カスタムマップレビューその108

a0094381_2311928.jpg

「No Mercy APOCALYPSE 6.0」

 L4D1の公式マップをアレンジしてきたAPOCALYPSEシリーズの最新作で、最初期にリリースされた「No Mercy APOCALYPSE」の更なるバージョンアップ版。

 一応、前バージョンを下敷きにはしているが、あちこちにかなりの改修が加えられ、チャプター数も全6チャプターに増加している。
 ただし、増えたチャプターは公式マップの「No Mercy」のチャプター4の病院ステージを2つに分割しただけで、特にロケーションが増えたというわけではない。

 前バージョンではアレンジ前の元のステージが何となくわかるくらいの作り込みだったが、このバージョンではどこがどう作り変えられたのかほとんどわからないほど凄まじいアレンジが施されている。毎回毎回新作をプレイしていて思うのだが、ここまでやるなら完全にオリジナルキャンペーンとしてリリースしてもいいのではなかろうか。

 世界観的には、いつものAPOCALYPSEシリーズのそれであり、作り込みの素晴らしさは言うまでもない。ちょっとしたアレンジにもセンスの良さが感じられ、元々の素材である「No Mercy」のクオリティの高さもあって、プレイしていて独特の楽しさを感じる出来になっている。

 また、フィナーレも前バージョンから作り直され、よりオリジナルの「No Mercy」のフィナーレに近い出来になっている。

 ただし、難点が感じられないわけではない。
 相変わらずライティングは暗めで、閉所恐怖症になりそうなほど詰め込まれた道中は道幅が細いので戦いづらく、オリジナルマップの各チャプターのロケーションはほとんど無視しているので、どこへ行っても同じ場所のような単調さも感じてしまう。
 せっかくのL4D1専用キャンペーンであるのに、L4D1独特の世界観をまったく参照していないのもある意味残念ではある。

 それでも、ここまで作り込まれたアレンジマップは他に類がないとも言え、制作者のただならぬ熱意にはただただ感服するばかり。今でもL4D1をプレイできる環境にあるのなら、ぜひ一度はプレイしてみるべきカスタムキャンペーンであると思う。

 全6チャプターで、クリアまでは1時間ほどかかる。

 なお、このカスタムマップはサウンドにも手が加えられており、銃器の射撃音やBGMが独自のものに変化する。
 また、タンクは「Molten Tank」としてリリースされているアレンジされたものが登場する。
 これらの変化は他の公式マップやカスタムマップにも影響するので、注意されたし。

a0094381_381410.jpg

a0094381_382511.jpg

a0094381_385598.jpg

a0094381_394698.jpg

a0094381_310966.jpg

a0094381_3103050.jpg
 
[PR]

# by overkilling | 2015-10-20 03:10 | PC版left 4 dead

L4D2おすすめカスタムマップ

200本以上あるL4D2のカスタムマップの中から、特にオススメの18本を選出。

「Back To School」
素晴らしい完成度に加え、濃すぎるほどに内容が詰まっている傑作カスタムマップ。フィナーレはアイテム探し。
レビューページ


「Dam it 2! The Director's Cut」
巨大なダムが舞台。不親切な場面や難易度の高い部分もあり、初見プレイは厳しい。やり込み派向け。
レビューページ


「Day Break」
サンフランシスコの様々な有名観光地が舞台。フィナーレはアルカトラズ刑務所でのスカベンジ。マップが重く、やや不安定。
レビューページ


「Dead Before Dawn DC」
L4D1版に改修・ステージ追加を加えた改良版。2004年公開のゾンビ映画を再現した高クオリティの内容。
レビューページ


「Dead Series」
難易度はやや高めだが、各ステージに様々な仕掛けを施している。初見プレイはやや厳しく、やり込み派向け。
レビューページ


「Devil Mountain」
バージョンアップで全5チャプターのフルキャンペーンに。山麓を舞台にしたしっかりとした作り。
レビューページ



「Dniepr: Life Is Not A Bed Of Roses」

ウクライナのドニエプル川周辺やプリピャチ市が舞台の廃墟系キャンペーン。アイテム捜索イベントの難易度が高く、マニア向け。
レビューページ


「I Hate Mountains 2」
L4D1版を改修してさらに完成度を高めた傑作カスタムマップ。美麗な山麓が舞台。
レビューページ


「Journey to Splash Mountain」
ディズニーランドを再現したテーマパーク系カスタムマップ。スプラッシュマウンテンに乗れる。
レビューページ


「Overkill」
爆撃・毒ガスなど独創的なアイディアに満ちた都市型キャンペーン。難易度がやや高く、マニア向け。
レビューページ


「Redemption II」
未完成だったL4D1版に改修・ステージ追加を施した完全版。クオリティが高く、ストーリー性もある。
レビューページ


「Suicide Blitz 2」
L4D1版のカスタムマップを徹底改修。L4Dmaps時代にレビュースコア最高得点をマークした傑作。
レビューページ


「The Bloody Moors」
イギリス北部の人狼伝説がテーマ。マップが暗く、冗長なのが難点だが、人狼と化したタンクは一見の価値あり。
レビューページ


「Tour of Terror」
欧州風のステージが舞台。そつのない作りで安心して遊べる。カスタムマップ初心者向け。
レビューページ


「Undead Zone」
荒涼地帯を舞台にした独特の色彩のカスタムマップ。夕陽に染まったステージが美しい。
レビューページ


「Urban Flight」
燃え盛る街からの脱出を描いたカスタムマップ。内容は濃く、アイディアに富んでいる。難易度は易しめ。
レビューページ


「Warcelona」
独創性のあるディティールに満ちた、終末的な世界観の都市型キャンペーン。フィナーレの難易度があまりに高いのが難点。
レビューページ


「Yama」
日本の様々な風景を舞台にした超絶キャンペーン。ステージの作り込みが尋常ではないクオリティ。ゲーム性はアッサリ目で、誰にでも楽しめる。
レビューページ
[PR]

# by overkilling | 2015-09-07 04:03 | PC版left 4 dead 2

L4D2 カスタムマップレビューその187

a0094381_14444812.jpg

「Devil Mountain」

 プレイキャラはL4D2のキャラ。
 まさかまさかで、全2チャプターのショートキャンペーンだった「Devil Mountain」が全5チャプターのフルキャンペーンにバージョンアップされた。
 マップは山麓の村や採石場、谷底から山道、洞窟、山荘など、山をテーマにしたロケーションでかなりしっかりと作られている。
 ルートはわかりやすく、室内や道幅も広めに作られているのでプレイしやすく、マップの見た目のクオリティもなかなかに高い。

 その一方で、あまりに作りがオーソドックスでリアリティを重視しているので、逆にマップの印象やゲーム性のインパクトにいまひとつ物足りなさを感じてしまう。決してクオリティは低くはないのだが、他の高評価の大型キャンペーンなどと比べてしまうとカスタムマップとしての魅力を感じにくいので、もうちょっとこのマップ独自の個性が欲しかったように思える。
 また、ややラッシュが多めで、ひたすらに感染者と戦い続ける地味な構成なので、プレイしていて少々息が詰まってしまう感もある。

 前バージョンから追加されたチャプターはどれもしっかりとした作りで、クオリティは高い。
 チャプター2は採石場になっており、終盤はガントレット形式のラッシュイベントになっているのだが、難易度がそこそこ高いのでブーマー汁や近接武器などのアイテムが必須。

 チャプター3は深い山の中をステージにしており、凝った作りの山道や小川が舞台になる。
 ただし山麓もののキャンペーンにありがちな難点があり、高低差のある場所でチャージャーに吹っ飛ばされると、谷底に落ちて即死することがある。特にBotたちは無警戒で進んでいくので、餌食になりやすい。にも関わらず、復活できるクローゼットがこのチャプターには存在していないので、仲間を1人でも失うとかなり厳しいことになる。

 チャプター4は洞窟ステージの作りは見事だが、ゲーム性としては単調でアイテム類も乏しく、面白味を感じる要素が少ないのが残念。

 フィナーレは無線機とアイテム置き場が少し離れているが、マップが上手く作られているので幅広い対応が取れる。灯台に篭るも良し、アイテムのある山荘内で乱闘を演じるのも良しで自由度が高く、タンク戦もなかなか盛り上がる。
 脱出は、ヘリが少し離れた崖上に来るので、そこまで移動する必要がある。

 全体的なクオリティは高く、安心して遊べる内容のキャンペーンなのだが、もうひとつ面白味に欠けるので、リプレイ性を重視するプレイヤーには物足りなさを感じるかもしれない。
 しかし、丁寧に作り込まれたマップは一度はプレイしてみる価値があり、難易度も手ごろで、マルチプレイにも向いている遊びやすいキャンペーンであると思う。
 
 全5チャプターで、クリアまでは一時間前後かかる。

a0094381_1571162.jpg

a0094381_1571998.jpg

a0094381_1575673.jpg

a0094381_158351.jpg

a0094381_15834100.jpg

a0094381_158429.jpg

a0094381_2292269.jpg
a0094381_2295318.jpg
a0094381_22101957.jpg
a0094381_22105798.jpg

a0094381_22111070.jpg

[PR]

# by overkilling | 2015-09-06 22:12 | PC版left 4 dead 2

L4D2カスタムマップレビューその214

a0094381_2373379.jpg

「Hiking Trails」

 プレイキャラはL4D2のキャラ。
 山麓を舞台にしたカスタムキャンペーンで、他では見られない要素が詰め込まれた各チャプターをそこそこの完成度でまとめている。
 特にチャプター1は丁寧に作り込まれており、限定されたロケーションでありながら目まぐるしくシチュエーションが変化していくので、プレイヤーを飽きさせない作りになっている。

 ただ、チャプター2以降はそれなりのクオリティになってしまい、他のよくあるレベルのカスタムマップと同質に思えてしまうのが残念。
 見えない壁や、落ちると大幅に遠回りして戻ってこなくてはならない坂、ややわかりにくいルート設定など、ゲーム性としてもかなりイマイチな部分が目についてしまう。

 また、山麓という高低差のあるシチュエーションでのためか、Botがとにかく死にやすい。
 チャプター3では丸太を運ぶトロッコが走る線路を進む、危険で楽しい仕掛けもあるのだが、残念ながらBotは簡単にトロッコに轢かれてしまうので、シングルプレイでは全滅を招きやすい問題箇所になってしまっている。
 それでいて、復活できるクローゼットがこのキャンペーンには存在しないので(あろうことか、フィナーレにたどり着いても復活できない)、プレイのしやすさという観点からも問題がありすぎる。

 フィナーレ自体も、回復キットひとつに弾薬補充はなし、という意味不明な制限を設けている。その一方で、感染者が一箇所からしか来れない篭り場所がいくつもあるのでラッシュに楽に対処できてしまい、ただただ単調なだけのフィナーレになってしまっている。

 マップを作るだけで精一杯で、テストプレイやユーザーからのフィードバックがほとんど得られていないのでは?、という推測が簡単に成り立ってしまうほど、後半のゲーム性の出来の低さが寂しい。チャプター1のクオリティのままで全編が作られていれば、相応な評価を得ることが出来ていたかもしれない。

 全4チャプターで、クリアまでは40分ほどかかる。

 なお、他のカスタムキャンペーンである「Dniepr」を同時に導入していると、この「Hiking Trails」と競合してチャプター4のロードが途中でストップしてしまうので注意。おまけに、チャプター4から始めるとなぜだか「Dniepr」のチャプター4が開始されてしまうという、謎すぎるバグもある。

a0094381_23384684.jpg

a0094381_233974.jpg

a0094381_2340068.jpg

a0094381_23403371.jpg

a0094381_23405036.jpg

a0094381_23412318.jpg

[PR]

# by overkilling | 2015-08-30 23:41 | PC版left 4 dead 2

L4D2カスタムマップレビューその213

a0094381_22432153.jpg

[「Planet crush」

 プレイキャラはL4D2のキャラ。
 1チャプターながら異星を舞台にした珍しいカスタムマップで、ドラマ・映画の「スタートレック」のエンタープライズ号が宙に浮いていることから、その世界観をモチーフにしていると思われる。

 マップはかなり短めだがけっこうしっかりと作られており、ゲームがスタートしたらその異様な風景にちょっと驚くかもしれない。
 チープな雰囲気も、ある意味50~60年代くらいのSF映画を再現しているかのようでもある。

 ゲーム性も無理なく作られており、ごく普通に遊べるクオリティのマップになっている。

 ただ、落ちるとダメージを受ける毒の川(?)は、チャージャーあたりにBotが吹っ飛ばされて突っ込むと、他のBotたちも助けようとして全滅してしまう。
 またフィナーレでも、一見縁があって大丈夫そうなのだが、やはりチャージャーに吹っ飛ばされて2人のBotが墜落死したこともあった。
 マップの見た目とは違って、けっこうリトライを招きやすい難しい部分もある。

 フィナーレは筒状のエレベーターを動作させると上の階に行けるのだが、このエレベーターはBotが1人でも乗っていれば動いてしまうようである(乗っていないBotは置き去りにされる)。
 上の階に着いたら、無線機を使えばフィナーレが開始される。場所的に特殊感染者がけっこう脅威で、ラッシュもさらに上の階から降ってきたりと、なかなか骨太な感じで作られている。

 他では見られない世界観も雰囲気いいし、道中に謎の巨人が歩いていたりと、けっこうインパクトのある内容のカスタムマップになっている。

 クリアまでは10分ほどかかる。

a0094381_2324088.jpg

a0094381_233302.jpg

a0094381_2333966.jpg

[PR]

# by overkilling | 2015-08-23 23:05 | PC版left 4 dead 2

L4D2カスタムマップレビューその212

a0094381_0583985.jpg

「The Bitter End」

 プレイキャラはL4D2のキャラ。
 2011年頃に公開されていたカスタムキャンペーンで、2015年の6月に最終バージョンが新たにアップされている。

 基本的には秘密基地っぽい不思議系のマップで、最初から最後まである意味不条理な展開がプレイヤーを待ち受けている。
 かと言って普通ではクリア不能なストレスの溜まる糞マップというわけでもなく、マップの見た目的にもいかにも糞マップ臭がするのだが、技術的には割りとしっかりとしている。

 ただ、マップのあちこちがいかにもカスタムマップらしくごちゃごちゃと詰め込まれていて、イベントの展開もわかりづらく、プレイのしづらさが致命的なマイナス点になっている。
 マップの作りはけっこう奥が深そうなのだが、プレイヤーが楽しめる要素があまりないので、じっくりと攻略する気にもなれない。

 チャプター1で何もない壁に矢印が書かれているところがあったら、その壁を撃って破壊しよう(何もしていなくても破壊されていることもある)。
 地下道の落とし穴の罠のところからはランダムでルートが変わり、ラッシュがダラダラ続く謎の屋敷の方へ行ってしまうと正直言って面倒なだけなので、いっそやり直した方がいいかもしれない。屋敷に来てしまったら、イベントをこなしてドアから脱出した後は、真っ白な左右開きの自動ドアをアクティベートして開けて先へ進もう。奇妙なふたつのゾンビ転送装置がある部屋のイベントは、壁にスイッチらしきものがあるのでそれをアクティベートすれば、そのうちドアが開くようになる(と、思う)。

 チャプター2のクラブでのイベントは、壊れる壁ではなくその対面にあるドアから先へ進む。

 チャプター3はお使いだらけのマップになっており、とにかく発光しているオブジェクトを探してアクティベートしまくっていれば何とかなる。一部、コントロールルーム等で発光しないボタンがあるので、それっぽいものを見つけたらとにかく押しまくろう。白いコンソールが縦に3つ並んで真ん中が発光しているところは、それを撃って破壊する。
 終盤の工場内でコンテナの上に回復キットがふたつある場所は、コンテナを動かす前に回復キットを無理に取ってしまうとタンクが複数湧いて全滅まっしぐらになる罠があるので注意。コンテナを動かしたあとは、すぐ下の階に降りて通路を進んでいけば壁に穴の開いている部屋に入って先へ進むことができる。

 残念ながらこうした仕掛けがバグってうまく働かないこともあり、私の場合、回転する床が止まらなかったり、ラッシュイベント中にゲームがクラッシュしたこともあった。
 イベントは待たなければいけないのか先へ進めるのかがわかりづらく、ひとつひとつのチャプターがかなり長いこともあって、プレイしていてウンザリしてきてしまう。こうした面は以前のバージョンよりもさらに顕著になってしまっているので、制作者の自己満足ばかりが先走ってしまった感がある。

 アイテム類はかなり親切に設置してあり、序盤から上位武器を入手できたり、回復キットも道中に多めに置かれている。

 駅の倉庫で戦うフィナーレは完全に篭れてしまうので、苦もなくクリアできる。
 脱出は列車ではなく柵の外側に装甲車が来るので、柵が開いたらそれに乗り込もう。Botたちもちゃんと乗ってくれる。

  全体的に、難易度が高いわけではないのだが初回プレイがかなり厳しく、それでいて再プレイしようという気にさせる要素は皆無なので、せっかくの凝った作りが完全に裏目に出てしまっている。もっともっとプレイしやすさを考えてマップデザインをしないと、このカスタムキャンペーンがプレイヤーを楽しませるのはなかなか難しいのではなかろうか。

 全3チャプターで、クリアまでは50分ほどかかる。

a0094381_1401657.jpg

a0094381_1404074.jpg

a0094381_1415146.jpg

a0094381_1434923.jpg

a0094381_1441226.jpg

a0094381_1451334.jpg

a0094381_1454479.jpg

[PR]

# by overkilling | 2015-08-17 01:50 | PC版left 4 dead 2

L4D2カスタムマップレビューその211

a0094381_2085115.jpg

「Aftershock」

 プレイキャラはL4D2のキャラ。
 1チャプターのショートマップながら、地下基地や沼地の村、ガソリンスタンドから地下道へとステージはめまぐるしく進んでいく。
 マップは暗めで個性も薄めだが見た目はしっかりと作られており、サクサク進めるのもあってなかなか楽しい。

 序盤に武器制限があったり、進行方向がやや説明不測(ガソリンスタンドを破壊した後は進めるルートを見つけよう)など、細かな点で気になる部分もあるにはある。
 おそらく一番わかりにくフィナーレは、弾薬や回復アイテムがある場所に倒れている死体が無線機を持っているので、それを使って開始する。
 2体目のタンクを倒した後は、どこにも行かなくてもそのまま戦っていれば自動的にクリアとなる。

 ゲーム性にもう少し丁寧さが欲しい気もするが、1チャプターと短いのもあって、気軽にプレイできる類のカスタムマップになっている。

 クリアまでは20分ほどかかる。

a0094381_20293080.jpg

a0094381_20294895.jpg

a0094381_2030051.jpg

a0094381_2030747.jpg

[PR]

# by overkilling | 2015-08-14 20:30 | PC版left 4 dead 2

L4D2カスタムマップレビューその210

a0094381_23191953.jpg

「Roadkill」

 プレイキャラはL4D1のキャラ。
 幹線道路を舞台にしており、同じ作者制作の1チャプターマップだった「Gridlock」をキャンペーンとして作り直した内容になっている。

 「Gridlock」はセンスも良く作りもしっかりとしていたのだが、1チャプターしかないためにリトライになるとキツい、マップのボリュームも物足りない、という難点があった。
 この「Roadkill」では4チャプターのキャンペーンとして再編成することでそれらを改善し、より遊びやすいマップに仕上げられている。

 ただ、「Gridlock」で見られたいくつかの特殊イベントの要素は削られ、キャンペーンとしてもかなりシンプルな内容になっている。
 セーフルームの直前にガントレット形式のイベントを盛り込むなど、作りはしっかりとしているのだが、幹線道路を舞台にしている、という印象以上のものは感じにくいかもしれない。

 アイテム類の配置はしっかりとしており、特にメディキットは余るほど入手できるので、難易度的にもかなり易しめ。
 そのためか、ラッシュが若干多めな気もするが、さしてストレスに感じるようなことはなかった。

 ルートは案内表示が少ないのもあって若干わかりづらい。複雑なものではないので一旦理解してしまえばサクサク進めるのだが、もう少し案内があった方が良かったかもしれない。

 また、私がプレイした際に道中でタンクが出現したのはなぜだかチャプター4のみで、マップの作りがどこも同じような感じなのもあって特殊感染者は軒並み印象が薄かった。ロケーション的に、チャージャーやジョッキーは脅威に感じられそうなのだが、常に渋滞車両に囲まれているので対処が楽になっており、そのあたりはもう少し練って欲しかったところだと思う。

 ガソリンスタンドで戦うフィナーレは「Gridlock」の不満点をかなり改善している。ただし、溶岩があふれ出るイベントは仕込まれておらず、普通にヘリで脱出する形になっている。

 全体的に、「Gridlock」をプレイした際の「こういう風だったらもっと良かったのに」という意見をいろいろ取り入れて小気味良くまとめた感のあるキャンペーンなのだが、あまりにシンプルすぎて、逆に印象が薄くなってしまった感もある。
 この内容で、瓦礫が降ってきたり溶岩が流れてきたりといった特殊イベントもそのまま残していれば、インパクトもあってもっと面白いマップになっていたかもしれない。

 全4チャプターで、クリアまでは40分ほどかかる。

a0094381_23464294.jpg

a0094381_23472173.jpg

a0094381_23482262.jpg

a0094381_2349989.jpg

[PR]

# by overkilling | 2015-08-10 00:04 | PC版left 4 dead 2

L4D2カスタムマップレビューその209

a0094381_15314819.jpg

「No More Industries 2」
(現在はDL不可)

 プレイキャラはL4D1のキャラ。
 タイトル通り、工場地帯を舞台にしたキャンペーンで、残念ながらgamemaps.comでは短期間でダウンロード不可となってしまった。
 ただし、内容はかなり怪しい代物で、チャプター1は途中でクラッシュ、チャプター2からは起動不可、チャプター3から5までなら何とかプレイできる、という出来になっている。

 実はこのマップ、2009年頃にL4D1用のカスタムマップとして制作されていたキャンペーンで、結局未完成のまま、現在は正式にはDLできないマップとなっていたはずなので、ひょっとしてどこかの誰かが別のマップをくっつけてL4D2用のマップとして勝手にリリースしたものなのではないか、という疑惑が浮かんでしまう。サムネの表示もおかしかったので、おそらくそうした類のマップなのだろうが(他にもその手のマップがいくつかネット上にはある)、どの道まともには遊べないので困ったものである。

 オリジナル部分だと思われるチャプター3~5まではいかにもL4D1時代のカスタムマップらしい出来で、新規性はまったくないものの手堅く作られており、初期の頃のカスタムマップの雰囲気を味わえる良内容のマップになっている。

a0094381_1555548.jpg

a0094381_15552896.jpg

a0094381_15555830.jpg

a0094381_15565022.jpg

a0094381_15594296.jpg

a0094381_15565894.jpg

[PR]

# by overkilling | 2015-07-27 15:59 | PC版left 4 dead 2

L4D2カスタムマップレビューその208

a0094381_13544468.jpg

「Arcadia」

 プレイキャラはL4D1のキャラ。
 2008年のFPSゲーム「BioShock」の素材をフル活用した、1チャプターのカスタムマップ。
 独創性の高い「BioShock」の世界観を見事に再現しており、細かい設定やゲーム展開も「BioShock」らしさを追求している。

 ただし、それゆえ特殊なゲーム性になっており、正直言ってシングルプレイにはあまり向いていないのが残念。
 いわゆる「Let's Build」系(マップの各所で指定されたオブジェクトを制作することでゲームを進めていくスタイルのマップ)に近い内容のカスタムマップとなっている。

 アイテムはピストルと鎮痛剤以外は「BioShock」と同じくベンダーマシーンから入手するようになっており、お金の代わりに一定時間アクティベートし続けることで購入する。
 このため、Botたちは普通には武器を入手できないので、シングルプレイ時はプレイヤーが武器を次々に入手していって持っていた武器を床に落とし、それをBotたちに拾わせることで装備させる。

 武器は種類によって体系づけられており、初期武器をアンロックすることで上位武器のアンロックも可能となる。
 弾薬、レーザーサイトもベンダーマシーンでアンロックすることによって床の上に出現させることができるので、早めにアンロックしておこう。

 回復アイテムはベンダーマシーンからも入手できるが、一定量の体力を回復できるライフステーションも各所に常設されている。

 ゲーム進行はマップのあちこちに置いてあるアイテムを入手することで進んでいく。必要なアイテムを揃えれば、スタート地点で爆弾を製作し、それを脱出ポイントに設置すると、今度は脱出用のポッドを造ることになる。このポッドは何回もアクティベートしないと完成させることはできないので、ベンダーマシーンと同じくシングルプレイ時はプレイヤーは完全に拘束されてしまうので注意。
 脱出ポッドが完成すれば、その時点でゲームクリアとなる。

 感染者は延々とラッシュ状態で襲ってくるので、言ってみれば通常のキャンペーンのフィナーレを最初から最後までずっと続けているようなものになっている。一定時間でタンクも出現し、きっちり特殊感染者も出てくるので、難易度ノーマルでも相当に面倒。難易度イージーでマルチプレイするのが一番楽しめるかもしれない。

 1チャプターしかないとはいえ、マップの再現度は高いだけに常時ラッシュは無しにしてもう少しじっくりとマップ内を探索していく内容にした方が、より「BioShock」らしさを感じることが出来たように思う。
 また、ライティングが妙に明るすぎて、原作のあの狂気に満ちた異様な雰囲気までは再現し切れていないのも惜しい点。

 無理な要求であるのを承知で述べれば、これが全5チャプターのキャンペーンで普通にアイテム入手していくスタイルを守り、ライティングも原作通りの雰囲気を再現していれば、二次創作系のマップの中でも相当に評価の高いものになっていたのではなかろうか。
 カスタムマップの可能性のひとつとして、ちょっと夢見てみたくなる内容ではある。

 クリアまでは探索の進行速度によるが、だいたい30分前後はかかる。

a0094381_14284579.jpg

a0094381_1429514.jpg

a0094381_1429916.jpg

a0094381_14302886.jpg

a0094381_14304336.jpg

a0094381_14312212.jpg

[PR]

# by overkilling | 2015-06-11 14:33 | PC版left 4 dead 2