L4D2 カスタムマップレビューその190

a0094381_23452478.jpg

「Welcome to Hell」

 プレイキャラはL4D2のキャラ。
 公式マップの「ザ・パリッシュ」の続きのキャンペーン、という設定なのだが、あまりそれらしい要素は見られない。
 都市を舞台にした公式マップである、「デッドセンター」、「ザ・パリッシュ」、「ザ・パッシング」を混ぜ合わせたような内容で、ソツなく作り込まれている。
 ややラッシュが起こる頻度もゾンビの量も多めで、おまけにガントレット形式のパニックイベントばかりなので苦労するが、ブーマー汁がよく手に入るので投げ物を駆使すれば楽に行けるかもしれない。
 残念ながら、後半チャプターになると丁寧さも面白味も薄くなっていき、ルートがわかりづらかったり、誤った案内表示があったり、展開が少し単調に感じられたりする。
 チャプタ-4で案内表示がある倉庫で行き詰ってしまったら、進むべき道はその倉庫ではなく、少し戻った街中にある「CLUB D」という看板の店の中にあるので、厨房の先のドアから外へ出よう。
 チャプター5のフィナーレ前の路上で詰まったら、「HERSCH」と壁にあるドアから奥へ進めば、無線機のある列車倉庫内へ入れる。
 フィナーレはスカベンジになっており、無線機で連絡したら開いたシャッターの先へ進み、すぐ左に曲がって進むと、給油先であるタンクローリー車がある。「ザ・パッシング」と同じく、L4D1の生存者たちが手助けをしてくれるが、オリジナリティも含めてあまり成功しているとは言い難い気もする。
 全体的に、致命的な欠点はないのだが、公式マップで見た景色やイベントがあちこちで散見されるため、独創性の無さがキャンペーンそのものの味気なさに繋がっていると思う。
 なお、シングルプレイのチャプター4で死亡したら、マルチプレイの死亡時のように他の生存者たちの戦闘をただ観ているだけの状況になってしまった。
 また、キャンペーン開始時のポスターの表示がおかしいのもいただけないと思う。
 全5チャプターで、クリアまでは1時間ちょっとはかかる。

a0094381_195088.jpg

a0094381_195959.jpg

a0094381_110761.jpg

a0094381_111782.jpg

a0094381_1113113.jpg

[PR]

by overkilling | 2014-11-16 01:17 | PC版left 4 dead 2