カテゴリ:ベルベットアサシン( 7 )

ベルベットアサシン感想

「ベルベットアサシン」の感想&四方山話です。
ネタバレ当然なので、クリアされた方向けの記事です。

More
[PR]

by overkilling | 2009-10-29 19:37 | ベルベットアサシン

ベルベットその6

「ベルベットアサシン」ようやくラストステージまで。
ああ…。

「灰色の世界―病院」
現実の世界でのプレイに。トランス剤が使えなくなりますが、まぁ今まであんまり使ってこなかったしいいか。
バイオレットがしきりに「武器を見つけなければ」というので、ナイフも持っていないのかと思い、ほんとに必死で探してた(笑)。
部屋で自害している院長?を見つける。
なるほろ、いつぞやあった謎のムービーはこれか…。
兵士が来たのでクローゼットの中へ。

武器がないと思っていたので、別の部屋へ。
影の判定がわかりづらく、あっさり見つかる。
再開してあちこち回る。
と、そのうちナイフを持っていることに気づいたので、廊下の兵士をサイレントキル。
中庭?へ。
兵士が2人いるので、口笛で呼んでキル。

奥の部屋へ。
影が少なく、巡回している兵士をサイレントキルしづらい。
ここもけっこうやり直してしまう。
兵士が3人いる部屋へ。バイオレットの柵の飛び越えが色っぽいなぁ。
ここも口笛で呼んでキル。
サイレントキルで、バイオレットが兵士をめった刺しにしている…。
余計見つかりそうなんだけど。

やっとで病院の外へ。このゲーム夕暮ればっかりだなぁ…。
久々に草むらに隠れる。
兵士に見られないように考えながらサイレントキル。

教会?に。
ライトを持っている兵士がいて、こいつがやっかい。
見つかるかどうかがわかりにくい。
結局は口笛で呼んでキルなのですが…。

教会から出たとこに2人の兵士。巡回してるのは一人なので、口笛で呼んでキル、残りのタバコ吸ってる兵士は楽にキル。

小屋から奥へ。
ここも何回とやり直すハメに…。
小屋の前でしゃがんでいる兵士は、このエリアに入ってすぐに直行すれば小屋に入らずに処理出来る。
で、死体を小屋に隠し、小屋の中で待ち受けて巡回兵をキル、最後の中央でぼけとしている兵士は背後から楽にキル。
次のエリアの池のとこの兵士は、奥の兵士の視界を考えてタイミング見て口笛を吹き、呼んでキル。
その奥の兵士は近寄ると立ちション始めるので、楽にキル。
奥のエリアへ。ここで妙なことが。
トラックの前に兵士がしゃがんでいたので、初回の時に回りこんでキルしてたのですが、コンティニューしてからはしゃがんでいる兵士が途中で立ち上がって、どっかへ行ってしまうようになった。
なんでだろう…?
残りの兵士はトラックの影に隠れつつ口笛使ってキル。

小屋の中へ。ようやく武器を見つける。
しかし、小屋から出ると兵士が待機してて警戒中。
サイレントキルは出来ないようなので、銃で倒す。
ところが敵の第2陣が難しい。岩の陰に隠れて銃撃って倒してましたが、ここも何回もやり直すことになってしまった。
ここはかなり難しいというか…。
ただ、逆にそれっぽい銃撃戦は楽しめた気がします。
俺様サイキョーな突撃型TPSより、必死に隠れて影から撃つ、みたいな方がこのゲームの世界観には合ってるんじゃないでしょうか。
そもそも世界観を重視したゲームなわけで。


「村」
ついにラストステージ。ナチに虐殺されている村の中を進んでいかねばならない…。
映像としては見られませんが、終始悲鳴と銃声が聞こえ、しかも村人の死体があちこちに転がっている。
ぶっちゃけ、ここかなりの鬱ステージで、ここまでやる必要はあったの?とプレイヤーに思わせたいがためにここまでやってる、という気がする。
正直言って、プレイしていて不快でした…。

何を燃やしてるのかわかりたくもない焚き火の場所に3人の兵士。
一人は火炎放射兵。
ここは家の影から口笛で一人づつ呼んでキル。
しかし、キルすると必ず見つかってしまうので、家の裏に逃げて警戒が収まるのを待つ。
綺麗じゃないのでこういうプレイは嫌だったのですが、もともとこのステージはサイレントキルを考えて作られてはいないため(銃で倒すようにステージが作られている)、サイレントキル数にこだわりたいならこうするしかない。
で、3人ともすべてキル。

次の街道のシーンは苦労。各兵士の動きがわかるまでコンティニューするハメに、が、ここも地上にいる兵士はすべてサイレントキルする。
ところが、実は建物の2階にも兵士が一人いたのね。
これは気づかないまま、忍び足で抜けてしまった。
後になっていろいろ探してたら急に撃たれたのでビックリでした。
ここからの道にいる兵士は銃撃で始末。
家から、埠頭が見えるパートへ。兵士が多く、影が少ない。
車と箱の間の隙間に隠れていると、兵士が一人奥からやってきて、ドラム缶のそばで休憩する。
こいつからまずサイレントキルしていったのですが、こいつ、車の陰に隠れているこっちを見つける時と見つけない時があって、何が違うのかがさっぱりわからなかった。
きっちりしたパターンにならないので、仕方なく家の中にいて、兵士が来てから出て行ってキル。
しかし、どうしても見つかってしまうので、急いで家の中へ引き返し、警戒が収まるのを、待つ。
奥の埠頭を歩いている兵士と、こっちへ向かってくる将校の視線に気をつけつつ、出ていって右側にある影の中へ。
ここで口笛を吹くと将校が来るので、埠頭を歩いている兵士の視界に入らない時にキル。
で、死体を影に隠す。
今度はちょっと先の影に移動して、口笛。すると埠頭を歩いている兵士が来るので、後ろを向いたとこを走って近寄ってキル。
キルするところを見られなければ戦闘モードにならないので、影に引き返せば警戒してる兵士が来ても見つからない…のですが、何回か見つかったことが。
また、見られないうちにキルするのが難しかった。
ところが、この巡回してた兵士をキルすると、増援が来てしまう。
正面で後ろ向いてる兵士はあっさりとキルし、さて残りの埠頭にいる3人。
この3人、互いをカバーし合う位置で見張っているので、誰をキルしても必ず見つかってしまう。
右と真ん中の一人はサイレントキル出来ますが、背後から撃たれて多分死んでしまう。
なので結局、右の兵士を車の陰からヘッドショットで倒し、後は銃撃で倒すことになってしまった。

ここから進む場所がわかりにくいですが、ちょっと戻って炎の横の路地から奥へ。
ちなみに、はるか前の街道にある建物の中に兵士と将校がいるんですが、コンティニューポイントの関係でスルーすることになってしまった。

家の中へ。
虐殺が行われている…。
家の外に3人の兵士。窓からドラム缶を撃って爆発、もう一人は家の中に来たところを銃撃。
ただ、ここは2階から外に出られるので、もしかすると一人はサイレントキル出来たかも。
道に出て、このゲーム最大の鬱場面へ。
村人が集められている教会に火が放たれ、まさに地獄絵図…。
断末魔の悲鳴(しかも女子供の声だ)が空気を切り裂く中、銃撃で戦わねばならない。
これはほんとに、鬱ステージの最たるものでは…。

小屋の陰に隠れておいて、教会を銃撃している兵士のうち、こちらを向いている兵士が再び教会を撃ちにいったところで入り口付近まで出て行き、火炎放射兵のバックパックを狙って銃撃。
爆発が起こるので急いで小屋の陰に引き返す。
で、陰から銃撃。
リロードに気をつけねばなりませんがここは楽。
悲鳴が響く教会の敷地内へ。右側の箱と車の間に隠れ、左右から来る兵士を銃で倒す。
ここ、箱に隠れていると見つかってしまってあっさり銃なり火炎放射なりで倒されるので、箱と車の陰にいるようにするといいです。
特に右側から来る火炎放射兵には注意。車の陰にいるとおそらく見つからないので、いきなり炎を浴びるようなことはないとは思いますが…。
最初箱の陰に隠れていたら、どんどん見つかってむちゃくちゃ撃たれるわ炎食らうわで、それなら右側の火炎放射兵から…と思って車の陰に移動したら、むちゃくちゃ楽だった(笑)。

エンディングはムゴいとしか言い様がない。
エンドロールまで見ると一応は救いのある結末になっているようなのですが、ほんとに地獄のような最終ステージが鬱過ぎるとしか言い様が…。
プレイしていて終始不快感が募っていた。

バッドエンディングが嫌いな人は、避けた方がいいゲームかも。
[PR]

by overkilling | 2009-10-29 19:34 | ベルベットアサシン

ベルベットその5

「ベルベットアサシン」の「第三の男」ミッションもいよいよ最後の面。
ここらへんからちょっと狂気入ってますね…。

「第三の男―収容所」
箱を動かして明かりをさえぎり、ドアを開けて正面にいる見張りの背後に回ってサイレントキル。
…こういうのってリアリティがないですな。
その後の、覗き窓?がついてるやっかいな通路が難しい。
見つからなければいいだけではありますが…。
ロッカーからルガーが多数見つかるけど、さくっとクリアしたい人向けなんだろうか。
でもルガーだと音がするよなぁ…。

ライトを持っている見張りが怖い。上手くやらないと影に隠れていても見つかってしまう。
制服を入手して近くにあるクローゼットで着替える。
ここでまさか着替えが出来るとは思わなかった。

食堂?へ。
見張りに気づかれないように奥まで移動。
ここはさすがにサイレントキルは難しそうだ。
扉を出ると、ついに監房へとたどり着く。
時々、悲鳴やら怒声やら笑い声が聞こえる。音だけだけど、物凄く重苦しい雰囲気。

監房は吹き抜けになっており、2階の回廊へ。
奥の扉が開かないので3階へ行くと、コンソールがある。
が、兵士が邪魔でなかなか近づけない。何回も行き来しつつスイッチを入れる。
ところで、この場面で階下にいる兵士にも変装メーターが反応してしまうのはおかしい。
これのおかげでちゃんとした攻略が出来ない。
結局、走って抜けてしまう雑なプレイになってしまう…。

開いた鉄格子から奥へ。
またコンソールがあるけど格子が開かない。
奥の扉に入ると、所長の部屋みたいなところが。
不快なステージの腹いせに、テーブルの上の写真立てを撃って粉々にする。
さらに奥の広い部屋へ。
ここに入ってすぐ、将校がドアを開けて入ってきてしまう。
慌ててクローゼットへ隠れると、また出て行ってしまった。
が、あの将校サイレントキルできるじゃ?と思い、コンティニューポイントからやり直して、今度は部屋へ入ったらすぐ着替え、扉がある壁に張り付いて将校が入ってくるのを待つ。
で、将校がテーブルに近づいた時にサイレントキル。
また兵士が入ってくるかもしれないと思い、将校の死体を運んでいたら、不意に選択コマンドが画面に出た。
何かと思ったら、壁に飾ってある絵画に仕掛けがあって、壁が開くようになってるのね。
偶然見つけたので笑えてしまった。

現れた通路を進んでいって、奥にいた所長をサイレントキル。全然気分は晴れない。
戻って、鍵を取ってさらに戻る。
コンソールのスイッチを入れ、ここからさらに戻っていく。
開いた鉄格子から中へ。ロッカーにショットガン。ショットガン背負った女親衛隊って何か嫌だなぁ。
ここの食堂に収集品があり、兵士3人をサイレントキルしたいので、服を着替えてやってみる。
が、結局中央を歩いている一人をトランス剤使ってキルし、ドアから出て警戒が収まるのを待ち、残りの動かない兵士は一人を柱の影からショットガン、もう一人をトランス剤。
しまった、トランス剤3つ持てるようにしておけば3人ともサイレントキル扱いになるのか…。

奥の影が多い部屋へ。楽にサイレントキル。
一箇所、処刑用のロープが下がっている場所にいる兵士をサイレントキルする時に、幽霊が出る演出がありますね…地味~~に怖い。処刑された人たちの無念を晴らした、と解釈したい…。
奥の部屋の穴に近づくと、クリアに。

何とも重苦しく、悪い意味で息が詰まるようなミッションでした。

「ル・ブッフ」
屋外から始まるとは。「LEFT4DEAD」みたいでゾンビが出そう。

敵兵を始末して道なりに進むと、橋が壊れてる。
あたりをウロウロすると小屋があった。兵士もいるので、口笛使ってサイレントキル。
でも後でよく見たら、はしごがあって天井から小屋の中へ入れるのね…。
地下室へ降りて電力のレバーを入れる。
これでボートが動く、と。ボートってどこだ…。
小屋の外に出ると外にあった。
クレーンを動かし、ボートへ。
ちょっとエロいセリフのムービーシーンが入る。

桟橋になぜか親衛隊の服が。何でこんなとこに?
さっきの会話はターゲットのカム中佐と親衛隊の女性隊員だったのか?
壁際にある着替え用のロッカーで着替えて、娼館?の中へ。
いきなり目の前で一家が死んでる…。子供の首吊り死体はいくら何でも…。
殺す場面がなければいいってもんでもないと思うんですが…何か倫理規定を逆手に取ってないですか?

兵士を避けつつ、テーブルの収集品を盗る。
扉から外の通路へ。
開いてる門から中へ入る。通路の奥の兵士が気になりましたが、親衛隊の格好ではサイレントキルは出来ないし…。
ここで扉が開かないので悩みましたが、積んである箱を登っていって屋根へ。
そういうのは見られても変に思われないのか…。

部屋の中へ入り、すぐにクローゼットで着替えて、兵士たちをサイレントキル。
扉がたくさんあるのでひとつひとつ調べていく。
奥のちょっと広い部屋で、警戒モードになると扉を開けて行き来する兵士が。
これをサイレントキルするのにちょっと手間取りました。
この奥の部屋の兵士も、口笛で呼んでキル。これを何回もやり直すことになってしまった。

奥へ進み、金庫から書類?を発見。
外へ出て、中庭の兵士を暗殺。
トンネル前の扉から入って、兵士を一人暗殺、地下へ降りてアイテムを取る。
戻って、難所へ。
この先のトンネルをくぐったとこの兵士たちが難しい。
暗視装置を持ってるとかで、影にいても見つかってしまう。
トンネルのとこの箱の影で口笛を吹いて一人づつ呼び出し、サイレントキル。

風車塔へ。敵はいないのですぐに3階ベランダ?へ。
カムのお楽しみを覗いてる兵士がいれば面白かったのに(笑)。
カムの暗殺はちょっと変な感じで、なぜだか部屋の中にあるドラム缶を狙撃して爆発させて始末。
なんで寝室にドラム缶があるとですか…?
風車塔を降りて、外へ。警戒中の兵士が3人いる。
この兵士たちもサイレントキルしたいので、車と箱の間に隠れて待つ。
兵士たちが諦めて背を向けたとこで箱を飛び越え、右の壁際の影の中へ。
すると、すぐに一人の兵士がこっちへ走ってきて、「絶対に見つけてやるぞ!」とか何とか叫ぶ。
これはサイレントキル狙いのプレイヤーのための仕掛けなんでしょうね。ちょっと受けた(笑)。
この走る兵士が去っていった後、また兵士が一人来るので、車の陰に隠れつつ反対側の壁際に行ったところをサイレントキル。
で、死体を影に隠し、壁際で口笛を吹くと、壁の向こうの兵士がやってくるので、同じようにキルし、死体を隠し、また壁際で口笛吹いて呼んでキル。
これで3人を始末。

このミッションはスタート地点に戻らねばならないのが面倒。
湖のとこまで来ると、どう考えても普通にサイレントキル出来ない兵士が2人来る。
口笛を吹いても、隠れていられる場所がない。
なので結局、トランス剤2本を使ってサイレントキル扱いに。
湖を渡った後、小屋から進んだところのトラックにいる将校と兵士が難しい。
コンティニューしたら立っている位置が変わっていたり…。
簡単に始末出来る位置にいた時にキルしたけど、これでいいんだろうか。
バリケードのとこの兵士は後ろへ回り込んで始末。
これでクリアに。

中盤の、変装して進入した場所の兵士をキル出来なかったのが心残り。
後半は普通にサイレントキル出来ない兵士がいるのが残念。
一定数サイレントキルすればクリア後の評価で「暗殺者」が取れるからなのでしょうけど、ゲームの自由度が悪い方向に行っているような…。
サイレントキルの数で評価ランクが決まるっていうシステムを、トランス剤を使ったサイレントキルが壊してる気がします。
[PR]

by overkilling | 2009-10-27 01:06 | ベルベットアサシン

ベルベットその4

「ベルベットアサシン」の続き。
実績解除に「5時間以内にクリアする」というのがありますが、てことは急いでも5時間前後はかかるということですかね。
サイレントキルばかりを狙わず銃を使って、トランス剤も使えば、ルートさえわかっていれば短時間でクリア出来る、かな。
でもそのためのプレイっていうのもちょっとなぁ…。
どうもこのゲーム、面クリア後の評価ランクとか全然意味のない扱いをされてる気がするんですよね。
オンラインでスコアを競えるわけでもないし…。
意外とプレイスタイルには幅があって、楽にクリアしようとすれば出来るし、サイレントキルで全部始末しようとすればかなり難しくなるし、ルートは1本道なれど敵兵の倒し方なんかはプレイヤーによってけっこう違いがあるんですが(まったく同じだとか言ってる人はそうしようとしてないだけ)、ただ、それが上手くシステムに噛み合っていない気がします…。
どうしてもサイレントキルすると見つかってしまう場所もあるし、その一方で見つかっても前のエリアに戻れば安全、っていうのもあるし、穴があるというか綺麗に出来ないというか、雑なプレイになってしまうのがちょっと不満に思えてきてます。う~む。

「第三の男―下水道」
この下水道の雰囲気はなかなかいい感じ。ただ、ストーリーも合わせてかなり重苦しい感じ。
影がたくさんあるのでサイレントキルも容易。
ターゲットの工作員が連れ去られるムービーが。てことはあと2人?
で、下水道管の中で2人目を見つける。意外にもテンポが速い感じだ。

ここから、トタンや木材があるちょっと広めの場所へ。
ここの2人の兵士をサイレントキルするのに、かなり苦労。
特に奥にいる兵士がなかなか上手くいかなかった。口笛で呼び寄せても、背後に回るまでの時間が足りなかったりね。
で、この後が実は問題。
円形の場所で、2人兵士がいるのですが正面の兵士をサイレントキルすると奥を巡回している兵士に見つかってしまう。
煙で奥の兵士がよく見えないし、影の隠れてる判定がいまいちわかりづらく、兵士に近づくとすぐ発見されてしまう。
結局発見されながらもキルして、逃げて隠れて警戒が収まってからキル、という綺麗じゃない形になってしまった。
けっこう長いムービーが入る。バイオレットはレジスタンスにかくまわれているのか。

ガス部屋へ。ここもサイレントキルの順番がわかるまでかなり苦労。
最初に1階の会話が終わった兵士を一人キル、次に吹き抜け2階の最初の兵士をキルして隠し、そのまま廊下の兵士をキル、1階へ戻って残りの一人をキル。
もっといい方法がありそうですが、これで何とかいけました。

で、次のシーンもかなり難問。
影の判定が見た目でわからず、移動してるとバレてしまう箇所がいくつかある。
さらに移動するのも難しいので、何度もトライ&エラーに。
が、やってるうちにドアを開けて走って移動すれば、かなり奥まで行けることに気づく。
これでスタスタ奥まで進んで一人をキル、もう一人も楽にキル…と思ったら、2人殺した時点で増援が来てしまうのね。
増援3人もサイレントキル目指して出来るまでコンティニュー。けっこうつらい。
そういえば、火炎放射されてやられてコンティニューすると、以降のプレイ時にも火炎放射のグラフィックがずっと残ってしまっていた。
バグは勘弁してほしいなぁ…炎で敵兵が見えんっ。

「第三の男―ゲットー」
連れ去られた第三の男を追って、地下を進む。
いきなり首吊りで自害した男の死体が…。が、こんなのはまだ序の口だった。

地上に出て、ドイツ軍が占領中の街中へ。
そこかしこに死体が転がってる…。
トラックが停まっている広場にドイツ兵が4人。全員、サイレントキルする。
3人は口笛で呼び寄せ、小屋の前の一人は背後からグ去り。
背景の遠くの建物と建物の間に、橋が見える。
あれを渡るんなら凄いなとこの時思ったものでしたが、そうでした。
ルートは1本道なんですが、フィールド自体はけっこう広く作られているんだなぁ。
次の少し広い広場にも敵兵が4人。この4人をサイレントキルするのに苦労。
将校を見つからずにキルする方法がなかなかわからず…。
結局、会話してる間にずっと右まで行ってしまい、そこにいる兵士を暗殺、そこから口笛で将校を呼び寄せてサイレントキル。
残りの一人は影伝いに近づいてキル。
はしごを上って小屋の上に。
小屋を伝っていくシーンとかあれば面白いのに。
狙撃用のライフルを入手出来ますが、あくまでも兵士はサイレントキル。

家具が散らばっている街の大通りへ。
狙撃兵がどこかの窓にいるらしいんだけど、どこなのかさっぱりわからない。物陰に隠れても撃たれる。
スコープで必死に探すもどこにもいない。そもそも窓が全部閉じてるし…。
で、もしや通りの奥の建物?と思って覗いてみると、いましたスナイパー。
さすがにコイツはサイレントキル出来ないでしょうから狙撃で倒して、通りにいる2人は口笛を使ったサイレントキル。
で、さっき見た橋へ。うわ~このステージはなかなかパノラマだ。
向かいの建物に兵士が2人いて撃たれたので、狙撃して倒す。でも、その建物内に入るのを考えると、これもサイレントキル出来たのではなかろーか…。
下へ降りて、狭い路地を進む。途中の穴から入ると…子供の死体とハチ合わせに…何という悪趣味。
しかもここ、セーブポイントがあるため、コンティニューするたびに子供の顔を見なきゃならんのですよ! しかもこの先のポイントがけっこう難しいし。ちょっと勘弁して欲しい。

収容所への入り口を見つけて、中へ。
通気口へ入ったところでクリアに。なんだ、通気口を進んでいくシーンがあるかと思ったのに。

次回は収容所なので、残虐描写が不安です。
洋ゲーは好きだけど、ゴア表現は嫌いなのだな…。
[PR]

by overkilling | 2009-10-26 01:47 | ベルベットアサシン

ベルベットその3

「ベルベットアサシン」3つめのエピソードへ。
潜入と破壊工作はスパイの基本ですねー。
ただ、難易度も相当アップしてますが…。

「港の灯―埠頭」
バイオレットの髪型と潜入服?がカッコイイ! 気合入るな~。

開始後、小屋の中でラジオを消して、つけにきた兵士を暗殺。
このステージ、今までと違ってかなり硬質な印象。
モノクロ映画みたいな、彩度を落とした映像がカッコイイ。

港をトラックと荷物の影に隠れながら進む。
金網を乗り越えるアクションも登場。これ、エロいですね…開発者が尻フェチなのか。

箱を押してはしごへ、建物の中へ潜入。兵士も多い。
ここからはほんとトライ&エラーの繰り返し。
ゴリ押しはせず、とにかくサイレントキルを狙う。
部屋の中で防弾チョッキ発見。防弾チョッキくらい最初から着ていてもいい気はしますが。

奥地でクレーンのスイッチを押す。
ここからどうするのかわからなかったのですが、箱が移動して外に出られるようになっていた。

物資置き場に。
影の中でないとサイレントキルしても他の兵士に気づかれるので、かなり苦労。口笛が大活躍。
街灯によりかかっている兵士をキルし、建物の中へ。
なんか、最後の一人を始末する時は絶対に発見されないので、余裕でキルすることに邪な楽しみがあるような。
毒されてきたかな…。

また外に出て、穴を通って塀の向こうへ。
すると、港にUボートが泊っている…!
すぐ近くに3人の兵士がいますが、手榴弾のピンは抜かず全部サイレントキルで始末。

小屋の中に男が眠ってるのですが、刺しても何も起こらない。
はて、船長ってこれじゃないのか?
疑問に思いつつも、ナイフで十回くらい刺して外へ。
はしごを上がって小屋に入り、クレーンを動かす。
珍しくムービーが入る。いつも入るとわかりやすいかも。
クレーンを伝って、建物の中へ。
外に出て、橋を渡る。この面はいろいろ凝ってるなぁ。
霧にむせぶ港をこっそり進軍。この面あたりから、暗殺した死体を隠す必要性も出てきていて、とても楽しい。

敵兵を見ていたら、将校の歩き方がいかにもそれっぽくて笑える。
ここらへんから集中力が切れて、ちょっといいかげんな進め方になってしまった。
将校に見つかり、Uボートから兵士が銃撃ってくるようになってしまう。こいつ隠れキャラなのね。
仕方ないのでこちらも銃で反撃。あのUボート兵はさすがにサイレントキル出来ないよなぁ…。
どんどん進むと、小屋の窓からこっちを見てる見張りがビビる。
兵士を始末し、金庫から書類げっと。
ここからも道なりに…と思ったら、小屋の中で男が寝てる。
こいつを暗殺して、実績解除。なるほろ、船長は2人いたのか。
どんどん暗殺して進む。面白い。ここへ来て、「ベルベットアサシン」のゲーム性が全開している。
橋まで行くとクリアに。

「港の灯―倉庫」
ここは相当数やり直しに。始まってからすぐじゃないと、タンクトップを着た兵士をサイレントキルしづらくなってしまう。
何かあると兵士の位置が変わったりするんだよね…。
で、残りの2人は電流で。最初は2人目を電流にかけるのが上手くいかなかった。
タイミングとか考えないで、スイッチ入れまくりでいいのか…。
でも、出来ればこいつらもサイレントキルしたいなぁ。

大きな倉庫へ。
橋にいるタンクトップ兵は、サイレントキル出来なかった。
口笛で何とか出来そうだったけどなぁ…う~む。
進むと、唐突に誰かが自害しているムービーが入る。なんだこれ。

奥へ。二人の兵士がやっかいで、これもサイレントキル出来ず、結局銃で始末。

扉を開けると、いきなり兵士がこっちに向かってくる部屋が。
ちゃんと鍵穴から見ないとダメだなぁ…。

巨大な倉庫内へ。
中央の部屋でショットガン発見。これはまた銃撃戦?
部屋から出ると、いきなり新規の兵士に見つかる。鍵穴から見ないとダメだぁ。
今後はこういう仕掛けが多くなるんかな?
で、この兵士、動きがちょっと変。どうも先に始末した兵士の死体に気づいて警戒してしまうらしい。
巡回してるので、死体隠す場所もあるんだかなぁ…。
数回やり直して入り口の兵士をキル、奥にいる2人の兵士もサイレントキル。ここはほんとに何回もやり直してました。

外へ。ここも異様に難しい。
ルート的に、サイレントキル出来る影がない。
何かすればすぐ見つかってしまうし…。
口笛で一人はキル出来ましたが、他の二人が無理な感じ。
コルトで壁を撃つと将校がそちらへ向かうのですが、だからどうしたという感じで…。
何度もコンティニューしているからか、たまに列車の向こうに兵士が湧いていたり。これはバグだろう。
また、強引に列車の陰に入ったら、増員兵が来てしまって手詰まりに。
一人はあちこち走り回る始末で、どうやらこれも手順としては間違いらしい…。
結局、セコいのですが、銃で撃って見つかったらドアに入って警戒が収まるのを待つ、というやり方でクリアしてしまった。
ハードモードやる時にリベンジしたいなぁ…。

ようやく爆弾をセット、逃げる。
何で列車の正面が爆発するんだろう…。
敵兵も出ますがサイレントキルしてる場合じゃないので、ショットガンで撃ち倒す。
出口がわからないので道なりに。
車がゴールというのは知っていたのですが、トラックに近づいても何も起こらない。
ようやく高級車を見つけ、ゴールに。トラックでもいいやん…。

しかしむちゃくちゃハマっております「ベルベットアサシン」。
単純に何度でもトライしたくなる面白さがありますね。
[PR]

by overkilling | 2009-10-23 21:56 | ベルベットアサシン

ベルベットその2

ミッションが進むにつれてどんどん面白くなってくる「ベルベットアサシン」。
慣れですとか難易度的なこともあるのでしょうが、後半の面になるほどエリア構成や仕掛けがなどがじっくりと練られているように思えます。
敵兵の倒し方はそれこそ千差万別で、トランス剤や銃を使って楽に抜けることもできますし、ひたすらストイックにサイレントキルを狙うことも出来る。
サイレントキルにしてもいろいろな方法があり、同じ敵に対しても巡回路で待ち受けてキルしたり、口笛を吹いておびき出してキルしたりと、意外と多彩。
いろいろ攻略している動画を見ると、けっこうみんな違ったサイレントキルの仕方をしているのですな。
でも、海外のプレイヤーさんたちはほとんど銃でゴリ押ししちゃうのね。
一応サイレントキルの回数は面クリア後の評価に入っているし、実績解除にも関係しているので、コアなゲーマーなら狙いたくなると思うし、ゴリ押しではなく綺麗にサイレントキルを決めていくのがこのゲームの醍醐味だとも思うんですが…。
というか、それに気づいてからこのゲームの面白さがわかった(笑)。
最初の面は簡単なのであまり面白さを感じられないのですが、中盤以降はどうやって見つからずに敵を全員サイレントキルで屠るか、これを考えるのが実に楽しい。
マニア向けなゲームではあるとは思いますが、確かに面白いゲームだとも思います。

「虐殺者の死―大聖堂」
桟橋だ!グラフィック綺麗。でもまた夕焼けなのね。
最初の見張りでいきなり見つかってやられる。き、きびしいなぁ…。
はしごを登って、小屋の前にいる見張りの倒し方がわからない。
これはちょっと無理だろうと思い、無視して先へ。
その先の2人組は結局見つかって乱戦で倒してしまった。
出来れば全部サイレントキルしたいとこですが…。
物資置き場をウロウロ。この頃はまだ口笛とか使っていなかったので、なかなかうまくサイレントキル出来なかった。
船に乗ってる2人組は先に岸にいる奴を倒してからだな、と思い、岸に上がったらあっけなく見つかってしまった。
やり直して何とか成功。
小屋の中で親衛隊の制服をげっつ。きたきた。
ロッカーで着替えると、ポーズまで変わってしまうのね。可笑しい(笑)。
スタスタ歩きながら基地内を行く。
地上に出ると、ちょっとニヤリとする演出のムービー。うまいなぁ。
ここからトラックが駐屯してる場所をドイツ兵を避けながらスタスタ。
これは面白かった。もっと長くてもいいんじゃないの?ってくらい楽しい。
でも、走っても怪しまれないのは残念。ノーマルだからかの?

簡易トイレで着替えて、公園のような場所へ。
サイレントキルしつつ進んでいくと、また地下へ。
クローゼットがあったので、着替えて外へ。ここはけっこう難しかった。
背後からドイツ兵が来てたので走って角を曲がったら、面クリアに。

「虐殺者の死―地下墓所」
墓所なのかここ。なるほど「Oblivion」でも何回も見た、石の棺のようなものが・・・。
でもドイツ軍の地下基地になってんのね。
ここはちょっと難しく、何度かやり直しながら進むことに。
見つかる時と見つからない時の違いがまだ微妙にわからない。
それでも、サイレントキルする方法を考えていくのが楽しい。
パズルゲーム的になってきてますね。
見つかっても力押しで抜けることも出来るんですが、綺麗に倒したいのでひたすらサイレントキルする方法を考えてました。
奥地のロッカーからショットガン入手。脱出はまた撃ち合いになるんかな?
ムービーでちょっと意味深なシーンが。これは一体、どういう状況なんだろう。

螺旋階段で上に。
ここは何度もやり直すハメに。
最初の階は2人ともサイレントキル出来たのですが(10回くらいやり直した)、最後の部分は綺麗にサイレントキルする方法を思いつけなかった。
でも影はけっこうあるし、何か方法はあるはず…。
ショットガンもあるし、撃ち合いでシュンツェルを倒せってことになっているんだとは思うんですけどね。

次のミッションはドイツ・ハンブルグの軍港への潜入。
すっげー楽しみ。
[PR]

by overkilling | 2009-10-22 14:13 | ベルベットアサシン

ベルベットその1

Xbox360版の「ベルベットアサシン」を開始。
第二次世界大戦を舞台にした暗殺もの、しかも主人公は見目麗しい女スパイとくれば買わないわけにはいきませんな。
a0094381_0133439.jpg


ただ、史実をテーマにしたスニークアクションなので、けっこう地味なんだろうなという予想が。
主人公が魔女だのダンピールだの伝説の傭兵だのといった超常の存在であれば派手なアクションも見込めるのでしょうけど、実在した女スパイをモデルにしてるとなるとね…。
まぁ、それが硬派な感じでいいかもしれない。

で、バイオレット・サマーですがどこか病的な顔つきで(オープニングから瀕死の重傷でベッドに臥せっているからかもしれませんが)、逆にそれが暗殺者っぽくていい感じ。
1面の服装はスパイというより、レジスタンスの工作員って感じですな。
面が変わるとコスチュームや髪型が変わるので、けっこう印象も違ってきます。こういうのは女性を主人公にしているわけですから、いいアイデアですねぇ。

とりあえず難易度ノーマルで開始してみました。

「地下壕の住人―渓谷」
夕日の中の景色が素晴らしい。グラフィックは印象的。
また、サウンドも非常に良いです。
いろいろ穴のあるゲームなのですが、サウンドは文句なしにいい。ゲームをちゃんと盛り上げてる。

とりあえず最初の酔っ払ってる兵士をサイレントキル。このサイレントキルって名称がカッコイイ。
けっこう兵士に近づく時にドキドキしてしまった。そのうちいろいろ慣れるんでしょうね…。
で、このサイレントキル、最初は暗殺専用のムービーが流れてるのかと思ってしまった。
実際にはリアルタイムでちゃんと描写してるんだけど(殺しのモーションの種類はかなりありますね)、慣れてないと演出が余計に見えてしまう。
でも慣れればこれが楽しくなる。こういう部分はこのゲームけっこう多いですな。

進んでいって2人の見張りがいる場所へ。
突然、飛行機の音がしたので空を見上げると、爆撃機?が飛んでいった。

茂みの中へ入り、様子をうかがう。茂みの中ってそんな見えないものなんかなぁ…。
で、1人向こう側へ歩き出したので、残った1人をサイレントキルしたら、あっけなく見つかってしまった。
ここでゲームオーバーに。うわぁ。

再開して今度は慎重にキルし、死体も急いで隠す。
もう一人は背後から付いていってトワイライトアサシン。いやサイレントキル。

進むと、壁に穴がある。匍匐前進で抜ける。
なんか「ヴァンパイアレイン」を思い出すなぁ…あのゲームといろいろ似てる部分がありますね。

小屋でモルヒネを取ると、ムービーが。バイオレットは最後、どうなるんだろうか…。

モルヒネを使って見張りをキルしにいく。が、オロオロしてたので途中で切れてしまった。切れるの凄く早い…。
再度挑戦して倒す。
進むと、唐突に面クリアになったのでビックリ。な、何かあっけない…。

「地下壕の住人―燃料庫」
地下壕の中なので、暗い。本気で暗い。影に何があるのかさっぱりわからない。
重要なアイテムは光るからいいんですが、せっかく描写されているものが見えないのはもったいない。
ということで、オプションで画面輝度を上げる。取説にも「多少明るめに設定してプレイすることを推奨します」と書いてあるし。
…それならデフォルトからそうしてもいいんじゃあ…日本語版で追記されたんかな。

そういえばスニークゲームの傑作「Therf」も、デフォルトよりかなり明るくしないと遊べなかった。
影に隠れてると敵に見つからないシステムは、「Therf」からの影響なんですかね。

で、明るさを+4にして再開。これくらいなら、影の中に何があるかわかりやすいし、影自体も判別しやすい。

部屋の中に自転車が置いてあるのが気になった。自転車に乗れたりしたら面白かったのに。
ロッカーを開けるといちいち専用画面になるのね…はしごを使う時もそうだけど、ちょっとテンポが削がれる感じ。

建物内への侵入はスニークゲームっぽい。1面よりもかなりいい感じ。

ヒューズを外せる場所があったので外すと、敵兵が警戒しだしてしまう。外す意味あるんだろか…。

明かりがパカパカしている通路を進む。緊張感が凄い。敵兵に見つかれば終わりだし…。
通路のグラフィックもいい感じなのですが、なぜか無味乾燥な感じもする。なぜだろう。

扉があり、鍵穴から中を覗けるシステムになっている。これスパイものの雰囲気出てて面白いですね。
レーダーとかではなく、ひたすらアナログなところが時代性が出てていい。

ラジオがあってスイッチを切ると兵士が入れにくる。そこを背後からサイレントキル!
…ってちょっと強引な感じだなぁ。

操作間違えてライトつけてしまって即見つかったりも。
ライトは何で持ってるんだろ?ってくらい危険だ。
設置してある照明に照らされると、バイオレットの影が伸びる。
これで敵に気づかれたりはするんだろか…?

いろいろアイテムを入手しつつ、スイッチを入れていく。ここらへんはサクサク。

毒ガス室へ。ここで何をすればいいのかわからない。
とりあえず敵兵を倒していく。
あちこち探ると、押せる箱があったので押す。すると、壊れてるはしご?に上れるようになる。
なるほろ、そんなに難しい仕掛けがあるわけでもないのね。

爆弾を仕掛けるといきなりタイムトゥカウントダウン。けっこう時間がない!
ビビッて急いで先へ。ロッカーにショットガンが入っていたので、これで敵兵を倒していくんだな、と。
で、その通りにしていくと、出口が見えたところで唐突に面クリア。な、なんか…出口まで到達させてくれてもいいんじゃあ…。

ゲームとしてはまだ序盤だからか、面白さは微妙?
初回プレイはどうしても「ここがもうちょっとこうなら…」みたいなのが気になってしまう。
なので、1周して内容がわかってから再プレイするのが楽しいんじゃないでしょうかね。
けっこう、ミスって再チャレンジになっても「次はこうしてああすれば…」とか考えるのが楽しいので、ゲームの内容を把握してからいろいろ考えるのが面白いかも。
逆に、銃やモルヒネを使えば楽に抜けられる場所でも、サイレントキルの方法を考えてしまって延々ハマり込んだりもしてます。
エンディングがどうなるか少々気になるけど、好みの1本になるゲームかもしれません。
[PR]

by overkilling | 2009-10-21 00:15 | ベルベットアサシン