カテゴリ:ザ・ダークネス( 3 )

闇と混沌

「Chapter 3」
現実世界へ戻ってきたジャッキーですが、ジェニーのいなくなった世界で何のために生きているのか、いまひとつわからない。
妙にここが引っかかってしまいました。
メインクエストはひとまず置いておいて、サブクエストを片付けることに。
基本的に殺すか脅すか、というクエストが多いのですが、何とも微妙な感じ。ジャッキーは「街のいい人」なのかしらん?
コイン拾いゲームは「Chapter 3」になってからでも出来ましたが、異様に難しかった。
こういうのは面白いと感じましたが・・・。

殺しの依頼も面白いんですが、相手が殺していいターゲットなのか、あるいはただの通行人なのかがちょっとわかりづらかった。
通行人はたまーにいるんですが、いろいろな話をしてるのでなかなか奥が深い。
意味もなく港へ行ったら作業員たちが延々話をしていたりとか。関係ないときに行かなきゃ聞けない話なので、そういう要素が他にもいろいろあるのかもしれない。

さてメインクエスト。
サラの家は以前に街をうろついていたときに見たのですぐ行けましたが、難問の「Gun Hill」は・・・。
実は地下鉄で何気なくうろついていたら、怪しい扉があったので入ってみたらそこが「Gun Hill」だった。なんともはや。
そのまま進めていきましたが、ここからバトルシーンという感じでいきなり戦闘の連続へ。
こういう構成は斬新な感じで面白い。が、ヘリは墜とせるもんだと思って必死で攻撃してしまった。
ヘリも仕掛けを解くのに絡んでるんですが、撃墜はさせて欲しかったなぁ。

再び地下鉄駅へ。
「CITY HALL Station」への通路を探すのにさんざん迷う。「Gun Hill」よりこっちの方がさっぱりわからなかった。
結局自力では無理だったので、YouTubeの攻略動画を参考にしました。

ここからはアクションアドベンチャーっぽい感じ。
戦闘も激しく、このゲームの肝みたいな面でしょうか。
墓地でもかなり激しい戦闘に。ダークネスのパワーがフル稼働で楽しい。
面が進むとイベントシーンへ。これは・・・かなりグロいというか痛々しいというか。
こういう描写がゲームの世界観作りにもなっているのでしょうけどね。

「Chapter 4」
「Chapter 2」の続きになっているのが面白い。
ダークネスとのやり取りも意味深。
ここの敵は倒しても心臓を食わないと復活するので、ちょっと難易度が高い感じ。何回かゲームオーバーになってしまった。

じいちゃんと一緒に戦車へ。このシーンも面白い。戦闘機さっぱり墜とせませんでしたが。
ストーリー主体ですが飽きないようにあれこれステージは考えてあるなぁと。演出も意表を衝くものになってきていますし。
怪物との戦いは最初、どこを狙えばいいのかわかりませんでしたが、口狙ってればいいのね。
こういう怪物をもうちょっと出して欲しかった気もするんですが、そこらへんは日本のゲームとの違いなんでしょうかね。

再び列車砲台へ。ここの敵の攻撃は厳しかった・・・。
ボス戦へ。戦い方は頭に入れてたので、一発クリア。さほど難しくもないですし。
仕掛けとしてはやはりこれも洋ゲー的ですし、ストーリー性を重視してるんでしょうかね。

「Chapter 5」
冒頭からジェニーの存在が怪しくなってくる。が、結局何もなさそうというのは感じられてしまう。
どうせならジェニーを死の世界から救う、とかいう方がわかりやすかった気も。
やはりジャッキーが何をしたいのかが、いまひとつ不明過ぎてしまう。

ここから、移動するたびに敵が出てくるように。街中で怪物化して殺しまくり。
もはやジャッキーは何者なのかもわからない(いいですけどね)。
港から、船へ。
ここも明らかに難易度が上がってまして、クリーピングダークで終始先行させて敵を倒してましたがかなりキツイ感じでした。
しかも港から出る際にもギャングが大勢駆けつけてきますし・・・。
最終面なので、このあたりは戦闘重視になっているのかも。

サラの家では篭城戦。ダークネスのパワーが使えないので、銃撃だけで応戦。
このあたりも考えてあるんでしょうか。

これが終わるとブッチャーとの会話になるのですが、会話中にフリーズしてしまいました。
「ザ・ダークネス」の360日本版はフリーズの問題を抱えているのですが、私のゲームプレイ中、フリーズしたのはこの1回のみでした。

いよいよ最終局面、孤島の邸宅前で激戦。
明らかに殺しにかかってる難易度で、ここで何度かコンティニューするハメに。
ダークリングの連中があまり役立たないですし、とにかく敵の数が多く、さばくのが大変でした。
ようやく全滅させて邸宅内へ。
ここからはほとんどイベント扱いなので楽。
ラスト、ポーリーを追い詰めるシーンは、ポーリーが逃げ回っているのがわからず、ウロウロ徘徊してしまった(笑)。
倒れたポーリーの額を撃ち抜いて、ゲームクリアに。

エンディングはまぁ、救いがある感じでいいんですが、いまひとつ謎っぽい感じでもやもやっとしてしまいます。
続編を匂わせているのかもですが、案の定続編の制作は決定しているようで、実際に出てみないとわかりませんが、さてどうなることやら。

グラフィックが非常に素晴らしく、演出も見事でそれだけでも楽しめるゲームなのですが、自分が魔物になって戦うというのもかなり独特で面白かったです。
ただまぁ、彼女が死んじゃう展開はどうかな~というのはあるんですがね・・・。
ダークネスとのやり取りもよくわからない部分が多かったですし。
何も知らずにゲームプレイしていたら、マルチエンディングだと思ってしまうんではないでしょうか。

それにしても360の日本版のフリーズ問題がつくづく残念。
これのおかげで再プレイしようとは思えない。
負荷がかかってのフリーズとかなら避け様もありますが、何でもないシーンでフリーズしてしまってはね・・・。
海外版買うのが一番いいのかもしれません。
[PR]

by overkilling | 2010-08-28 22:59 | ザ・ダークネス

地獄の三丁目

前回の続き。

よくわからない展開ですが「Other World」へ。
死後の世界といったところなんでしょうか。
何となく、「OBLIVION」のMODクエストを思い出してしまいます。

敵が第二次・・・いや第一次世界大戦当時のドイツ兵?
銃器もそんな感じのものばかり。
塹壕といい、このゲームをプレイする前に戦争もののFPSをやりまくっていたのですが、またしても戦争の只中へ突き落とされるとは。

敵はゾンビかフランケンシュタインズモンスターか、って感じなのですが、実際にゾンビなようで心臓を食わないと死んでてくれない。
どうも「倒した相手の心臓を食う」という行動に、ひょっとしてこのゲームはマルチエンディングで、心臓食ってるとバッドエンディングになるのでは、とあらぬ疑惑を抱いていたのですが、ここでは気にせず食いまくり・・・というか食わないとこっちがやられます。
新技のデーモンアームを覚えますが、これは敵を倒すためでなく仕掛けを解くためにあるんですかね。
新ダークリングのカミカゼも同じようなものですか。ここあたりで、このゲームはFPSシューティングというより、アドベンチャーに近いということがわかってきました。

道沿いに望遠鏡があったので覗いてみましたが、何なのかわからず。
しばらく荒野を進むと今度は磔になってる鳥人?がいるんですがこれも何も出来ない。
場所が場所なのでわけのわからないものがいっぱいあるんだろう、ということで、敵を倒しながら先を進むと、基地発見。
ここで敵の攻撃が激しく、また進み方がわからなかったので何度もコンティニューをすることになりました。
ようやく、クリーピングダークで喚気口から侵入することに気づき、中へ入れたのですが、中がけっこう複雑でどこが出口なのやら??
というか、同じような内部構造なので自分がどこにいて扉の先がどこなのかというのがめちゃめちゃわかりづらく、ここで30分ほど迷いまくってしまいました。

ウロウロしつつも仕掛けも突破して、ようやく街へ。
街中にいる味方?の兵士もゾンビなのかっ。けっこうグロいかもしれないと思いつつ、教会を探す・・・のですがなかなか見つからない。
教会というからには十字架が目印に違いないと思ったのですが、結局、扉が目印になっていたようで。
教会の中で曾祖父?と会話になるわけですが、曾祖父はフランケンな顔じゃないのですな・・・。
通路を進んで奥へ。ここから、またも延々とコンティニューになってしまいました。
まずもって最初、通路を塞いでいる鐘のどかし方がわからず。クリーピングダークで鐘が塞いでいる通路の間を抜けられるものだから、延々と蛇になって周囲を探し回ってました。
ようやくデーモンアームで鐘そのものを動かせることに気づき、通路から出たものの、その先もわからない。
敵がけっこう強く、倒してもすぐ復活してしまうのであたふたしながら心臓食いまくってたのですが、先へ進んでも落雷で戻されてしまいます。
この落雷がけっこううっとおしく、クリーピングダークで安全に進もうと思っても落雷でワープさせられてしまう。どうしても先へ進めない。っていうか目標ってどこさ?
はて、こんなに難しい謎があるわけが…と思いながらも延々とコンティニューしながら探し回ってたのですが、単純にダークネスの力を使っている状態で道なりに進めば、目標の十字架が見つかる仕組みでした。
ダークネスガンをもらいましたが、これも使ってるとバッドエンディングになるんでわ?というありえない妄想が脳裡から離れず、結局あまり使いませんでした。
ようやく街に戻って曾祖父と話し、通路を通って何やら秘密基地っぽい場所へ。
ここは仕掛けと敵が混合してるようなとこで、けっこう面白いところでした。
クリーピングダークで先行して敵を探って倒していくのが独特な感じで、全面を通じてもかなり面白かった場面と感じられました。
巨大な列車砲に乗り込んで、ようやくチャプタークリア。
列車砲はありがちといえばありがちなのでしょうが、わけのわからないこの地獄のような場所で唐突に出てくるとこが悪夢的な感じで実にいい。
渋いというか地味というかダークというか、どこかこうネジの外れた頭が思い描くイマジネーションのような不気味さがほんとに独特で、この先はどうなるんだろう?と期待させてくれます。
とはいえ、過度の期待は禁物ですが・・・。
[PR]

by overkilling | 2010-08-22 16:28 | ザ・ダークネス

闇と蛇とジェニー

2008年にスパイクから出た「ザ・ダークネス」をプレイ。

a0094381_17141725.jpg


フリーズの問題があったためか、360の日本語版はあっという間に安くなり、手軽に購入できたのですが、購入後長い間放置してました。
積みゲーを処理しようと思い、FPSゲームものということで気軽に始めてみましたが、これがなかなかに独特なゲーム性・世界観で、意外と面白く遊べました。
以下、雑感です。

・・・の前に360日本語版のフリーズ問題に関して。
問題の詳細は他のサイト等で見ていただくとして、うちの360では、フリーズは難易度ノーマルでゲームクリアまで、1回しか起きませんでした。
うちの360本体は故障のため、「交換」されたものです。
たった1回でもフリーズは起こって欲しくないものです。出来れば、360の日本語版は購入しない方が無難かも知れません。PS3版を買うとか、海外版と買うとか手段は他にもありますしね。

さてこの「ザ・ダークネス」、普通のFPSゲームかと思ってたら大間違いで、どちらかと言うとストーリー重視のアドベンチャーゲームに近いような感じでした。
アドベンチャー的ということはパズル的な謎解きなんかもありますし(かなり簡単な部類ですが)、マップの移動もある程度は自由に出来ます。
かと言って自由度が高いかと言うとそうでもなく、かなり制限された箱庭系ゲームと言ったところでしょうか。
メインクエストの他にサブクエストもありますし、意味深な世界観もありますし、何より自分が怪物化?してマフィアを倒すというのが独特過ぎて、あまり他では見られないゲーム性を有していると言えるでしょう。

2年前のゲームですが、グラフィックは今見てもかなり凄い。ほぼ全編が夜の街を舞台にしており、彩度を落とした色調はホラーな雰囲気も相俟ってこれまた独特の世界になってます。
このゲーム、マイナーな雰囲気からしてあちこちで高い評価を受けているのが不思議に思えるのですが、この存在感のあるグラフィックスがあればこその高評価なのではないでしょうか。

操作性は特にいいというわけではないのですが、慣れると問題なく感じます。
マップが多少わかりづらいといいますか、次への目的地を知る手段がゲーム内で得ることになっており、気づかないとどこへ行けばいいのかさっぱり、てなことにもなりかねません。
また、目的地へのアドバイスがない場合もあり、気づかないとかなり苦労したりします。
特にサブクエストのいくつかは「気づくかこんなもん」みたいなものもありますので、攻略サイト等を素直に見た方がいいようです。

エンディングはひとつしかないので、道中で何をしようが、クリアまで来れるならOKということになります。
選択肢などは存在しないので、プレイ自体は気軽に出来ます。ストーリーはやや重いですが。

では、各チャプターの雑感を・・・。

「Chapter 1」
オープニングのカーチェイスシーンは圧巻。ここを見るだけでもゲームをやる意味はあるように思えます。
演出がとにかく凄まじいです。
ここは制作者もかなり力を入れたところなのでしょう。残念ながら、演出的にはここが一番凄いところなのですが・・・。

カーチェイスが終わって自由に動けるようになると、銃を入手したりするわけですが、この銃が撃ってるとすぐ弾切れになってしまいます。
最初、動作確認でプレイしたときは速攻で弾切れになり、マフィアに成す術なく惨殺されたのですが、敵を倒してその敵の使っていた武器を集めながら進むというのがわかればなんとかなってきます。
基本的に、銃器は敵を倒して落ちているものを拾う、という形が多いです。殺し屋として育てられたのに、銃ひとつ持ってなかったんでしょうかジャッキー君は。

まだダークネスの力を使えないこの序盤の戦闘場面は、ゲーム内でも屈指の難易度になっています。
敵数人とまともに撃ち合うと瞬殺されるので、リアルっちゃあリアルなんですが、ハマってしまうと投げ出したくなる難易度です。
特に、墓場での戦闘は大人数を相手にするので厳しい。どこから撃たれているかもわからないので、とにかく保身を考えながらのプレイになります。
おそらく、この戦闘を抜けさせておいてから、ダークネスの力を使ってマフィアどもを蹂躙する、みたいなカタルシスを感じさせたかったのでしょう。
が、私は投げ出してしまいたくなるくらい、墓場でコンティニューを繰り返しました。
おまけに死ぬとダークネスがいちいち語りかけてくるので、うっとおしいったらありゃしない。ちょっとキレかかってしまいました。

が、ダークネスの力を使えるようになるとまさにゲームが一変。終始お世話になるクリーピングダークは暗黒の爽快感バツグン。
このゲーム面白いかも!?と思える瞬間です。

ところで、最初の車の男って、どうなったんでしょうね?

何だかよくわからないうちに怪物化した主人公ですが、ここからいきなり彼女の部屋に向かわねばなりません。
この落差というか、相反するふたつの世界観の組み合わせがこのゲームの独特さのひとつでもあるのでしょう。
ここはアドベンチャーパートと言いますか、自力で彼女の部屋を探し出さないといけません。ヒントはあちこちにありますが・・・。
私は探すのにめちゃくちゃ手間取ったので、しばらく彼女の部屋で「フラッシュゴードン」を観ておりました(1本分丸ごとゲーム内のTVで観られる)。

ここからまた別の場所へ移動せねばなりません。
移動は基本、地下鉄を使うのですが、最初適当に地下鉄へ乗って、降りたところでおばあちゃんに話し掛けたら、「あなたの行きたいところは反対側の駅よ」などと言われ、「えええそんなに自由度あるの?」と驚いたものでした。
地下鉄の構内には街中と違って人もたくさんおり、ここで人々との交流があります。何だか20年くらい前のRPGか何かのようです。
駅構内では銃も抜けませんし、案外そういうRPGがモチーフなのかも知れません。
また、駅は実のところ、ふたつしかありません。このふたつの駅から行ける地区がいくつかあり、そこからさらに行ける地区が少しある、というのがこのゲームのフィールド。決して狭いわけではありませんが、そう広くもないというのが、いかにもゲーム的であると言えるでしょう。
グラフィックはリアルですが、システム的にはゲーム的な面が目立ち、両者のバランスをうまく処理していると思います。

仲間のブッチャーの店へ。
恋人とは違って、マフィアものっぽい、少々ダークな雰囲気があります。
ここから警察隊が突入してきて激しい戦闘になるあたりは、良い意味で映画的とも言えるでしょう。
ダークネスの力を使って、相手から「人間じゃねえ!」と言われつつ警官を食い殺していくのは何とも言えないカタルシスを感じさせます。
ここでヘリが出るのですが、普通のヘリかと思いきや、バリバリの戦闘ヘリだったのでビックリ。
で、こいつが撃ち落とせない。撃たれると蜂の巣なので、逃げ回らねばならないのですが、少々やっかいというか・・・またしてもここで何度もコンティニューするハメになりました。

この後、ビリヤード場へ逃げ込むのですが、てっきり店にいるのはマフィアか何かだと思い、クリーピングダークで全員食い殺してしまいました。
直後に、何でビリヤードの客を殺さにゃならないんだろ?とハタと気づき、コンティニューポイントからやり直して今度は全員生かしておいたのですが、地下鉄と違って街中にいる人間は敵でなくても殺せてしまうようです。
で、これがゲームの進行にはほとんど関係ない(一部サブクエストに関係する人間はいますが)のが、ちょっともったいないような。
サブクエストもストーリー展開には関係ないのですが、雰囲気を味わうだけというのは惜しいという気がします。
ありがちですが、人を助けたり良い行いをしているとグッドエンディング、とかあっても良かったかも。

「ダークリング」という、子分の小悪魔みたいなのを召還出来ますが、こやつ戦闘では役に立つときと立たないときが。
速攻で殺されてる場合もありますし、逆にこちらがピンチのときに敵に襲い掛かってくれてるときもあり、またストーリー進行にも関わるので、召還するのは必須となるのですが、どうも戦闘では思うように使えるわけではないようです。
そのあたりも魔物っぽいところと言えるのでしょうか。

戦闘に関してですが、基本街中か、建物内での戦闘になります。
撃ち合いを演じるとけっこう危険なため、クリーピングダークで遠方から忍び寄って食い殺しまくるのがいいのですが、これがけっこう楽しい。
行けるときはルートのずっと先までクリーピングダークで侵入できたりするので、自分が闇の力を使っている感ありありで面白いです。
ただ、ダークネスの力は光があると使えなくなるので、敵にバリバリ撃たれているときにこちらはさびしく電灯を撃ってる、っていうのが、ちょっとむなしくなる瞬間が何度かありました。

戦闘をこなしつつ先へ進んでいくと、線路へ出ます。線路=地下鉄駅なので、安全地帯は目の前。
ここで「ガンナー」なる新種のダークリングを召還、ガトリングを撃たせて地下鉄を止める、という展開があるのですが、私は一度目はガンナーを召還したまま先へ進んで地下鉄に轢かれ、二度目はわけもわからずボタン押してたらガンナーがガトリング撃ったので、こいつすげーなーとか思ってたら地下鉄が止まってた、という、割りと情けない展開になってしまいました。

駅でジェニーとジミーに会います。ジェニーはいい感じです。

ここから精肉工場襲撃へ。
配電盤の場所は最初さーっぱりわからず。クリーピングダークで壁の向こう側へ侵入し、ウロウロしてたらいつの間にか破壊してたのですが、町の人のヒントわかりづらいっ。
工場だからか電灯も多く、戦闘は困難。ときとして敵を撃ちまくった方が早い場合も・・・。
ここでの戦闘はけっこう激しく、何度かコンティニュー食らいました。

ミッションを済ませて駅へ。
次は孤児院へ向かいます。

この孤児院での演出は・・・まあ、ありがちというか・・・。
この後のジェニーの末路を盛り上げるための演出だと思うとちょっと悲しい。

ジェニーの末路はあんまりという気も。
ジャッキーが自害してしまうのはわかるんですが、その後は普通に暮らしてしまうことになりますし、ストーリー的にもあまり復讐劇という感じはしませんし(ラストあたりはその雰囲気も出てるのですが・・・)。
このあたりから少々ちぐはぐとした面が見えてきてしまうような気がします。
ジェニーのいない世界で、一度死んだジャッキーは何をなそうというのでしょうか。
ここが見えてこないのは、このゲームでもっとも残念なところかもしれません。
[PR]

by overkilling | 2010-08-08 17:22 | ザ・ダークネス