L4D2 カスタムマップレビューその154

a0094381_13172690.jpg

「Dead Destination」

 プレイキャラはL4D1のキャラ。
 中国マップコンテスト参加作品のひとつで、マップの見た目の完成度はなかなかの出来。
 ゲーム性も一応はしっかりしていて、他の多くの中国マップコンテスト作品のような低クオリティな糞マップ要素はほとんど感じられない。
 基本的には中国的なオブジェクトを楽しみつつ、フィナーレまでサクサク進むことが出来る。
 ただ、残念なことに難点もいくつかある。アイテム配置にランダム要素が強すぎるようで、セーフルームに弾薬しかなかったり、フィナーレまで上位武器が出なかったこともあり、こうしたアイテム制限(特に回復キットが入手できないと致命的にすらなる)で難易度を上げるのはプレイヤーとしてはストレスが溜まるだけで、悪い印象しか持たれないと思う。
 初見殺しのミニイベントがあったり、狭い場所でタンクとラッシュが同時に襲ってくるなど、難易度的にもあまりバランスがよくない場面が目に付く。
 また、本来ならラッシュが起こるはずのところで何も起こらないという、イベントの精度の低さも一部分で見受けられた。
 路上で戦うフィナーレは、設置してあるヘビーマシンガンを撃ちまくれることもあって個人的には面白く感じたが、他にこれといった仕掛けもないので盛り上がりに欠けるのも残念。
 全3チャプターで、クリアまでは30分ほどかかる。

a0094381_13283138.jpg

a0094381_13284029.jpg

a0094381_1329460.jpg

a0094381_13291046.jpg

a0094381_13292046.jpg

[PR]

by overkilling | 2014-04-10 13:32 | PC版left 4 dead 2