カテゴリ:レッド・デッド・リボルバー( 5 )

リボルバー5日目

ステージ23「バトルロイヤル」
いよいよ早撃ち大会。もうちょっとシステムやストーリーで盛り上げて欲しかった感はあるけど、決闘の緊張感はなかなか。
1回戦の相手は酒場で飲んだくれてたヒゲのオッサン。簡単に勝つ。
だんだん難しくなっていくんでしょーか。
次はデカプリオちっくなキッド・クーガ。
コイツはけっこう速く、1回やられてしまう。なるほろ、同時に抜き合うんじゃなくて、ムービーが終わった時点から始まってるわけね。
タイミングわかってないとちょっとキツいなぁ…。
でもコンティニューでリベンジ。

酒場での会話シーンに。一日目が終わったってことかぁ。
映画っぽい展開でなかなか雰囲気いいです。おらワクワク。

ステージ24「決戦」
準決勝の相手はケリー。え? 決勝じゃないの? と思ったら、ムービーにていきなり準決勝が決勝扱いに。よくわからん展開だ。
ケリーは恐ろしく強い。速い。勝てないじゃん…。
まったく勝ち目がないと思えるほど相手が速い。こっちが抜いた時にはすでに撃たれてしまう。コンティニュー地獄にハマる。
しかし、何度もやってるうちに、銃を抜く時にレバーを下げるのは一瞬でいいことに気づく。
が、速く銃を抜けたとしても、ケリーを倒せない。
ところが何度もやってるうちに、一発狙いをつけて2発目はズレてたんですが、えいや!と撃ったら倒せてしまった。
やったー!と思ったら、撃たれたケリーはピンピンしてて、ケリーとの闘いに。そりゃないよ。
民衆が逃げ惑う中、町中を追い掛けてたらケリーを見失い、弾を込めてたら何と民衆が撃たれて死んでゲームオーバー。そんなんありか!!
しかも、再開はデュエルシーンから。おいおいー!!
またしてもケリーと何度もデュエル。勝てない…。
しかし、今度は3発分の狙いをつけてから撃てば、ケリーにアッサリ勝てることに気づく。
と言ってもけっこう難しいのですが、とりあえずどうすれば勝てるのかはわかった!
これで戦闘シーンへ行けるように。しかし、その戦闘がキツイ。
ちょっと距離を取って、ケリーが壁際から民衆撃ってるとこを狙い撃ち。
これで何とかクリア出来ました。

ステージ25「包囲網」
知事の屋敷?での乱戦。雑魚以外に中ボス扱いの敵も多数登場。
BGMといい、盛り上がるなぁ。
2階のバルコニーからオズワルドが撃ってくる。下から狙撃して倒す。
次はランディ。噴水の周りをくるくる回るんですが、噴水渡って追い詰めれば楽に倒せました。
しかし、仲間のアニーとジャックがやられてもゲームオーバーになるので大変。
知らないうちに敵に撃たれてるし…。
とにかく動き回って雑魚を倒し、常に先に動いて敵を片付ける。
次のシーンが難しかった。動き回って雑魚を倒してると、アニーたちが撃たれてる。敵を倒すよりも、撃つのを邪魔する感じの方がいいようで…。
ここからアニーについていって2階のバルコニーへ。屋上から連続で撃たれてやられてしまう。再開はこの面の最初から。ひでぇ。
コンティニューを繰り返し、ようやく途中ポイントから再開できる場所へ。
ここから、ジャックが扉を開けるまでの3分間、中庭で敵と戦わねばならない。キツイ。
自分が突っ込んでいっても体力無くなってしまうし、物陰に隠れてるとジャックが撃たれてしまうし…。ここも何度もコンティニューするハメに。
ようやく、回復アイテムをちょくちょく取りつつ、敵の数を減らしていって何とか3分間耐え抜いてクリア。すっげーツラかった…。

ステージ26「砂上の楼閣」
屋敷の中で銃撃戦。ちゃんと屋敷の中を作ってあるのが凄い。というか広い。
シナリオ的には意味もなく2階の部屋とか作ってあるし…。
が、難易度も高い。けっこう撃たれてしまうので、不意にゲームオーバーになってしまう。
敵の出てくる位置を覚えつつ先へ進めると、柱時計を盾に撃ってくる輩が。
デッドアイ発動で何とか倒す。ここまで来てやり直しはツラいので必死。
ようやくコンティニューポイントのある抜け道へ。
敵がこちらに気づいてないので、影から撃って先手を取る作戦。
屋敷内に戻ると、ジャックに代わってアニーを引きつれていくことに。
アニーがやられてもゲームオーバーになるし、なかなか大変。
ドアを開けるとなぜか帽子のオッサンとデュエルに。
ケリー戦でさんざんデュエルをやったし、けっこう自信あったんですが早いですなこのオッサン…。
何度もやり直してようやくでクリアに。

ステージ27「栄光からの転落」
今度はバッファローをお供に屋根の上で銃撃戦。
最初のポイントはアッサリ抜けましたが、次の知事との戦いが難しい。
というかラスボスは知事っすか。
距離を取って逃げ回り、ライフルで撃って何とか知事を倒した…と思ったら、いきなり知事とデュエルに。えええ。
やばいなーと思ったらやっぱりミスッて、コンティニューすると屋根の上での最初から…うへぇ。
再び知事とのデュエルまで辿り着くも、知事なかなか強い。また負ける。
また最初から。ひー。
知事戦に慣れたいところなんですが、毎回そこまで行くのが大変。なんで知事が最強なのだ!
しかし結局、デュエルは自分の操作次第だし、ってことで集中して3発分のロックオンを付けて撃ち、何とか知事を倒す。すんなり行く時は行くんですけどね。
これでゲームクリア。いやはや面白かった。

後半、難易度はさすがに高かった(特にケリー戦は最初絶望的でした)ですが、攻略していく楽しさはありましたね。
何と言ってもステージの作り込みに惚れ込みました。グラフィックだけでなく、ゲーム的にも毎回凝ったステージで面白かった。
銃声も実にいい再現度で、最初は少々グロさを感じて怖々だった銃撃戦も、終盤には撃ち合いが楽しくなってました。
あと、主人公のレッドがカッコイイのがほんと魅力ですね。
他のプレイキャラたちも各1面づつの操作だったので、操作キャラが代わることのマイナス面などは感じませんでした。
しばらく経ったらまたプレイしてみたいな、と思わせてくれる面白さがありましたね。
西部劇万歳!
[PR]

by overkilling | 2009-03-10 19:07 | レッド・デッド・リボルバー

リボルバー4日目

ステージ18「駅馬車」
「バッファロー・ソルジャー」を使って駅馬車の上で襲撃者を撃退するステージ。
あまり正確に当たらなくても騎兵?を撃ち落とせるようで、バシバシ撃ち落す。気持ちいい。
このゲーム、銃を撃った時の感触が実にいい。
馬車の上に伏せることも出来るんですが、これあんまり意味ないような…。

ステージ19「地獄の細道」
先のステージと同じ、駅馬車の上のバッファローを操って敵を狙撃していく面。
今度は狭い峡谷の間を通っていかねばならない…っていう部分をストーリーでもっと盛り上げてくれたらなぁ。
ここは騎兵?ではなく、ネイティブ・アメリカンが出てくるのですが(撃っていいの?)、これが厳しい。谷のあちこちにいつの間にか大量に出現して、矢を射ってくれる。
懐かしの矢ガモ状態になりつつ、必死に撃ちまくって応戦。しかし、何度もコンティニューするハメに。
ネイティブさんたちが出てくる場所は毎回同じなので、位置を覚えて撃つ。覚えゲー的な要素も入ってるのね。
馬車に飛び移ろうとして落っこちた奴を撃つと、なぜだか必ず回復が出て「取れないじゃん!」と憤ってたんですが、実際には馬車に飛び乗った奴を撃っても回復アイテムは出ているようで。
すぐ取っちゃうからアイテムが表示されてなかったのね…。
ちょこちょこ回復しながら最後の場面、敵がうじゃうじゃいるとこを位置を覚えて速攻で撃って、何とかクリア。ボス以外の面でコンティニュー繰り返すとは難易度高くなってきてるなー。
ムービーはなかなか衝撃的。でも予想はつくか…。

ステージ20「ディエゴの要塞」
ショップで撃ってる「ザ・ライオン」の説明文が、富士サファリパークのCMのパロディになってますね…。

シャドー・ウルフと一緒に敵基地?へ。
まず、バルコニーから撃ちまくってるガトリング砲を何とかしろ、と。
何とかたって、近づけば速攻で蜂の巣にされるし、雑魚の数も尽きないみたいだし…。
ゲームオーバー時のヒントで、バルコニーに上がると建物内を進めることに気づく。ヒント貰えるのはありがたい。
半壊した建物内を敵を撃ち倒しながら進む。
おデブな敵を倒すと回復出るので、まず優先して倒しておいてそれから他の雑魚を…って、めちゃめちゃ敵が出てきますねこの面…。
ガトリング砲に取り付いたので撃ちまくってたら、下から撃たれてやられる。
おいおい、これガトリング砲使わない方がいいじゃん!
再度やっても下から撃たれてやられるので、銃を構えて普通に雑魚に突進。
次々倒しまくってると、ダレン大佐登場。なんだこのカメバズーカわ…。
背中に大砲?しょってるトンでもない奴ですが、ボス戦用に取っておいたライフルで狙撃してクリア。

ステージ21「終着点」
装甲列車だ! 屋根に大砲も付いてるぞ! かっけー!
列車を馬に乗って追っかける。
列車の窓から撃たれるので応戦し、飛び移る。すぐ車両の中に入って撃ちまくり。
中を良く見ると、雑魚たちは実際に列車の窓から銃を撃ってたのがわかって驚く。凄え。
列車の上に乗ると、機銃で撃たれる。急いで連結部に降り、レバーを撃って切り離す。この面は面白いな~。
また馬に乗って次の車両へ飛び移る。面倒な操作もないし簡単で楽しい。
車内での撃ち合いでは体力ギリギリでしたが、上手いこと回復アイテムが出て助かる。
次の車輌へ。ガトリング砲を始末し、切り離す。
すると、トロッコ?で追っかけてくるオッサンが…。
あのオッサン、機関車と同等のパワーあるんか!
オッサンのトロッコにの乗り、ガトリング砲で機関部を撃つと、装甲が剥がれていく。細かい。
撃ちまくってるとレッドがトロッコから飛び降り、クリアに。

ステージ22「悪魔たちと天使たち」
ディエゴ将軍と戦闘。最初は何をすればいいのかさっぱりわからず…。
ガトリング砲を奪って撃ってたら、装甲車の扉が開いて雑魚が出て来たので、車両内に入るのかと思ったんですがそれからさっぱり開かない。
なので岩陰から、開いた窓の敵を撃ってたらそれがディエゴ将軍だった。
しつこく撃ってたら、なぜか砲台が自爆。
すると列車から降りてきたディエゴとの一騎打ちに。
ディエゴのライフル射撃から逃げ回りながら、ツインリボルバー乱射でクリア。

次はいよいよバトルロイヤルのようで楽しみ。
しかし、ラスボスは誰になるんかいの?
[PR]

by overkilling | 2009-03-09 13:25 | レッド・デッド・リボルバー

リボルバー3日目

気分を盛り上げるため、昔ビデオに録画した「荒野の用心棒」でも観ようと思ったんですが、ビデオテープが見つからない。
…あれ見たら完璧雰囲気にハマれるのになぁ…。

ステージ11「ランチ・ウォ-」
牧場でアニーを操作。暴れまわるならず者を片付けるステージ。
敵を撃ってると、建物に火をつけられるので牛を逃がすイベントが発生。
しかしレバーの位置がなかなかわからず、探すのに苦労。牛の前にあったんだけどね…。
火に触れると燃え移るのがやっかい。ダメージ大きい。
敵を片付けると、牧場の向こう側から増援が。これにやられてしまう。
移動していないと弾を食ってしまうのですが、走りながらだと遠くの敵に狙いをつけづらい。こっちから近づけないし、厳しい面…。
しばらくして、牛に乗れるのに気づく。しかも、敵を跳ね飛ばすことが出来る。
もっとも跳ね飛ばせるのは自分だけでなく、牧場で牛撃ってる男が勝手に牛に撥ねられてた。ちょっと笑えました。
バッファローに乗ったボスがホルスタイン・ハル。このボスは簡単で、普通にライフルで撃ってクリア。

ステージ12「ウィスキー・ショット」
酒場で乱闘、銃ではなく殴り合い。酒場女を守れとのことですが、ごちゃごちゃしてるので間違って自分で殴ってしまう。
敵同士でも殴り合ってるし、もう何がどうやら。
どうも3人中ボスを殴り倒さないといけないようなのですが、どいつがそれなのかわかりゃしない。結局全員を倒す。
乱闘が終わると、劇場?へ。ヒゲのオッサンとデュエルになる。簡単に倒せる。
今度は銃撃戦。あっけなく倒すと、踊り子が銃を構えてくる。踊り子撃っていいのかな~~。
倒さないとクリアにならないので撃つ。いいんでしょうか本当に。
2階の敵を撃ってると、樽を投げてくる奴が。ボスのサム。筋肉バカなのかな?
下に降りて突っ込んでくるのを、なぜか持ってたツインリボルバーで撃って倒す。こいつはコツをつかめば簡単でした。

ステージ13「裏切りの男」
なぜかディエゴ将軍を操作。この人、悪人じゃあないんだろか…。
おまけにこのステージはやることが全然わからない。
橋で敵兵を倒すも、次の発光弾を撃ち込むのが全然わからない。
これはウチのコントローラーがイカレてて、発光弾を装填出来ないのが原因でした…。
ただ、このイベントは別にこなさないでもいいようで(クリア後の評価は影響しそうですが)、すんなり次のシーンへ。って言ってもまた敵兵を撃ち倒すシーンですが。
大砲の弾がひっきりなしに飛んでくるので逃げまわらないといけないのですが、敵兵を倒さないとこちらの工作兵がやられてしまう。一番困るのは、コンティニューすると面の最初になってしまうこと。3つシーンがあるだけに、最初からはキツかった…。
しかしこのステージは臨場感が凄い。「コール・オブ・デューティー」とか思い出してしまった。

ステージ14「サンセット・キャニオン」
サブウェポンをダイナマイトにしたら、ちゃんとゲーム画面でも腰にダイナマイト装備してる。凄い変ですが。妙なとこまで細かいなぁ。
ステージは遺跡みたいな教会跡?でならず者たちと銃撃戦。
撃たれた奴のセリフがいろいろ凝ってる。よくよく考えると酷い場面なんだけど。
全員撃ち倒すと馬に乗れる。簡単に乗れるし、もっと馬に乗れるステージ増やしてもいいんじゃ?って気も。射撃有りで競馬とかあったら…違うゲームになるか…。
馬に乗って銃撃ってると、駅馬車登場。
駅馬車、自分が乗るのかと思ってたら、襲う方でしたか。
すれ違いざまにライフルで撃ってたら、突如駅馬車が爆発。まさかの終焉。
夕陽が綺麗なステージでした。

ステージ15「ベアマウンテン」
ネイティブ・アメリカン(インディアンの方が馴染み深いですが…
ネイティブな人たちもそう呼ばれるのは本意じゃないんだろうしってことで)シャドー・ウルフで渓谷を行く。
弓が武器ですが、けっこう威力あって使いやすい。でも矢が尽きたらどうなるんだろ…。
狭い道やら川を登り、悪党?(もしやメキシコ軍?)の基地を進む。
基本的に一本道なので迷うようなこともなく、サクサク進めるのがいいですね。
敵兵と戦ってて火が燃え移るのはホント勘弁…川に飛び込むのかと思った。
駐屯してる兵士たちが何かいろいろ喋ってるんですが、何喋ってるんだかわからないのが残念。雰囲気楽しめればいいんだろうけど気になる(笑)。
それにしても、「西部劇」という限定された世界のゲームなのに、毎ステージ様々に凝ってるのが素晴らしい。遊んでる感覚もステージごとに違うし。
で、ボス戦。熊みたいなその名もグリズリー。何だこりゃ。
果たしてこんな奴が現実に存在したのかは甚だ疑問ですが…でも熊の被り物してるキャラってゲームでよく見るし、実際にこんな奴いたんだろうな…。
戦闘ですが、弓で射ってるとヨロけて大ダメージを食ってくれるいつものシステム。
近寄ってくると緑のスライムみたいな発光物付けられてヤバい。
コイツもけっこう難しい。
近寄られたら武器しまって逃げて、ボスが岩の上に移動したら弓射るパターンで何とかクリア。

ステージ16「脱出」
この面はレッド。基本的にレッド以外のキャラは1ステージしかプレイしないんかな。
ウルフに助けてもらって牢の外へ。 
スタートからちょい戻ると、骸骨状態の死体が。
これ何か意味があるんかな?と思って近づいたら、なんとショップでした。毒を購入。
迷路上の金鉱内を進む。敵に見つかると人呼ばれて撃たれるので、見つからないように進む。いきなりスニーキングアクションかいな。
グラフィックは綺麗とまではいきませんが、舞台場面の描写はホントいいなぁ。
テーブルにオッサンがいる小部屋で鍵を入手。
しかし、見張りに見つかってしまうとどうしようもなくなる。
ゲームオーバーとコンティニューを繰り返すハメに。

どうも詰まったようなので、最初からやってみる。
鍵で扉を開けてからが問題。進む先がわからない…。
忍び足で進み、見張りが怒鳴ってるとこへ。
じっと待ってると、見張りが交代して寝込むので、恐る恐る襲ってみる。
が、アッサリ見つかってしまう。
道を来る敵を次々倒し、デカいデブも倒すと鍵入手。ようやくゲームが進んだ…。
扉を開けて入るも、牢屋。まだ鍵がいるのか!
戻って、戦闘して見張りを倒すと一人もいなくなる。数は決まってるのね。
安心して内部を探索。
「supply room」へ入れたので中を探ると、鍵発見。
部屋から出ると、ライフル持った男たちと戦闘へ。これ、結局はどうやっても見つかるパターンなのね。
ライフがギリギリで倒して、牢屋へ戻る。撃たれるとダメージ大きい…。
牢を開けると、なぜか鍵がある。キスも貰ってライフ上限アップ&全回復。
なんて親切なんだ!
また外へ出てウロつく。今度は「ラウンジ」へ。開いたので入ると3人の敵が。
デュエルするも、一人も倒せない。しかしゲームオーバーにはならず戦闘になったので、そのまま倒す。

ステージ17「金鉱」
ムービーの後、ボス2人と戦闘へ。銃持った奴と爆弾使い?
銃持ってる奴をまず始末するも、爆弾使い撃ってると銃使いがムックリ復活。
また銃使いを撃って倒し、爆弾使いも火が燃え移ってるとこをライフルで撃ってクリア。

しかし楽しい。レッドかっこいい。ダウンタウンでギャング気取るとかでなく、西部劇を箱庭ゲームで作ってくれないものか…。
[PR]

by overkilling | 2009-03-08 14:39 | レッド・デッド・リボルバー

リボルバー2日目

ステージ4「列車強盗」
ステージ開始前の画面で、銃の修理のコマンドが。今まで気づかなかった。
じゃあ、あんまり銃を撃ち過ぎるとヘタれてくるんかな?
列車内でのムービーが終わると、乗客と話すシーン。
移動方向間違えて進んでしまったら、会話が一人だけで終わっちゃった。もう戻れないし…。
唐突に車内でデュエル。手が震えてるし、強い相手ではなさそう。演出上手いなぁ。
あっさり撃ち勝って、ステージクリア。

ステージ5「血に染まる鉄道」
車外に出てならず者たちを銃撃。ここら辺は割と簡単。
しかし、列車の上に乗って移動するシーンが難しい。途中で迫ってくる木枠にぶつかってしまう。素早い判断を要求される場面なんですが、操作もけっこうややこしいのでボタン押し間違えてしまう。
何度もコンティニューしながら進んでいく…のはいいんですが、中間ポイント開始時に女性の悲鳴が響き渡るのがうるさくてしゃーない。違うゲームやってると思われそうだ。
機関部まで到達すると、ボスらしき敵がのさばってる。
突っ込んでいって近距離から射撃、ボスのハチェット・シュルツを倒す。
で、次は3分間、機関士を守るシーン。
敵が馬から列車に飛び乗ってくるのでビビりましたが、ほとんど乱射状態で撃ちまくってクリア。ホッとしました。

RPG的な、町の人間との会話シーン。一人につき何度も話さないといけないので、実に面倒。話がどこで終わってるのかもわからないので、一度聞いたセリフが出てくるまで会話し続けないといけない。
「武器屋」で、リピーター・ライフルを買う。
他に買うものはないかと「仕立て屋」や「雑貨屋」をまわってみましたが、どれもストーリーモードのゲームに関わってくるようなものは無し。
それにしても、殺人鬼の血まみれのシャツなんか売るなよぉお!
町の人からバトルロイヤルの話を聞く。映画「クイック&デッド」のテイストも入ってるのかな?

ステージ6「命知らずのカーニバル」
山高帽のイギリス人、ジャックを助け、ガトリングで撃ちまくる。
ガトリング、操作がままならないですが威力は凄い。でも雑魚は銃で撃ちにいった方が安全な気が。
すると、ボスのピッグ・ジョッシュ戦に。なんじゃこの爆弾男。
手に付けた鉄板で銃撃を防ぎながら突進して来て、一緒に爆発してくるとんでないボス。
まともに正面から相手は出来ないので、ガトリングで狙うと攻撃はされないんですがダメージもほとんど与えられない。
面倒なのでデッドアイを狙ったらできない。なんでだーー(コントローラーがッ壊れてました…)。
半壊してる建物の中にある階段の上で待ち伏せして粘るも、突進されるとほとんど攻撃できない。
仕方なく攻略法を探してみましたが、隠れてるとこちらの姿を見失ってくれるので、その隙に撃てば気絶?してダメージを与えられるらしい。
とはいえ、やり方がわかっていてもかなり難しく、何十回とコンティニューして、ようやくフラついてるとこを撃ち、さらに建物の入り口の影から撃って倒す。
こいつはホント難しかった…。

ステージ7「狂気のサーカス」
2丁拳銃のジャックでペリー博士なる人物に復讐?に。
女の子が中央に吊るされてる、それっぽいステージで銃撃戦。
物陰に隠れたりはせず、常に移動しながら雑魚を撃つ。
中ボス的な奴を倒すと、回復アイテム(酒?)を出すのでそれでこまめに回復しながら、ペリー博士を狙う。
ところでコイツ、どこらへんが博士?
展開がけっこう長く、ペリーにダメージを与えてもすぐ雑魚を呼ばれるので、とにかく時間がかかりました。
回復アイテムが何回も出てくれるのでゲームオーバーにはなりませんでしたが…。
この面コンティニューで最初からやり直し、とかだったらキツそうだ。

またブリムストンでの会話。
前回、「酒場」に行くのを忘れてた。デッドアイのゲージが増えるアイテムを買う。
「武器屋」で短銃身ショットガンを買う。装備してみたけど、遠距離攻撃用にライフルが必要なステージなら最初からやり直しか…。

ステージ8「ローグ・バレー」
開始前のショップでツインリボルバーが売ってるけど、お金が足りなくて買えない。短銃身ショットガン買うんじゃなかった。
ステージは峡谷。今までとまったく違う雰囲気。
銃撃戦をこなしていると、谷の向こう側から撃たれてしまう。
奴らを倒すにはライフルがいるなぁ…。
結局最初からやり直し、ライフルを選択して開始。
ライフルで谷の向こうの敵を狙ってみるも、かなり難しい。
ちょっとづつ進んではやられて、コンティニューして進む。
岩投げてくる雑魚とかかなり厳しい。岩は見てれば避けられるけど、撃ち合いに夢中になっててぶつけられることも。
ギリギリのとこで体力回復出て、何とか先へ。

谷を渡る橋が途中で切れてる。ジャンプして橋につかまり、向こう側へ。
2人組とディエルになる。1対2って有りなの?
しかし、さほど難しくもなくクリア。

唐突に、2面に出て来た物売りのオッチャンが出現。
ライフアップの解毒剤売ってるけど、お金足りなくて買えない。
2周目用なんかなぁ…。
オッチャンはレッドの後を着いてくる。が、先走って撃たれて死んでしまう。
えええ、じゃあライフアップの解毒剤はもう買えないの?
倒れてるオッチャンの顔から、なんか煙のような物が湧き出てる。エクトプラズムか?

ボスは鞭使いのバッド・べシー。ボスより雑魚がうざい。岩投げる奴がここにも。
雑魚を倒しても減らないような…それとも数が決まってるのかな。
けっこう難しく、コンティニューを繰り返す。
雑魚は処理できるようになりましたがべシーがなかなか強いので、ライフルに持ち替えて銃撃。すると威力はかなりあるようで、何とか倒せました。
これからボスはライフルでいこう。

またブリムストンの町。
ジャックがライフアップの「幸運のスキットル」を売っていますが、またも所持金不足で買えない。
ショットガン買わなけりゃあな~。

ステージ9「ゴーストタウン」
さびれた町で銃撃戦。
次々湧いてくる雑魚に対処しきれず、一度ゲームオーバーを食らう。
回復アイテムを残して体力を調節しつつ、皆殺しにしていってボス?戦。
今度は3人相手でデュエル。3人て…。
1回目は真ん中の奴だけ倒したものの、撃たれてやられる。2回目で何とかクリア。
次は4人とか言うんじゃなかろーな…。

ステージ10「墓場の主」
墓場でミスターブラック戦。
かんおけにガトリングがっ。フランコ・ネロの「続・荒野の用心棒」かっ。
このボスも難しく、ガトリング食らうと一気に御陀仏になってしまう。
相当数コンティニューする。
しかしこのボスも弱点?は同じで、撃ってヨロけたとこへ連射して何とか勝ち。
こいつはもう1回倒せる気がしないなぁ…。

しかし思ってたよりもはるかに面白いです。洋ゲー的な雰囲気の見事な作り方にはほんと痺れますな。
[PR]

by overkilling | 2009-03-07 14:10 | レッド・デッド・リボルバー

リボルバー1日目

ロックスター・ゲームズの「レッド・デッド・リボルバー」を開始(販売はカプコン)。
a0094381_22524119.jpg

ちょっと前にXbox360・PS3で続編の制作が発表されたとかで(ホントなんでしょうか。YouTubeにはムービーもアップされてたりはしますが…)そちらも楽しみですが、まずは1作目を。
パッケージジャケットからして主人公のレッドは思いきりクリント・イーストウッドなワケですが、メインタイトル曲がかのエンニオ・モリコーネだったりして、モロにマカロニウェスタンLOVEな世界観。素晴らしい。
パッケージ見てもどういうゲームだかわかりにくいんですが、いわゆるTPSですな。個人的にはFPSよりも好み。
しかし、説明書見るとけっこう操作が大変そう。ロックオンはあるけど狙いは自分でつけなきゃいけないらしい。
後半の難易度が異常だとも言われてたりしますが、果たして無事にクリアはできるのやら…。

ストーリー1「宿命の弾丸」
いきなり少年時代のレッドで始まる。少年の頃からこの格好なのかっ。
父親に銃をもらって、川岸へ練習に行く。草がサワサワしてて意外とグラフィックは凝ってる。ムービーシーンもフィルムの粒子が荒い感じでいかにもそれっぽいし。

チュートリアルが終わると、いきなりならず者たちとの撃ち合いへ。
けっこうリアルというか、敵を撃った時の衝撃が生々しい。
右スティックでの狙いがちょっとつけづらいかな…なかなか思うところを狙えなかった。
敵はヘッドショットすれば1発で倒せるんですが…でもヘッドショットちょっと生々し過ぎるよーな。
焦って撃ってると、リロードを忘れてしまう。ここらへんもリアルだなぁ。
敵を殲滅するとクリアに。1面はまだ簡単なんでしょうが…。

ストーリー2「バウンティ・ハンター」
最初にオッチャンから買い物。ナイフを買う。ポンチョとか着られるのなら買うんだけど、レポートに新ページが追加されるだけだし…。
買い物が終わると、寂れた町で撃ち合い。今度はライフルでの射撃も加わる。
どうでもいいけど、背中にライフルしょってるのはちょっとカッコ悪いなー(笑)。
物影に隠れながらライフルで建物の上にいる奴を射撃。この「物影に隠れる」のはけっこう使えますね。というか、隠れないとやられちゃう。
しかし、たまに敵が間近に迫ってくることもあり、その場合は敵の射撃を歩いて避けながら右スティックでグリグリ狙いつけて撃って…とまるでガンダムのゲームみたいな感じに。
でも、結局は接近されて撃たれてやられてしまった。
コンティニューするまでもない?ので、最初からやり直すことに。
敵を倒してると、ボスっぽいのが出現。ここで特殊スキルのデッドアイを使う。
ゲージが溜まらないと使えないんだけど、これボス戦だけじゃなく雑魚戦でも使った方がいいんだろか。

ストーリー3「汚い奴ら」
ムービーが終わるとすぐ撃ち合いに。余計なストーリーとか無いのがいい。
今度は町中での撃ち合い。けっこう撃たれてしまう。
ある程度敵を倒すと、残っている敵がどこにいるのかわかりづらい感が。撃たれないとわからなかったり。
あと、敵が突撃してくると困りますね。操作に慣れないとなぁ…。

敵を倒してると、1対1のデュエルになる。これ面白い。でも、こういうのって普通一発で決めるもんじゃないんでしょーか…。
デュエルのチュートリアルが終わったところで、雑魚に撃たれてやられてしまう。
コンティニューすると、チュートリアルシーンからのやり直しでした。面の最初からじゃなくて良かった…。
コンティニュー後は体力も回復してるので、今度は楽に雑魚を抜ける。
で、ボスのアグリー・クリスとの戦い。
保安官を盾にしてくるんですが、足を撃てとの教えに従い、足を狙う。ってかなり狙いつけづらいけど。
それでもそんなに難しいことはなく、意外とあっさりクリアでした。

操作にちょっと難があるかなーという気はしますが、西部劇の雰囲気は最高。久々に洋ゲーらしい雰囲気で楽しめそうだ。
[PR]

by overkilling | 2009-03-06 15:25 | レッド・デッド・リボルバー