L4D2 カスタムマップレビューその105

a0094381_206467.jpg

「NAPALM DEATH」

 プレイキャラはL4D1のキャラ。
 ベトナム戦争をモチーフにしたカスタムマップで、ジャングルや前線基地、廃墟と化した市街地などを見事に再現している。
 チャプター1のスタート時からM16やM60、マチェットを選べるあたり、世界観にかなりこだわって作られているのがよくわかる。各ステージを見て周るだけでもプレイする価値はある。
 ただ、背景は素晴らしいのだが、各チャプターが短くあっという間に終わってしまうのがあまりにも残念。
ゲーム的にもそれほど盛り上がる部分はなく、逆に敵(?)の迫撃砲による爆撃やスナイパーの狙撃によって不条理にやられてしまう要素もあり、雰囲気を楽しむキャンペーンだとはいえ、もう少し不満点を解消して欲しかったとは言える。
 最後の脱出パートでも、救出のヘリにbotが乗ってくれないといった、基本レベルを下回る残念な点もある。
 上記した要素によってプレイしやすさも犠牲になっており、逆にこのクオリティの背景を維持してゲーム性は普通に遊べる出来になっていたら、「YAMA」などと同レベルの傑作になっていたのに、とかなり惜しく思える。
 全4チャプターで、クリアまでは20分ちょっとかかる。

a0094381_20211851.jpg

a0094381_20213284.jpg

a0094381_20214638.jpg

a0094381_2022599.jpg

a0094381_20221694.jpg

[PR]

by overkilling | 2014-01-04 20:22 | PC版left 4 dead 2