L4D2 カスタムマップレビューその156

a0094381_1647551.jpg

「Death Island」

<分割ファイル>
「Part 1」
「Part 2」
(DL先はsteamのワークショップなので、サブスクライブで落とす)

 プレイキャラはL4D1のキャラ。
 必要アイテムを集める探索型のキャンペーンで、広大な島を舞台にしている。
とは言っても島らしさはほとんど見られず、キャンペーンとしての完成度も低いので、ただただストレスが溜まるだけの内容になっている。
 あまりに広大な各チャプターを駆けずり回ってアイテムを集めていく苦労に見合うだけの面白さや充実感があればいいのだが、残念ながらそうした見返りは少ない。
 チャプター1は事務室の壁にカード型の鍵があり、それをひとつづつ取って、番号に合ったログハウスの扉を開けるために発電機を起動し、扉を開けて中にあるアイテムを入手、それをパビリオン内にある番号がふられている場所の床に設置すると、次の鍵が取れるようになるので、これを8回繰り返す。
 チャプター2は下水道の中を歩き回って、通路の端にある小さなアイテムを入手、それを発電機につけて起動する。
 チャプター3は各所に落ちているお金を入手し、敷地内の端に隠れるように建っている「ELECTRIC SHOP」でスイッチを入手、外周沿いに進むと突き当たる行き止まりのコンソール起動で、外に出られる。
 チャプター4は梯子を見つけ、設置して進むだけ。
 フィナーレとなるチャプター5は普通にクリアするタイプのチャプターになっている。
 下品なネタオブジェクトはまだジョークの範囲だが、全体的にバグや手抜きがありプレイしづらいレベルの出来なので、これほどまでに複雑かつ面倒な手順を要するチャプターをクリアしていくのは至難の業だと思われる。私はチャプター3で橋のところまで行ったが、なぜだかbotが次々川に飛び込んで全滅し、その後にラッシュ&特殊感染者&タンクの極悪コンボを食ってゲームオーバー、このチャプターはそこで投げ出した。
 少なくとも、普通にL4D2を楽しみたいのなら手を出してはいけない内容のカスタムマップだと思う。
 全5チャプターで、クリアまでは普通にプレイしても2~3時間はかかる。

a0094381_1775067.jpg

a0094381_178633.jpg

a0094381_178429.jpg

a0094381_1792096.jpg

[PR]

by overkilling | 2014-04-11 17:10 | PC版left 4 dead 2