天使で殴る。
相手は何もしてこないなぁと思ってたら、「Silvos, Rogue Elemental / 悪辣な精霊シルヴォス」を出してくる! 初めて見た!
これで面白くなってきた、と思ったんですが、次のターンに相手投了でした。
ま、まぁ「シルヴォス」空飛べないしね…。

4戦目。
初手に「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」、「Hidden Horror / 隠された恐怖」、「Visara the Dreadful / 戦慄をなす者ヴィザラ」、「Angel of Despair / 絶望の天使」。キープして開始。
相手は緑単。
ツリーフォークマニアみたいで、アバターもなんかそんな感じ(笑)。
さてデュエルは「Hidden Horror / 隠された恐怖」で「ヴィザラ」を落とし、「Doomed Necromancer / 宿命のネクロマンサー」でリアニメイト。
緑はパンプアップが怖いので、「Bosk Banneret / 低木林の旗騎士」を「ヴィザラ」の能力で除去。
相手は土地事故のようで、ここから数ターン何も出せず。
こちら「Twilight Shepherd / 黄昏の番人」、「Angel of Despair / 絶望の天使」とリアニメイト、こちらとしては理想的な展開で勝ちでした。
ちょっとやりすぎた感がなくもないですが…。

5戦目。
初手に「Zombify / ゾンビ化」、「Dread Return / 戦慄の復活」、「Liliana Vess / リリアナ・ヴェス」。土地4枚が魅力的でキープ。
「Angel of Despair / 絶望の天使」、「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」と引いたので「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」で「Angel of Despair / 絶望の天使」を落とし、4ターン目に蘇生。
が、その前に「Cremate / 死体焼却」で「Angel of Despair / 絶望の天使」を墓地から除去られる。
相手はカウンターデッキか!
再度、今度は「Lightning Angel / 稲妻の天使」をリアニメイトしようとするとまた「Cremate / 死体焼却」。
こりゃまいった。
「Liliana Vess / リリアナ・ヴェス」は「Undermine / 蝕み」でカウンター、「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」は「Terminate / 終止」で除去。
相手は「Bringer of the Blue Dawn / 青の夜明けの運び手」を召還。
再度「Bonded Fetch / 結ばれた奪い取り」を出そうとするも、「Mystic Snake / 神秘の蛇」でカウンター。
この手のパーミッションデッキって、序盤に土地を出しまくってるのが凄いですね…。もちろんドロー、サーチ系のカードで引いてるんだけど…。
最後、相手の攻撃前に「GG」と言ったら、相手が攻撃フェイズすっ飛ばしちゃって、「ごめん、よそ見してた」と言ってきたので、ここで投了。
むちゃむちゃ余裕だなぁ…。

エクステンデッドは4勝1敗。
5戦目はまったく勝ち目無しでした。
パーミッションデッキ相手に勝てる手段が思い浮かばないですね…。
エクテンではあんまり除去満載の相手と当たったことはないんですが、パーミッション系のデッキは多いですね~。何とか対策したいなぁ。
逆にこちらがリアニメイトすると投げちゃう相手も多いですね。そんなに勝負にならないもんでもないと思うんだけどなぁ…。
黒赤デッキが「Akroma, Angel of Wrath / 怒りの天使アクローマ」出されて「終わった」、って言うんならわかるけど…。

さてトレードを何気に覗いてましたらクレジットがわずかに残ってる相手がいたので、何かカード貰えないかとあれこれ詮索した結果、「Dark Banishing / 闇への追放」を1枚ゲッツ。
除去かカウンターかバウンスかドロー系の呪文欲しかったので、とりあえず除去カードを1枚押さえ。
「Hidden Horror / 隠された恐怖」を1枚抜いてリアニメイトデッキに入れてみましたが、明日からのエクステンデッド戦、さてどうなるやら。
[PR]

by overkilling | 2008-08-23 19:12 | マジックオンライン