L4D2カスタムマップレビューその214

a0094381_2373379.jpg

「Hiking Trails」

 プレイキャラはL4D2のキャラ。
 山麓を舞台にしたカスタムキャンペーンで、他では見られない要素が詰め込まれた各チャプターをそこそこの完成度でまとめている。
 特にチャプター1は丁寧に作り込まれており、限定されたロケーションでありながら目まぐるしくシチュエーションが変化していくので、プレイヤーを飽きさせない作りになっている。

 ただ、チャプター2以降はそれなりのクオリティになってしまい、他のよくあるレベルのカスタムマップと同質に思えてしまうのが残念。
 見えない壁や、落ちると大幅に遠回りして戻ってこなくてはならない坂、ややわかりにくいルート設定など、ゲーム性としてもかなりイマイチな部分が目についてしまう。

 また、山麓という高低差のあるシチュエーションでのためか、Botがとにかく死にやすい。
 チャプター3では丸太を運ぶトロッコが走る線路を進む、危険で楽しい仕掛けもあるのだが、残念ながらBotは簡単にトロッコに轢かれてしまうので、シングルプレイでは全滅を招きやすい問題箇所になってしまっている。
 それでいて、復活できるクローゼットがこのキャンペーンには存在しないので(あろうことか、フィナーレにたどり着いても復活できない)、プレイのしやすさという観点からも問題がありすぎる。

 フィナーレ自体も、回復キットひとつに弾薬補充はなし、という意味不明な制限を設けている。その一方で、感染者が一箇所からしか来れない篭り場所がいくつもあるのでラッシュに楽に対処できてしまい、ただただ単調なだけのフィナーレになってしまっている。

 マップを作るだけで精一杯で、テストプレイやユーザーからのフィードバックがほとんど得られていないのでは?、という推測が簡単に成り立ってしまうほど、後半のゲーム性の出来の低さが寂しい。チャプター1のクオリティのままで全編が作られていれば、相応な評価を得ることが出来ていたかもしれない。

 全4チャプターで、クリアまでは40分ほどかかる。

 なお、他のカスタムキャンペーンである「Dniepr」を同時に導入していると、この「Hiking Trails」と競合してチャプター4のロードが途中でストップしてしまうので注意。おまけに、チャプター4から始めるとなぜだか「Dniepr」のチャプター4が開始されてしまうという、謎すぎるバグもある。

a0094381_23384684.jpg

a0094381_233974.jpg

a0094381_2340068.jpg

a0094381_23403371.jpg

a0094381_23405036.jpg

a0094381_23412318.jpg

[PR]

by overkilling | 2015-08-30 23:41 | PC版left 4 dead 2