L4D2 カスタムマップレビューその162

a0094381_17384413.jpg

「City Center」

 プレイキャラはL4D2のキャラ。
 都市部を舞台にした未完成のキャンペーン。
 マップの見た目はそこそこでいくつか印象的なパートもあり、ルート構成も一応練られてはいるのだが、難易度が無茶苦茶で普通に遊べる代物ではなくなっている。
 ルートを進むだけで大量のラッシュが発生するよくある糞マップの類いで、ただひたすらストレスが溜まる内容であり、初見プレイでは恐ろしく面倒。
 チャプター3に至っては時間のかかるイベントの後に無限ラッシュ&無限タンクが起こり、その中で特殊感染者が罠のように固定配置されたアスレチックコースを進まねばならず、botが着いて来れないシングルプレイではクリアはほぼ不可能に近い。
 全4チャプターの予定だが3チャプターまでしか公開されておらず、完成を見ることもほぼないと思われる。

追記:
 なんと、実に5年ぶりにマップがアップデートされ、フィナーレが追加されたバージョンが公開された。

「City Center Apocalypse」

 ただし、追加されたフィナーレは実は「Dead on Time2」のフィナーレのまったくの流用である・・・。

 2015年以降、Gamemaps.comにアップロードされているカスタムマップが次々に数年ぶりのアップデートを行うという珍事(?)が起こっているが、もしやアップデートするとGamemaps.comから報酬が得られたりしているのだろうか?

a0094381_1749297.jpg

a0094381_17493672.jpg

a0094381_17494917.jpg

[PR]

by overkilling | 2015-06-08 10:14 | PC版left 4 dead 2