L4D2 カスタムマップレビューその35

a0094381_21134770.jpg

「Deadly Ending」

 プレイキャラはL4D2のキャラ。
 農場や倉庫街を中心に、ラッシュを主軸に据えたカスタムマップ。
 とにかく、どのチャプターも果てなく続くゾンビラッシュの中をかなりの長距離に渡って走らされる。
 マップはほとんどがフェンスや壁でジグザグに仕切られているだけの通路と化しており、その様相はほとんどアスレチックコースで、リアリティの無さがむなしい。
 何もかも大雑把な作りで決して遊びやすいとは言えず、特にチャプター3のラッシュのゾンビは手持ちの弾薬よりも明らかに多く、ほとんど絶望的。
 一転、フィナーレは2方向からしかゾンビが来ないので、難易度エキスパートであっても完封できてしまう。もちろん、その後は脱出のために屋上まで無限ラッシュの中を走らねばならないが…。
 途中にお粗末な演出や意味不明のイベントもあり、キャンペーンの出来としては正直言って、制作者を捕まえて「このカスタムマップ面白いか?」と小一時間ほど問い詰めたくなるお粗末なレベル。
 全4チャプターで、すんなりといけばクリアまで40分とかからないが、初見プレイではかなり手間取ることになると思われる。

a0094381_2114521.jpg

a0094381_21142630.jpg

a0094381_21143980.jpg

[PR]

by overkilling | 2013-12-06 21:18 | PC版left 4 dead 2