L4D2 カスタムマップレビューその170

a0094381_23452257.jpg

「Tour of Terror」

 プレイキャラはL4D2のキャラ。
 東ヨーロッパを舞台に設定しているカスタムキャンペーンだが、あまりそういう雰囲気はなく、しかしながら様々なロケーションを備えたなかなか完成度の高い内容になっている。
 市街地から巨大な城、フリーウェイから駅へと、作り込まれたマップの数々が素晴らしい。

 難易度的には易しめで、苦労するポイントはチャプター3のクレッシェンドイベントくらいだが、サクサク進んでいける面白さを初心者でも充分に味わえる。

 チャプター3のみ、イベント開始時からセーフルームに入るまで途切れることなく特殊感染者が湧き続ける仕様になっており、特にセーフルーム前の大穴のポイントは孤立させられてリトライを食いやすい危険地帯になっている。

 駅に篭るフィナーレは丁寧に作られてはいるものの、あまりにロケーションがありがちで面白味がなく、もうひとつ盛り上がりに欠けてしまうのが残念。

 やや道中に直線が長い距離が多く単調で、ラッシュイベントも単純なものが多いので、もうひとつふたつこのカスタムマップ独自の面白さがあれば、もっと印象も良くなっていたかもしれない。
 しかしながらほぼストレスなく遊べるので、初めてカスタムマップをプレイする人にも向いている。

 全5チャプターで、クリアまでは1時間ほどかかる。

a0094381_014098.jpg

a0094381_015618.jpg

a0094381_021414.jpg

a0094381_02405.jpg

a0094381_024781.jpg

a0094381_031632.jpg

[PR]

by overkilling | 2014-04-21 00:03 | PC版left 4 dead 2