L4D2 カスタムマップレビューその44

a0094381_1281494.jpg

「Death from Above」

 プレイキャラはL4D2のキャラ。
 ビーチから閑散とした田舎町を通り抜け、ロケット発射場から宇宙まで飛んでいく奇想天外なカスタムキャンペーン。
 そのステージ外観の貧相さで序盤から糞マップ臭がかなり強いのだが、それをほぼ無理矢理に詰め込んだアイディアの数々で見事に吹っ飛ばしている。
 カスタムマップとしては完成度は低く、せっかくのアイディアに技術力が追いついていないが、進んでいくうちにハマッていくような面白さがある。
 ただ、完成度が低いだけにイベントなどが意味不明なままで放り出されているのが難点。
 チャプター2でコンソールで明かりを点ける部屋は、そのままでは外に出ることが出来ない。ここはコンソールから続くコードをたどって明かりのすぐ近くにある天井の箱を撃つと、コードが落ちて床に火がつき、なぜか壁が壊れる仕掛けになっている。
 最大の難関・チャプター3のパズルは制限時間内に各所にあるボタンで特定の数字を入力するとシャッターが開く…のだが、実は制限時間が切れてもシャッターが開くようになっている(ただし、ペナルティでタンクが1~2体現れる)。数字は特殊感染者に関係してるようだが、バージョンによってヒントが変わっており、最新バージョンのものは結局理解できないままだった。
 チャプター4では開けても入れないドアがあるが、真ん中あたりに不気味に浮かんでいる白い影のようなものを撃てば中に入れるようになる。
 その他、ルートがわかりにくい部分もいくつかあり、適当な処理をしている箇所も多く、プレイしやすいとは言い難いのが残念。
 また、私がプレイした時はチャプター1のエレベーターにbot達が乗ってくれず、そこで詰んでしまった。投稿動画などを見るとbotがちゃんと乗っているものもあるので、あるいは特定の環境でのみ起こるバグなのかもしれないが…。
 さらに、チャプター3からいきなり開始すると、セーフルームを出た途端にゲームがクラッシュする。チャプター2から始めればクラッシュはしないようなので、前述のチャプター1のエレベーターのバグが出た時は、チャプター2から開始するのをオススメする。
 これだけ欠点がありながらこのマップが動画投稿などで人気があるのはハチャメチャな展開になる後半部分が物を言っているのだろうが、きちんとマップの見た目だけでも作られていたら、他に類を見ない傑作になっていたかもしれない。
 全5チャプターで、クリアまでは1時間ちょっとはかかる。

a0094381_1553437.jpg

a0094381_1554415.jpg

a0094381_156652.jpg

a0094381_1561739.jpg

a0094381_1591472.jpg

[PR]

by overkilling | 2013-12-10 01:59 | PC版left 4 dead 2