L4D2 カスタムマップレビューその116

a0094381_18132942.jpg

「Plan B」

 プレイキャラはL4D1のキャラ。
 嵐の真っ只中の郊外から出発し、軍事基地を通り抜けていくカスタムマップ。
 マップの見た目もゲーム内容も手堅くまとめられており、センス良く作られたステージやイベントの仕掛けのアイデアの面白さを楽しめる。
 また、生存者たちのセリフを巧みに使った雰囲気作りも素晴らしい出来で、要所要所でキャンペーンを盛り上げてくれる。
 ただし、わかりづらい点もいくつかある。
 チャプター1のラッシュイベントでは、扉を開くためにキーボードを何度もアクティベートする必要がある。
 また、別のイベントが発生する場合もあり、こちらは扉を破るためにりゅう弾砲を3回撃ち込まねばならない。
 チャプター2の終盤には爆発イベントがあり、仕掛け自体は面白いのだが、何の説明もないまま進行していくので初見時には即死する可能性が非常に高い。水溝の中に飛び込むのがわかっていれば、実に面白いイベントなのだが…。
 フィナーレとなるチャプター3はガントレット方式のラッシュイベントになっているが、途中の倉庫で行き詰った場合は、はしごを上がって棚に登り、巨大な箱の上を通っていけば倉庫の向こう側へ行くことが出来る。
 チャプター1からイベントが少々わかりづらいため体力を失いやすく、特に初見プレイでは常に回復不足な状況で進んでいくハメに陥りやすい。
 ただし、フィナーレなどはラッシュの量も少なめで弾薬等もしっかりと配置してあり、どこで何をするのかがわかってさえいれば、遊びやすいと言える内容のキャンペーンになっている。
 全3チャプターで、クリアまでは30分ちょっとかかる。

a0094381_1912518.jpg

a0094381_19121996.jpg

a0094381_19122738.jpg

[PR]

by overkilling | 2014-01-07 19:13 | PC版left 4 dead 2