L4D2カスタムマップレビューその203

a0094381_1105860.jpg

「Echo Evac」

 プレイキャラはL4D2のキャラ。
 新作マップではなく、2010年頃にL4Dmaps.comで公開されたカスタムキャンペーンだという説明があるので、再公開版と言うのが正しいのかもしれない。
 確かに、私も以前にこのキャンペーンをプレイした記憶があるのだが、このタイトルには憶えがない。プレイしたのならレビューも掲載していそうなのだが、チェックしても見つからなかったので、当時は正式に入手できないものだったのかもしれない。
 ただ、YouTubeで動画を見た記憶はあるので(フィナーレの脱出方法がわからなかった・・)、あるいはキャンペーン名を変更しているものと思われる。

 L4D1の公式マップである「ブラッドハーベスト」の続編という形式になっており、L4D2の生存者たちが「ブラッドハーベスト」のフィナーレである農家にたどり着いたが救出車両は現れず、仕方なく自力でその先に進んでいく、という設定になっている。

 「ブラッドハーベスト」と関係があるのは冒頭だけで、公式マップのエンディングで装甲車がブチ破って突破した柵の奥へとルートは続いていく。

 マップの見た目はそれなりで、特に目を引く要素があるわけではないが、各チャプターのイベントはいろいろ凝っており、一筋縄ではいかないようになっている。
 ただ、どちらかというとイベントは面倒なものが多く、正直言ってプレイしづらい類いのもので、おまけに難易度が高めなことから、ハッキリ言ってしまうと糞マップにカテゴリしてしまいたくなる出来になっている。

 チャプター1のスカベンジは、巨大な白いタンクの上に登ってから給油する。
 
 チャプター2のイベントはマップのあちこちに設置されたスピーカーを3つ破壊するのだが、マップの作りが相当にややこしく、しかも延々とラッシュが続く中でルートを探し出さねばならないので、初見殺しどころのレベルですらない。マップを端から端まで見て回らないと、ルートを見つけるのは難しい。
 また、スピーカーの破壊が完了したら、詰め所にあるボタンを押してゲートを開く必要がある。

 チャプター3のフィナーレは、ビルで囲まれた雑草地帯(なにかの研究所?)にエレベーターで降りただけで開始となる。
 篭れる場所は2箇所あり、さほど難しいものではないが、簡単にはいかないようになかなか捻って作られている。
 脱出は、ビルの壁沿いに進むと警告色で塗られた部分があり、そこへ上からリフトが降りてくるようになっている。そのリフトに乗り込めばいいのだが、Botたちは乗ってくれないので、シングルプレイの場合はBotたちが倒れてくれないとクリアできない。

 全般的にルートは案内表示が少なめなのでわかりづらく、アイテムの設置も満足なものではないので、とにかくプレイしづらい。
 また、チャプター2では他の糞マップでも見られた、装甲車の一部が空中にパカパカと表示されるという、わけのわからないバグもある。

 良くも悪くもマップとしての個性はあり、チャプター2のセーフルームの電車など面白いアイディアもあるので、細かい部分をきちんと作っていればそれなりの評価を得られそうなものではあるのだが、どうしていい加減な作りで制作者自ら評価を下げるような真似をするのか、ほとほと理解できない。バグや作りがいい加減な部分は制作者も認識しているらしいのだが、それでも再公開に踏み切ったということは、そうした部分を今更直すつもりはない、ということなのだろうか。

 全3チャプターで、クリアまでは30分程度かかる。

a0094381_235561.jpg

a0094381_241952.jpg

a0094381_25442.jpg

a0094381_251362.jpg

a0094381_261759.jpg

[PR]

by overkilling | 2015-05-11 02:06 | PC版left 4 dead 2