おすすめカスタムマップを一通りプレイ

 L4D2のカスタムマップレビューの200本目が間近ですが、最近、「L4D2おすすめカスタムマップ」に掲載しているカスタムマップを一通り遊んでみたので(シングルプレイ・難易度ノーマル)、その感想をざっくばらんに。ちなみに、どのマップも5回以上はプレイ済み。

「Back To School」
 面白かったが、フィナーレを適当にやったらどのテントをチェックしていないのかがわからなくなり、タンク+ラッシュに呑まれてやられてしまった。
 また、各チャプターのイベントで発生しないものが多かった。ランダム要素はプレイする側からしたら、あんまり喜ばしいことじゃない気がする。

「Dam it 2! The Director's Cut」
 ルートが極端にわかりにくいが個人的には好きなマップ。
 チャプター2の難関イベントで、ラッシュが来ないバグ?が。
 フィナーレはL4D2のカスタムマップの中ではトップレベルの面白さだと思う。

「Day Break」
 けっこう、マップの作りの粗が目に付いてしまった。
 フィナーレのスカベンジは、各階の独房のどれかひとつに燃料タンクが設置される仕様で、運ぶ数も4つ程度だったら、もっと楽しいものになっていたと思う。

「Dead Before Dawn DC」
 これはL4D1版の方が圧倒的に好き。
 フィナーレでラッシュの途中にタンクが出たが、スルーしてそのまま脱出できてしまった。

「Dead Series」
 個人的には評価の高いマップだったのだが、今回プレイしてみて強引な作りの所がやけに目についた。
 gamemaps.comのレビューで酷評している外国人がいたが、ちょっと気持ちがわかった。
 このマップに限ったことではないが、序盤の武器制限がストレスにしかなっていないのが残念。

「Devil Mountain」
 完成度は高いけど、実はあんまり、リプレイ性がないなぁと感じた。

「Dniepr: Life Is Not A Bed Of Roses」
 これはかなりやり込んでいるのでルートに迷うこともなく、実に楽しくプレイできていたのだが、チャプター4で強制終了食らってしまった。
 やり直しのプレイでは無事に最後までクリア。
 フィナーレのつまらなさが本当に残念。

「I Hate Mountains 2」
 傑作だけど、L4D1版とあまり変わり映えしないのが残念。

「Journey to Splash Mountain」
 スプラッシュマウンテンのチャプターは面白いし、フィナーレも悪くはないのだけれど、序盤のダラダラした流れがリプレイ性を落としてると思う。

「Overkill」
 フィナーレでBotたちがついてこれず、3回もプレイするハメに。その3回とも、Botたちは途中の地下鉄にすらたどり着けず。
 面白いマップなのにもったいない。

「Redemption II」
 これも傑作だとは思うのだけれど、後半がやっぱりダレてしまう。
 フィナーレもラッシュの中をボンベ運ぶのがやけに面倒臭く、あまり楽しいとは感じられなかった。

「Suicide Blitz 2」
 これはプレイしやすいので、いつやっても楽しい。
 チャプター3と4が地味で、プレイ後の印象に残らないのが残念。
 フィナーレは屈指の盛り上がりで、L4D2のカスタムマップのフィナーレの中ではこれが一番好き。難易度は高いが、やり込んで慣れれば普通にいけるようになるし。
 なぜだかプレイ中にブーマー汁がひとつも出なかったが、それでもリトライすることなくクリア。

「The Bloody Moors」
 これは個人的にとても好みのマップ。
 序盤のチャプターの暗さも、L4D2の設定でマップの明るさを上げたら、あんまり気にならなくなった。
 チャプター4がダルいのが残念。今回は弾切れ対策で近接武器を捨ててマグナムで進んだが、これが正解で難なくクリアできた。
 フィナーレのラストのタンク2体同時湧きは、一旦海側に逃げて桟橋の梯子を登って回避する方法を試してみたところ、上手くはいったものの、Bot3人は着いてこれずに全滅してしまった。
 後でフィナーレだけやり直して、タンク2体を倒すようにしてみたが、桟橋を渡っている間に別のタンクが湧いてBotに襲い掛かってしまった。が、ボートに乗っていなくても、感染者に捕まっているのでなければ脱出扱いになるらしい・・・。

「Tour of Terror」
 プレイすると楽しいんだけど、これといった売りがない気がする・・・。

「Undead Zone」
 これもプレイすると楽しいのだけれど、回数を重ねるとこれといった魅力が感じられなくなる気がする。
 フィナーレも適当プレイになるので、あんまり面白くないし。

「Urban Flight」
 フィナーレのスカベンジの発電機の位置がいやらしく、おそらく罠配置のチャージャーの突進でBot一人が餌食に。こうした部分はどう評価すべきか。
 ただ、面白いことは面白いし、リプレイ性もある。

「Warcelona」
 道中はさして詰まることなく進めたものの、フィナーレで弾切れを起こし、リトライを食ってしまった。
 もうちょっとラッシュの量を減らすか、タンクが出現した時はラッシュが止まるようにしていれば、もっと面白くなったと思うのだが・・・。
 最後の狭い足場を進むパートで出るタンクは無限湧きするので、倒すよりはスルーした方がいいのも残念。結局、Botたちを見捨てるような形で脱出することになるし。
 ただし、毎回体力が赤色ギリギリでヘリにたどり着くので、そのギリギリ感を狙って作っているのだとしたら、制作者は大したものだと思う。
 ヘリの場所から見える風景が最高なだけに、フィナーレがもっと簡単だったら、間違いなく傑作レベルだったのに・・・。

「Yama」
 これは難易度が低いので、安心して楽しめる。今回は道中で弾薬があまり見つからなかったので、近接武器よりはマグナムを持っていた方が楽かもしれない。
 フィナーレのスカベンジは、開始前の道中移動の際に3つ燃料タンクを持ってきていたので、その後は楽にこなせた。
 無茶な難易度を設定しなかったことが、このカスタムマップを傑作の位置に押し上げていると思う。


L4D1のカスタムマップも、難易度アドバンスでプレイ。

「Dead Vacation」
 L4D1のプレイ感覚や世界観は、L4D2とは全然別ものという感じがした。とにかく楽しい。
 プレイキャラの移動が速い気がするし、ゲーム展開もキビキビしていると思う。
 特殊感染者も突然現れたり面白い動きをするのが多かった。難易度アドバンスにしているので、ゾンビの頭がいいっていうのもあるのでしょうが・・・。
「Dead Vacation」自体はとても面白いが、Botが足を引っ張る場面が多かった。特に、ウィッチをまったくスルーできないのがまいった。ライトを当ててぼーっと突っ立ているので、必ず誰かが襲われてしまう。
 L4D1のマップに関しては、ウィッチはプレイヤーが率先して殲滅していかないとダメなようである。
[PR]

by overkilling | 2015-03-13 15:59 | PC版left 4 dead 2