L4D2カスタムマップレビューその193

a0094381_6105539.jpg

「Dead Jail」

 プレイキャラはL4D2のキャラ。
 タイトル通り刑務所内を舞台にしたカスタムマップで、見た目のチープさ通りにクオリティが低いのが残念。
 zipファイルには3つの難易度別のvpkファイルがあるが、おそらく初見プレイはそれなりに苦労するので、easyで遊ぶのが無難だと思われる。
 次々と展開していくマップルートは内容が濃く、かなり頑張って作られているとは思うのだが、いかんせんプレイヤーのことをまるで考慮していない独りよがりな内容でプレイしづらく、リトライを食いやすいポイントがいくつかあるのもかなりマイナス。
 ルートを進むだけで湧く固定配置のラッシュや特殊感染者、マップのあちこちを回らないと発生しないイベントなど、悪い意味でのカスタムマップらしさが目立つ。
 セーフルームまでの手順がわかっていれば意外と先へ進んでいく楽しさはあるので、もうちょっとプレイしやすさを重視してマップの見た目も良ければ、あるいは佳作にはなれたかもしれない。
 なお、イベントのほとんどは時間経過を待つだけの単純なものだが、ガラス戸のところで詰まったら、銃で奥に見えるスイッチを撃ってみよう。ガラスが開いて、奥の部屋でレバーを引けるようになる。
 2枚のドアで塞がれている所は、攻撃すればドアをどかすことが出来る。
 アップロードサイトでは2チャプターのキャンペーンということになっているが、実際には1チャプターしかなく、チャプター1をクリアすると再びスタート地点にループする。こんな作りにして2チャプターキャンペーンだと偽っても、どうしようもないと思うのだが・・・。

a0094381_6471752.jpg

a0094381_647377.jpg

a0094381_6474360.jpg

[PR]

by overkilling | 2015-02-12 06:47 | PC版left 4 dead 2