L4D2 カスタムマップレビューその87

a0094381_22244787.jpg

「Lambda L4D2」

 プレイキャラはL4D2のキャラ。
 L4D1版からの移植マップだが、私はL4D1版はプレイできなかったので比較できない。
「ハーフライフ2」のマップデータを使ったカスタムマップのひとつで、ぶっちゃけて言うと前半チャプターは「Half-Life 2: Point Insertion and A Red Letter Day」と同じ内容(「Lambda L4D2」が元)。
 ただチャプター数はかなり多く、ゲーム性は通常のL4D2形式で、普通に楽しめる内容になっている。
 ルートが多少ややこしく、チャプター4の列車が停まっている場所で進めなくなった場合は、フェンスがある壁にひっそりと梯子が付いているので、それを上ってフェンスを越える。
 チャプター6の人工河川はヘビーマシンガンで川岸を塞いでいるオブジェクトを破壊して道を作ろう。
 フィナーレは普通に篭るパターンだが、ゾンビラッシュが一方向からしか来ないので戦闘する意味がないくらいに簡単になってしまっている。ただし、脱出可能時になると開始位置からかなりの距離の道を進んで脱出ポイントまで走らなくてはならない。こういう形式なのだったら最初から脱出ポイントまで走るパターンにしておけばいいのに…と思わずにはいられなかった。
 また、後半チャプターは異様に梯子が多く、そのせいかbotたちがたびたびスタックしてしまい、かなり苦労した。
 マップの見た目の完成度は非常に高いのだが、残念ながら決して遊びやすいとは言えないカスタムマップであると思う。
 全9チャプターもあるがひとつひとつのチャプターが短く、クリアまで1時間ほどでいける。

 なお、このカスタムマップを導入していると、「I Hate Mountains 2」でフィナーレに出てくる水上飛行機に乗れなくなってしまうので注意。

a0094381_22463552.jpg

a0094381_22471365.jpg

a0094381_2247493.jpg

a0094381_2248056.jpg

a0094381_22489100.jpg

[PR]

by overkilling | 2013-12-31 22:51 | PC版left 4 dead 2