L4D2 カスタムマップレビューその188

a0094381_111554.jpg

「TBM Survivor」

 プレイキャラはL4D2のキャラ。
 都市型のカスタムマップで、団地とその周辺を舞台にしている。
 見た目はチープで、至らない点はあちこちにあるが、最大の難点はキャンペーンを通して終始ラッシュまみれになっている点。とにかく、何かあるたびにラッシュが起こり、何もなくても道を進むだけでラッシュが起こる。広場の多いチャプター2など、難易度ノーマルでもBotが四方からのラッシュに飲まれてダウンしてしまうくらい、執拗にラッシュが続く。襲ってくる感染者にライオットが多いこともあって、ルートを進むだけでとにかく苦労してしまう。
 このラッシュのおかげで、他の不備には目をつむったとしても、ハッキリと糞マップだと言える出来になってしまっている。
 また、感染者のリスポーン設定がイマイチで、1人でマップを駆け抜けようとすると突然現れるゾンビに囲まれている、ということもたびたび起こる。
 なお、チャプター2の豪邸の壁に付いている大岩は、台を支えているヒンジの部分を撃って破壊し、岩を落っことして地面に穴を開ける。
 チャプター3の建物内の天井に向かって伸びているハシゴは、天井を撃って破壊し、その穴から先へ進む。
 フィナーレはあずま屋に篭ることになるが、脱出用のヘリ(ローターが動いてないが)はルートを戻った先の建物の屋上に来るので、あらかじめ戻っておいてもいいかもしれない。建物の裏手にハシゴが付いているので、それを登れば屋上へ行ける。
 とにかく、遊びやすいマップでは決してないので、プレイする際には苦戦するのを覚悟した方がいい。
 全3チャプターで、クリアまでは50分近くかかる。

a0094381_1592826.jpg

a0094381_1593686.jpg

a0094381_1594473.jpg

a0094381_203112.jpg

a0094381_203957.jpg

a0094381_21131.jpg

[PR]

by overkilling | 2014-11-14 02:03 | PC版left 4 dead 2