カテゴリ:バンパイアハンターD( 4 )

吸血鬼ハンター4日目

「case Good」でのクリア目指して、分岐ポイントから再開。
今度は銃を拾い、レイラに渡すルート。
余計な探索もせず、ほとんどボスを倒すだけで進む。
というか、雑魚敵にあんまり意味がないんですよねこのゲーム。
ただの通路の障害物というか…。
左手ゲージは稼げるんですが、VPゲージはほとんど稼げないので、戦って負傷した分を体力回復させるくらいなら逃げちゃった方がいい場合も。
ボス戦はストーリーと絡んでいるので意味はあるんですが…。
今度はカーミラもマイエル=リンクもそれほど手間をかけずにクリア。慣れちゃうとかなり楽。
エンディングは…これ、思い切りGoodエンディングですな。原作よりもはるかに。
シャーロットが生きているというのは攻略本に書いてありましたが、マイエル=リンクも生きてるとは。
昔はこういう、ゲームオリジナルのGoodエンディングってよくあったんだよなぁ。

もうひとつのGoodエンディング目指して、マシラ戦から再開。
やはり引っかかることもなく、すんなり進む。
で、なぜかカーミラ戦時に血液カプセルを14個も所持してる。おかげで、ボス戦はかなり楽にクリア。
慣れてるのもあるけど、VPゲージが上がってるとやはり強い。
エンディングですが、劇場版見てないのでわかりませんがアニメもああいう終わりなんでしょうか?
小説版とは若干違うんですが…。
なんでシャーロットだけ死ぬのかわからんし、これが攻略本が基本としてるエンディングだっつーのもよくわからん。
最後のDとレイラの会話は原作通りなので、やはりこれが正規?のエンディングということになるのでしょうが…ちょいと残念な気が。

ゲームの内容的には、あまり楽しめる内容でなかったのは残念。
アクションゲームというより探索型のアドベンチャーって感じでしたが、攻略本がないとちょっと解くのは難しいんじゃないでしょーか。
あと、Dっぽく操作できないという点が実に不満。
唯一、ジャンプしての斬りがDっぽい動作をしてくれるんですが、雑魚相手にさえ間が悪いとガシガシダメージを食らってしまい、しかも逃げられないのでストレスがたまる結果になってしまう。
ボス戦も少々単調なのが多かったですし…。
もうちょい戦闘にゲーム性があると良かったんだけどなぁ。
背景とBGMは実に素晴らしく、その点では原作の雰囲気がうまく出てはいるんですが、肝心のキャラクターが惜しい。
ストーリーも劇場版や原作とはけっこう違うのだから、ゲーム独自でもっとあれこれやって欲しかったなぁ…。
でもオリジナルのGoodエンディングがあるのは非常にいいと思った(笑)。
[PR]

by overkilling | 2009-02-05 09:03 | バンパイアハンターD

吸血鬼ハンター3日目

このゲーム、エンディングは3種類あるのだそうで、一応全部見てみたいのでBADルートも目指すことに。
やり直しもそれほど苦痛ではありませんし。

昨日の続きからでマシラ戦。
バルコニーで、BADルートに進むためにマシラを倒す。
マシラ、こいつだけ特別に変身ムービーまであったりするものの、マシラとの戦闘がルート分岐に関係してるとは、普通にゲームやってたら絶対に気づかないのではなかろーか。
「マシラと戦っている最中にシャーロットを連れ去られた」とは言うものの、それで気づくかぁ?

バルコニーから先へ進む。
星写機とプラネタリウムはめちゃめちゃ綺麗。
が、プラネタリウムの部屋の仕掛けは難しい。
何回も下の階に落ちてしまい、慎重に慎重を重ねて歩いてようやくゴールドプレートを取れると思ったら、台座に近寄ろうとして落っこちるし。
…このゲームいろいろと欠点は多いですが、とにかく背景だけは素晴らしいです。

この後はカーミラ戦。これ強い…。
強いというか、カーミラ自身は斬れないので頼りの抜刀斬りは意味がない。
常駐エネルギーを斬るのも難しいのに、それを斬ってカーミラに撥ね返さないといけない。
慣れれば、というかコツをつかめば何とかなるんですが、そうそう簡単にはいかず、ゲームオーバーになるとムービーからだし…とかなり面倒。
結局、回復アイテムやら左手の能力とか使いまくりで倒しましたが、アイテムの数には限りがあるのでこの先が不安。

カーミラ戦後、レイラの銃を見つけるイベントのある通路へ。
BADエンディングを見るためには銃はスルーしなければならないのですが、何気に通路を進んでたら銃を見つけてしまった…。
こりゃやり直しだ、とロードしたら、カーミラ戦から再開…そりゃねえよ!(セーブしないのが悪い)。
再度カーミラを倒し、今度は銃のある奥の通路はスルーしてシャトル整備場へ。
ムービーでレイラのアップが見られるのですが、けっこうアニメ顔なので驚く。

イベント後、プレート取りで城内をウロウロ。
やはり各部屋、通路の背景グラフィックが素晴らしい。
ねじ巻きのある部屋は、かの名作PCゲーム「シーフ」を思い出してしまった。
沈黙の部屋は不気味この上ない。これらを見るだけでもプレイする価値が…ある…かなぁ。
オルゴールの部屋の仕掛けは何度もやり直してしまった。この手のゲームでよくある仕掛けなんですが…。

プレートを3枚集めてボルゴフ戦、今度のボルゴフは走りまわるので、なかなか抜刀斬りを当てられない。操作も思うようにいかず、いらいら。
抜刀ボタンを押してるのにバックステップするのはなぜだろう? ボタン押しすぎると時間経っても入力が入るんだろか?
何度もゲームオーバーになりつつ、ようやく攻略に慣れてクリア。
コツをつかまないとけっこうキツい。

次は2度目のカーミラ戦
カーミラ、口?の牙がきもい。
1戦目ほどではありませんが、これもコツをつかむまでは苦労しました。
最初の腕を切るところから全然上手くいかず、ここで何度もやり直しに。
何をすればいいのかが最初はまったくわからなかった。
で、伸ばしてきた腕を斬ればいいことに気づいて、斬ってたらいつの間にか次の段階に。
Dの移動を封じる玉がやっかいでしたが、移動ができなくなるだけで防御も攻撃もできることに気づいてからは楽に。
カーミラの前でレバーを上に入れつつ、抜刀斬り繰り返してクリア。

ムービーでDがシャーロットを置き去りにしそうになってるんですが、いいんでしょうか?

ラストはシャトル前でマイエル=リンクとの戦い。
BGMがいかにもっていう感じで、ちょっと笑えてしまう。まるでメロドラマ風。
マイエル=リンク戦は普通に抜刀斬りでいけるかと思ったら、テレポートするのでとても面倒で困った。
抜刀斬りが連続で決まる時はいいんですが・・。
カーミラ戦でもそうですがDが攻撃食らうとVPゲージが下がるので、攻撃力が下がって相手のHPを減らすのに時間がかかり、とてもやっかい。
なんとか抜刀斬りを決めまくって、BADエンディングでクリア。

レイラが死ぬシーンでちゃんと専用の会話ムービーがあったので、わざわざBADでクリアする価値もあったか。
ちょっと突っ込み所いっぱいでしたが…(それはゲーム全体に言えるか…)。

ちなみにルートはBAD、WORSTルートともあるのにエンディングは同じなんだとか。ルートといっても途中のイベントにちょっと変化があるだけらしいですが…。
で、GOODルートはエンディングが2種類あると。変なの。

明日はGOODエンディング2種類を見るつもり。
[PR]

by overkilling | 2009-02-04 03:57 | バンパイアハンターD

吸血鬼ハンター2日目

昨日の続きから開始。
ちょいと癖はありますがどこでもセーブ出来るのは気楽だ。

棺桶の間からカタコンベへ。…カタコンべって何?
雑魚の女吸血鬼を倒すも、血液カプセルしかない。
戻って先へ進もうとすると、カタコンベでシルバープレートが入手できると攻略本にある。
カタコンベへ戻ってみると、ちゃんとありました。
固定視点だから、ちゃんと奥までいかないと画面切り替わらなくてわからないんだよなぁ。

さらに攻略本によると、死体廃棄場で無限にアイテムが得られるという。
一応行っておこうと思うものの、死体廃棄場がどこなのかわからない。攻略本にも書いてないし…。
あちこちウロつきまくり、いいかげん嫌になってきたところでマップを見てみると、それっぽいまだ行ってない通路が。
そこまで道を戻り、入ってみるとやはりそこが死体廃棄場。こんなとこ、攻略本見なけりゃ素通りしてたなぁ。
さらに、アイテムを得るには死体廃棄場の仕掛けも解かないといけないのですが、台座の上に乗るなんて思い付かないなぁ…。
おまけにアイテム取りまくるためには一度部屋から出ねばならず、出ると雑魚モンスターがいていちいち相手にしないといけない。
いけなくもないんだけど、すぐ背を向けて部屋から出るのはむなしい。
ここで血液カプセルを使ってVPゲージを最大にまで上げ、部屋の行き来で血液カプセルを10個まで貯めて、ようやく先へ進むことに。
今の状態なら属性がバンパイアなので、敵も楽に葬れる(多分)。

しかし、3階がややこしい。同じような背景で同じような通路。
いくら扉に識別マークがあるとはいえ、目的の扉まで行くのが大変。
敵も妙にうっとおしいし…。

焼け崩れた客間にビックリ。これ、ストーリーとか設定と絡めた意味でもあるんだろか?

攻略ルートを進んでいくと、マイエル=リンクと2戦目。抜刀斬りだけで勝利。
どうでもいいけどゲーム内では「マイエル=リンク」が「マイエルリンク」になっていて、もうひとつ細かさが足りない気が。

その後ベンゲに左手を斬り飛ばされるD。襲撃に気づけよ! 左手どこ行くんだ!!
だんだん突っ込み所が多くなってきたなぁ。
さらに人工太陽でオダブツのD。この人(人?)ほんとにDか?

ここからレイラでのプレイ。
レイラ、銃撃つとDよりも雑魚に対して強いんですが…。

イベントであっさりD復活、ベンゲを倒す。ここも抜刀斬りでした。

シャーロットの部屋の手前の色が変化する2つの石は、変化するパターンが同時になってる時に横斬りで一気に揃えてクリア。
でも、かなりてこずりました。

プレイしてみるとアクションゲームというよりは断然アドベンチャーゲームですね。
明日には最後まで行けるかな?
[PR]

by overkilling | 2009-02-03 09:34 | バンパイアハンターD

吸血鬼ハンター1日目

ビクターインタラクティブのPSソフト、「バンパイアハンターD」を開始。
a0094381_12352911.jpg

ウチのブログでは、毎回どマイナーな原作付きゲームばかり扱ってますが、今回はその中でも目玉的なソフト。なんたって「D」のアクションゲームなわけで。
当時劇場用アニメ(ビデオアニメの方じゃなく)が制作されたついでに作られたゲーム、みたいな印象でしたが、カプコンの「鬼武者」をそのまんま「D」の世界に置き換えたような内容になっております。
「鬼武者」よりも操作性がはるかに良くないのは悲しいです。

オープニングムービーは非常にいい感じ。
初期のPS2のゲームと言っても通用するんじゃななかろうか。
さすがに実際のゲームが始まるとちょっと…Dが棒立ちで何か微妙だ。
左手が喋ると左手のアップになるんですが、鼻の下が長くてクチバシみたいになってる。
声は左手の永井一郎以外はゲームオリジナルのキャストになっているらしい(実は劇場版アニメ観てない)。
Dの声はやはり故・塩沢兼人じゃないと…とは思うんですが、ゲームの声(家中宏)も聴いていると、そのうちイメージに合っているように思えてくる。
でももし塩沢兼人だったら、コレクターズアイテムになってプレミア付いてたかもしれないですねこのゲーム。

キャラはさすがにPSっぽいのですが、ゲームの舞台になるチェイテ城の中はかなり美麗。
床の映り込みまで美しい。
固定視点なのが残念ですが(そして非常にゲームがやりづらい)、独得の雰囲気があって、邪魔にならないBGMもいい感じ。

ただ、どうにもDが動かしづらい。私がこの手の固定視点のゲーム苦手なのもあるかもしれないですが(デビルメイクライ4の体験版も合わなかった)、どうにも小説やアニメみたいにカッコ良くいかない。
というか、思った通りに移動させるのも一苦労。これは慣れなんだろうけど…。
戦闘ともなると何をやってるかわからんくらいで、しかもボタン操作がけっこうややこしく、攻撃しているつもりが延々抜刀を繰り返してたり、敵のいないとこへ斬りつけてたり、とてもじゃないですが辺境最強のハンターとは思えぬ挙動。
頼みの左手の操作も、セレクトボタンで能力を変更するという使い勝手の悪さで、変更するとそのまま忘れてしまって操作間違えて貴重なゲージを無駄に消費したり。

知人の話ではクリアできなかったってくらい難しいゲームらしいので、攻略本頼みでとりあえずどこでもセーブ機能駆使して遊んでみることにしました。

が、操作に慣れてくるとけっこう面白い。
敵も、斬りつけて左手で吸い込んで…と攻略法わかってくると簡単だし、何より「D」を動かしてるっていうのが原作ファンとしてはたまらんです。

で、大広間から小部屋?へ。
いきなりセキュリティシステムとかでレーザーがっ。
胸の青いペンダントはどうしたああああ!!
とりあえずレーザーを走って避け、先へ。
通路を進んでいくと、いきなりマイエルリンクとの戦いに。
抜刀斬りメインでガシガシ斬って撃退。とはいえ、2回くらいやり直しましたが。
セーブがどうも今いる部屋に入った時点からの再開になるらしく、マイエルリンク戦をやり直そうとしたら通路の端からになってしまい、雑魚モンスターを倒してたらマイエルリンクがいなくなってしまった。
いなくなると多少展開が変わるらしいので、またセーブポイントから再開してから走ってドアを開けてマイエルリンクの元へ。すごい面倒。
その後は新しい部屋に入るたびにセーブ。先に何があるかわからんし。

レイラの声はそれっぽい感じ。造型もDみたいに棒立ちじゃないし。
しかし、貴族と戦って生きてるんかいな。

イベントの後に適当に動いていると、意味のありそうな場所がいくつか。
けっこう、あちこち行ったり来たりするんですかね…マップがあるからまだいいけど、雑魚がいちいち復活してるのがなぁ…。
雑魚は抜刀斬りで一撃、みたいなことが攻略本に書かれてましたが、いまだに一撃で葬れません。VPゲージ最大にするんかしらん。
敵に何度も斬りつけなきゃいかんのはDっぽくなく、残念。ザクに何発もビームライフル当ててるガンダムみたいな悲しさが。
雑魚との戦闘で、背後を取っているのに「うっ」とやられてしまうのは解せない。しかも当たっているように見えない。当たり判定がけっこう無茶なんではなかろうか。

通路の奥の、石像を動かす謎解きはさっぱりわかりませんでした。
ノーヒントでこりゃつらい。
マップも、現在位置が表示されないので十字路とかつらい。
いろいろアイテム入手しつつ先へ進む。地下で電源ユニット使うイベントがあるのですが、これだけのために地下室作ってるんでしょうか…。
原作者と同じくステージ背景とかスキなんで雰囲気味わえていいですが、なんとまあ豪勢なゲーム。
どこ進むんだかさっぱりわからないのですが、そこはチラホラ攻略本を見る。
石碑の謎解きで石像を動かすなんて、攻略本ないと絶対にわからないです…。
大鏡の間でノルトの死体を発見。何となくヴァンパイアレインの死体を思い出す。
この後汚水処理場へ落とされるのですが、ここからがめちゃくちゃ大変。
まず、どこへ行けばいいのかわからない。
敵がいないのはまだ親切ですが、汚水?につかってるとダメージを受けるので、さくさく進みたいとこですがヒントも何もないのでかなりわかりづらい。
そもそも、Dをまっすぐ進ませることも困難な操作性で、微妙な操作を要求されてもなぁ…何度も汚水の中に落ちてイライラが募る。
進む方向がわからないので攻略本見たんですが、それでもわからない。
実は方向は合ってたんですが、ジャンプして対岸へ渡った時に位置が悪かったらしくカメラが切り替わってDの姿が見えなくなり、動くとまた汚水にドボン。最初からやり直しになってたので、先に進めるのがわからなかった。

ようやく、画面の奥の鉄格子がない部分に気づいて、そこから水量調節室へ。途中の人魚の毒攻撃などこのゲームのわかりにくさに比べれば可愛いもの。
が、水量いじってもどこへ行けばいいんだかわからない…。
水量調節室前の通路には針?の仕掛けもあるんですが、これがジャンプしてもかわせない。
おまけに、階段で見えないとこにまで設置してあって進むだけでグサッ。いいかげんにしろいっ。
人魚の毒霧で何度も毒状態になり、果てしない回数汚水の中に落ち、針の仕掛けに何度もグサグサ刺されるとてもDとは思えぬ有様を繰り返して、ようやくリフト制御室へ。
ここの謎はリフトの制御盤に気づけば楽。気づくのが最大の難関ですが。
このゲーム、舞台背景は最高に綺麗なんですが、どこに何があるかが物凄く分りづらいんだよなぁ…。

リフトの謎を解いて先へ進むと、ボルゴフとの戦闘へ。長いことセーブしてなかった。
ここで死んだらまた汚水の最初からかと思うとゾッとしましたが、それほど難しい相手でもなく、また回復の手段もたくさんあるので楽にクリア。
しかし、どこでもセーブ機能よりもイベント前にセーブ室があるシステムになってる方が、むしろプレイヤーにとってはありがたいんじゃないだろうか。
いきなりイベントに突入されても困る…。
あと、戦闘ではあんまりロックオン機能が使えませんね。
ロックオンしてるんだかしてないんだかわからない。ロックオンしてても反応鈍いし。

ボルゴフがいなくなったので周りを調べてみる。
ここ、棺桶の中から出て来たんかいな。
カイルが棺桶の中で死んでるんですが、いつぞやのノルトといい、どの道アニメとも原作とも違うストーリー展開なんだからゲームに出してDと戦わせても良かったんじゃないでしょうか。
グローヴやカロリーヌも出てこないそうですし…。
容量とか予算の都合でもあったんでしょうかね。

今日はここまで。
攻略本があるのでクリアは出来るでしょうが、アクションシーンが不安です。
[PR]

by overkilling | 2009-02-02 03:13 | バンパイアハンターD