L4D2 カスタムマップレビューその60

a0094381_1929152.jpg

「Fairfield Fallen」

 プレイキャラはL4D1のキャラ。
 公式マップの「ノーマーシー」、「クラッシュコース」、「デストール」とサバイバルマップの「THE LAST STAND」の4つのマップを連続させたカスタムマップ。
 基本的なマップ構成は公式マップと同じだが、あちこりのルートに手が加えられ、それぞれのキャンペーンの繋がりも一応はある(通常のチャプタークリアと同じく、アイテム等はそのまま引き継がれる)。
 最大の特徴として、プレイするたびにルートが変わるという仕掛けがあるのだが、これが致命的な問題を抱えており、チャプター1では道が塞がれていてどこにも進めないことがあった。投稿動画でも同じ問題が起こっているものがあったのだが、結局チートを使って先に進んでいる始末。おそらく、バグで全部のルートが塞がってしまったものと思われるのだが、私の場合は再度やり直したらルートが変わったようで、今度は普通に進むことが出来た。他のチャプターでも、プレイするたびにルートやクリア条件が変わることがあるのだが、進行不可能になる場合がチャプター1以外にもあるのかもしれない。
 チャプター5のもともとは「ノーマーシー」のフィナーレは、セーフルームを出て階段を登ると即座にフィナーレが始まり、すぐに救出ヘリが来るようになっている。
 チャプター7の、「クラッシュコース」でフィナーレに当たるチャプターは、最初はガス缶が大量にセーフルーム内にあり、どうやらそれをフィナーレ開始地点のあの装甲ビークルの所まで持っていって、給油しなければならないらしい。私は途中までガス缶を運んでいたものの、フィナーレ前のトラックをガス缶を持たずに越えてしまったので戻れなくなり、何も出来なくなってそのまま詰んでしまった。チャプターをやり直すと、今度は通常形式のフィナーレになっており、普通にジェネレーター起動でフィナーレを開始してクリアする、ということになっていた。
「デストール」に当たるチャプター8以降はルート変化で当たりを引いたのか、あるいはただの手抜きなのか、ほとんど何も起こることがなくあっさりとクリアしてしまった。
 チャプター12はルートによってはセーフルーム前のドアを出るとすでに脱出が始まっており、ボートハウスの桟橋まで走らないといけない。一見、道がないように見えるが、家の外の塀のあたりをよく見るとダンプスター(ゴミ箱)から向こう側へ越えられるようになっている。なお、ラッシュイベント形式ではなく通常形式でクリアするルートも存在する。
 フィナーレの「THE LAST STAND」の灯台は普通に開始して、タンクを2体倒したら桟橋へ向かい、船に乗り込めばクリアとなる。
 キャンペーン全体を通してアイテム類はほとんど置かれておらず、序盤のチャプターはセーフルームに回復キットが置かれてもいない。
 上位武器も終盤までほとんど見つかることがなく、そもそもチャプター1は何もアイテムがない状態で開始となり、ピストル1丁でタンクと戦うハメになることもある。
 長いキャンペーンなので、少しづつパーティの面々の装備が整っていくのはそれなりに楽しくはあるが、普通にL4Dを遊びたい人にはまったく向かないカスタムマップである。
 全13チャプターで、クリアまでは2時間近くかかる。

a0094381_19301520.jpg

a0094381_19303065.jpg

a0094381_19304318.jpg

[PR]

by overkilling | 2013-12-17 19:34 | PC版left 4 dead 2