L4D2 カスタムマップレビューその107

a0094381_22531326.jpg

「Nightmare on Liberty Street」

 プレイキャラはL4D2のキャラ。
 かのMOD配布サイトのレーティングで、L4D1・2を含めた中でぶっちぎり最低得点の「4.3」を獲得していたカスタムマップ。
 そうは言っても評価得点の付いていないマップもたくさんあるし、そもそもレーティング自体あんまり信憑性のない数字が多いのだが、このマップの「4.3」という数字だけは、プレイした多数の人が賛同できるのではなかろうか。
 酷い。あまりに酷い。ここまで「糞マップ」の定義を見せつけられると、逆に惚れ惚れする。
 チープな見た目や見えない壁はもはや「可愛らしいレベル」でしかなく、botは当然の如く意味不明の動きをし、チャプター1にだけ必要性がまったく感じられない状況説明のカットインがあり(扉を開けるためにアクティベートしたのに、わざわざ「その扉が開きました」というカットインを入れる必要があるか!?)、アスファルトが濡れているだけに見える水溜りに足を取られて動きは遅くなり、延々と続くラッシュがなぜ起こっているのかの説明はまったくなく、せーフルームが安全でない、ラッシュ中にどこへ行けばいいのかまったくわからない、そもそもスタート時のわけのわからない状況は一体何なんだ?と、凄まじい出来。
 チャプター1の鉄格子の仕掛けを解くためにあちこち走り回っているこちらをよそに、botたちが全員、その鉄格子をすり抜けてセーフルーム内に立っているのを見た時は、このカスタムマップに最低得点を付けた人たちの気持ちが痛いほどよくわかった。
 チャプター2ではチャージャーが1匹出るだけの地下通路を通るのだが、地上に上がる梯子で案の定botたちがスタックしてしまい、奇跡的に上がってきたbotの一人はあらぬ方向へ走り出し、その後に無限ラッシュを超えてセーフルームに入ったのだが、はるか遠くで立ち止まっているbotたちのおかげでチャプタークリアできないという有様。今まで数々の糞マップを遊んできたが、チャプタークリアができない、というのは初めて見た。
 チャプター3はスタート地点のセーフルームに出口の扉がなく、梯子を上って外に出るのだが、やっぱりbotはスタックしてセーフルームからすら出られない始末。
 フィナーレは開始場所がわかりにくいが、梯子がたくさん付いている建物の入り口付近の壁際に無線機が置いてあるので、それをアクティベートして開始する。救出してくれるヘリは建物の屋上に来るので、梯子を上って、なぜだか屋上にあるコンテナの中にでも入っていれば、楽にクリアできる。
 このマップでかろうじてあるいい部分は、チャプターが短く20分程度でクリアできるのと、救出のヘリにbotたちが乗ってくれることである(乗ってくれないというレビューコメントもある)。
 とりあえず、非常に短いマップなので、どれだけ酷い内容か一度体験してみることをオススメする。そういうものだと最初からわかっていれば、けっこう、ダメな部分も楽しめるかもしれない。

a0094381_23204331.jpg

a0094381_2320493.jpg

a0094381_2321223.jpg

[PR]

by overkilling | 2014-01-04 23:20 | PC版left 4 dead 2