L4D2 カスタムマップレビューその97

a0094381_215509.jpg

「Left 4 SGC Beta v1.0」

 プレイキャラはL4D1のキャラ。
 なんとも説明が難しいカスタムマップで、チャプターごとにスタイルが変わっており、大雑把に言えば不条理ひみつきち系だと言えるかもしれない。

 ただ、マップの見た目はそこそこなのに完成度が低く、プレイしやすさからはかなりかけ離れている。
 遊びやすさなんて知ったことかと言わんばかりに、制作者のやりたいことだけを詰め込んだかのような内容からは統一性も現実味も感じられず、わけのわからない展開に翻弄される不快さだけが残った。
 そもそもチャプター1の冒頭からして延々とカスタムボイスによるやり取りが流れ、それが終わるまでゲームを開始することすら出来ない。英語ですらないボイスのやり取りを、一体何人のプレイヤーが理解できるのだろうか?

 さらにその後にあるスカベンジが酷い内容で、シングルプレイではとにかく面倒なことこの上ない。運搬する燃料タンクの半数がジェネレーターから異様に遠い場所に設置してあり、だらだら運んでいるのがまったくの時間の無駄に思えてくる始末。

 チャプター2ではいきなり「ポータル」の世界になり、説明もないまま難解なパズルをやるハメになる。しかもbotたちは途中に設けられた罠を越えることが出来ず、全滅してしまう。毎度毎度思うことだが、「糞マップ」にカテゴリされるカスタムマップはどうしてこうも皆、同じような特徴なのだろうか?

 私はチャプター2のパズルが理解できずにチャプター3から再開したのだが、なぜだか途中の壁にプレイキャラがくっついて動けなくなってしまい、完全に詰んでしまったので、攻略を断念した。もはやバグなのか何なのかすらわからない。

 全5チャプターだが、少なくともこのカスタムマップはシングルプレイ向けではないことだけは確か。

a0094381_22101739.jpg

a0094381_22102760.jpg

a0094381_22104750.jpg

[PR]

by overkilling | 2014-01-02 22:13 | PC版left 4 dead 2