L4D2 カスタムマップレビューその40

a0094381_21184245.jpg

「Dead Street 2」

 プレイキャラはL4D2のキャラ。
 都市部を舞台にした、オーソドックスなカスタムマップ。
 序盤からラッシュが荒れ狂っている感じだがチャプター自体は短いので、さほど苦労することなくクリアすることが出来る。
 セーフルームにアイテムがほとんど設置されていなかったりもするが、大抵はすぐ外に置いてあり、道中に銃や弾薬なども豊富に置いてある。
 背景は公式マップの材料だけで頑張って作っており、ロケーションがけっこう良い部分もあるのだが、さすがに他から素材を持ってきているカスタムマップなどと比べると少々寂しく見えてしまう。
 ルートはコンパクトにまとめられているが、案内表示がほとんどないので、チャプター3の警察署あたりは抜けるのにかなり苦労する(階段の位置が非常にわかりづらい。レーザーサイトがある武器庫から外に出て、右方向へ進むと少し大きな部屋に出るが、その部屋の端に階段がある)。
 また、チャプター3の屋上部分のバリケードは撃っても火がつかない。近くに火炎瓶があるので、それを投げるとバリケードも燃えてイベントが開始される。
 フィナーレは軍用砦のロケーションはいいのだが面白味があまりなく、淡白な印象で盛り上がりがない。2体目のタンクを倒した後はシャッターのひとつが開くので、その奥に進むと脱出用のヘリが停まっている。
 全体的に短い間隔でラッシュが頻繁に起こり、マップの細かい部分の作りもやや甘く、チャプターのロードが終わった瞬間になぜだか即死するなどバグもあるので、あまりオススメできる内容ではないのが残念。
 全4チャプターで、クリアまでは50分程度かかる。

a0094381_211924.jpg

a0094381_21192256.jpg

a0094381_2119329.jpg

[PR]

by overkilling | 2013-12-08 21:25 | PC版left 4 dead 2